奪い愛、冬

「奪い愛、冬」の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想!信が余命2ヵ月!?

LINEで送る
Pocket

ドラマ「奪い愛、冬」の6話のあらすじや感想などです。もう嘘をつきたくないと宣言して、康太と蘭を振り切って信の胸に飛び込んだ光でした。しかし、信の体は病魔がおそいかかっていて、蘭と康太も新たな作戦を練って光を追いつめようとしています。

スポンサーリンク

6話以外のあらすじ

「奪い愛、冬」のキャスト

  • 池内光  倉科カナ
  • 池内麻紀 キムラ緑子、光の母
  • 奥川康太 三浦翔平、光の婚約者、同僚
  • 奥川美佐 榊原郁恵、康太の母
  • 豊野秀子 秋元才加、光の同僚、康太を好き
  • 武田玄  三宅弘城、光の会社の部長、光に一度告白
  • 尾上礼香 ダレノガレ明美、大学時代の康太のカノジョ
  • 森山信  大谷亮平、光の元恋人
  • 森山蘭  水野美紀、森山信の妻
  • 加藤清  西銘駿、森山信の後輩
  • 斎藤部長 ミスターちん、森山信の上司

「奪い愛、冬」のストーリー

池内光(倉科カナ)はデザイン会社の社員です。頭が良くて、仕事ができるキャリアウーマンで、同じ会社に婚約者の奥川康太(三浦翔平)がいる素敵な女性です。実家は決して裕福ではなくて、母親の池内麻紀(キムラ緑子)は定食屋を営んでいます。実家に仕送りもしていて、母親は責任も感じているようです。

婚約者の康太は、裕福な家庭で大事に育てられてきたボンボンで、母親の奥川美佐(榊原郁恵)に溺愛されて甘やかされて育ってきました。その分、やさしい癒し系の男子です。その反面、ここぞという時に意思の強さを発揮します。母親のコネで入った会社も、デザインをやりたいということで転職したり、光との結婚も母親の反対を押し切って決めました。

結婚が決まって浮かれている光の前に現れたのは、森山信(大谷亮平)。かつて、光と同じ会社で働いていて、光の上司で結婚まで考えていた心の底から好きだった人です。ある事情から、会社を辞めて、光に一方的に別れを告げて消えてしまったんです。福岡にある別なデザイン会社に勤務していて、幼馴染の森山蘭(水野美紀)と結婚しています。しかし、ある日、3か月限定で東京勤務になり、妻の蘭と共に東京に来ることになりました。あるコンペで、光と出会ってしまいます。

光は信を忘れるために海に来ますが、そこに信もやってきます。建築資材が倒れてきたところ、光をかばって信が一緒に倒れ込みます。キスしてもいいと思った光は、一瞬、我に返って、信をはひっぱたいて帰っていきました。信の家では、蘭が信の服についている女性の髪の毛をコロコロで見つけます。康太は秀子に口車に乗って、光の机をあら捜ししてしまいます。光のことを一瞬でも疑ってしまった康太は自分のことが嫌いになりました。

再び羽木建築で光に出会った信は、本当のことを全部言うから思い出の場所に来てくれと言います。光は行かないつもりでしたが、心がそれを許してくれずに、信に会いに行きます。蘭が通り魔のナイフから信を助けて傷を負ってしまったことで、責任を感じた信が蘭と結婚をしたと知ると、光のことを嫌いになったのではなかったと安心します。気持ちが整理できて、康太と結婚できると思いましたが、雨が降ってきてタクシーがつかまらない二人は近くに会ったビジネスホテルに入ります。なんと、そこに、蘭がやってきます。寸前のところ、クローゼットの中に隠れた光の前に蘭が立ちました!分からないふりをして蘭は帰っていきました。後日、光の会社に行ったあと、信だけが飲み会に誘われます。その席で、上司だった武田に絡まれて土下座をさせられた信はハンカチを忘れて行ってしまいました。それを返しに行った光は、蘭がいない部屋で風邪気味の信とキスをしてしまいます。その瞬間、クローゼットに隠れていた蘭が飛び出してきて二人を口汚くののしり始めました。たまらなくなった光は部屋を逃げ出しました。

