おんな城主直虎

おんな城主直虎の8話「赤ちゃんはまだか」のあらすじ(ネタバレ)と感想!

おんな城主直虎
LINEで送る
Pocket

「おんな城主直虎」の8話「赤ちゃんはまだか」のあらすじ、感想などをまとめます。検地が問題なく終わって、直親としのは小作りの為、今まで住んでいた館から、ちょっと離れた村に移り住みます。政次の弟の玄播と、後の徳川家康となる竹千代と瀬名の婚儀も行われました。

スポンサーリンク

8話以外のあらすじ

「おんな城主直虎」のキャスト

「おんな城主直虎」のキャストです。5話からは、柴咲コウさん、高橋一生さん、三浦春馬さんたちがメインになりました。

井伊家

  • 井伊直虎(次郎法師) 柴咲コウ
  • 井伊直平 前田吟、直虎の曽祖父
  • 井伊直盛 杉本哲太、直虎の父
  • 千賀   財前直美、直虎の母
  • 新野左馬之助 刈谷俊介、千賀の兄で今川家の家臣で目付として移り住む
  • 井伊直親 三浦春馬、直満の息子、直盛の養子
  • しの   貫地谷しほり、奥山朝利の娘で直親の嫁

井伊家家臣

  • 小野但馬守政次 高橋一生、政直の息子
  • 小野玄播 井上芳雄、政次の弟
  • 中野直由 筧利夫、重臣
  • 奥山朝利 でんでん、重臣

龍潭寺(菩提寺)

  • 南渓和尚 小林薫、住職
  • 傑山   市原隼人、武闘派の僧
  • 昊天   小松和重、頭脳派の僧

今川家

  • 寿桂尼  朝丘ルリ子、今川家を大きくした人物
  • 今川義元 春風亭将太、井伊家の主人
  • 今川氏真 尾上松也、義元の息子
  • 佐名   花總まり、井伊直平の娘、今川家の家臣・関口氏に人質として嫁ぐ
  • 築山殿  菜々緒、佐名の娘、後の徳川家康の妻
  • 竹千代  阿部サダヲ、後の徳川家康
  • 太原雪斎 佐野史郎

その他

  • あばら家の男 ムロツヨシ、後の瀬戸方久、豪商となって井伊家の財政に影響を与えます。

「おんな城主直虎」の今までのストーリー

遠江の国の井伊谷で、城主の娘のおとわ、分家の嫡男亀之丞、筆頭家老の嫡男鶴丸は、年も同じくらいでとても仲良く暮らしていました。遊びも、勉学もいつも一緒の三人でした。その三人がいる井伊谷というのは、浜名湖のチョット北、今の静岡県と愛知県のちょうど間にあって、織田家と今川家の境目に位置していました。1000年以上も前からその地を井伊氏が納めていましたが、1500年ころ、強大に菜てきた今川家に攻め込まれて今川家の家臣として使えることになります。なので、おとわと亀之丞の親の井伊直盛、直満などの井伊一族の心の中には、今川家に対する怒りがありました。そこに、筆頭家老の小野伊豆守の策略で、おとわと今川家の婚儀の話が持ち上がります。しかし、分家の今川直満としては、井伊氏自体が今川家に組み込まれてしまうと恐れて、自分の子供の亀之丞をおとわの婚儀させるように強引に決めてしまいます。そして、積年の恨みから今川家の北方にいて敵対している北条氏とつながろうと策略を立てますが、小野伊豆守が見破って証拠を押さえて直接今川義元にチクりました。

その結果、井伊直満は今川義元に呼びつけられて、井伊直満はとらえられ、謀反の疑いがあるとされて処分されてしまいました。嫡男である亀之丞にも、追手がせまってきます。おとわの機転で、おとわがおとりになって、亀之丞は無事信州まで逃がすことができました。一方、小野和泉守の策略で、今川家から、小野和泉守を目付にする事と、おとわと鶴丸の婚儀を命令されます。亀之丞を待つと決意したおとわは、出家することを決意して、今川家に本領安堵と引き換えに出家をしました。

