おんな城主直虎

おんな城主直虎の17話「消された種子島」のあらすじ(ネタバレ)と感想!

おんな城主直虎
LINEで送る
Pocket

「おんな城主直虎」の17話「」のあらすじ、感想などをまとめます。方久のおかげで木綿という新しい産業を得て、政次のおかげで百姓が集まってきました。これからは、如何に政次を使っていくことができるかが、問題だと和尚に言われました。

スポンサーリンク

「おんな城主直虎」は、他のNHK大河も含めて、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

「おんな城主直虎」の今までのストーリー

遠江の国の井伊谷で、城主の娘のおとわ、分家の嫡男亀之丞、筆頭家老の嫡男鶴丸は、年も同じくらいでとても仲良く暮らしていました。遊びも、勉学もいつも一緒の三人でした。その三人がいる井伊谷というのは、浜名湖のチョット北、今の静岡県と愛知県のちょうど間にあって、織田家と今川家の境目に位置していました。1000年以上も前からその地を井伊氏が納めていましたが、1500年ころ、強大に菜てきた今川家に攻め込まれて今川家の家臣として使えることになります。なので、おとわと亀之丞の親の井伊直盛、直満などの井伊一族の心の中には、今川家に対する怒りがありました。そこに、筆頭家老の小野伊豆守の策略で、おとわと今川家の婚儀の話が持ち上がります。しかし、分家の今川直満としては、井伊氏自体が今川家に組み込まれてしまうと恐れて、自分の子供の亀之丞をおとわの婚儀させるように強引に決めてしまいます。そして、積年の恨みから今川家の北方にいて敵対している北条氏とつながろうと策略を立てますが、小野伊豆守が見破って証拠を押さえて直接今川義元にチクりました。

その結果、井伊直満は今川義元に呼びつけられて、井伊直満はとらえられ、謀反の疑いがあるとされて処分されてしまいました。嫡男である亀之丞にも、追手がせまってきます。おとわの機転で、おとわがおとりになって、亀之丞は無事信州まで逃がすことができました。一方、小野和泉守の策略で、今川家から、小野和泉守を目付にする事と、おとわと鶴丸の婚儀を命令されます。亀之丞を待つと決意したおとわは、出家することを決意して、今川家に本領安堵と引き換えに出家をしました。

おとわが次郎法師となって出家して9年後、武田信玄が南信州に侵入してきたことから、亀之丞が井伊谷に帰ってきました。亀之丞は次郎法師と結婚する気満々でしたが、次郎法師は、出家したまま亀之丞を助けて井伊家を守っていきたいと言いだしました。亀之丞は、元服して井伊肥後守直親と名を改めました。直親は次郎法師を亡くなったことにして結婚しようとしましたが、次郎法師は南渓和尚からさずかった知恵で、今までどおり次郎法師として生きることを決めました。そして、奥山朝利(でんでん)の娘しの(貫地谷しほり)と夫婦になりました。

直親の帰参と家督相続の願いを今川家に出すと、検地を命令されます。かなり堅物の検地奉行が来ましたが、何とか、隠し里を守り通すことができました。そして、直親は、小作りの為近くの村に引越しをします。政次の弟の玄播と奥山の娘の夏との婚儀、後の徳川家康となる竹千代と瀬名の婚儀が執り行われました。4年後、竹千代は松平元康となり、二人の子供ができていましたが、直親としのの間には、子供ができませんでした。しのは思い余って自害しようとしましたが、次郎法師のおかげで、直親と二人三脚でがんばっていくことになりました。

桶狭間の戦いが始まりました。油断した今川義元のすきをついて、織田信長勢が襲い掛かりました。直盛も小野玄播も無くなってしまいました。孫一郎が直盛の遺言を持ち帰って、家督は中野直由(筧利夫)が次ぐことになりました。大けがで戻った奥山朝利は、傷のために政次(高橋一生)が家を乗っ取ろうと錯覚して、背後から襲いかかりました。なんとか、防戦しますが、奥山を切ってしまった政次は龍潭寺に逃げ込みました。次郎法師は、故小野玄播の妻で、奥山朝利の次女、なつ(山口紗弥加)に、事情を説明しに行くように依頼します。なつの話と井伊直親の説得で、政次はお構いなしになりました。その年の冬、直親に子供が生まれます。虎松と名付けられた後の井伊直政です。政次は直満の所領を直親に帰して、幼馴染の頃の関係に戻りました。