キスの動画を撮影した蘭は、それを使って光と信をいじめ抜きます。焦った康太は結婚式を早めようと招待状を配りますが、蘭に旅行に誘われました。光はその旅行でお互いの路をしっかり決めようと想い出かけます。その旅行の最後に、信ともう関わらないように蘭から仕事に手を抜けと言われます。が、それを見破った信に、全力をだせと言われてプレゼンにとおってしまいます。感謝をしに行った光と信の目の前に蘭が現れて、約束を破ったことをなじり始めます。あまりのひどさに、信は「俺は光のことがまだ好きだ」と蘭の目の前で叫んでしまいます。遠くからその成り行きを見ていた康太が異常な目をして近づいてきました。掴み掛った康太を止めようとすると、光が柱に激突してしまいます。光は病院に、康太は逮捕されます。母親に好きなようにしてイイと言われた康太は退院してきた光を家に連れ帰って手錠をつけて婚姻届を書かせました。自暴自棄になった康太はふと通りかかった蘭のあとをつけると、見知らぬ男に金を渡してキスをしていました。コンペに通ったことを会社全体で喜んでいると、蘭がやってきて、クレームをだして、キス動画をネットで拡散すると脅します。条件は光の退社か、信に近づかない事でしたが、光は退社をとって信の元へ駆けつけました。さて、このドロドロは、どうなっていくのでしょうか。

スポンサーリンク

「奪い愛、冬」6話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

「奪い愛、冬」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。他の番組もかなり見ることができます。⇒ U-NEXT 

 

 

ついにむすばれた光と信はホテルで抱き合っていました。会社では、康太が頭を抱えていました。そこに秀子(秋元才加)がやってきて、光のバッグの中に盗聴器を仕掛けたと言って、笑いながら受信機を持ってきました。それを見た康太は受信機を奪ってこわします。さらに、秀子を机の上に押し付けると、武田玄(三宅弘城)が飛び出してきて二人を引き離しました。「もういいよ。どうなってもいいや」とあばれて帰っていきました。

一方、蘭は自分の家にいました。むしった光の髪の毛とぬいぐるみで呪いをかけていましたが、ふと、我に返って泣き叫びました。

翌日、信と光が一緒にいると、信に病院から電話がかかってきました。信だけが病院に行くと、すい臓がんだと宣告されました。しかも、すでに手術もできない、余命2、3ヵ月だと言われてしまいました。

信は、信頼している部下と居酒屋で飲んでいました。「会社を辞める。もう誰にも迷惑をかけて生きたくないんだ」と顔を引きつらせながら、いいました。

光は康太と会って、「私は信さんと生きていきたい。だから、婚約破棄させてください。ホントにごめんなさい」と頭を下げました。すると、「いいんだよ。謝る必要ない。光がそう決めたんなら、受け入れる。俺だって男だ~」とちょっと狂ったような目で見つめながら許しました。そして、縁切り神社に行って祈祷をしてもらいました。その姿を、後ろの林から蘭が見ていました。祈祷が終わって休んでると、「同じだね。みじめなもの同士だね」と蘭が話しかけてきました。「一度も愛してるって言ってくれなかった」と二人で慰めあいました。そこに、電話がかかってきて蘭が呼び出されました。康太は以前のことを思い出して、少しぶつかりますが、ふらつきもせずに立っていました。どうも、足が悪いのは演技のようです。そして悪魔のような笑みを浮かべた康太は、蘭のあとをつけていきました。

光は、会社に辞表を出します。武田玄と秀子にきついことを言われますが、「人を傷つけても正直に生きたいの」と言います。そして、全員が見ている前で、「もう、康太に何かするのやめて」と言いながら、秀子に土下座をして出ていきました。

蘭のあとをつけていた康太は、以前に見た男が蘭からお金をもらってるのを見ました。そして、その男をつけ始めました。

信は自分の家に戻って、病気のことを考えていました。そこに光が帰ってきました。光が会社で嫌なことを言われたと報告すると、「光、やっぱり俺たち・・」と信が言い始めます。すると、その先を言わせないように光がキスをしました。

