大貧乏

ドラマ「大貧乏」の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想!奥田瑛二がやはり!

大貧乏
LINEで送る
Pocket

ドラマ「大貧乏」の7話のあらすじや感想などです。ゆず子(小雪)が提案して濱中を訴える原告団が結成されました。マスコミも嗅ぎつけて、濱中が悪事を働いていることが全世界に知れ渡りました。ゆず子たちに協力していた天満社長(奥田瑛二)は、何かを企んでいるようです。

スポンサーリンク

7話以外のあらすじ

「大貧乏」のキャスト

「大貧乏」のキャストは、

  • 七草ゆず子 小雪
  • 七草翔太  今井暖大
  • 七草実結  野澤しおり
  • 柿原新一  伊藤淳史
  • 加瀬春木  成田凌
  • 木暮祐人  神山智洋(ジャニーズWEST)
  • 櫻沢まりえ 内田理央
  • 浅岡礼司  滝藤賢一
  • 天満利章  奥田瑛二

「大貧乏」の今までのストーリー

七草ゆず子(小雪)は、1歳年下の夫に裏切られた、2人の子供を持つシングルマザーです。ある日、ゆず子が勤めていた会社が倒産していしまいます。同時に、住んでいたアパートの水道が壊れて、階下の住民に弁償をしなくてはならなくなって、貯金も使い果たしてしまいます。職ナシ、金ナシ、子どもアリのがけっぷちに立ったシングルマザーのゆず子の奮戦を描くドラマです。助けてくれるのは、元同級生の柿原新一(伊藤淳史)と加瀬春木(成田凌)。

柿原新一は、凄腕のエリート弁護士で、年商107億円をかせぐ敏腕弁護士です。仕事はできるのですが、女性に対しては超奥手で、元同級生だったゆず子のことをずっと思い続けていたようです。ゆず子の状況を聞きつけて、会いたい一心で連絡をしてきました。柿原は、ゆず子の会社の倒産のウラには、何かあると気が付いたんです。柿原はゆず子を助けて、生活を楽にさせようとしますが、断られてしまいました。

それでも、柿原がゆず子の会社を調べていくと、あることが分かりました。30億円のお金をゆず子の元上司が経営している「みなみまち不動産」に隠してあって、それを隠すためにDOHを倒産させたようです。国税にリークして、「みなみまち不動産」にガサ入れをさせましたが、その前に立ち退きが始まって、運び出されてしまいました。防犯カメラの画像などを使って、外国に出てしまう前に手に入れようと思いましたが、わずかの差で貨物船は出て行ってしまいます。これで終わりかと思われましたが、今回の倒産の本当の目的が賠償金だったと柿原は気が付きました。

天満利章社長や、弁護士は、賠償金の事は話すことができない様なので、ゆず子が濱中電子工業に潜り込んで情報を得ようとしました。問題のバッテリー開発に携わったレイコという女性と接近しますが、詳しいことは分からないので、開発した責任者に接近しようという話になりました。開発責任者の高野由鶴(ゆづる、奥貫薫)と接触できて、ゆず子の説得でミスを公表すると約束を取り付けましたが、いざ、濱中電子工業の一団が柿原の会社にやってきたら、約束を破ってミスはないと言いきって帰っていきました。

ゆず子は、濱中の悪事を訴えるために被害者の会を結成しようとします。濱中の横やりもありましたが、1000人以上の原告団も出来上がって、世界的に濱中の悪事が白日の下にさらされつつあります。一方、ゆず子たちに協力して来たと思われた天満社長(奥田瑛二)は、何かよからぬたくらみをしているようです。さて、どうなるでしょうか?

