きらめきニュース

2016中秋の名月はいつ?「中秋の名月」の意味と月の出の時刻と天候は?

月
LINEで送る
Pocket

2016年の中秋の名月はいつ?ってよく聞かれます。2016年は、満月の2日前の9月15日(木)です。昔からお月見とか、月見酒と言ってお祝いをして生きたのですが、なぜお祝いするのか、中秋の名月の意味や由来、昔からの慣習などをまとめてみました。また、一番大事な2016年9月15日の月の出と天候などを調べてみました。


スポンサーリンク

  • [9/15更新]天気予報更新しました。沖縄と東海、中部では、中秋の名月を見れそうです!
  • [9/14更新]天気予報更新しました。
  • [9/13]天気予報が少し変化しました!本州の中部では、かなり降水確率が減ったので、中秋の名月の顔を、雲の切れ間から見れるかもしれません!

9月15日の月の出と天候

中秋の名月の9月15日の月の出、つまり月が顔を出すのは、

16:50

です。月の入りは、03:16なので、夜の間はいい感じで見ることができます。9月15日の夜の月齢は、13.7ですので、満月のように見ることができます。ただ、問題は、天候ですね。ヤフー天気によると、各地の天候は、

北海道(札幌)

  • 14(水)曇時々雨 21/17 60%
  • 15(木)時々曇 24/17 10%
  • 16(金)時々曇 25/16 30%

東北(仙台)

  • 14(水)曇り   25/19 70%
  • 15(木)曇時々 28/20 10%
  • 16(金)曇り   25/21 30%

関東(東京)

  • 14(水)曇時々雨 27/22 60%
  • 15(木)雨後曇  27/21 50%
  • 16(金)曇時々雨 24/22 50%

信越(新潟)

  • 14(水)曇り   28/22 30%
  • 15(木)曇時々 26/21 20%
  • 16(金)曇時々 28/20 10%

北陸(金沢)

  • 14(水)曇時々 27/22 20%
  • 15(木)曇時々 27/22 20%
  • 16(金)曇り  27/21 20%

東海(名古屋)

  • 14(水)曇時々雨 30/23 50%
  • 15(木)曇後晴  31/22 10%
  • 16(金)曇り   29/23 20%

近畿(大阪)

  • 14(水)曇時々雨 27/24 60%
  • 15(木)曇り   29/22 30%
  • 16(金)曇時々 29/23 20%

中国(広島)

  • 14(水)曇時々雨 27/23 70%
  • 15(木)曇り   29/23 30%
  • 16(金)曇後  30/23 30%

四国(高知)

  • 14(水)雨時々曇 28/24 80%
  • 15(木)雨時々曇 30/23 70%
  • 16(金)曇時々 30/24 40%

九州(福岡)

  • 14(水)雨後曇  25/22 60%
  • 15(木)曇り   29/23 30%
  • 16(金)曇時々 30/23 20%

沖縄(那覇)

  • 14(水)時々曇 32/27 20%
  • 15(木)晴れ   32/27 10%
  • 16(金)曇後  32/27 30%

 

となっていて、残念ながら、ほとんどの地域で曇りになっています。沖縄と北海道で運が良ければ中秋の名月を見れるかもしれません。また、台風14号も徐々に近づいてきていますので、余談は許しません。

参照 : 台風14号の最新予想進路

中秋の名月の意味と由来

「十五夜お月さん」と歌にも詠まれている月は、中秋の名月です。一年の中では、満月が12回か13回あるのですが、なぜ、このときの満月だけが名月としてもてはやされているのでしょうか。しかも、奈良時代とか、平安時代からずっとお月見として宴会なんかが行われてきました。そこには、農作業などと深い関係があるんです。中秋の名月の意味や由来をみていきましょう。

実は、中秋の名月、は、毎年日付が変わっていきます。2016年の今年は、9月15日でちょうど15日とつくのでわかりやすいのですが、違う日にちもたくさんあります。これからの中秋の名月と言われる日にちは、

  • 2017年10月4日
  • 2018年9月24日
  • 2019年9月13日
  • 2020年10月1日

これ等に共通しているのは、旧暦が8月15日だということです。つまり、中秋の名月、お月見は、旧暦8月15日に行われる宴会、お祭りなんです。由来は、

  • 9世紀の平安時代に中国から遣唐使によって伝わってきた「望月(月を見る催し)」という行事
  • 芋やサツマイモなどの収穫祭
  • 稲刈りする前の稲の豊作祈願

