悦ちゃん

ドラマ『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』のキャストや相関図と1話のあらすじ!

悦ちゃん
LINEで送る
Pocket

7月15日(土)18:05から、NHKの新ドラマ『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』のキャストや1話のあらすじ(ネタバレ)、スタッフなどの情報です。獅子文六さんの小説「悦ちゃん」を現代に大胆にアレンジして、昭和モダニズムあふれるオシャレなドラマに生まれ変わります。主演はユースケ・サンタマリアさんです。

スポンサーリンク

1話の再放送は、7月18日(火)01:45から放送されます。

各話のあらすじ

『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』のキャスト

柳碌太郎 ユースケ・サンタマリア

うだつの上がらない売れない作詞家です。3年前に妻を病気で亡くして、有れた生活を送っていました。悦子の勧めで、再婚相手を探し始めます。

ユースケ・サンタマリアさんは、1971年生まれの46歳の俳優、タレント、司会者、歌手です。大分県出身。高校時代や卒業後にバンドを組んで活動されていましたが、解散してつてをたどって上京されて、司会者やCMの仕事をされていました。その後、「踊る大捜査線」に抜擢されて、一躍ブレイクされて、それ以降、多くのドラマや映画に出たり、司会をされています。最近では、「探偵の探偵」「火の粉」映画「バースデーカード」などに出られています。

柳悦子 平尾菜々花

碌太郎の10歳の娘です。母親が病気で亡くなった後、落ち込んでる碌太郎に、元気を取り戻してもらおうと再婚相手を探し始めます。

平尾菜々花さんは、2006年生まれの11歳の子役です。「コピーフェイス」「べっぴんさんSP」映画「心が叫びたがってるんだ。」などに出られています。

ばあや(ウメ) 大島蓉子

柳家に通ってる女中で、昔から働いていました。

1955年生まれの62歳の女優、タレントです。「トリック」シリーズで、仲間由紀恵さんのアパートの大家さんで一躍有名になって、コミカルなキャラクターが増えました。最近では、「勤番グルメブシメシ!」「遺産相続弁護士」「貴族探偵」などに出られています。

大林鶴代 峯村リエ

碌太郎の姉です。悦子とは気が合いません。

峯村リエさんは、1964年生まれの53歳の女優です。ナイロン100℃結成時からのメンバーで、堤幸彦作品に多く起用されています。最近では。「A LIFE」「営業部長 吉良奈津子」「グッドパートナー」などに出られています。

大林信吾 相島一之

鶴代の夫で、東邦商事の社長です。株主である日下部銀行の令嬢、カオルと碌太郎の結婚を成立させて、商売繁盛を狙っています。

相島一之さんは、1961年生まれの55歳の俳優です。埼玉県出身。立教大学在学中に劇団に所属されて、演劇を始められました。1987年に東京サンシャインボーイズんび入団されて、三谷幸喜作品に多く出られています。多くのTVドラマ、映画に出られていて、欠かせない名わき役の一人です。最近では、「犯罪症候群」「キャリア」「冬芽の人」などに出られています。

池辺鏡子 門脇麦

地味な性格で、銀座にある大松というデパートで紳士服売り場で働いています。結婚は、父が決めるものだと思い込んでいます。

門脇麦(むぎ)さんは、1992年生まれの24歳の女優です。独特の感性で、存在感がある女優です。2011年「美咲ナンバー1!!」でドラマデビューされました。最近では、「モンタージュ」「火花」「お迎えデス。」「リバース」などに出られています。

池辺久蔵 西村まさ彦

鏡子の父で、指物職人です。酒好きで頑固な性格の典型的な江戸っ子です。自分で決めた相手と結婚するのが、鏡子(門脇麦)にとって最大の幸せだと思っています。

西村まさ彦さんは、1960年生まれの56歳の俳優です。富山県出身。富山の写真専門学校を卒業されて、アシスタントをされていましたが、地元のアマチュア劇団に入ったことがきっかけで俳優を目指されました。劇団文化座を経て、三谷幸喜さんの東京サンシャインボーイズに入段されて、「古畑任三郎」シリーズに出られることになりました。その役が当たり役となって、全国に名前を知られるようになりました。1997年には、「ラヂオの時間」で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞や多くの章を受章されました。俳優活動30周年を機に、「俳優としてやっていく決意声明」として2017年5月より本名の西村雅彦から初の芸名となる西村まさ彦へと改名されました。最近では、映画「家族はつらいよ」「殿、利息でござる」などに出られています。

