おんな城主直虎

おんな城主直虎の22話「虎と龍」のあらすじ(ネタバレ)と感想!

おんな城主直虎
LINEで送る
Pocket

「おんな城主直虎」の22話「虎と龍」のあらすじ、感想などをまとめます。気賀に行った直虎は盗賊団につかまりますが、何とか帰ってこられました。材木を売るために、盗賊団の頭の龍雲丸を味方に引き入れました。虎と龍の争いが勃発するかもしれません。

スポンサーリンク

「おんな城主直虎」は、他のNHK大河も含めて、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

「おんな城主直虎」の今までのストーリー

遠江の国の井伊谷で、城主の娘のおとわ、分家の嫡男亀之丞、筆頭家老の嫡男鶴丸は、年も同じくらいでとても仲良く暮らしていました。遊びも、勉学もいつも一緒の三人でした。その三人がいる井伊谷というのは、浜名湖のチョット北、今の静岡県と愛知県のちょうど間にあって、織田家と今川家の境目に位置していました。1000年以上も前からその地を井伊氏が納めていましたが、1500年ころ、強大にな今川家に攻め込まれて今川家の家臣として使えることになります。なので、井伊家にとってはかたきも同然なのが、井伊家でした。筆頭家老の小野家は、今川家の目付として井伊家を見張っていたために、周囲からは良く思われていませんでした。鶴丸の父親の小野政直は、亀之上の父親の直満の裏切りを今川家に密告します。直満は切腹させられ、亀之丞は信州の山の中に逃げ、おとわは出家をします。

ときは立ち、おとわが大人になると、亀之丞は信州から戻ってきて直親と名乗り今川家より帰参を許されますが、今川家の罠に引っ掛かって駿府に向かう途中に討たれてしまいます。さらに、戦が続いて井伊家には男の後継者がいなくなってしまいます。次郎法師と名乗っていたおとわは、直虎と名をあらためて井伊家を継ぐ決意をします。鶴丸は政次と名乗り、小野家を継いで家老となっています。政次は本心を隠して、周囲には悪者だと思われながらも井伊家を守ろうとしていました。直虎は、方久(ムロツヨシ)という商人を部下にして、井伊谷を豊かにしようと、綿をつくったり種子島をつくったりしようとしています。

そこに、直親の娘と名乗る少女、高瀬(髙橋ひかる)がやってきました。政次は武田の間者だと言いますが、少女が口ずさむ鼻歌を聞いて直親の娘だと確信した直虎は、姫として迎え入れます。綿の収穫から綿布が出来上がってきた事を聞いた直虎は、売るために、気賀という村にやってきました。中村与太夫(本田博太郎)という気賀を仕切ってる商人に綿布の卸先を聞いた後、スリに会って直虎はつかまってしまいます。政次と直之によって直虎は無事に帰ってきましたが、方久から材木を売ることを進言されて、その盗賊団を部下にすることを思いつきました。盗賊団の頭の龍雲丸(柳楽優弥)は直虎の言葉を受け入れて、材木を切る手伝いをすることになりました。

「おんな城主直虎」22話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

22話「虎と龍」

直虎(柴咲コウ)は材木の商いを始めるため、龍雲丸(柳楽優弥)率いる一団を井伊谷に受け入れることを決めました。家臣の直之(矢本悠馬)は龍雲丸がかつて領内の木を盗んだことと、直虎を誘拐したことを指摘して猛反対しましたが、直虎は井伊家の将来のためにも彼らの専門技術が必要だと主張して、

「屈強な家来衆ができるかもしれんぞ」

と笑顔で言いますが、政次(高橋一生)が納得するかが問題だと六左衛門(田中美央)がつぶやきました。

直虎は、龍雲丸を龍潭寺の扱いにしたいと和尚(小林薫)にいいますが、妙に小細工するよりも真っ正直に政次に話した方がうまくいくのでは?と言われます。和尚に言われた通りに政次に言うと、

