母になる

ドラマ「母になる」の6話のあらすじと感想!麻子が再び柏崎オートに!

母になる
LINEで送る
Pocket

ドラマ「母になる」の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。今偉と広と木野は、3人で今偉の母親に会いに行きます。今偉から言われたことばで、広は柏崎オートに帰る決意をします。里恵と琴音はたまたま知り合った麻子を雇うことにしてしまいます。麻子は、再び結衣の前に現れました。

スポンサーリンク

6話以外のあらすじ

ドラマ「母になる」のキャスト

  • 柏崎結衣 沢尻エリカ
  • 柏崎陽一 藤木直人
  • 柏崎広  道枝駿佑
  • 門倉麻子 小池栄子、育ての親
  • 木野愁平 中島祐翔、児童相談所の職員
  • 田中今偉 望月歩、広の先輩
  • 西原莉沙子 板谷由夏、西原太治の妻
  • 西原太治 浅野和之、陽一の先輩
  • 西原繭  藤澤遙、太治と莉沙子の娘
  • 柏崎里恵 風吹ジュン、陽一の母親
  • 緒野琴音 高橋メアリージュン、柏崎オートの社員

ドラマ「母になる」のストーリー

 柏崎結衣(沢尻エリカ)は、両親が亡くなった後、北海道から東京に出てきました。結衣は本屋さんで働き始めます。あるとき、大学講師の 柏崎陽一(藤木直人)がお店にやってきて難しい本を注文していきます。それがきっかけで二人は付き合うようになり、結衣は妊娠して結婚することになりました。実は、結衣が思っていたのとは逆で、陽一の方が初めに一目ぼれをして本屋さんにやってきたのです。

3年後、二人の子供の広(こう、吉武歓)は、陽一のゼミの学生に誘拐されてしまいます。陽一がその学生を邪険に扱ったのが原因でしたが、大きくなり過ぎた事件を気にして学生は自ら命を絶っていまいます。その学生の隣に住んでいたOLの門倉麻子(小池栄子)は、夜、子供の泣き声に気が付いて自分の部屋に保護しました。それから7年間、広は麻子のことを「お母さん」と呼んで育ちました。

ある日、児童相談所の木野愁平(中島祐翔)が結衣のことを見つけてく連絡をとりました。結衣は離婚していて一人で住んでいました。児童相談所に駆けつけた結衣は、広の顔をみて自分の子供だと確信して抱きしめました。

木野は、陽一の所にもDNA鑑定書を持って説明しに来まして、広が持ってた手紙を陽一と結衣が読むことになりました。その手紙は、広が3歳から10歳までお母さんとして一緒に暮らしていた門倉麻子(小池栄子)が書いた手紙でした。そこには、本当のお母さんが迎えに来ることや、そのお母さんに対してどういう態度をとらない解けないかを細かく書かれていました。そして、いつでも迎えに来れることも書かれていました。それを呼んだ結衣は衝撃を受けますが、「知らない叔母さんでも良いから」と、陽一と広と三人でふたたび家族として生きる決意をしました。

3人は柏崎オートに住むことになりました。里恵(風吹ジュン)は、緒野琴音(高橋メアリージュン)と一緒に陽一のマンションで暮らすことになります。結衣は広とうまくいかずに、一度、広を児童相談所に帰すことにしました。木野に送られて帰る途中、広は失踪して自分の母親を探している今偉と一緒にいました。木野と広と今偉の3人でその母親の居場所を見つけて会いに行きますが、「すべての人が良い母親じゃない」と言われて、もう来るなと言われてしまいます。泣きながら今偉は、広に海の母親が大事だということを告げると、柏崎オートに帰ることを広が決意しました。

一方、琴音と里恵は、麻子とたまたま知り合って、麻子が広の育ての親とは知らずに、柏崎オートで雇うことを決めてしまいます。麻子は、そのことを知りながら、再び柏崎オートに行って、結衣の前にたちました。そこに、知り合いから麻子のことを聞いた琴音がやってきて、「そのひと、ひとごろし」と叫びました。さて、この後はどうなるのでしょうか?

ドラマ「母になる」6話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒スタッフまでジャンプ!

