キャリア

キャリア〜掟破りの警察署長〜第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想!

キャリア
LINEで送る
Pocket

ドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」の4話のあらす(ネタバレ)と感想です。玉木宏さんと髙嶋政宏さん、瀧本美織さんの三角関係がとても面白いドラマです。最後の「見逃せないね~」のセリフと玉木宏さんの優しい笑顔で毎週スカッとします。今回は、髙嶋政宏さんの娘が誘拐されたようです。


スポンサーリンク

「キャリア〜掟破りの警察署長〜」のストーリー

遠山金志郎(玉木宏)は、警視庁の人事部出身で、キャリアの中でもエリートでした。現場に出ることを希望していましたが、その願いをかなえたのが、警視監でもある長下部晋介警務部長(近藤正臣)でした。赴任した先は、北町署です。

遠山は、署長にもかかわらず、変装して街に出かけることで、いろんな情報を仕入れて、事件を解決していこうとします。江戸時代の遠山の金さんですね。それに反発するのが、刑事課の係長、南です。

北町署の刑事課には、南洋三係長(髙嶋政宏)を筆頭に、ベテラン刑事が4名。女性の新人刑事相川実里(瀧本美織)がいます。南は、高卒のたたき上げで係長のポストまで上り詰めました。かつて、キャリアの指示ミスで尊敬していた刑事が殉職したことで、キャリアに対して根深い不信感、反発心が強い刑事です。なので、刑事課全体では、遠山に対して反発的な感情があって、所長が外へ出ていくのはもってのほかだという空気になっています。遠山に好意的なのは、警視監でもある長下部晋介警務部長と、制服警官の青木忍(松本岳)と、ちょっとずつ心を惹かれていく、新人刑事の相川実里です。

1話では、落書き犯と指名手配犯、2話ではDVが取り上げられました。3話では、命がけの介護をしている悪女、奥菜恵さんが登場しました。泣けてしまいましたね。

4話では、髙嶋政宏さんの娘さんが誘拐されてしまうようです。

「キャリア」4話のあらすじ(ネタバレ)

キャリア4話は、こちらのサイトで、11月6日(日)19:59まで無料で見ることができます。

⇒ TVer

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

水口琢朗刑事(平山祐介)の出勤途中に、ビルの上から花瓶が落ちてきて、寸前のところで頭に当るところでした。水口は、南洋三係長(髙嶋政宏)のお古のジャンバーを着ていたんです。さらに、南には、脅迫状とカッターの刃が入った郵便物が届けられていましたが、南は、気にもしませんでした。

家出の女子高生捜索依頼や、花瓶の窃盗事件が起きていましたが、南は強盗致傷事件に集中させて、家出した女子高生の父親も追い返してしまいます。金志郎は、相川実里(瀧本美織)と共に、南を脅迫しそうな人物を探していました。

南の娘のめぐみ(駒井蓮)が誘拐されてしまいます。被害者は、捜査をしてはいけないという規則です。捜査の指揮は、警視庁の秋嶋方面本部長(東根作寿英)がとることになりました。犯人の要求は、全国テレビ放送での謝罪です。金志郎は秋嶋から捜査をはずされて、署長室に追い返されてしまいます。署長室に帰ると、長下部晋介警視官(近藤正臣)が来ていました。水口に落とされた花瓶を見てもらうと、窃盗事件の花瓶でした。盗まれた家に行って確かめると、猟銃も一緒に盗まれていることが分かります。秋嶋本部長は、犯人の要求の謝罪はしないと南に告げました。組織の冷たい仕打ちに憤る南と署員たちです。

南が署にやってきて、謝罪するように秋嶋本部長に頼みます。金志郎も一緒に頼みましたが決定は変更されませんでした。

犯人が乗ってると思われる車が発見されましたが、違う車でした。時間切れになってしまいました。銃声と娘が撃たれた画像が送られてきました。

 

しばらくして、再び犯人から電話が来ました。南が出て話し始めるといきなり金志郎が受話器を取り上げて話し始めます。送られてきた画像から本当は撃たれていないことを突き止めたんです。娘のめぐみがまだ生きていることを確認すると、犯人は、謝罪の期限を午前10時まで延ばしました。

金志郎は、南の妻のみどり(田中美奈子)の話から、南が依然逮捕した万引き犯の佐々木が犯人で、線路の沿線に潜んでいると特定しました。秋嶋本部長に伝えますが、一言で却下されてしまいます。その言葉で、半田順二副署長(柳沢慎吾)が本部長に口答えして署員を操作に向かわせました。