一方、松平元康は、今川家から離反して、西三河の有力大名になりあがります。同時に、駿府に残した瀬名と子供の命が危なくなります。次郎法師は命乞いのために寿桂尼(朝丘ルリ子)に会いに行きましたが、瀬名の自害が決定しました。館から駕篭に乗せられるときに、一頭の馬に乗った侍がやってきました。その侍は、松平元康の使いの石川数正で、寿桂尼の孫と瀬名を交換しろと言う使者でした。瀬名は、次郎法師のおかげで命を取り留めます。が、調子に乗った井伊直親は、ニセの松平元康と会って、今川氏真のわなにはまり命を落としてしまいます。小野但馬守政次も寿桂尼に詰め寄られて井伊家を裏切って陰で氏真を操りだしました。

今川家の命令で井伊家の男たちは各地の戦に出かけて行って命を落としてしまい、井伊家の男性がほとんどいなくなってしまいます。そこに今川家にとらえられていた小野但馬守政次(高橋一生)が帰ってきました。裏切りと決め付けた次郎法師は、還俗して井伊直虎となって、虎松の後見となりました。二つの村から代替わりの徳政令を出してくれと頼まれます。直虎は出す約束をしてしまいますが、瀬戸方久にいわれて、瀬戸方久を家来にすることに決めました。

政次は、瀬戸村と祝田村の百姓達を直接今川家に徳政令の願いをださせます。直虎は、先手を打って方久に与えた二つの村を龍潭寺に寄進させて徳政令を無効にさせました。そのことに怒った百姓たちは方久を誘拐して直虎に交渉しますが、逆に、方久に二つの村を任せた理由を教えてもらって直虎を領主と仰ぐようになりました。ただ、駿府では、直虎を謝罪に来させよと言う命令が政次に下されました。

直虎は周囲の反対を押し切って駿府に行こうとしますが、案の定、武士の一団が襲い掛かってきます。そこに現れたのは中野直之でした。瀬戸村、祝田村の百姓たちの直虎への想いを聞いて、己を恥じて助けに駆けつけたのです。さらに、直虎は、直之に変装して駿府に行って、寿桂尼に申し開きをします。直虎の「民を潤す」という答えが気に入って、直虎を後見にする事を許して、無事に井伊谷へ帰ることができました。こうして、井伊家は、六左衛門、直之の心もつかみ、やっと一つになりました。

方久にあたらしい産物、木綿を提案されますが、人が足りないことに気が付きます。直虎は各地を回りますが何ともなりませんでした。すると、政次は、見るに見かねてウワサを流せばよいと助言をします。噂を流すと、政次の思惑通り、多くの人が集まってきました。そんなとき、寿桂尼が倒れました。さて、このあとどうなるのでしょうか? 

「おんな城主直虎」17話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

多くの人を集めて綿作りを始めた直虎に、中野直之(矢本悠馬)は「種子島」を取り寄せて、見せました。試し打ちにしにいくときに、虎松(寺田心)が龍潭寺に手習いに始めていくところに出くわします。虎松は、人見知りをしていました。直之が種子島の試し打ちをすると、直虎はその音の大きさや破壊力にびっくりしました。直之は、井伊家には戦を差配できるものもいず、武術の心得があるものもあまりいないので、百姓にも扱うことのできる、この種子島が必要だと直虎に提案しました。

ただ、問題は、1丁10貫することでした。そんなお金はないと直虎は渋ります。方久(ムロツヨシ)も井伊家には分不相応だと言います。すると、直虎は、刀をつくってる井平で作れないかと考えます。直之もその案には賛成しました。さっそく、井平に行って、鍛冶職人に頼みました。六左衛門、政次には内緒でした。が、亥之助が政次に種子島の試し打ちの弾を拾ってきたものを渡して、気が付いてしまいます。

直虎が龍潭寺に行くと、虎松が先輩の子供たちと五目並べをしていました。先輩たちは幼い虎松に気をつかって、わざと負けていました。その様子を見た直虎は、自分で考えさせるように、手加減するなと命令しました。それ以降、五目並べは負け続け、鍛練、鬼ごっこなどすべて何をやってもかなわないようになりました。落ち込んだ虎松は、龍潭寺に行かなくなってしまいました。

