奪い愛、冬

「奪い愛、冬」の3話のあらすじと感想!蘭がホテルに!

LINEで送る
Pocket

ドラマ「奪い愛、冬」の3話のあらすじや感想などをまとめました。人気うなぎ上りの俳優の倉科カナさん、大谷亮平さん、三浦翔平さんの三角関係がかなりおもしろくなりそうです。蘭がホテルに乗り込んできました!

スポンサーリンク

各話のあらすじ

「奪い愛、冬」のキャスト

  • 池内光  倉科カナ
  • 池内麻紀 キムラ緑子、光の母
  • 奥川康太 三浦翔平、光の婚約者、同僚
  • 奥川美佐 榊原郁恵、康太の母
  • 豊野秀子 秋元才加、光の同僚、康太を好き
  • 武田玄  三宅弘城、光の会社の部長、光に一度告白
  • 尾上礼香 ダレノガレ明美、大学時代の康太のカノジョ
  • 森山信  大谷亮平、光の元恋人
  • 森山蘭  水野美紀、森山信の妻
  • 加藤清  西銘駿、森山信の後輩
  • 斎藤部長 ミスターちん、森山信の上司

「奪い愛、冬」のストーリー

池内光(倉科カナ)はデザイン会社の社員です。頭が良くて、仕事ができるキャリアウーマンで、同じ会社に婚約者の奥川康太(三浦翔平)がいる素敵な女性です。実家は決して裕福ではなくて、母親の池内麻紀(キムラ緑子)は定食屋を営んでいます。実家に仕送りもしていて、母親は責任も感じているようです。

婚約者の康太は、裕福な家庭で大事に育てられてきたボンボンで、母親の奥川美佐(榊原郁恵)に溺愛されて甘やかされて育ってきました。その分、やさしい癒し系の男子です。その反面、ここぞという時に意思の強さを発揮します。母親のコネで入った会社も、デザインをやりたいということで転職したり、光との結婚も母親の反対を押し切って決めました。

結婚が決まって浮かれている光の前に現れたのは、森山信(大谷亮平)。かつて、光と同じ会社で働いていて、光の上司で結婚まで考えていた心の底から好きだった人です。ある事情から、会社を辞めて、光に一方的に別れを告げて消えてしまったんです。福岡にある別なデザイン会社に勤務していて、幼馴染の森山蘭(水野美紀)と結婚しています。しかし、ある日、3か月限定で東京勤務になり、妻の蘭と共に東京に来ることになりました。あるコンペで、光と出会ってしまいます。

光は信を忘れるために海に来ますが、信もやってきます。建築資材が倒れてきたところ、光をかばって信が一緒に倒れ込みます。キスしてもいいと思った光は、一瞬、我に返って、信をはひっぱたいて帰っていきました。信の家では、蘭が真の服についている女性の髪の毛を見つけます。康太は秀子に口車に乗って、光の机をあら捜ししてしまいます。光のことを一瞬でも疑ってしまった康太は自分のことが嫌いになりました。

再び羽木建築で光に出会った信は、本当のことを全部言うから思い出の場所に来てくれと言います。光は行かないつもりでしたが、心がそれを許してくれずに、信に会いに行きます。蘭が通り魔から信を助けたことで、負い目を感じた信が蘭と結婚をしたと知ると、光のことを嫌いになったのではなかったと安心します。これで康太と結婚できると思いましたが、雨が降ってきてタクシーがつかまらない二人はホテルに入ります。そこに、蘭がやってきます。寸前のところ、クローゼットの中に隠れた光の前に蘭が立ちました!

さて、このドロドロは、どうなっていくのでしょうか。

スポンサーリンク

「奪い愛、冬」3話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

「奪い愛、冬」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

 

 

蘭はクローゼットを開けずに出ていこうとしましたが、部屋を出ていくときにクローゼットに向かって「じゃあね~」と言って出ていきました。まるでそこに光がいることを知ってるかのようでした。家に帰ってからも、ねちねちと信にからみました。

豊野秀子は康太に、「光さん、いまだに何かの暗証番号に使ってたりして」と言いながら、信の誕生日が2/29だと教えました。その夜、残業している光に、終末の温泉旅行をさそう康太でした。それを秀子が陰から聞いていました。

秀子は、康太の母親の美佐の料理教室に入りました。スクールが終わった後、秀子は美佐に近づいて温泉旅行のことを告げました。

温泉旅行の日、温泉街を二人仲良く歩いていておみくじを引きました。光は凶を引きましたが、「康太と一緒の吉だよ」とうそをついておみくじを結びつけました。観光をしたあと、旅館「新かどや」にいきました。貸切の露天風呂があるお風呂に二人ではいったあと、部屋に戻ろうとすると、そこに美佐が立っていました。「料理教室のひとと偶然来ていて」と言いました。しかも、光が引いたおみくじの凶をわざわざ持って目の前に突き付けました。

部屋に入った後、康太は「たのむから、もう嘘はつかないで」と光に深刻な顔をしてたのんで抱きしめました。康太がキスをしようとすると、美佐がおにぎりを持っていきなり入ってきました。

