砂の塔~知りすぎた隣人

砂の塔の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想は?

砂の塔
LINEで送る
Pocket

ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。衝撃的な7話のあと、物語はどう進んでいくのでしょうか。弓子は和樹に本当のことをはなすのかどうか、しかも、弓子はまだ秘密をにぎっているようです。


スポンサーリンク

「砂の塔~知りすぎた隣人」の相関図

高野亜紀(菅野美穂)は、高校生の長男和樹(佐野勇斗)、幼稚園児の長女そら(稲垣来泉)、夫の高野健一(田中直樹)の4人家族の専業主婦でした。ある日、憧れのタワーマンションの25階に引っ越すことになります。引っ越してきたタワーマンションには、セレブな主婦たちのドロドロした人間関係や、強制的なお付き合いに付き合わなくてはならず、失望してしまいます。

各階の住人は、

  • 2階 尾野綾香(ホラン千秋)
  • 26階 佐々木弓子(松嶋奈々子)
  • 32階 三浦篤子(佐藤乃莉)
  • 38階 柳汐里(音月桂)
  • 45階 橋口梨乃(堀内敬子)橋口成美(川津明日香)母娘
  • 50階 阿相寛子(横山めぐみ)阿相武文(津田寛治)夫婦

亜紀がすぐに仲良くなったのは、やはり引っ越してきたばかりの26階に住む佐々木弓子でした。このタワーマンションのボスママは、50階に住む阿相寛子。でも、それぞれのママたちに、秘密があるようです。

長男の和樹と45階に住む橋口成美は同級生です。謎の隣人、連続失踪事件の犯人は、この中にいるのでしょうか?面白そうです。

1話では、引っ越してきた亜紀に、早くもタワマンのママ友たちに洗礼を浴びてしまいました。2話では、弓子の策略で、ボスママの寛子に思いっきり嫌われてしまいます。さらに、過去もばらされてしまいました。3話では、唯一の見方だった橋口梨乃(堀内敬子)のウソをパーティの席上でばらしてしまい、味方を失ってしまいます。4話では、空と弓子が急接近します。さらに、幼稚園からいなくなったそらを探しに、弓子の部屋に亜季が行きました。が、モニター類は撤去されていました。5話では、同じマンションンに住む同級生の橋口成美によって母娘の写真を撮ってることがばらされた和樹は、警察につれていかれました。疑いが晴れて釈放されますが、なぜ写真を撮ったのかは、謎でした。6話では、健一と弓子が昔からの知り合いだということが分かります。何か二人の間には秘密があるようで、ファミレスでは、ほほにキスをする弓子の姿を亜紀が見てしまいました。実は、健一と弓子は昔夫婦で、和樹が1歳の時に、和樹を置いて弓子が出て行ってしまったことが分かりました。弓子の異常な行動は、和樹を取り戻したいと思ってのことの様です。そんな時、和樹がいじめに遭いますが、弓子が間一髪のところで助けました。弓子は、「母親です」と言って和樹の救急車に乗って病院に行きました。

 さて、この後、どうなるのでしょうか?

「砂の塔~知りすぎた隣人」8話のあらすじ(ネタバレ)

砂の塔の8話はこちらのTVerで見ることができます。

⇒ TVer

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

亜紀が病院に行こうとしていると、和樹が病院から帰ってきました。警察に行こうと言うと弓子が証拠を握ったから大丈夫だと部屋に閉じこもってしまいます。弓子が病院で本当のことを言ったのか気になる亜紀でしたが、弓子は何も言ってないといいますが、弓子からは本当の母親でないと和樹が、前から知っていたと聞かされました。

橋口梨乃が寛子に、亜紀と生方が抱き合ってる姿の画像を渡しました。嫉妬した寛子は、マンションの玄関で大声でわめき散らしました。寛子が振り払ったのが原因でけがをした亜季は入院してしまいます。亜紀の母親がお見舞いに訪ねてきます。気弱になった亜紀は、母親に相談しますが、憎まれ口しか叩かれませんでした。

家では、弓子がやってきて夕飯の支度をして、弓子と一緒に和樹もそらもうれしそうに食べました。健一はなにも言えません。食後、亜紀のけがの原因は亜紀の不倫で、亜紀が書いていた離婚届を健一に話します。そらも友達から言われていしまってるようです。そのことで、病院に行った健一と亜紀はケンカをしてしまいます。

和樹は、弓子の部屋に行って、本当の母親の話を聴こうとしました。結婚指輪に刻まれていた結婚式の日付で自分が亜紀の子供でないと気付いたようです。弓子は、「話しても良いけど、今の母親を捨てる気がある?」と言いました。