「母になる」6話を、5月24日21:59まで無料で見ることができます。⇒ 日テレTADA

 

「まって!そのひと、ひとごろし」

と琴音が叫んで、琴音が住んでるマンションに連れて行きました。柏崎オートには、木野がやってきて陽一と結衣に状況を説明しました。麻子は、2年前、知人の男性を刺して全治1か月のけがを負わせて逮捕され、2年間、刑に服していたんです。広を施設に預けてから、刺したので広は全く知りませんでした。麻子はそのときにストーカーされていたようで、広を守るための方法だったと木野は話しました。

麻子は、マンションでそのことを琴音と里恵に話していました。

「だって、母親ですから、母親なら当然じゃないですか?」

「違うでしょ、麻子さん、あなた一緒に暮らしていただけでしょ」

「じゃあ、母親って何ですか?母になるってどういうことですか?わたしは・・・」

 

木野は、陽一と結衣に、これまでのことをすべて話しだしました。

広が児童相談所に預けられたときに、木野は、広の手紙を読んで、麻子が本当の母親ではない?と疑問を持ったんです。それで、刑務所に面会にいきましたが、本当のことを言いませんでした。麻子の弁護をした弁護士に話を聞くと、初めの男からDVを受けて各地を転々としていたとだけ聴きました。その後、何度か麻子に聞いたり、木野が自分で調べたりして、広の誘拐事件の記事にたどりつきました。そして、結衣に電話をしてきたんです。出所してきた麻子に、DNA鑑定で本当の親が見つかったことを告げて、連絡したり二度と近づかないことを約束させたのですが、カンタンには納得できなかったようです。

その後も警察に行くと言ったり、勝手な行動をしていましたが、しばらくすると、落ち着いてきたように見えたと言いました。

 

木野は、麻子の過去も話し始めます。

麻子は、昔、勤めていた会社の同僚と付き合っていたのですが、その男は、2回、麻子を中絶させてたんですが、上司の娘と結婚するために麻子を捨てたんです。そのとき、妊娠していた麻子は、入院中の母親を喜ばせようとその会社を辞めてシングルマザーになる決意をします。ただ、あるとき、階段から落ちて流れてしまいました。次に働いていた会社でも、子どもを産めと言うマタハラをされて、かなり落ち込んでしまいました。

そんな時、隣の部屋から、広が泣いている声を聴きます。虐待されていると思った麻子は自分の部屋に連れて帰ったんです。風を引いてた麻子も広からパワーをもらうことで元気になっていきました。麻子が広にママのことを聞くと、泣きながら「どこにもいないの。僕を置いていなくなったの」というので、広を置いて何処かに行ってしまったと麻子は思いました。そして、「神さまがご褒美をくれたんだ」と思って、最初は1日だけと思って面倒を見ました。そして、自分の熱が下がったら警察に行こうと思っていましたが、麻子の熱が下がると、広が熱を出して寝込んでしまいました。

すると、母親が危篤だという連絡が入りました。広を連れて交番に連れて行って置いていきますが、チョット行ってもどってみると、交番から抜け出して橋の上にいるのを見つけました。麻子は広を抱きしめながら「ごめんなさい、ごめんなさい・・」と何度も謝りました。そのときが、「わたしがこの子の母になる」と決意した瞬間でした。母親の最後には間に合いませんでした。それが、木野に話した麻子と広の始まりでした。

 

木野が帰った後、陽一と結衣は縁側に座って話しました。陽一が、琴音がもう会わないという誓約書を書かせようとしていると伝えると、結衣は、

「わたしも考えたんだけど、あした、広を連れて釣りに行って」

と不思議なことを言いました。結衣は、次の日に麻子と話をすることにしました。そして、麻子を柏崎オートで雇うことに決めたと里恵と莉沙子に話しました。

翌日、陽一は広と木野の3人で釣りに行きました。結衣は、麻子が来る前に、木野にも話し合うことを電話で告げました。

「広のためです。広のことを考えて決めたんです。木野さん、わたしも、あの子のためならなんだってできます。大丈夫です」

そこに、麻子がやってきました。

(⇒ 7話のあらすじ

スポンサーリンク

ドラマ「母になる」6話の感想

おもしろかったですね。麻子の過去とか、広との出会いとかがやっとわかりました。

麻子は、きっとマザコンだったのではないでしょうか。ちいさいころから、良い子になることを強いられていて、社会人になっても結婚とか出産を義務付けられてしまったので、母親が入院しても、すぐに向かうことをしなかったのではないでしょうか。母親のことはとても愛しているのですが、素直になれないので、会いに行く野にちょっと抵抗があるような感じだと思いました。