信と蘭はデートをしていました。蘭は、通り魔に襲われた場所に連れて行きます。襲われた状況を再現して、信を助けたのは蘭だと言うことを思い起こさせました。

その後に、蘭が信を連れて行ったのは、信がかつて働いていた会社、つまり光が働いてる会社でした。蘭は、大声で「私のせいで辞めてしまって申し訳ありませんでした。あら、この間はどうも」と光に言って社長室に行きました。帰ろうとしたときに、武田玄に信だけを飲み会に誘われました。秀子が武田に「どうして?」とささやくと「俺を振った女の困ったかおをみたいんだ」とニヤッとわらいました。飲み会では、武田は大きな声で「元カレだったか」と叫びました。さらに、酔いつぶれた武田は「お前がいなくなってたいへんだったんだ。光は仕事できないし、チョット綺麗だからって体で仕事とってたりして」と、光をなじり始めます。耐え切れなくなった康太が文句を言おうとすると、その一瞬前に、信が武田に掴み掛ります。「いい加減にしてくださいよ。この会社の仲間でしょ」しかし、武田は「お前がそんなこと言えるのか」と言って、信を土下座をして謝らさせました。光は、信が残していったハンカチをバックの中に入れました。それを康太は見ていました。

翌日、光は、信の忘れていったハンカチを返しに行くと康太に話しました。会社が終わって届けに行くと、ちょうど信が出てきました。風邪っぽい信が咳き込むと、光はおでこに手を当てて病院に連れて行きました。それを遠くから見ている康太がいました。病院で点滴を受けた後、家まで光はタクシーで送っていきました。康太はその後をずっと追いかけました。部屋に入った光は、「再び会ったのは、お互いに、幸せに近づくために整理するためだと思う」と言いますが、見つめ合ってキスをしました。すると、「ここにいるよ」と言って、蘭がクローゼットから出てきました。そして、「この間と逆だね」と言って笑いました。そして、キスしている動画を撮っていることを見せて、信を光責めはじめました。ぬいぐるみの中にカメラがあったんです。

後をつけていた康太が部屋に乗り込もうとしましたが、そのまま帰ってきました。

「騙されてかわいそうな信。」と言いながら、あばれまわって「ねえさすってよ。ここでキスしてよ」と信に強引にキスしました。光は、いられなくなって謝って出ていきました。

(4話に続く)

「奪い愛、冬」3話の感想

おもしろかったですね。というか、ますます怖くなってしまいました。まさか、クローゼットの中に隠れていたとは、想いも書けませんでした。出てきたときは、かなり、ドキッとしてしまいました。水野美紀さんは、こないだの「黒い十人のオンナ」に引き続いてスゴイ芝居でした。

大谷亮平さんと倉科カナさんがますますかわいそうになってきました。周りがすべて敵っていうのもすごいです。あそこまでされて耐える男っているのでしょうか?ってチョット思いましたが、やはり、一番初めにボタンを掛け間違えてしまったのが原因ではないかと思います。というのは、蘭が刺されたのは信のせいではなくて、刺した人なので、信としてはその人に責任を押し付けるべきだったと思います。そこが、蘭のうまいところで、現実世界でも、こういうことは多く行われていると思います。連帯責任とかもある意味おなじことですし、今話題になってる、セブンイレブンの罰金問題も同じじゃないかと思います。休んだこととは関係ないのですが、その補てん分を、責任を罰金という形で押し付けられているんじゃないでしょうか。本来は、セブンイレブン、オーナーの問題だと私は思います。話がそれましたが、このような責任がないところに、責任があるように押し付けるのは詐欺師のやり方なので、もしも周りにそういったことがあれば、よく考えてから対処していった方がいいと思います。

以上、「奪い愛、冬」の3話のあらすじや感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

⇒ ドラマ一覧にもどる
スポンサーリンク

 

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

follow us in feedly

本日のおすすめ情報

  1. 釣りバカ日誌2のキャストと相関図と1話のあらすじ!広瀬アリスがみちこさん!
  2. ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」のキャストとあらすじと相関図! CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  3. ドラマ「貴族探偵」のキャストと相関図と1話のあらすじ!原作は麻耶雄嵩! 貴族探偵
  4. ドラマ「櫻子さんの足下には」のキャストと1話のあらすじ!ゲストは三倉茉奈 サクラ
  5. ドラマ「恋がヘタでも生きてます」のキャストや1話のあらすじや感想!漫画を実写化! 恋がヘタでも生きてます
  6. ドラマ「犯罪症候群」のキャストとあらすじ(ネタバレ)!原作は貫井徳郎! 犯罪症候群
  7. Bリーグチャンピオンシップの日程と放送予定!仕組みと出場クラブは? Bリーグチャンピオンシップ2016-17
  8. 「ボク、運命の人です」のキャストと相関図とあらすじ!亀と山Pが主題曲! ボク、運命の人です
  9. おんな城主直虎のキャストや相関図。1話のあらすじと感想! おんな城主直虎
  10. ドラマ「母になる」のキャストとあらすじと相関図!沢尻エリカと道枝駿佑が親子? 母になる
スポンサーリンク

最新情報

  1. 歩きスマホ
  2. 旅行
  3. 人は見た目が100%
  4. 恋がヘタでも生きてます
母になる
  1. 嫌われる勇気
  2. ヒグマ
  3. カルテット
  4. ドラえもん
  5. 火花
  6. 母になる
  7. ルーブル美術館

多くの人に読まれている情報

  1. おんな城主直虎
  2. 海の日
  3. キャリア
  4. 信長協奏曲
  5. 血管年齢?
  6. 花
  7. ビーチサンダル
  8. 東京都知事選
  9. お迎えデス。
PAGE TOP