など、様々言われいてます。おそらく、始まりは中国から伝わってきたのではないでしょうか。「お月見」についての日本で最初の記録は、延喜9年(909年)に醍醐天皇が
初めて月見の宴を開いたとの記録だそうです。それが、徐々に一般の帰属に拡がっていき、江戸時代には、普通の人たちが独自でお祝いや感謝していたものと融合したんじゃないかと思います。サツマイモ、サトイモなどがちょうど収穫される時期なので、芋名月とも言われていますし、初めは収穫した芋を食べて頂けとも言われています。

満月を見ることで、貴族たちは風流を感じて、普通の人たちは、収穫に対する感謝を感じたと思います。いまでも、満月を見ると、なんとなく神秘的なものをかんじますよね。なので、中秋の名月は、収穫を感謝したり、これからの収穫、子孫繁栄などを願って、お月様にお供えしてお祝いする習慣ができてきて、いまでもお祝いされているんです。

ちなみに、中秋と呼ばれる意味は、秋のど真ん中と言う意味です。旧暦では1~3月を春、4~6月を夏、7~9月を秋、10~12月を冬と分けていて、それぞれを「初、中、晩」または、「孟、仲、季」と分けていたんです。例えば、初夏は、4月、晩秋は9月とかですね。それで行くと、中秋は8月なのですが、8月だけは、昔から仲秋となっていて、旧暦の8月15日を中秋としていたようです。さらに、十五夜いがいに、十三夜(じゅうさんや)、十日夜(とおかんや)、後の十三夜(のちのじゅうさんや)があります。

十三夜、十日夜とは?

十三夜とは、旧暦の9月13日の夜のお月様にかんしゃするお月見です。通常、十五夜と対でお月見をしなくてはいけません。片方だと片月見といわれて、嫌われています。2016年の十三夜は、10月13日(木)です。十三夜なので、満月より少し欠けた感じのお月様を見て、お祝いします。ちょうどその頃、豆とか栗がとれますので、豆名月、栗名月とも言われて、十五夜の時と同じように、団子とか、収穫物をお供えしてお月見を楽しみます。

さらには、十日夜(とおかんや)と言うのもあります。これは旧暦の10月10日で、2016年の十日夜は、11月9日(水)です。この日は、畑、田んぼ仕事の最終の稲刈りが終わった後に行われるもので、刈り上げ十日とも言われています。主に関東地方で行われていて、田の神が山に帰っていくとか、お米の豊作を感謝するお祝いです。この日は、収穫したお米で作ったモチをお供えします。実は、ヨーロッパでは、十三夜や十日夜に、収穫月のお祝いをしていました。洋の東西を問わず、お月様、満月に感謝すると言うのは、一緒なんですね。

中秋の名月のお供え

中秋の名月のときに、お月様にお供えするものは、

  • お月見団子
  • 里いも、サツマイモ
  • すすき
  • ぶどうなどのつるもの

などが一般的です。

お月見団子

お月見団子は、十五夜の時は15個、または、5個、十三夜の時は、13個と言う説と、満月の数だけ、つまり12個だという説があります。ただ、丸いお団子はNGです。お通夜や葬儀の時の枕団子と同じにしてはいけません。まん丸にして少しつぶすとか、楕円形、サトイモのような形にしなくてはいけません。並べ方は、

  • 15個 下から9個(3X3)、4個(2X2)、2個
  • 5個 下から4個(2X2)、1個(15個の簡易版です)
  • 13個 下から9個(3X3)、4個(2X2)
  • 12個 下から9個(3X3)、3個

と一応、言われています。飾る場所は、お月様から見える場所か床の間です。お月様から見て左側が上位なので自然なのも、ススキとか里いもを置いて、右側に人が作った団子などを置きます。昔は三宝(映画でよく見る小さい台みたいなもの)でしたが、お盆とかで充分と言うことです。お月見団子を食べると、子宝に恵まれると昔から言われていますので、試してみてはどうでしょうか。また、昔から「月見泥棒」とよばれていたのですが、近所の子供が勝手に食べてしまうことも喜ばれていました。知らないうちに子供達が食べて、団子がなくなってるのを見て、「あっ、お月様が食べた」と、風流に思っていたそうです。いい感じですね。

