コード・ブルー3

「コード・ブルー3」の3話のあらすじ(ネタバレ)と感想!白石とはるかが汚染?

コード・ブルー3
LINEで送る
Pocket

ドラマ「コード・ブルー3」の3話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。きびしい藍沢の指導に横峯は徐々に救命の医師としての重要性を感じ始め、達成感も味わい始めます。そんな時、白石とはるかが病原菌に汚染されたと言う報告が。

スポンサーリンク

3話以外のあらすじ

ドラマ「コード・ブルー3」のキャスト

  • 藍沢耕作 山下智久、フライトドクター
  • 白石恵 新垣結衣、スタッフリーダー
  • 緋山美帆子 戸田恵梨香、フライトドクター
  • 冴島はるか 比嘉愛未、フライトナース
  • 藤川一男 浅利陽介、フライトドクター
  • 名取颯馬 有岡大貴、フェロー
  • 灰谷俊平 成田凌、フェロー
  • 横峯あかり 新木優子、フェロー
  • 雪村双葉 馬場ふみか、新人ナース
  • 新海広紀 安藤政信、脳外科医
  • 橘啓輔 椎名桔平、救命部長
  • 三井環奈 りょう

ドラマ「コード・ブルー3」のストーリー

翔陽大学附属北部病院救命救急センターのフライトドクターだった藍沢耕作(山下智久)は同病院の脳外科に、緋山美帆子(戸田恵梨香)は青南周産期医療センターで産婦人科医とし手働いていました。残った白石恵(新垣結衣)はスタッフリーダーとして、藤川一男(浅利陽介)はフライとドクターとしてフェローたちの指導、救命で毎日忙しい日をすごしていました。

救命部長の橘啓輔(椎名桔平)と三井環奈(りょう)の息子は、拡張性心筋症で、移植手術をしないと助からない状態が長く続き、時間の問題となってきました。そこで、三井先生は、残された時間を一緒にすごそうと休職することに決心しました。そこで、理由はいわずに、緋山に頭を下げて救命に戻ってもらうように頼みました。

藍沢も、救命が忙しくなって白石からコンサルを頼まれたときには、必ず救命に手伝いに行っていました。あるとき、大事故が起きて、フライトドクター、フェローたち全員が現場に行きましたが、白石もどうして良いのかわからなくなってしまい、藍沢に電話をしました。すべてを聞く前に、白石の声から事情を読み取り、現場に急行します。そして、白石に、「指揮官になれ」とカツを入れて、白石の目を覚まさせました。その後、白石は現場の指揮官をうまく演じることができて、自体を収束に導くことができました。

今のままでいいのか悩んでいた藍沢は、「どこにいてもいい」といわれた白石の言葉から、救命に戻る決意をしました。

救命に戻ってきた藍沢は、フェローの横峯あかり(新木優子)に対してきびしい指導を行います。逆に白石は、気の弱い灰谷俊平(成田凌)に対して手取り足取り優しく教えてることで、二人の間に指導方法で対立するようになってしまいました。ですが、藍沢の「よくやった」と横峯に掛けた言葉で、かつて黒田先生たちに同じように言われてうれしくなったことを白石は思い出して、フェロー達の成功も失敗も一緒に背負っていくことを再び決意しました。

スポンサーリンク

ドラマ「コード・ブルー3」3話のあらすじ

「コード・ブルー3」の1話は、有料ですがFODで見ることができます。シーズン1,2は無料です。⇒ FOD

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくなければ、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

藤川(浅利陽介)とはるか(比嘉愛未)は、車の中に乗っていました。藤川は、はるかの顔を見ずに

「結婚しよ。考えたいとか、不安に思ってたのは、俺がはっきりしなかったからだろ。ちゃんとしよ」

「ちゃんとって何?なんで今、結婚なの?わたしが妊娠してなかったら、結婚しよって言った?」

と、藤川のほっぺたをひっぱたきながら、はるかは怒って言いました。

今日のヘリ担当は灰谷(成田凌)で、朝からびびっていました。

カンファレンスの後、藍沢(山下智久)が電話をもらって病室に行くと、天野奏(田鍋梨々花)がピアノを弾いていました。奏の両親は新海(安藤政信)から腫瘍の手術の説明を受けていました。父親はすぐに手術を望んでいましたが、ピアノが弾けなくなると聞いて母親は迷っていました。藍沢は、心の中で思っていました。