おとわが次郎法師となって出家して9年後、武田信玄が南信州に侵入してきたことから、亀之丞が井伊谷に帰ってきました。亀之丞は次郎法師と結婚する気満々でしたが、次郎法師は、出家したまま亀之丞を助けて井伊家を守っていきたいと言いだしました。亀之丞は、元服して井伊肥後守直親と名を改めました。直親は次郎法師を亡くなったことにして結婚しようとしましたが、次郎法師は南渓和尚からさずかった知恵で、今までどおり次郎法師として生きることを決めました。そして、奥山朝利(でんでん)の娘しの(貫地谷しほり)と夫婦になりました。

直親の帰参と家督相続の願いを今川家に出すと、検地を命令されます。かなり堅物の検地奉行が来ましたが、何とか、隠し里を守り通すことができました。そして、直親は、小作りの為近くの村に引越しをします。政次の弟の玄播と奥山の娘の夏との婚儀、後の徳川家康となる竹千代と瀬名の婚儀が執り行われました。さて、このあとはどうなるのでしょうか。

「おんな城主直虎」8話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

「おんな城主直虎」は、他のNHK大河も含めて有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

8話「赤ちゃんはまだか」

井伊肥後守直親(三浦春馬)と夫婦になって4年、しの(貫地谷しほり)にはまだ子供ができませんでした。かなり、自意識過剰になっていて、誰かが笑っていると、自分のことを笑われていると思ってしまうほどでした。さらに、直親に向かって泣いたり、怒ったりする毎日でした。

一方、竹千代(後の徳川家康、阿部サダヲ)と夫婦になった瀬名(菜々緒)には、二人目の子供ができました。

次郎法師(柴咲コウ)は、南渓和尚(小林薫)や昊天(小松和重)にしのの子供のことを相談しました。「じゃ香」と言う良いものがあると聞いて、小野但馬守政次(高橋一生)に、自分の鼓(つづみ)を売って買ってきてくれと頼みに行きました。すると、「自分で使ってみればいいかも」と冗談を言われてしまいました。

その頃、今川義元(春風亭将太)は三河まで進出していて、氏真に家督を譲って京都を目指そうと企んでいました。まずは、織田信長がいる尾張を狙っているようです。新野左馬之助(刈谷俊介)と政次が駿府の氏真に会いに行くと、槍を200本、春までに作れと命令されました。政次は井伊に戻ってきて、そのことを報告します。直親は初陣を飾りたいと言いますが、万が一、後継ぎがいなくなると再び混乱するということで、留守を守ることに決まりました。

次郎法師が駿府から政次に買ってきてもらったじゃ香をしのに渡しに行くと、「うけとれない」と言われます。なんと、「子どもができないように毒なんじゃないのか?もしかして、この4年間、すでに毒をもられているかも」と言われてしまいます。ちょうど来た直親に、「この人に毒を盛られていて、流れたかもしれない、怖い人じゃ」といって、泣きながら抱きつきました。次郎法師は腹が立って帰っていきました。

その夜、甘利にも腹が立った次郎法師がいつもの井戸で瞑想をしていると、直親がやってきて昼間のことをわびました。そして、「側女をもらおうと思ってる。井伊の為にも」と言って帰っていきました。翌日、直親は直盛と千賀(財前直美)に側女のことをお願いしまいした。側女探しと同時に戦の準備も始まりました。

奥山の遠縁の出戻りの女性が候補に挙がります。まだ若いのですが、すでに二人の子供がいて、夫は亡くなってしまい、実家に戻ってきてる女性でした。その話を聞いたしのが「次郎殿 お恨みもうしあげそうろう」という文をおいて姿を消しました。家人がその手紙を持って次郎法師の所に来ました。あまりにも次郎法師のことを目の敵にしているしのに、「自害する前に、一言言ってやる!」とメチャクチャ腹を立てて次郎法師が飛び出していきました。寸前のところで、自害することを止めることができました。

「なぜ、私のことをそんなに恨むのじゃ?」

としのに聞くと、泣きながら話し始めます。

「しのがおとわであったならと皆が思ってます。朝から晩まで小作りのことを考えてます。悪いのは私ですか?他に誰を恨めばいいのですか?」

その言葉を聞いた次郎法師は、あきれはてて、いいました。

「もうとめない。自害されるがよかろう。そうすれば、私の還俗の許可が出て、この薬もつかうことができよう」

すると、しのは落ちていた短剣を握って次郎法師に向かってきて、刺そうとしました。一瞬はやく、傑山(市原隼人)が飛び込んできて事なきを得ました。直親も騒ぎを聞きつけてやってきました。その場面を見た直親は深いため息をしました。そのため息を聞いて次郎法師は怒り出します。

