家売るオンナ

「家売るオンナ」の3話のあらすじ(ネタバレ)と感想!はいだしょうこが!

家売るオンナ
LINEで送る
Pocket

北川景子さん主演の日テレのドラマ『家売るオンナ』の3話です。視聴率は、まあまあの様です。北川景子さんが「私に売れない家はない」という天才的不動産屋を演じている、コメディ不動産屋ドラマです。『家売るオンナ』の3話のあらすじ(ネタバレ)や感想をまとめました。

スポンサーリンク

「家売るオンナ」のスペシャルドラマが5/26に放送されます。⇒ 帰ってきた家売るオンナ

「家売るオンナ」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

『家売るオンナ』のキャストとストーリー

まずは、『家売るオンナ』のキャストと簡単なストーリーです。。

舞台は、テーコー不動産新宿営業所の売買仲介営業課です。

  • 三軒家万智 チーフ、北川景子、スーパー営業マン
  • 屋代大   仲村トオル、課長
  • 庭野聖司 工藤阿須賀、万智に振り回される若手営業マン。
  • 足立聡  千葉雄大、甘いマスクで家を売るエリート営業マン。
  • 白洲美加 イモトアヤコ、まだ1軒も売ってない新人営業ウーマン
  • 布施誠  梶原善、ベテラン営業マン、かつて屋代大の上司
  • 八戸大輔 鈴木裕樹。若手
  • 宅間剛太 本多力。押しが弱い営業マン。
  • 室田まどか 新木優子。デスク。家に興味なし。
  • 珠城こころ 臼田あさ美、 BAR「ちちんんぷいぷい」のママ

お客さんは、ゲストとして、毎回変わって登場します。

「家売るオンナ」第3話のあらすじ

ネタバレを含んでいますので、まだご覧になっていない人は、感想まで進んでください。

  → 3話の感想へ。

「家売るオンナ」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

では、第3話のあらすじ(ネタバレ)です。

 

ある日の朝礼。

この日から、現地販売ウィークに突入するようでした。

現地販売会というのは、売りたい家を直接お客さんに見てもらうものです。

家の購入を考えている人が来るので、売りやすいんです。

スーパーの実演販売の家版みたいなものです。

 

物件と担当は、

  • サンルームのある一戸建て 足立と庭野。
  • 外国人向けマンション、バス・トイレ2組 布施、八戸
  • 狭小物件、建坪5坪延べ床面積48平米3階建て 宅間、白洲
  • 課長と、万智は全体フォロー

 

さっそく現地販売が始まります。

課長が、各物件を見に回り始めました。

 

まずは、サンルーム付きの一戸建て。

すぐに、一人のお金持ちらしいご婦人が見に来ました。

気に入ったようで、現金で1億円で即決してしまいました。

 

事務所では、万智のところに、マンション一部屋を売りたいお客様、夏木桜(はいだしょうこ)が来ます。

亡くなったお父さんの遺産で購入した物件ですが、売り払って、一度身軽になりたいということでした。

物件を見たいという万智に対して、桜は煮え切らない様子でしたが、しぶしぶ万智を連れてマンションに行きました。

 

マンションのドアを開けると、なんと荷物であふれかえっていて、ドアを開けた瞬間にも、そとへ倒れてきてしまいます。

桜は、「捨てられない女」「片づけられない女」だったんです。

モノに、思い出を紐づけてしまっていて、たまる一方なんです。

 

万智は、片付けの業者を手配しようとしますが、何も捨てないで欲しいという依頼です。

レンタルスペースなどで一時預かりなどをする予定にしました。

そんな中で、一枚の写真を拾います。

桜が別れた彼氏と映っている写真でした。

 

一方、課長は、外国人向けマンションに行きます。

案の定、さぼってる布施と八戸。

そこに、外国人の内見者が来て、八戸が流ちょうな英語で対応しました。

が、スペイン語?のお客様だったようで、怒って帰ってしまいました。

 

次は、狭小部兼の現地販売会へ。

あまりにも狭くて、内見したお客様が階段に挟まってしまっていました。

ちょっと、うれそうにないです。

 

課長が事務所に帰ってきて、外国人向けのマンションが苦戦しているとこぼすと、万智が、

「それなら、もう手を打ってあります。明日売れますよ」

と言った瞬間、何件も電話が鳴りました、

外国人向けのマンションの問い合わせです。

 

実は、万智が、バス・トイレ2組の外国人向けのマンションを大家族向けとして、SNSで拡散していたんです。

「2バスルームのマンションが売れたら、それは、私の売り上げです」

と、万智は課長に念を押しました。

 