 

弓子が亜紀の病院にやってきます。

「もう帰ってこなくてもいいわ。私の方が母親にふさわしい。私があの家の母親になる」

と亜紀に言います。そして、3年も前からずっといじめられてきた和樹を見ていたと言います。そして、私なら完璧に母親ができる、あの家にあなたの居場所はないわと言い捨てて返っていきました。

翌日、亜紀が退院してくると、弓子とそらと和樹が公園で遊んでいる所を遠くから見えました。亜紀は、その姿を見ると、Uターンしていってしまいました。和樹たちは弓子の部屋に行って、一緒にご飯を食べる約束をしました。

生方は、寛子が騒いだおかげでクビになります。歩いていると橋の上で亜紀と出会いました。亜紀のせいではなくて、自分の母親の為だという生方は言います。その流れで最後の食事に行きました。食事の後、一緒に歩いていると、「母親失格」と弱気になって泣き始めた亜紀に、「僕は絶対に泣かさないから、一緒に行かない?」と言い出します。が、亜紀は、子どもたちの事を思い出して生方を振り切って帰っていきました。

クリスマスツリーの点灯式を見に行こうとメールをしました。

健一が一人でいる亜紀の家に、亜紀の母親がやってきます。健一にしっかりしろと言いますが、「そんなに簡単に許せない」と言いました。点灯式は、一人で見る亜紀でした。すると、そらを抱いた健一がやってきます。和樹は来ませんでした。亜紀は、健一とそらに謝りました。健一も離婚届を破り捨てて、ふたりとも「これからもよろしくお願いします」とお辞儀をしました。

遠くから見ていた和樹が、近づこうとすると弓子がやってきます。「本当のお母さんを教えるから、今のお母さんを捨てるって言ってたわよね」と言って、連れて行ってしまいました。

健一は、弓子と昔何があったのか、何の罪を犯したのか話し始めようとしました。

(⇒ 9話のあらすじ

『砂の塔~知りすぎた隣人』8話の感想

おもしろかったですね。益々ドロドロとしてきました。

それにしても、なんだか一番悪いのは、健一のような気がしてきました。はっきり言えないというか、すべて適当にごまかして生きてきたような気がします。それにしても、弓子の怖さは尋常ではないですね。何が過去にあったのかとても気になりますが、来週にはあきらかになるのではないでしょうか。

今の時代、バツイチが普通になりつつありますし、子連れ結婚も増えているので、こういった事はこれから増えてくるのではないでしょうか。その時に、いつ、本当のことを伝えるのか、とても難しい問題だと思います。昔から、こういうものがテーマになってるドラマは多くて、大人になってから教えられてショックを受けて・・・とか、ものごころついたときに父親が変わって、本当の親子になっていくというドラマもありました。

やはり、いちどは面と向かって事実を伝えなければいけないのかもしれません。そうすることで、本当の親子になれるような気がします。「砂の塔」の和樹も、この弓子から解放されて、亜紀と真剣に話し合うことが出来たら、本当の親子になるのではないでしょうか。なんといっても10年以上ずっと親子で暮らしてきていますからね。

それと、いじめを気付かないというのは、大きな問題のような気がします。またちょっと考えて、載せて行きます。

以上、「砂の塔」の8話の情報でした。他のドラマも面白いです。

⇒ ドラマ一覧に戻る


スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、お気づきの点がありましたら、よろしくお願いします。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

follow us in feedly

本日のおすすめ記事

  1. 砂の塔の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想は? 砂の塔
  2. 「逃げるは恥だが役に立つ」の9話のあらすじ! 逃げるは恥だが役に立つ
  3. クラブワールドカップの日程と放送予定と結果は?チケットの購入先! FIFAクラブワールドカップ
  4. 土ドラ「リテイク」のキャストと相関図とあらすじ!成海璃子と筒井道隆が主演 リテイク
  5. 地味にスゴイ!最終回のあらすじと感想!悦子がLassy編集部に異動? 地味にスゴイ!
  6. ドクターXの8話のあらすじ(ネタバレ)と感想!ゲストは小西遼生! ドクターX
  7. 「逃げるは恥だが役に立つ」の10話のあらすじ! 逃げるは恥だが役に立つ
スポンサーリンク
dream
  1. 家売るオンナ
  2. チアシード
  3. かぐや姫
  4. 時をかける少女
  5. 家売るオンナ
  6. 美術館
  7. 和太鼓
  8. こえ恋
  9. 介護

最新記事

  1. コピーフェイス
  2. 砂の塔
  3. グランプリシリーズ2016
  4. 砂の塔
  5. ドクターX
PAGE TOP