<命とその人が命よりも大切だと思っているもの。どちらかを選ばなければならない。中には命を捨ててでも、大切なものを選びたいと言う人がいる。それでも、医者は命を優先する>

 

藍沢と新海がエレベーターに乗ってると、白石恵(新垣結衣)が乗ってきました。深海がエレベーターから下りるときに白石を食事に誘いましたが、白石はピンと来ていませんでした。医局では、新人ナースの雪村双葉(馬場ふみか)が緋山美帆子(戸田恵梨香)に、ヘリに乗らせてくれと頼んでいました。緋山ははるかがいれば大丈夫と答えました。

そこに、緊急外来から患者が搬送されました。患者は、有名なひとつ星シェフの緒方博嗣(丸山智己)で、渓流で足を滑らせて転落して頸椎に脱臼骨折の疑いがありました。緒方は、自分のことよりも、釣った岩魚を早く生簀に放してくれとうわごとのようにくりかえしていました。

そこに、ヘリ要請が入ります。森林公園内で男性が倒れていたと言うことで白石とはるか、灰谷が向かいました。白石たちがつくと、男性は秋本という男性で、脳梗塞の疑いがあると藍沢に連絡してヘリにのせました。搬送途中に、その男性が嘔吐すると、しばらくしてはるかがおなかを押さえて意識を失ってしまいました。灰谷も嘔吐をして、白石もめまいを感じ始めたので、ヘリの中が何かに汚染されてると感じて、急いで窓をあけました。

白石はすぐに救命センターに連絡して、藍沢は除染の準備を始めました。橘啓輔(椎名桔平)は緊急外来、救命センターを立ち入り禁止にして患者を移動し始めました。それを聞いた藤川は急いで救命センターに向かいます。ヘリがつくと、全員をおろして、全身を洗って毒物の特定をいそぎました。藍沢は、灰谷と白石から状況を聞き始めました。灰谷が甘いにおいを感じたと言いますが、白石は感じなかったことを聞いて、シアンだと藍沢が特定しました。秋本は、シアン化合物を使って自らの命を絶とうとしていたと推測されました。

処置が終わっても、意識不明のままのはるかの横に藤川がたって、藍沢にはなしていました。

「なんでだろうな。今日に限って全部青だったんだよ。信号、いつも通勤してる道の。おれたちその時間だけなんだよ。二人で落ち着いて話せるの。だから、今日話そうと思ってたんだよ。なのに、今日に限って青信号で、すいすいいけちゃうんだよ。どう切り出そうと思ってたらついちゃって。ひとつでも、どっか赤だったら、俺言えてたと思うんだ。おなかのためにヘリ降りて欲しいって」

すると、隣のベッドの秋本の目が開きました。そこに、秋本の妻がやってきました。

名取颯馬(有岡大貴)が秋本のことを調べると、千葉国立大学神経科学研究所の主任で、アルツハイマー型認知症の原因物質抑制プロジェクトのパイオニアでした。自ら命を絶とうとしたのは、秋本のチームが開発競争に負けたからでした。

藤川はつきっきりではるかの隣にいました。

 

翌日。HCUでは、シェフの緒方のベッドの周りにシェフたちが集まって、店の指示を聞いていました。となりのベッドでは、意識が戻った秋本がなぐさめてる妻にむかって、

「気休めもあまりにも無知だとうんざりする。頼むから俺の前から消えてくれ」

それを聞いた緒方が、

「あんたには無理だな。長年世話してくれた奥さんに、そんなことを言うあんたに世紀の新発見?無理無理、できっこない。だいたい、先こされたぐらいで命絶とうなんて弱すぎなんだよ。負けた自分を認めたくなくて、楽なほうを選んだだけだよ」

緋山がそれを止めますが、なおもしゃべり続ける緒方に、

「じゃあ、あなたは二度と包丁を握れなくなっても、同じこといえますか?」

「わかんないよ。そんなこと。なってないから。俺はすぐに直って厨房に立つんだから。そうだろ」

緋山がなにも答えないでいると、緒方は腕を少しだけ動かして、

「おれ、又包丁握れるよな」

と聞きましたが、緋山はやはり何も言えず、緒方はもう動かせないことに気が付いてしまいました。

 