「迷わないで。もう迷うのやめよう。それでも、私は信さんと一緒にいたい」

「そうか、そうだな・・・明日デートしないか?光と初めてデートした場所、覚えてる?」

その突拍子もない言葉に、光はちょっと不安を感じますが、「行きたい!行こ!楽しみ~」と飛び上がって喜びました。そんな光を後ろから抱きしめる信でした。

康太がつけていた男は、あるビルの地下にあるバーの中に入っていきました。康太も中に入っていき、蘭とどういう関係かを聞こうとします。が、「知りたきゃ、500万持ってきな」と言われます。康太は家に帰って美佐に頼みました。「光の為じゃなくて、おれの投資の為」だと嘘をつくと、喜んで出してきました。

翌日、光と信は、二人で歩きながら神社によっておみくじを引いた後、スケート場に行きました。滑ってる途中、「あのな、光、話さなきゃいけないことがあるんだ」と言いだしますが、信が突然背中を抑えて倒れてしまいました。信は救急車に乗せられて病院に運び込まれました。

康太は500万円を持ってバーに行きました。笑いながら「あいつとは、ただの友達だ。以上」と言って殴られながら追い出されました。「俺には何もないんだ。俺は光を奪い返したいだけなんだよ」と叫んでると、あらかじめ頼んでおいた礼美がきて、入り口から動画を撮りました。警察に出すと脅すと、「わかった。おれは、あいつにあることを頼まれた」と話しだしました。

夜、病室で信が目を覚ますと、ベッドの脇に光が座っていました。昼間、何を言いかけたのか聞くと、

「光、おれはお前とは一緒にいられない。おれはお前を幸せにすることはできない。おれは、ガンになった。もう治療はできない。あと3か月も生きられないかもしれないんだ。だから、おれはお前とは一緒にいられないんだ。ゴメンな」

と絞り出すよう言います。光は大粒の涙を流しながら、

「まだわからないよ。他の病院にいったら、別な治療法が、」

「ゴメンな。約束まもれなくて。だから、別れよう。会社にも戻れる、まだ間に合う。康太君と一緒になるんだ」

「信さんの病気が治らないなら、もうそんなに長く生きられないなら、いっしょにいよう。一緒にいようよ。信さんと一緒に行った、あの雪に囲まれたあの場所。あそこはさ、春になると桜が咲くんだよ。あの近くで暮らそう。寄り添っていたい。何もなくていいから。ずっといっしょ。信さんの思い出と、ずっと生きてく。それとさ、奇跡って結構おきるんだよ。だから、行こう」

信の目を見ながら、光は信の手をとって固く握りしめました。

数日後、信が退院の準備していると、蘭からメッセージが来ました。体外受精が成功したと書いてありました。同時に光にも康太から電話が来ました。外に行って電話をしたほうがと言われて、病室の外の階段まで歩いて行って康太の電話に出ました。

「今から会いたい、話をしたい」

「ごめんね。行けない、ごめん」

電話を切って病室に戻ると、信がいなくなっていました。半狂乱になって信のあとを追いかけました。

玄関を出た信は、「ごめんな、ごめんな光」と言いながら蘭に電話をしました。

「すまない。お腹の子供をしあわせにできない。俺は誰も幸せにできない。だから、おれは一人で消える」

電話を切った後、病院を後にしました。

蘭は急いでPCを開いて、信のGPSを追跡すると、信は空港に向かっていました。蘭は急いで康太に連絡をして空港に行って止めてくれと頼んで自分も向かいました。蘭に頼まれた康太は、信が空港に向かったことを光にLINEで教えて、自分も空港にむかいました。