龍潭寺から昊天(小松和重)がやってきて、そのことを直虎に次げて、これからは、虎松の家に昊天達が行って手習いを教えるというと、直虎は反対します。「井伊家の跡取りがそんなひ弱なことでどうする」と言って、怒りました。直虎は、虎松の家に行くと、病気だとしのが言いますが、かまわずに家の中に入って行きます。虎松を見つけると、両腕をとって、話し合おうと言いますが、泣き始めてしまいます。直虎は、

「ビービー泣くのではない。みっともない。そなたは井伊家の跡継ぎ、皆を守っていかねばならぬ立場じゃ。そのものがかような体たらくでなんとする」

すると、しのが出てきて、

「ならば、後継ぎにして頂かずとも、けっこうでございます。虎松は泣き虫で出来の悪い子でございますから、とうていごりっぱなあなたさまの後継ぎにはなれますまい。左様に虎松にご不満なら、ご自分でお腹を痛めて青海になってみてはいかがですか。あつかましい。人の子供に文句ばかりつけて」

と言われてしまいます。しのが虎松を立たせて連れて行こうとすると

「悔しくないのか虎松。叶わぬからとしっぽを巻いて引き下がり、それでよいのか?」

直虎が家に帰ると、祐椿尼(財前直美)に怒られてしまいます。

その日の夜、いつもの井戸にいくと、先日、人を買うことを教えてもらった旅の者(柳楽優弥)がいました。どうも、宝物を探して旅をしているようでした。虎松のことを愚痴ると、

「とにかく、何かで一度勝たせてあげたらいいんじゃないでしょうかね」

と言われます。いいことを聞いたと笑顔になって、直虎は龍潭寺に行きました。そして、虎松の部屋に忍び込みました。そして、虎松の父親、直親(三浦春馬)のことを話します。小さいころは体も弱く、やさしかったのだけども、たくましい青年になったというと、虎松は、直親がたくましくなった理由を、くやしかったからじゃないかと直虎にいいました。直虎は、皆の鼻をあかすために、何か一つで良いから勝とうと、一緒に戦うことを誓います。そこに、しのたちが入ってきました。虎松は泣きながら、しのに、

「母上、虎松は、勝ちたいです。勝って父上のようになりたいです」

直虎も、

「虎松を勝たせてあげたい。できぬからと言って引っ込むような男になってほしくはない。井伊にとっても良くないし、虎松にとっても良くない。数日で良い、虎松を我に鍛えさせてほしい」

としのにおねがいしました。しのは、OKしますが、負けたら自分の言うとおりにしてもらいたいと条件をつけました。直虎と虎松の五目並べの修行がはじまりました。

しのは直虎にとられそうな気がすると愚痴を言いますが、あやめ(光浦靖子)に「母親にはなりませぬよ。なるとしたら父親です、なんだか父親のような気がしませんか」と慰められました。

虎松の五目並べの対決の日が来ました。相手は、亥之助でした。直虎は、最後に、必ず勝てる秘策があると言って、虎松に耳打ちしました。対局が始まりましたが、残念ながら負けてしまいました。すると、虎松は「もう一度、亥之助、もう一度じゃ」と亥之助に挑みました。

それを見ていた、しのは、昊天にこれからも鍛えてくれとお辞儀をして帰っていきました。そこに、中野直之がやってきて、大至急屋敷に帰ってきてくれとやってきました。直虎が屋敷に戻ると、井平の鍛冶職人が土下座をしていました。種子島の見本もつくっていた職人も朝どこかに行ってしまったと報告しました。直虎は井平に行くと言うと、

「お探しのものはコチラですか?」

と政次が種子島を持ってやってきました。政次は、「謀反でも企んでいるのではございませんか?」と直虎に詰め寄りました。直之が戦のための準備だと言うと、信じてもらえるかどうかと鼻で笑いました。政次は