藍沢が廊下を歩いていると、奏が点滴をしながらあるいてきました。父親に早く手術しろとおこられたようでした。

「ピアノを弾かない生活ってどうなんだろうね。わたし、生きていけるのかな」

そこに、緊急の連絡がはいりました。病状が安定したので一般病棟に移ろうとしていた秋本が廊下から飛び降りたんです。肝臓が破裂して大量出血していました。その場で開腹手術になりました。しかし、出血が止まらずに、ガーゼをつめて手術をいったん中止するダメージコントロールをとりました。そしてICUに運びました。奥さんには、そのことを話して24時間後にどうするかを決めると伝えました。

藍沢が秋本の妻に寝るところを準備すると伝えると、

「あの人は本当に生きようと思ってるのでしょうか。研究だけでしたから。わたしにはわかりません」

 

24時間後、再開することに決定しました。 ガーゼの取り出しを灰谷にやらせて、全部撤去すると出血はとまっていました。手術は無事に終わりました。藍沢は奥さんに、

「ご主人が本当に生きたがっていたかは、私たちにはわかりません。ですが体は生きたがっていた。ダメージコントロールは患者さんの生命力に問いかける行為です。体が答えてくれるまで24時間待った。でも、心が答えてくれるまでには、きっと、もっと時間がかかると思います」

と伝えました。

その頃、はるかの意識が戻りました。翌朝、後遺症がないことがわかりました。

緋山は、緒方に謝りに行きました。

「すみませんでした。人生を左右することをあんな形でお伝えするべきではありませんでした」

「何言ってんの、先生。そんなもん、じっくり言ったって時間の無駄だよ。早く教えてくれれば、その分早く次に向かって動き出せる」

「でも、手の麻痺は、リハビリをしても・・・」

「それは、統計上の話でしょ。俺には当てはまらないかも。俺見えてますからね。厨房に立ってる姿。ありがとね、先生。起きちまったことは変えられないんだ。今しかない。だったら、今この瞬間をどう生きるかですよ」

「そうですね」

緋山は涙ぐみました。

藤川は、意識がはっきりしたはるかの元へ言って、この間の朝の話の続きをしました。

「妊娠してなかったらどうしたかはわからないけど、おれは、はるかと生きたい。おなかにいる子供と3人で。ずっと、はるかと生きていきたい。だから、結婚して欲しい。これじゃだめかな・・・あれ、返事は?」

「目を覚ましたとき、最初に誰のことを思ったと思う」

「おれ?」

「それはない。あかちゃん。わたしとあなたの赤ちゃん」

藤川とはるかは手をにぎりあいました。

 

白石と藍沢が救命センターに入ると、灰谷が白石に話しかけました。

「すみませんでした。シアン騒ぎのとき。僕あのとき、患者さんのことも、倒れた冴島さんのことも考えられませんでした。怖くて。僕は臆病者なんです。僕は医者には向いていません」

すると、白石は、ダメージコントロールのポイントは臆病であることだと言います。秋本の手術をダメージコントロールで一時中断したのは、藍沢にも臆病な一面があったからだと話しました。そして、向いてるかどうかはわからないけど、臆病も医者の素質として大事だと言います。それを聞いていた藍沢は、シアンのにおいを感じるのは40%しかいないと言って、灰谷が感じたことで二人の命が助かったと話しました。

藍沢が奏のところに行くと、秋本の気持ちがわかると言います。そして、

「弾けなくしないで。先生、わたし、やっぱり怖い」

と涙を流しながらつぶやきました。藍沢は、こころのなかでつぶやきました。

<命とその人が命よりも大切だと思っているもの。どちらかを選ばなければならない。中には命を捨ててでも、大切なものを選びたいと言う人がいる。それでも、医者は命を優先する。命さえあれば、いつか大切なものを失ったつらさをも乗り越えられると医者は信じているから。けれど、失うものがあまりのも大きいときは、医者は、どうすればいいのだろう>