なので、母親が亡くなったと聞いたときに、喪失感が心の中で生まれて、それが目の前の広に重なってしまい「母になる」という決意をしてしまったのだと思います。つまり、広は、麻子にとっての母親なのではないでしょうか。その分、執着というか、分身のような感覚になってしまい、本当の子供よりも強い結びつきが生まれたと思います。なので、頭の中では、本当のお母さんと暮らしたほうが良いと思っているのですが、気持ちの段階で広を話せなくなってしまってると思います。

では、今回はあんまり出番が少なかった結衣はどうなのかというと、両親が亡くなって東京に出てきて、陽一と結婚してやっと家族が出来たのに、それが壊されてしまいました。結衣の心の中では、その時点で時間が止まっていて、広が見つかった時点で動き始めたんです。ただ、3歳だった広が12歳になっていて、自分の知らない部分、つまりギャップが沢山あるので、余計にがんばって母親になろうと無理をしていると感じました。そんなときに、麻子の過去と広を大事に思ってくれていたことを聞いて、麻子も母親になろうとしていたことを感じ取ったんだと思います。そこで、同じ立場の麻子から話を聞くことで、結衣と広の間にあるギャップを埋めることができるのではないかと考えたのではないでしょうか。

前回のお話で今偉くん言っていたように、生みの親は一人しかいないんです。生みの親は何もしなくても母親になることができます。ですから、結衣は何もしなくても母親に戻ることができると思うのですが、焦ってしまってる状態ではないでしょうか。その分、陽一は焦りもなく、ふつうに暮らしていけることができるので、結衣と広にとっては救いなんだと思います。わたしが思うに、なるべく多くの時間を本音を言い合いながら一緒に過ごすことが、家族にもどる手っ取り早い方法だと思います。これから、本音のぶつかり合いが始まっていくのではないでしょうか。楽しみですね。

以上、ドラマ「母になる」の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも面白ドラマがあります。

⇒ 恋がヘタでも生きてます
⇒ ボク、運命の人です

スポンサーリンク

 

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

follow us in feedly

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ『ツバキ文具店』のキャストと相関図とあらすじ!多部未華子が鎌倉で代書屋に! ツバキ文具店
  2. ドラマ「4号警備」のキャストや1話のあらすじ(ネタバレ)と相関図!窪田正孝X北村一輝 4号警備
  3. ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」のキャストとあらすじと相関図! CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  4. 「ボク、運命の人です」のキャストと相関図とあらすじ!亀と山Pが主題曲! ボク、運命の人です
  5. ドラマ「母になる」のキャストとあらすじと相関図!沢尻エリカと道枝駿佑が親子? 母になる
  6. 釣りバカ日誌2のキャストと相関図と1話のあらすじ!広瀬アリスがみちこさん! 釣りバカ日誌2
  7. ドラマ「恋がヘタでも生きてます」のキャストや1話のあらすじや感想!漫画を実写化! 恋がヘタでも生きてます
  8. ドラマ「犯罪症候群」のキャストとあらすじ(ネタバレ)!原作は貫井徳郎! 犯罪症候群
  9. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  10. NBAプレーオフ2017のトーナメント表と日程!放送予定と結果は? NBAプレーオフ2017
スポンサーリンク

最新情報

  1. 犯罪症候群
  2. ボク、運命の人です
  3. ボク、運命の人です
  4. 人は見た目が100%
  5. Bリーグチャンピオンシップ2016-17
コック警部
  1. 夏のひんやりグッズ
  2. 救急車
  3. リオ五輪女子バスケ
  4. NBA2016-17
  5. 流星群
  6. CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  7. IQ246~華麗なる事件簿~
  8. 花は咲く

多くの人に読まれている情報

  1. 花は咲く
  2. 宣言
  3. 嘘の戦争
  4. ラーメン
  5. KUROデニム
  6. オキシトシン
  7. 爬虫類
  8. 除湿機
  9. 家売るオンナ
  10. 海の日
PAGE TOP