金志郎は、犯人からの電話で大体の場所に検討を付けて実里一緒に出かけました。

 

一方、南は、辞表をもってTV局に行きます。警察を辞めてから謝罪をする覚悟です。

金志郎たちは、めぐみを探し出して無事確保できました。南の謝罪も、ギリギリで阻止することができました。

夜、南の家で、刑事たちや金志郎たちが集まって、めぐみの誕生日会が開かれました。

(⇒ 5話のあらすじ

『キャリア~掟破りの警察署長から』4話の感想

今回は、本当に面白かったですね。きっと脚本が良いのではないかと思います。脚本は、小山正太さん。1987年7月17日生 まれの29歳。東京都出身で、日本大学芸術学部卒業、シナリオセンター出身の若手です。第25回「フジテレビヤングシナリオ大賞」で、大賞と佳作を史上初めて同時受賞した脚本家さんです。かなりいろんな仕事をされたり、その傍らで、週刊SPA、週刊プレイボーイ、メンズナックルのライターをされていた方です。ヒューマンドラマが得意だと話されています。

今までの視聴率が出ています。

  • 第1話 7.9%
  • 第2話 6.2%
  • 第3話 7.4%

かなり、面白いのに視聴率が少ないと言うのは、おそらく裏番組の『IQ246』の為ではないでしょうか。あちらもかなりおもしろいので、どちらかを録画にしてみていられる方が多いのではないかと思います。実際には、もっと多く緒の方見てられると思います。

ヤフーTVの感想でも、

  • 正直、ストーリー自体はもう一捻り欲しいところですが、悪行は絶対に許さない現代版遠山の金さんの爽やかな笑顔で晴々する一話完結のエンディング。 金さんを演じる玉木さんの素敵なアップが見られれば、それで満足のドラマです
  • あの介護士さんって、奥菜恵か!?いやぁ、お久し振りッス。 介護施設を見ると、亡き祖父母を思い出して、何だか切ねぇナァ。 瀧本さん、本当に良くなったね。
  • 勧善懲悪で判りやすく軽やかかというとそうでもない。 しっかり事件の背景、振り回される人達の心理も時間の枠内で 描いてあり学ばされる。 玉木さんのヨガポーズなどで癒されながら、 日曜が楽しみで、お気に入りのドラマ
  • 第3回目はじわっとくるお話でした。 やっぱり金さんの洞察力はすごい!と思う反面、たった一回助けるのを見ただけであそこまで信じれるの?とも思ってしまいました。
  • 身分を隠して、もしくは気づかれないまま、市民と同じ目線で操作が進み、時間がくると桜の代紋を提示して身分を明かして成敗…現代版水戸黄門ですね。

(出展:ヤフーTV

やはり、多くの方話されているように、勧善懲悪で、遠山の金さん的なものがストレートに伝わってきて、とても面白いですね。今後も楽しみです。

以上、キャリア〜掟破りの警察署長〜第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他のドラマも面白いです!

⇒ ドラマ一覧に戻る


スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

米山 慎吾

米山 慎吾

投稿者の記事一覧

いつもコメントありがとうございます。何か情報や、お気づきの点ありましたら、下のコメント欄に書いていただけると、うれしいです。
【長野県出身。静岡大学理学部生物学を卒業。その後、出版社に勤務も、諸事情で帰郷。現在は、ジョギングと筋トレでモテマッチョを!】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

follow us in feedly

本日のおすすめ記事

  1. 「逃げるは恥だが役に立つ」の9話のあらすじ! 逃げるは恥だが役に立つ
  2. 地味にスゴイ!最終回のあらすじと感想!悦子がLassy編集部に異動? 地味にスゴイ!
  3. ドクターXの8話のあらすじ(ネタバレ)と感想!ゲストは小西遼生! ドクターX
  4. 砂の塔の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想は? 砂の塔
  5. クラブワールドカップの日程と放送予定と結果は?チケットの購入先! FIFAクラブワールドカップ
  6. 「逃げるは恥だが役に立つ」の10話のあらすじ! 逃げるは恥だが役に立つ
  7. 土ドラ「リテイク」のキャストと相関図とあらすじ!成海璃子と筒井道隆が主演 リテイク
スポンサーリンク
ステーキ
  1. praline
  2. 地味にスゴイ!
  3. 医者
  4. WBC2017
  5. 弁護士
  6. こえ恋
  7. 地味にスゴイ!
  8. サインデザイン

最新記事

  1. コピーフェイス
  2. 砂の塔
  3. グランプリシリーズ2016
  4. 砂の塔
  5. ドクターX
PAGE TOP