「たすけてほしければ、自ら後見をおりられよ。かようにわきの甘いそなたが井伊を守り切れるとは到底思えぬ。おとなしく、おりられよ。それが井伊のため、おんみの為だ」

(⇒ 18話のあらすじ

「おんな城主直虎」17話の感想

おもしろかったですね。あいかわらず、政次の言うとおり、直虎はあまり考えずに行動してしまいました。いままで、何度となく同じ失敗を繰り返しながら、またもや同じ失敗をしてしまいました。これは、政次ではなくとも、かなり怖いことではないのでしょうか。政次にしたら、目付なので管理不行き届きということで自ら処分されてしまうので気が気でないと思います。今の社会にたとえれば、出来の悪い3代目がカンや思いつきだけで、古くからの社員を振り回すことに似てるような気がしました。

これから、どうなっていくのか、とても楽しみです。

以上、NHK大河「おんな城主直虎」のキャストや16話のあらすじや感想でした。

17話以外のあらすじ

「おんな城主直虎」のキャスト

井伊家

  • 井伊直虎 柴咲コウ
  • 祐椿尼(千賀) 財前直美、直虎の母
  • 虎松   寺田心、井伊直親(三浦春馬)の忘れ形見
  • しの   貫地谷しほり、奥山朝利の娘、虎松の母

井伊家家臣

  • 小野但馬守政次 高橋一生
  • なつ   山口紗弥加、政次の弟の故玄播の妻、奥山朝利の娘
  • 中野直之 矢本悠馬、中野直由(筧利夫)の息子
  • 奥山六左衛門 田中美央、奥山朝利(でんでん)の息子
  • 近藤康用(やすもち) 橋本じゅん、今川家目付
  • 鈴木重時 菅原大吉、今川家目付
  • 菅沼忠久 阪田マサノブ、今川家目付
  • あやめ  光浦靖子、新野左馬之助の娘

龍潭寺(菩提寺)

  • 南渓和尚 小林薫、住職
  • 傑山   市原隼人、武闘派の僧
  • 昊天   小松和重、頭脳派の僧

今川家

  • 寿桂尼  朝丘ルリ子、今川家を大きくした人物
  • 今川氏真 尾上松也、義元の息子

松平家

  • 松平元康 阿部サダヲ、後の徳川家康
  • 築山殿(瀬名)  菜々緒、佐名の娘、後の徳川家康の妻

その他

  • 瀬戸方久 ムロツヨシ、豪商
  • 弥吉   蔵本康文、方久の部下

他にも面白いドラマがあります。

⇒ リバース
⇒ 貴族探偵

⇒ ドラマ一覧に戻る
スポンサーリンク

 

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

follow us in feedly

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ「貴族探偵」のキャストと相関図と1話のあらすじ!原作は麻耶雄嵩! 貴族探偵
  2. ドラマ「4号警備」のキャストや1話のあらすじ(ネタバレ)と相関図!窪田正孝X北村一輝 4号警備
  3. Bリーグチャンピオンシップの日程と放送予定!仕組みと出場クラブは? Bリーグチャンピオンシップ2016-17
  4. ドラマ『ツバキ文具店』のキャストと相関図とあらすじ!多部未華子が鎌倉で代書屋に! ツバキ文具店
  5. ドラマ「犯罪症候群」のキャストとあらすじ(ネタバレ)!原作は貫井徳郎! 犯罪症候群
  6. ドラマ「櫻子さんの足下には」のキャストと1話のあらすじ!ゲストは三倉茉奈 サクラ
  7. おんな城主直虎のキャストや相関図。1話のあらすじと感想! おんな城主直虎
  8. ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」のキャストとあらすじと相関図! CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  9. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  10. ドラマ「母になる」のキャストとあらすじと相関図!沢尻エリカと道枝駿佑が親子? 母になる
スポンサーリンク

最新情報

  1. みをつくし料理帖
  2. おんな城主直虎
  3. 2017Jリーグ順位
  4. J2リーグ2017
  5. おんな城主直虎
弁護士
  1. 弁護士
  2. 麦わら帽子
  3. 地味にスゴイ!
  4. ウルヴァリンサムライ
  5. 椅子
  6. 弁護士
  7. 嘘の戦争
  8. 花
  9. 探偵少女アリサの事件簿

多くの人に読まれている情報

  1. 砂の塔
  2. カラージェルラン
  3. 起業
  4. キラキラネーム
  5. 小さな巨人
  6. 母になる
  7. おんな城主直虎
  8. 4号警備
PAGE TOP