康太の行動で、信と蘭と光が一斉に空港に向けて移動を始めました。空港に着くと、康太が一番初めに信を見つけました。その場所を光と蘭に連絡をしました。信の前に立ちふさがった3人は、一人では行かせないと言いだします。すると、康太が蘭を指さして「この人はね~、脚のことでうそをついている~。蘭さんの足は動くんだ~」と言って、狂ったように笑いだしました。それを聞いた蘭は、目を丸くして杖を床に打ち続けました。信と光も、そんな蘭を、何が起きてるのかわからないような目で見続けました。

(⇒ 最終回のあらすじ

「奪い愛、冬」6話の感想

おもしろかったですね。病室の信と光のシーンでは、涙が出てきてしまいました。やはり、最後まで一緒にいたいと思うのは当然ですよね。そして、お互いに相手のことを想って、すれ違ってしまうのは、とても悲しいことでした。

ただ、信も自分勝手な人だな~とチョット思いました。他の出演者の多くがとてつもなく自分勝手なので、信の言動が自分勝手に聞こえないんです。良く考えると、光が最後まで一緒に暮らしたいという気持ちを拒否して、自分の思った通りに行動してしまったんですから、自分勝手ですよね。そして、さらに悲しませるのは、逆のような気がします。このドラマの中で、一番、相手の気持ちを大事にしているのは、ダレノガレ明美さん演じる礼香のような気がします。

そして、ちょっと疑問なのが、康太と秀子の行動ですね。康太は光を取り戻したいわけですから、蘭を応援して信と二人で仲良くさせることが近道なんです。一方、秀子は康太と仲良くなりたいので、光と信をくっつけること、つまり、蘭と信を別れさせることに力を使わないといけないのですが、光にちょっかいを出してしまっています。逆のような気がするのですが、どう思われますか?ドラマ的には、光をいじめる秀子の方がおもしろいですし、水野美紀さんの影響で演技力も上がったような気がしますので、結果オーライのような気もします。

最終回は、大どんでん返しが待ってると予告されていましたので、どんなふうになるのか、今からとても楽しみです。

以上、「奪い愛、冬」の6話のあらすじや感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

⇒ ドラマ一覧にもどる
スポンサーリンク

 

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

follow us in feedly

本日のおすすめ情報

  1. おんな城主直虎のキャストや相関図。1話のあらすじと感想! おんな城主直虎
  2. ドラマ『ツバキ文具店』のキャストと相関図とあらすじ!多部未華子が鎌倉で代書屋に! ツバキ文具店
  3. NBAプレーオフ2017のトーナメント表と日程!放送予定と結果は? NBAプレーオフ2017
  4. 釣りバカ日誌2のキャストと相関図と1話のあらすじ!広瀬アリスがみちこさん! 釣りバカ日誌2
  5. ドラマ「4号警備」のキャストや1話のあらすじ(ネタバレ)と相関図!窪田正孝X北村一輝 4号警備
  6. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  7. ドラマ「貴族探偵」のキャストと相関図と1話のあらすじ!原作は麻耶雄嵩! 貴族探偵
  8. 「ボク、運命の人です」のキャストと相関図とあらすじ!亀と山Pが主題曲! ボク、運命の人です
  9. ドラマ「櫻子さんの足下には」のキャストと1話のあらすじ!ゲストは三倉茉奈 サクラ
  10. ドラマ「恋がヘタでも生きてます」のキャストや1話のあらすじや感想!漫画を実写化! 恋がヘタでも生きてます
スポンサーリンク

最新情報

  1. あなたのことはそれほど
  2. ACL(AFCチャンピオンズリーグ)
  3. CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  4. 貴族探偵
  5. あなたのことはそれほど
鍋
  1. レンタル救世主
  2. バイオハザード
  3. リバース
  4. スニッファー嗅覚捜査官
  5. バイオハザード
  6. バスケ
  7. 宣言
  8. 恵方巻き
  9. 砂の塔

多くの人に読まれている情報

  1. CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  2. はちみつ黒酢ダイエット
  3. 砂の塔
  4. メンター
  5. フランケンシュタインの恋
  6. お母さん、娘やめていいですか?
  7. ボク、運命の人です
  8. カレンダー
  9. パスタ
  10. お迎えデス。
PAGE TOP