「なぜ、ため息をする?あれはおまえの女房だろ。なぜいつも他人事なんじゃ。なぜ、いっしょに悩んでやらぬのじゃ。そなたの女房なのじゃから、そなたが何とかせよ」

カンカンに怒って、そう言いすてて行ってしまいました。直親はしののそばに座りあやまりました。

「すまなかった」

その足で、次郎法師は、直盛と千賀の所に行きました。そしてしのに刺されそうになったことを言います。が、それだけの強い女だから、井伊の家には必要だと言って帰っていきました。その次の日、直親と紫乃がそろって直盛の所に来て、1年間、二人で頑張るので側女ハマってもらいたいと言いにきました。

その年の5月に、尾張への出兵に協力せよと今川義元から連絡が来ます。直盛を筆頭に出陣しました。直親は留守を守るために出陣は見送られました。駿府では、竹千代も出陣の準備をしていました。この時の状況は、尾張の織田信長が、3,000名、今川義元の兵が25,000名でしたので、誰もが今川の勝ち戦を疑わなかった合戦でした。

桶狭間の戦いが、始まりました。

(⇒ 9話のあらすじ

「おんな城主直虎」8話の感想

おもしろかったですね。ついに、桶狭間の戦いが始まろうとしています。これから、時代の流れは早くなっていきますね。

相変わらず、高橋一生さんはかっこよかったのですが、ネットでは、龍潭時の僧で、傑山役の市原隼人さんが話題になってるようです。大体いつも腕組みをしていることが多いのですが、あの筋肉がムキムキとしている腕と、坊主頭とあのさわやかな笑顔がたまらないと言われています。この大河が始まる前は、三浦春馬さん派、高橋一生さん派の二つに別れて話題になるだろうと言われていたのですが、市原隼人さん派と言うものもできてきているようです。私としては、独特な雰囲気が大好きな阿部サダヲさん派っていうのがないかな~?と思ってるのですが、かなり少数派なのかもしれません。

今回は、貫地谷しほりさんに焦点があつまっていましたが、次回はついに戦が始まりますので、どんなふうになるのかとても楽しみです。

以上、NHK大河「おんな城主直虎」のキャストや8話のあらすじや感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

⇒ ドラマ一覧に戻る
スポンサーリンク

 

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

follow us in feedly

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ「東京タラレバ娘」のキャストや相関図。1話のあらすじや感想! 東京タラレバ娘
  2. お正月におすすめの遊びやゲームは?子供と一緒に遊べるものをまとめました! ボードゲーム
  3. 不機嫌な果実スペシャルの放送日とキャストは?相関図とあらすじも!
  4. スーパーサラリーマン左江内氏のキャストや相関図!1話のあらすじは? スーパーサラリーマン左江内氏
  5. おんな城主直虎のキャストや相関図。1話のあらすじと感想! おんな城主直虎
  6. ドラマ「大貧乏」のキャストや相関図、第1話のあらすじと感想! 大貧乏
  7. ドラマ「A LIFE~愛しき人~」のキャストと相関図と1話のあらすじ!視聴率は?
  8. 視覚探偵日暮旅人のキャストと相関図。第1話のあらすじと感想! 視覚探偵日暮旅人
  9. 「奪い愛、冬」のキャストと相関図!1話のあらすじと感想! 奪い愛、冬
  10. バレンタイン2017のチョコ!通販で人気の16選!告白を成功させるコツ? バレンタイン
スポンサーリンク

最新情報

  1. 火花
  2. 火花
  3. おんな城主直虎
  4. おんな城主直虎
  1. コピーフェイス
  2. オキシトシン
  3. 逃げるは恥だが役に立つ
  4. エアコン
  5. receipt
  6. カルテット
  7. お迎えデス。
  8. こて

多くの人に読まれている情報

  1. 焼き鳥
  2. 弁護士
  3. ドクターX
  4. スミカスミレ
  5. お母さん、娘やめていいですか?
  6. 焼き鳥
  7. フィンランド
  8. 東京タラレバ娘
  9. ANA
PAGE TOP