スポンサーリンク

「大貧乏」7話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

「大貧乏」の7話は有料ですが、FODで見ることができます。⇒ 【フジテレビオンデマンド】

 

では、あらすじです。

「第3回被害者の会説明会」が行われ多くの元従業員が集まりました。柿原は、「濱中電子工業の罪は、リチウムイオンバッテリー“アウセル”の開発失敗を隠したことと意図的に情報をもらしたことの二つです」と説明しました。「世間を味方につければ、きっと勝利することができます」と、少し緊張していたゆず子も話して来ていた人達から、大拍手されました。

天満社長と浅岡から、宇都宮営業所で行われる被害者の会の説明会に柿原とゆず子の二人で行ってきたらと勧められます。柿原が思い切って誘うと、となりに立っていた加瀬も「子供のためにもなるし」と応援して、ゆず子はOKしました。

翌日、ゆず子が柿原と一緒にレイコ(泉里香)と訴訟する話をしていました。訴訟を起こすと、濱中電子工業の社員にもリストラや給料削減などの迷惑がかかることに気が付ついて、ゆず子の顔は曇ってしまいます。そこで、ゆず子と柿原は濱中の社員に迷惑がかからないように和解交渉に切り替え酔うと話しました。すると、良いタイミングで、濱中から40億円の和解金を出すと言ってきます。条件は、不具合の発表をしないこと、意図的な情報漏えいの訴訟を取り下げる事でした。柿原たちは、その条件あH認められないと言いますが、天満社長だけは、長期化しないことと、お金が手に入ってきて、元社員たちに返すことができるから、いい提案だと言いました。ゆず子もそれに賛同して、不具合の公表の条件だけを話し合うことにしました。その夜、柿原は、こちら側にスパイがいることに気が付きます。甘利にも良いタイミングと、コチラの損害額と和解金が一致していたためです。

翌日の早朝、柿原のデスクに加瀬春木(成田凌)が座って、柿原のPCを見ていました。そこに、柿原がやってきて、加瀬がスパイなんだと思ってしまいます。「君の目的は何?こっちの情報が濱中に流れているのは君のせい?いくらで売ってるの?」と目を吊り上げて問い詰めると、「浅岡は?天馬社長はどうなの?」とスパイなどしていない加瀬が聞き返します。柿原は「天馬社長は一番の被害者だ。彼が濱中につくいわれはない」というと、加瀬は呆れた顔をして「やめさせてもらいます・・・何にもわかってないな・・」と言い残して出ていきました。

宇都宮に出張の日が来ました。説明会は成功でした。帰ろうとすると、部下の木暮祐人(神山智洋)から加瀬春木の身辺調査の結果がメールで届きました。そして、調査所に書かれてあった古谷村に行きました。「なぜ古谷村なの?」とゆず子が首をかしげると、柿原は調査書を見せて「それを確かめに行くんだ」とつぶやきました。

そもそも、DOHは、椿家政婦紹介所として24年前にスタートしていました。藤川靖という人が代表でした。加瀬春木は、藤川靖の息子でした。最後に藤川靖が住んでいたのが古谷村でした。陣渓園という旅館に行きました。事情を知ってるおじいさんが出かけているということで、帰ろうとすると、柿原が食あたりを起こして倒れてしまいます。さらにエアコンが壊れていて、しかたなく、いっしょに泊まることになりました。

翌朝、元気になって出かけようとすると、昨日のおじいさんから電話がかかってきて事情が分かりました。天満社長は藤川靖社長の右腕でしたが、経営方針が合わず、天満社長に追い出されたようです。同時期、藤川靖社長の奥さんも亡くなってしまい、古谷村にやってきたようです。その件で、加瀬春木は天満社長のことをだいぶ恨んでいるようでした。そこまでゆず子にはなすと、部下の木暮から電話がかかってきました。会社で、天満社長と濱中が和解の話を進めているということでした。すぐに二人はもどり、柿原は会社に行きました。すると、机の上には天満社長と浅岡が和解合意書と、1000人以上の原告団の同意書がありました。不具合をばらさない事と、情報漏えいの訴訟は取り下げるという条件をうのみにしていました。

すぐに、被害者の会を集めました。集まった人たちは、天満社長の合意案に納得していて、すぐに合意しろと柿原とゆず子に詰め寄りました。ゆず子の悲しい顔を見て、柿原は合意書を破きました。すると、浅岡が席を立って部屋の外に出ていくと同時に、原告団代表の天満社長から柿原を解任することが告げられました。すると、浅岡が、DOHの元顧問弁護士福沢弁護士を連れて入ってきました。和解案はそのまま引き継がれ、新らに合意書をつくるようになりました。暗い顔をした柿原は、「権限がなくなった」とゆず子に言って部屋を出ていきました。ゆず子が追いかけようとすると、笑みを浮かべた天満社長は、「君は残れますよ。どうしますか?」とゆず子に言いました。ゆず子は「すみません」と言って部屋を出ていきました。