「まずは、その者達をみてからでござる」

と言って、木の切りだしの現場に二人で行くと、六左衛門と龍雲丸たちと仲良くやっていました。政次は、龍雲丸と話をしました。

「井伊は、おぬしらをかくもうておるんじゃ。そのことを忘れぬようにな」

と政次は話しました。政次は直虎が飼いならすことが出来れば良いと直虎に伝えて帰っていきました。直虎は、わるいことはしないようにと、六左衛門や高瀬(高橋ひかる)らと食料を届けに行きました。そこで、龍雲丸が武家の子だったらしいと聞かされます。その事と一緒に鋸を引いたことから、亀之丞の代わりだと考え始めました。

しばらくすると、龍雲丸たちの仲間が村のなかをうろつき始めます。さらには、村のはずれに博打場をつくって、百姓たちが借金して入り浸るようになってしまいました。直虎は、龍雲丸に控えてほしいと依頼しました。その後も、酒が盗まれたり、女子を追いかけまわしたりして、直虎が龍雲丸に注意をしにいくと、金さえもらえば何時でも出て行けると言われてしまいます。

直虎は、家臣たちに測ると、方久は盛り場をつくれ場いいと言います。政次は、六左衛門に技を盗めば良いと言います。それでは、技を盗むために呼んだだけじゃないかと直虎がちゅうちょしました。政次は、「つながりを持ちたいのは殿だけじゃないのか?」と直虎に告げました。直虎はどうしたのものかと六左衛門と一緒に龍雲丸を見に行くと、龍雲丸が、部下たちを「盗むな、迷惑かけるな」と殴っていました。部下たちはこんなつもりじゃなかった、さっさとここを離れようと龍雲丸に言いました。龍雲丸は困った顔をしてました。

それを見ていた直虎は、龍雲丸たちを食事に招きました。

ただ、食事に出す猪をとってくるように、直之と百姓二人と龍雲丸の部下たちに命じました。が、百姓が自分で作った穴に落ちてしまい、イノシシはとれずに帰ってきました。それでも、借りに行った者たちは仲良くなりました。

井伊の家で宴会が行われました。そこで話をしているうちに、百姓と龍雲丸たちは、今までの誤解が解けて仲良くなりました。最後に龍雲丸もやってきて、その場の雰囲気を見て井伊に残ることを決めました。ただ、直虎と龍雲丸のその姿を見ていた政次はそっと、一人で席を立っていってしまいました。一人になった政次は、

「くだらぬぞ。但馬」

とつぶやきました。そこに、近藤康用(やすもち、橋本じゅん)がやってきました。

(23話に続く)

「おんな城主直虎」22話の感想

おもしろかったですね。やはり、人間関係の問題はお互いに本音をだして話しあわないと解決しないんですね。今回のお話では、本当にカンタンなことでしたが、一つの事柄で両極端の見方がありました。これはドラマだったので、一瞬で解決することができましたが、わたしたちの現実の社会では、こううまくいかないと思います。それどころか、一方向の見方だけにしがみついてしまって、相手を攻撃することしかできなくなってるような気がします。

その理由は、直虎のような存在がないからです。カンタンなことですが、両方とも理解していなくてもいいのでニュートラルに話しあう場所を提供する人がいないので、おたがいに言い合って終りになってるのが現実ではないでしょうか。例えば、このお話でも、直虎が食事を提供すると言ったので和解できましたが、直之とか、近藤などが領主だったら、龍雲丸たちはそのまま流れて行ってしまい、全く別な人生を送っていたはずです。

それだけ人との関係っていうのは、人生を変えてしまうほどのパワー、エネルギーがあるのですが、受け取る側もそれを拒まずに受け入れる気持ちが大事だと思います。つまり、エネルギーをだす人と、受け取る人の方向性が一致することで、お互いの人生を変えるくらいのエネルギーが生まれると感じました。そんな感じで、タラレバを考えながら見てみると、全く別な物語になってしまうのでとても面白いです。来週も楽しみですね。