そこに、もう一件、家を売りたいという電話がかかってきました。

その間に、万智をスパイしろと庭野が、課長から命令されました。

急いで、今の電話の家についていくことにしました。

 

現地に着くと、出てきたのは、実は桜の元カレの保坂博人(中野裕太)でした。

保坂は、桜と真逆で、究極のミニマリストでした。

家の中には、マットが一枚と、PC1台と、一組の衣類が詰まったみかん箱くらいの大きさの箱しかありませんでした。

両親が亡くなってしまったので、全てを処分して、身軽になりたいようです。

 

実は、桜と保坂が別れたのは、「捨てられない女」と「すべてを捨てる男」という、究極の考え方の違いからだったんです。

保坂は、今の大きな家を売って、小さな6畳程度の小さなところに引っ越すことを依頼します。

万智は、ちょうどいい物件があるので、その晩に、見に行くことを提案します。

 

夜になって、万智と庭野と博人が、そのマンションの前で売り主と待ち合わせしていると、遅れてやってきたのは、なんと、元カノの桜でした。

おどろいて、目がテンになる二人。

「あなたには売らない」

と桜は言いましたが、博人が強引に手を取って見に行きました。

 

部屋に入ると、以前より進んだ「捨てられない女」症におどろきます。

万智は、ある一つの提案をします。

「保坂さまは、もう捨てるものがなくなって、張り合いがないとおしゃっていましたので、とりあえず、保坂さまのお力で、この部屋を綺麗にして頂けないでしょうか」

 

「そして、僕が買うよ。僕に買わせてくれ」

そういう保坂に対して、かつての想いが湧き上がってくる桜。

「もういちど、頑張ってみないか。ほくがついているから、もう一度頑張ってみないか。これがチャンスだよ」

「ひろ君・・・ひろ君が側に居たら、捨てれるか持って、今思えた。」

「君には僕が必要なんだ、これが運命なんだ」

「うん、運命だ」

と、燃え上がる二人。

ついには、抱き合って、愛を確かめ合いました。

 

万智と庭野が車に乗り込むと、

万智「本番はこれからだ」

庭野「本番?これから何するんですか?」

万智「ばか!だからお前は家が売れないんだ!」

と、説教されてしまいました。

 

翌日、万智と庭野が、桜の部屋に行くと、すでにケンカが始まっていました。

保坂が一緒に居ても、やはり、桜はすてられないようでした。

「三軒家さん、いいところにきてくれました。やはり、僕らムリみたいでした」

「なによ。片づけおとこ、サイテー!」

「勝手にしろ」

何分もしないうちに、ふたたび別れることになってしまった二人でした。

 

 

追いかけてきた庭野に向かって、保坂は、

「やっぱり、このマンションは買えません。ライフスタイルも性格も違い過ぎるんです。彼女とはどうあっても相容れない。その事を再認識しました。」

その言葉に庭野は、

「本当に好きなら、お互い少し妥協したらいいと思いますが・・・」

 

そこに、、万智がやってきて庭野を叱り飛ばします、

「黙りなさい。保坂様には、別の物件をお探しします」

 

車に戻ると、万智は

「これでいい。想定内です。あの二人は再びくっついて、私から家を買います」

と言い切りました。

 

翌日、外国人向けの2バスルームのマンションが売れました。

残りは、狭小住宅だけです。

 

万智は、桜の所に行きます。

桜は、保坂の事が諦めずに、思い出を振り返って泣いていました。

「もう泣くことはありませんよ。もう捨てなくて、大丈夫です。夏木様は変わらなくて大丈夫です。あなたはあなたのままで、保坂さまと愛し合えます。すべて、私にお任せください」

 

すると、庭野を呼んで、桜の荷物をすべて梱包して、トラックに詰めさせました。

 

その夜、万智は、占い師に変装して保坂の前に現れます。

強引に占いをさせて、桜が運命の人だと、再び思わせることに成功しました。

 

翌日、桜の荷物を、狭小住宅の3階に運び込ませます。

桜も、3階に異動させました。

 

全て終了した後、保坂を連れてきます。

保坂に進める住居は、この3階建ての狭小住宅でした。

 

1階は、何も置いていない、6畳の保坂用のミニマリストの部屋。

2階が、共同で使うダイニングキッチン。

3階に保坂が上がっていくと、桜が、荷物の中に埋もれて座っていました。

 