池辺藤子 堀内敬子

久蔵の後妻です。なので鏡子とは血はつながってませんが、鏡子のことを心配しています。

堀内敬子さんは、1971年生まれの46歳の女優です。高校卒業後、劇団四季に入られて、1999年まで舞台に立たれていました。その後も多くのドラマや舞台に立たれていて、とくに、三谷幸喜さんの作品に多く出られています。最近では、「砂の塔」「レディ・ダ・ヴィンチの診断」映画「君と100回目の恋」などに出られています。

日下部カオル 石田ニコル

日下部銀行頭取の娘です。父親はすでに亡くなっているため、結婚相手には高い理想を求めてしまい、すでに数十回のお見合いを断っています。碌太郎の最初のお見合いの相手で、写真をみた碌太郎は一目で心を奪われます。

石田ニコルさんは、1990年生まれの27歳のモデル、タレントです。父親がロシア系アメリカ人、母親が日本人のハーフです。中学のときに、福岡でいとこと買い物をしているときにスカウトされて地方で活動をされていました。そのご、アミューズにスカウトされます。大学在学中の2010年に、「神コレモデルオーディション2010」でグランプリを受賞されてモデルとしてデビューされました。最近では、「勇者ヨシヒコ」「模倣犯」映画「CUTIE HONEY」などに出られています。

日下部絹 紺野美沙子

カオルの母です。

紺野美沙子さんは、1960年生まれの56歳の女優です。1980年、朝ドラ「虹を織る」のヒロインを演じられて全国的に優目になられました。相撲好きとして有名です。「武田信玄」「教師びんびん物語」など多くのドラマに出られてきました。最近では、国連開発計画親善大使の任命を受け、アジア・アフリカの各国を視察するなど、国際協力の分野でも活動中です。

日下部一郎 矢野聖人

カオルの弟で、日下部銀行の跡取りです。

矢野聖人さんは、1991年生まれの25歳の俳優です。高校時代から読者モデルとして活動されていましたが、2010年、ホリプロ記念事業の蜷川幸雄さん演出の舞台「身毒丸」の主演オーディションにグランプリを受賞して芸能界にはいられました。2010年の「GOLD」で俳優デビューされました。最近では、「IQ246」「怪獣倶楽部」などに出られています。

細野夢月 岡本健一

碌太郎が出入りするスイートレコード専属の作曲家です。ヒットメーカーで、スイートレコード内で絶大な権力を持っています。碌太郎とは、古い付き合いでけんか相手ですが、おたがいに憎からず思っています。鏡子にちょっかいを出してきます。

岡本健一さんは、1969年生まれの48歳の俳優、歌手です。男闘呼組として活動されたあと、現在は、舞台やTVで活動されています。

春奴 安藤玉恵

スイートレコードに出入りする歌手で、うぐいす芸者です。人気はまだいま一つです。

安藤玉恵さんは、1976年生まれの40歳の女優です。早稲田大学在学中は、演劇サークルに所属されて活動されていて、卒業後、劇団「ポツドール」に入られて、看板女優として活躍されました。2003年に映画デビューされて、多くのドラマや映画に出られています。最近では、「ヒガンバナ」「ヤメ判」映画「彼女の人生は間違いじゃない」などに出られています。

村岡政子 村川絵梨

悦子の小学校の担任教師です。碌太郎と同じように、夫を病気で亡くしていて、幼い息子がいます。

村川絵梨さんは、1987年生まれの29歳の女優です。1998年ころから大阪にあるボーカル&ダンススクールに通い始めて、2001年にアイドルユニットを結成して、歌手としてデビュー^されました。2004年「ロード88」で女優デビュ―されて、2005年以降は、ドラマを中心に活動されています。最近では、「せいせいするほど愛してる」「東京タラレバ娘」などに出られています。

次作 橋本淳

米屋の次男で、鏡子がお見合いさせられる相手です。

橋本淳さんは、1987年生まれの30歳の俳優です。中学生のときに演劇に興味を持たれて、高校生のときに、アミューズのオーディオションに合格して芸能界にはいられました。2004年「WEATER BOYS2」でデビューされて、「ちりとてちん」「軍師官兵衛」「相棒」などに出られています。最近では、「PTAグランパ」「母になる」などに出らえています。