ゆず子が柿原に追いつくと、「待って、私の代理人は、あなただよ。柿原君」と言うと、柿原のこわばった顔にも少し笑みが戻ってきました。

その日の夜、柿原は、加瀬春木に会いにビルの屋上に行きました。

「君の言うとおりだった。僕の間違いだった。天満社長は濱中とつながってるのか。教えてくれ」

「どうしよっかな~。ま、いっかー。カッキ―は信用できるってわかったし。天満の和解案に判を押さなかった」

加瀬はちょっと悪い顔をしながら、USBを取り出します。以前、柿原に渡したデータは、半分だったようで、大事な部分はまだ残っていたんです。

「いくらで買います?おれ、つぶしたいんですよ。天満」

「やろう」

柿原も覚悟を決めました。

(⇒ 8話のあらすじ

「大貧乏」7話の感想

おもしろかったですね。来週の予告には、本当の悪が牙をむくとかかれていましたが、どうなってくるのか、楽しみです。

それにしても、経営者の頭の中ってすごいですよね。普通の社員は自分の働いた分の給料のことしか考えられないのですが、経営者は、自分で働いた以上の分のお金を考えてます。1ヵ月働いたからいくらもらえるっていう考えではなくて、このお金を使えばどのくらい儲けることができるのか?を考えることができるようです。言ってみれば、お金をお金だと思っていないのではないでしょうか。ゲームのように考えているのかもしれません。実は、一般庶民でもその傾向はちょっとずつ出てきているような気がします。それは、スイカとか電子マネーですね。実際に手で触ることができないのに、電車に乗れたり、買い物できるようになりつつあります。私の住んでいる地方では、そういうのはまだまだ先の話ですが、いずれ、現金と言うものがなくなってしまうかもしれません。そうなると、お金は架空のものになってしまい、だいぶ経済の流れが変わってしまうような気がします。そんなイメージを経営者の方は持ってるのではないでしょうか。

なので、天満社長や浅岡たちは、柿原やゆず子がやっていることが良く見えるのかもしれません。ただ、ドラマですから、きっと柿原とゆず子と加瀬が何らかの方法で天満社長たちをやり込めていくと思いますので、どんなふうに反撃していくのか、とても楽しみです。

以上、「大貧乏」の7話のあらすじや感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

⇒ ドラマ一覧に戻る
スポンサーリンク

 

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

follow us in feedly

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ「下剋上受験」のキャストと相関図?1話のあらすじと感想! 下剋上受験
  2. スーパーサラリーマン左江内氏のキャストや相関図!1話のあらすじは? スーパーサラリーマン左江内氏
  3. ドラマ「A LIFE~愛しき人~」のキャストと相関図と1話のあらすじ!視聴率は?
  4. お正月におすすめの遊びやゲームは?子供と一緒に遊べるものをまとめました! ボードゲーム
  5. 不機嫌な果実スペシャルの放送日とキャストは?相関図とあらすじも!
  6. 「奪い愛、冬」のキャストと相関図!1話のあらすじと感想! 奪い愛、冬
  7. バレンタイン2017のチョコ!通販で人気の16選!告白を成功させるコツ? バレンタイン
  8. おんな城主直虎のキャストや相関図。1話のあらすじと感想! おんな城主直虎
  9. 嘘の戦争のキャストと相関図と1話のあらすじ!視聴率は? 嘘の戦争
  10. ドラマ「大貧乏」のキャストや相関図、第1話のあらすじと感想! 大貧乏
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2016-17
  2. 宮﨑キャビア1983
  3. ロシアワールドカップアジア最終予選
  4. おんな城主直虎
  5. おんな城主直虎
旅行
  1. デザイン
  2. スリル!赤の章・黒の章
  3. 東京タラレバ娘
  4. ブレンダー
  5. リオパラリンピック車いすテニス
  6. こえ恋
  7. 流星群
  8. 花

多くの人に読まれている情報

  1. 地震
  2. マグロ
  3. リテイク
  4. 三大ホテル
  5. 口内フローラ
  6. 奪い愛、冬
  7. 花
  8. 砂の塔
PAGE TOP