里いも、サツマイモ、ぶどう

里いもやサツマイモは秋の収穫物の代表です。昔は実際に取れたものをお供えしていましたが、代わりに、お月見団子になってい来ました。ぶどうは、つるがあるので、子孫繁栄とか、お月様とのつながりが強くなると言われています。

ススキ

ススキは、その切り口が鋭いことから、魔除けとしてお供えされたという説や、稲刈り前なので稲穂の代わりにしたとか、作物や子孫の繁栄を見守って下さるお月様の「依り代」としてお供えしたとか、いろいろいわれています。お月様とお団子とススキって、見た目としても最強の組み合わせですね

お月様の映画

いろいろ見てきました中秋の名月、お月見ですが、残念ながら、2016年の9月15日は、天候に恵まれず良いお月見が出来そうにありません。まあ、「中秋の名月、十年に九年は見えず」と、江戸時代の書物にも書かれていますので、見る方が難しいのかもしれません。ちょうど、台風とか、秋雨前線が停滞する季節ですから。なので、家の中でお供えしたり、お月見の話などをしてすごすしかないのですが、たまには、映画の中のお月様を観てみるのイイかもしれません。そこで、お月様が出てくる映画を選んでみました。

日本、アメリカ、関係あったりなかったりと、いろいろ挙げてみました。私のおすすめは、アポロ13から下にあげた映画です。平日ですが、時間がもしあれば、ご覧になってみてください。できたら、お部屋の中を真っ暗にして観ると、宇宙の中にいる疑似体験ができます。もしよかったら、おすすめの月が出てくる映画がありましたら、コメント欄に書いて下さい。

以上、2016年の中秋の名月についての記事でした。

NEWS記事一覧に戻る


スポンサーリンク

 

角田 勲

角田 勲

投稿者の記事一覧

いつもお読みいただいて、ありがとうございます。
気になる事や、関心のある事をコメント欄に書いていただけたら、調べてみます。^^

【長野県出身。信州大学卒業後、公務員として20年間勤務した後に、何も考えずに退職。その退職金を元に事業を起こすが、失敗。現在は、人生を楽しむをモットーに奮闘中!】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

follow us in feedly

本日のおすすめ情報

  1. おんな城主直虎のキャストや相関図。第1話のあらすじと感想! おんな城主直虎
  2. ドラマ「下剋上受験」のキャストと相関図?第1話のあらすじと感想! 下克上受験
  3. 不機嫌な果実スペシャルの放送日とキャストは?相関図とあらすじも!
  4. 視覚探偵日暮旅人のキャストと相関図。第1話のあらすじと感想! 視覚探偵日暮旅人
  5. 嘘の戦争のキャストと相関図と第1話のあらすじ!あざのある犯人は誰? 嘘の戦争
  6. バレンタイン2017の通販で人気のチョコ16選!告白を成功させるコツ? バレンタイン
  7. 「奪い愛、冬」のキャストと相関図!第1話のあらすじと感想! 奪い愛、冬
  8. ドラマ「嫌われる勇気」のキャストや相関図!第1話のあらすじと感想! 嫌われる勇気
  9. ドラマ「カルテット」のキャストと相関図と第1話のあらすじ!高橋一生がヴィオラを! カルテット
  10. 「突然ですが、明日結婚します」のキャストと相関図と第1話のあらすじ! 突然ですが、明日結婚します
スポンサーリンク

最新情報

  1. 突然ですが、明日結婚します
  2. 突然ですが、明日結婚します
  3. バレンタイン
信長協奏曲
  1. 嘘の戦争
  2. 幸せ
  3. 弁護士
  4. レンタル救世主
  5. しあわせの記憶
  6. 地味にスゴイ!
  7. ギャンブル
  8. 国会議事堂
  9. フィギュアスケート

多くの人に読まれている情報

  1. サッカー
  2. ロンドン
  3. 山の日
  4. 就活家族
  5. ドクターX
  6. トムヤムクン
  7. ナシゴレン
  8. KNOT腕時計
  9. ケツメイシ
  10. ドクターY 外科医・加地秀樹
PAGE TOP