桜「ひろ君、待ってたよ。」

保坂「どういうことですか。これは?」

万智「価値観が違う二人が、その価値観を揺るがすことなく、共に暮らすには、空間をきっちり分ける事です。一階では、ミニマリストの保坂さまが、3階では、夏木様の思い出に詰まった品々に囲まれたライフスタイルを、お変えになることなく、お暮し頂けます。そして、2階では、ともにお食事をして頂き、愛も確かめ合っていただけます。」

保坂「君も、これが良いと思ってるんだね。」

万智「夏木様のマンションは、他の方に売却します。保坂さまは、あの家を売却されて、この家をお買いください。」

保坂「桜。買うよ」

そういうと、抱き合う二人でした。

 

万智が外に出ると、課長がやってきます。

「この家、売れました。私が、売りました」

 

事務所に帰ってくると、庭野が、占い師のこととか、つついてきました。

「心の中まで、いじくるなんて、やりすぎですよ。それに、初めから、保坂さんの家で、ふたりでくらせばよかったんじゃないでしょうか。これでもしあの二人が不幸になったら・・・」

というと、

「そんなこと、私の知ったこっちゃーない!私の仕事は、家を売る事です」

といって、かえっていきました。

(4話に続く)

ドラマ一覧に戻る

スポンサーリンク

3話の感想

おもしろいですね。

万智は、人のニーズをくみ取ることが得意なんだと思います。

普通の人は、えてして庭野の様な常識的な考え方に縛られて、自分の意見を押し付けたがりますが、押し付けられる側としたら、いい迷惑ですよね。

特に、家とか、恋愛とか、人生にとって一大事なモノの中でそういうことをされたら、拒否してしまうことが多いです。

 

そういう意味では、恋愛も、お互いの距離感を保ちながら、共同部分で暮らしていった方が、お互いに幸せなのかもしれません。

それなのに、相手の所まで、どんどん入っていってしまうと、離婚ってことになると思います。

 

ですから、恋愛とか、人間関係でうまく行く方法は、まずは、相手の価値感をしっかり確認する事ですね。

それと、自分の価値観をしっかりさせて、お互いに、線引きをしておけばいいのではないかと思います。

 

今回の「家売るオンナ」を見ていて、そんなことを考えました。

以上、『家売るオンナ」3話のあらすじと感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

⇒ みをつくし料理帖
⇒ フランケンシュタインの恋

スポンサーリンク

 

米山 慎吾

米山 慎吾

投稿者の記事一覧

いつもコメントありがとうございます。ご感想や、お気づきの点ありましたら、下のコメント欄に書いていただけると、うれしいです。
【長野県出身。静岡大学理学部生物学を卒業。その後、出版社に勤務も、諸事情で帰郷。現在は、ジョギングと筋トレでモテマッチョを!】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

follow us in feedly

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」のキャストとあらすじと相関図! CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  2. ドラマ「貴族探偵」のキャストと相関図と1話のあらすじ!原作は麻耶雄嵩! 貴族探偵
  3. ドラマ「犯罪症候群」のキャストとあらすじ(ネタバレ)!原作は貫井徳郎! 犯罪症候群
  4. ドラマ「櫻子さんの足下には」のキャストと1話のあらすじ!ゲストは三倉茉奈 サクラ
  5. ドラマ『ツバキ文具店』のキャストと相関図とあらすじ!多部未華子が鎌倉で代書屋に! ツバキ文具店
  6. 「ボク、運命の人です」のキャストと相関図とあらすじ!亀と山Pが主題曲! ボク、運命の人です
  7. おんな城主直虎のキャストや相関図。1話のあらすじと感想! おんな城主直虎
  8. ドラマ「4号警備」のキャストや1話のあらすじ(ネタバレ)と相関図!窪田正孝X北村一輝 4号警備
  9. Bリーグチャンピオンシップの日程と放送予定!仕組みと出場クラブは? Bリーグチャンピオンシップ2016-17
  10. NBAプレーオフ2017のトーナメント表と日程!放送予定と結果は? NBAプレーオフ2017
スポンサーリンク

最新情報

  1. 貴族探偵
  2. 貴族探偵
  3. スミカスミレ
  4. サクラ
  5. 小さな巨人
お母さん、娘やめていいですか?
  1. ボディビルダー
  2. 花
  3. 大麦
  4. 新型骨粗しょう症
  5. ドクターX
  6. ラーメン
  7. カルテット

多くの人に読まれている情報

  1. パスタ
  2. 織物
  3. 流星群
  4. 嘘の戦争
  5. おんな城主直虎
  6. アトピー性皮膚炎
  7. お菓子
  8. 花
PAGE TOP