(⇒ 4話のあらすじ

ドラマ「コード・ブルー3」3話の感想

おもしろかったですね。今回は先週からの引き続きで、命とその人が命よりも大切だと思ってることのどちらが大切かというメインテーマでした。他にもサブテーマが沢山あって、いろいろ盛り込みすぎた感じがありましたが、料理人のポジティブな考え方ですくわれたような気になりました。

このメインテーマは、簡単には結論を出してはいけないような気がします。もちろん、命が大事なのは大前提ですが、どうやってその折り合いを見つけるのか、どうやって、料理人のようにポジティブに考えられるようになれるのかが問題だと思います。それは、家族全員がなくなって、自分一人が生き残ってしまった場合と似てるような気がします。いままでいるのが普通で、家族のために生きてきたのに、突然それがなくなってしまった場合、生きる力を失ってしまうのではないでしょうか。

それが、藍沢先生の言っていた、「心が生きるって思う力」は時間がかかると言うことだと思います。

そして、緒方が話していたことはとても、心にしみました。

「起きちまったことは変えられないんだ。今しかない。だったら、今この瞬間をどう生きるかですよ」

これは、くじけないこころと言うよりも、柔らかい心ではないでしょうか。それに対して、研究で負けてシアン化合物を飲んでしまった秋本は固い心だと思います。固い心は、一度われてしまったら元には戻れないし、第一、大きくも小さくもなれません。それにたいして、柔らかい心は、なにがあっても自分の形を変えてそれに対抗していけます。その差は、何で作られるのかと言うと、決意のような気がします。例え何があってもそれをやり抜くという断固たる決意があることで、心を柔らかく変えることができるのではないでしょうか。

ただ、言うのはカンタンです。世の中にはもっと大変な人がいるわけですから、そのことをしっかり考えながら、このドラマを見ていきたいです。

以上、ドラマ「コード・ブルー3」3話のあらすじと感想(ネタバレ)でした。

他にも面白いドラマがあります。

⇒ ウチの夫は仕事ができない
⇒ ごめん、愛してる

⇒ ドラマ一覧に戻る
スポンサーリンク

 

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

follow us in feedly

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ「ハロー張りネズミ」のキャストや相関図と1話のあらすじ!瑛太と深田恭子! ハロー張りネズミ
  2. ドラマ『ウツボカズラの夢』のキャストと1話のあらすじ!原作は乃南アサ
  3. ドラマ『わにとかげぎす』のキャストや相関図と1話のあらすじ!有田哲平と本田翼が! わにとかげぎす
  4. ドラマ『過保護のカホコ』のキャストや相関図と1話のあらすじ!高畑充希と竹内涼真が! 過保護のカホコ
  5. 『ウチの夫は仕事ができない』のキャストや相関図と1話のあらすじ!錦戸亮と松岡茉優! ウチの夫は仕事ができない
  6. 台風3号(2017)の現在の最新予想進路!日本への接近の日時と上陸の可能性は? 台風3号(2017年)
  7. ドラマ『愛してたって、秘密はある。』のキャストや相関図と1話のあらすじと視聴率!福士蒼汰と川口春奈が! 愛してたって、秘密はある
  8. 『脳にスマホが埋められた!』のキャストと相関図と1話のあらすじ!伊藤淳史と新川優愛が! 脳にスマホが埋められた!
  9. ドラマ『僕たちがやりました』のキャストと相関図と1話のあらすじ!窪田正孝と永野芽郁が! 僕たちがやりました
  10. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
スポンサーリンク

最新情報

  1. ウチの夫は仕事ができない
  2. ほんとにあった怖い話
  3. gym
恋がヘタでも生きてます
  1. 台風
  2. 釣り
  3. 家政婦のミタゾノ
  4. お母さん、娘やめていいですか?
  5. 着物リメーク
  6. 蚊取り線香
  7. みをつくし料理帖
  8. フィンランド
  9. デザイン

多くの人に読まれている情報

  1. ジャパネットたかた
  2. 嘘の戦争
  3. あなたのことはそれほど
  4. 婚活
  5. おんな城主直虎
  6. 婚活
  7. PSVR
  8. カルテット
  9. 犯罪症候群
  10. ピアノ
PAGE TOP