語り 片岡愛之助

語りは、片岡愛之助さんです。片岡愛之助さんは、1972年生まれの45歳の歌舞伎役者です。奥さんは、女優の藤原紀香さんです。歌舞伎とは全く関係ない家庭でしたが、習い事の一つとして、松竹芸能の子役オーディションに合格して、養成所に通われて舞台に立つようになりました。歌舞伎の舞台にも出演されていて、十三代目片岡仁左衛門に見いだされて歌舞伎役者になられました。ドラマ「半沢直樹」での演技が爆発的に人気となって、今では、歌舞伎とTVドラマに引っ張りだこになっています。最近では、「刑事7人」「石川五右衛門」などに出られています。

『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』の相関図

ドラマ『悦ちゃん』の相関図です。

「悦ちゃん」相関図

『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』1話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくなければ、次をクリックしてください。⇒ スタッフへ!

 

1話「求ム!パパのお嫁さん」

ある雨の日、碌太郎(ユースケ・サンタマリア)は、悦子(平尾菜々花)と二人で3年前に病気でなくなった妻の尾墓参りに来ていました。悦子は、お墓の前で手を合わせて、

「ママ、ごめん。もうしばらくお墓まいりには来ないよ。新しいママがみつかるまではね」

と心の中で話していました。悦子は、妻が亡くなってから元気がなくなって、しみったれた碌太郎に新しい奥さんを見つけようと思っていたのです。

碌太郎たちは、麻布にある妹の大林鶴代(峯村リエ)の所にお金を借りにきましたが、その条件として強引に縁談を勧められます。気の進まない碌太郎は、借金をあきらめて家に帰りました。家では、女中のウメさんが、食事の支度をしていましたが、ウメさんにはらう給金も無いようでした。

碌太郎は作詞家で、かつてヒット作を出したのですが、最近はまったくいいものができませんでした。何とかもう一回ヒット作を出して専属の作詞家になろうとしていました。ある日、作った作品をスイートレコードに持ち込んで、専属作曲家の夢月(岡本健一)に見せました。人気作曲家の夢月に曲をつけてもらうことで、碌太郎の詩は始めて曲になるんです。詩を読んだ夢月は、

「きみ、恋してる?これじゃ、ものたりないんだよ」

と言われます。夢月に言われたとおりに書いたつもりでしたが、情緒が足りないと言われます。

「ってことで、恋でもしてみたら?」

「腹の立つ顔だな~そんなひまあるかよ」

「しみったれてるね~その余裕のなさが詩に出ちゃってるんだよ。豊かさがないんだよ。そういうのがないと、曲をつけるにしてもインスピレーションがわかないから。はい、やりなおし」

「何が、インスピレーションだよ。アメリカかぶれめ」

「何か言った?そういう態度・・・「もっと泣くわよ」だって、専属の僕が曲が着けることで、曲を出せてヒットしたんでしょ。ほかにあてがあるんならそっちにもっていけばいいんじゃない?」

「わかったよ。わるかったな」

と言って碌太郎は出ていきまいた。

碌太郎が家に帰ると、悦子の担任教師の村岡政子が来ていました。碌太郎は悦子が学校で悪いことをしたと思いましたが、政子は、

「実は、悦子さんに相談を受けまして・・洋服の生地を選んでほしいって言うんです」

「洋服の生地なら、ばあやが」

「そうなんですが、えっと・・・・」

何か言いにくそうにしてる政子を見て、悦子がウメを買い物に連れ出しました。

二人が出て行った後、政子は、ウメが選ぶ悦子の洋服の生地はぱっとしないと言いました。いつもツンツルテンのブラウスを着てるので、洋服の生地を買うなら一緒に選んであげたいと言うことでした。喜んだ碌太郎は、週末にデパートの大松に一緒に行く約束をしました。

 

週末、碌太郎と政子は大松に行って洋服の生地を選んでその後に喫茶店に行きました。コーヒーを飲んでると、「もっと泣くわよ」が流れてきました。

「わたし、大好きなんです。この『もっと泣くわよ』」

「辛気臭いって言う人もいますが」

「とんでもない!あんな繊細に女性の気持ちをすくいあげた詩をどんな方が、書かれているのかと思っていました。まさか、悦子さんのお父様だとは。この詩はどうやって書かれたのですか?」