22話以外のあらすじ

「おんな城主直虎」のキャスト

井伊家

  • 井伊直虎 柴咲コウ
  • 祐椿尼(千賀) 財前直美、直虎の母
  • 虎松   寺田心、井伊直親(三浦春馬)の忘れ形見
  • しの   貫地谷しほり、奥山朝利の娘、虎松の母
  • 高瀬   高橋ひかる、直親の娘

井伊家家臣

  • 小野但馬守政次 高橋一生
  • なつ   山口紗弥加、政次の弟の故玄播の妻、奥山朝利の娘
  • 中野直之 矢本悠馬、中野直由(筧利夫)の息子
  • 奥山六左衛門 田中美央、奥山朝利(でんでん)の息子
  • 近藤康用(やすもち) 橋本じゅん、今川家目付
  • 鈴木重時 菅原大吉、今川家目付
  • 菅沼忠久 阪田マサノブ、今川家目付
  • あやめ  光浦靖子、新野左馬之助の娘
  • 瀬戸方久 ムロツヨシ、豪商
  • 弥吉   蔵本康文、方久の部下
  • 龍雲丸  柳楽優弥、元盗賊団の頭

龍潭寺(菩提寺)

  • 南渓和尚 小林薫、住職
  • 傑山   市原隼人、武闘派の僧
  • 昊天   小松和重、頭脳派の僧

今川家

  • 寿桂尼  朝丘ルリ子、今川家を大きくした人物
  • 今川氏真 尾上松也、義元の息子

松平家

  • 松平元康 阿部サダヲ、後の徳川家康
  • 築山殿(瀬名)  菜々緒、佐名の娘、後の徳川家康の妻

その他

  • 中村与太夫 本田博太郎、気賀の商人

以上、NHK大河「おんな城主直虎」のキャストや22話のあらすじや感想でした。他にも面白いドラマがあります。

⇒ リバース
⇒ 貴族探偵

⇒ ドラマ一覧に戻る
スポンサーリンク

 

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

follow us in feedly

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』のキャストや相関図と1話のあらすじ! 悦ちゃん
  2. 『脳にスマホが埋められた!』のキャストと相関図と1話のあらすじ!伊藤淳史と新川優愛が! 脳にスマホが埋められた!
  3. ドラマ「あいの結婚相談所」のキャストと1話のあらすじ!山崎育三郎X高梨臨 結婚式
  4. ドラマ『僕たちがやりました』のキャストと相関図と1話のあらすじ!窪田正孝と永野芽郁が! 僕たちがやりました
  5. Jリーグワールドチャレンジ2017のチケットや放送予定!試合日程と結果は? Jリーグワールドチャレンジ2017
  6. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  7. 『ブランケットキャッツ』のキャストと相関図と1話のあらすじ!西島秀俊と吉瀬美智子! ブランケットキャッツ
  8. ドラマ『カンナさーん!』のキャストや相関図と1話のあらすじと視聴率!渡辺直美と要潤が夫婦? カンナさーん!
  9. 「コード・ブルー3」のキャストと相関図と1話のあらすじ!山下智久X新垣結衣 コード・ブルー3
  10. ドラマ『わにとかげぎす』のキャストや相関図と1話のあらすじ!有田哲平と本田翼が! わにとかげぎす
スポンサーリンク

最新情報

  1. カンナさーん!
  2. 僕たちがやりました
  3. 流星群
  4. 流星群
  5. コード・ブルー3
フィンランド
  1. アドラー心理学
  2. キャリア
  3. 釣り
  4. 囲碁
  5. こえ恋
  6. バドミントン
  7. 家売るオンナ
  8. 屋根裏の恋人
  9. デザイン

多くの人に読まれている情報

  1. セシルのもくろみ
  2. 砂の塔
  3. 嘘の戦争
  4. ANA
  5. カルテット
  6. お母さん、娘やめていいですか?
  7. キャリア
  8. 介護
  9. 愛してたって、秘密はある
PAGE TOP