「これは、実話というか。妻にはずっと苦労をかけまして、あいつの気持ちを考えて行き着いたのが、この詩です。「もっと泣くわよ」なんて、言われてもしかたないしみったれぶりで」

「今でも奥様のことを思ってらっしゃるのですね」

「いえいえ、妻がなくなってもう3年がたちます。さすがに未練はありません。しかし、僕には悦子がいますから。生活に集中しないと」

「わかります。わたしも、結核で主人を4年前になくしました。日中は同居の母親に息子を任せているのですが、男の子の相手は手に余ってしまって」

「お互い苦労しますね」

苦労話から花咲いて、映画の話でもりあがりました。

 

数日後、二人は喫茶店で会って、この間のお礼にと碌太郎は政子を映画に誘いました。政子は「よろこんで」と受けてくれました。二人で映画を見た後、二人で並んで歩きながら、

「素敵でしたね」

「あこがれます。ああいう恋物語、私は恋すらしたことありません。亡くなった主人とは親の言いつけで結婚して、一緒になったと思ったらすぐに病気で倒れて、それから看病と子育て、それに仕事の毎日でしたから。今になって、どこかにいい人がいればって思うこともあります。映画みたいに。ごめんなさい。やだ、わたしったら」

その日の夜に書いた詩を夢月のところに持っていくと

「いいんじゃない~、恋してるね~」

と言われますが、やり直しになりました。前回よりはよくなりましたが、しみったれた気持ちが残ってると言われてしまいました。碌太郎は、

「てめえ、曲つける気、ねえだろ。しみったれて何が悪い」

「昔だったら違ってたはずだ。昔の君だったら、そんな無難でごまかしだらけの詩は書いてこなかった。くだらん悩みに振り回されてるから、近道ばっかり探すようになるんだよ」

「まて、このやろ」

と言って、碌太郎はとび蹴りを浴びせます。怒った夢月とけんかになってしまいました。

 

家に戻った碌太郎は、詩を作り始めます。ウメさんが仕事が終わって帰るときに、碌太郎の部屋によって話をしました。新しく仕立てたブラウスは着ずに、昔からのものを着ているということでした。そのブラウスは亡くなった母親が仕立てたもので、やはり、母親を忘れられないのでは?と言われます。

それを聞いた碌太郎は、

「だからなんです?悦子のために生活を追えばしみったれてると笑われて、恋をすれば悦子が不憫だと生活に引き戻される。俺にどうしろっていうんです!」

と怒鳴ってしまいました。

ウメが帰った後、碌太郎は悦子の寝顔を見て、仏壇に手を合わせました。

翌日、碌太郎は政子を喫茶店に呼び出して、もう会わないと告げました。理由は悦子がまだ母親を忘れられないと話します。それを聞いた政子は、がっかりしますが、実は悦子に頼まれたんだとばらします。学校で、「先生、私のママになって」と悦子にお願いされたんです。

家でも、食事をしながら悦子がそのことをウメに話してると、碌太郎が帰ってきました。悦子が「どうだった?」と聞くと、「もう会わない」と言います。

「外野がとにかく言おうと、えっちゃんとの生活を守らなきゃいけねえ。えっちゃんママがほしいって話、先生から聞いたよ。でも、やりかたが気にいらねえな。だまし討ちはひきょうだ!」

「えらそうに言うな。もうすこし、もう少しだったのに、人の気も知らないで。碌さんのキャラメル野郎!」

「なんだよ、キャラメル野郎って」

「碌さんもキャラメルも、ねちねち歯にくっついてイライラする。私のママってことは、碌さんのお嫁さんじゃないか。恋でもして結婚すればかっこいい碌さんに戻ると思ったのに。このままほっといたら、碌さんはしぬまでしみったれたままさ」

「俺はお前のために、あれもこれも我慢してるんだ」

「それがいやなんだよ。そんなの大きなお世話なんだよ。我慢しないで好きにやればいいのに。今の碌さんなら天国のママもほれやしないよ。さっさとかっこいい碌さんに戻れ」

そういうと、悦子は自分の部屋に行ってしまいました。

碌太郎は机に座ってキャラメルを食べました。そして、ペンをとって詩を書き始めました。タイトルは「キャラメルエレジー」でした。

 

翌朝、悦子が起きると、碌太郎が出かけるところでした。

「昨日は言い過ぎたよ。ごめんなさい。」

「イイってことよ。おかげで新作がかけた。じゃあ、行ってくるぜ」

外に出ると虹が出ていました。二人で見上げた後、碌太郎は出かけていきました。

 

大松では、夢月がシャツのために採寸してくれと新人の鏡子(門脇麦)に無理を言っていました。そこに碌太郎がやってきて、作品を見せましたが、「これじゃ売れないね、やり直し」と破かれてしまいました。

落ちた原稿を拾い集めて渡そうとした鏡子に、「捨ててくれ」と言って碌太郎は帰っていきました。

(⇒ 2話のあらすじ

『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』のスタッフ

ドラマ『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語』のすたっふは、

  • 脚本 櫻井剛
  • 演出 大原拓
  • 原作 獅子文六『悦ちゃん』

です。

脚本の櫻井剛さんは、1977年生まれの40歳の脚本家、映画監督です。と京ビジュアルアーツを卒業後、2001年「青と白で水色」で日本テレビシナリオ登龍門大賞を受賞されて脚本家になりました。「マルモのおきて」「表参道高校合唱部」「増山超能力師事務所」「幕末グルメブシメシ!」などを書かれています。

演出の大原拓さんは、「とと姉ちゃん」「軍師官兵衛」「梅ちゃん先生」などを演出されています。

原作の獅子文六さんは、1893年ー1969年の小説家で、30歳前にフランスに渡って演劇を勉強されています。フランスから帰国されて1934年、「金色青春譜」で小説家デビューされました。1936年に、最初の新聞連載小説として、報知新聞に「悦ちゃん」が掲載されて、大人気となりました。それ以降多くの小説を書かれていて、おおくの小説がドラマ化されています。悦ちゃんも、映画化されていて、ドラマ化は今回が4回目です。

獅子文六さんの代表作は、

などです。かなり古い本なので、普通の書店ではあまり見つからないと思います。アマゾン等絵購入することをお勧めします。

以上、ドラマ『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』のキャストや1話のあらすじ、スタッフなどの情報でした。

他にも、面白いドラマがあります。

⇒ 脳にスマホが埋められた!
⇒ ウチの夫は仕事ができない

スポンサーリンク

 

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

follow us in feedly

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ『過保護のカホコ』のキャストや相関図と1話のあらすじ!高畑充希と竹内涼真が! 過保護のカホコ
  2. 台風3号(2017)の現在の最新予想進路!日本への接近の日時と上陸の可能性は? 台風3号(2017年)
  3. 『脳にスマホが埋められた!』のキャストと相関図と1話のあらすじ!伊藤淳史と新川優愛が! 脳にスマホが埋められた!
  4. 『ブランケットキャッツ』のキャストと相関図と1話のあらすじ!西島秀俊と吉瀬美智子! ブランケットキャッツ
  5. ドラマ「あいの結婚相談所」のキャストと1話のあらすじ!山崎育三郎X高梨臨 結婚式
  6. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  7. ドラマ「ハロー張りネズミ」のキャストや相関図と1話のあらすじ!瑛太と深田恭子! ハロー張りネズミ
  8. ドラマ『カンナさーん!』のキャストや相関図と1話のあらすじと視聴率!渡辺直美と要潤が夫婦? カンナさーん!
  9. 『ウチの夫は仕事ができない』のキャストや相関図と1話のあらすじ!錦戸亮と松岡茉優! ウチの夫は仕事ができない
  10. ドラマ『僕たちがやりました』のキャストと相関図と1話のあらすじ!窪田正孝と永野芽郁が! 僕たちがやりました
スポンサーリンク

最新情報

  1. 夏のひんやりグッズ
  2. コード・ブルー3
  3. 警視庁いきもの係
  4. 愛してたって、秘密はある
  5. 愛してたって、秘密はある
アンチエイジング
  1. 恋がヘタでも生きてます
  2. 嫌われる勇気
  3. 東京タラレバ娘
  4. 母になる
  5. 犯罪症候群
  6. 大掃除
  7. 鍋
  8. 古城

多くの人に読まれている情報

  1. おんな城主直虎
  2. キャリア
  3. お風呂
  4. ピアノ
  5. Bリーグオールスターゲーム
  6. おんな城主直虎
  7. ブランケットキャッツ
PAGE TOP