屋根裏の恋人

「屋根裏の恋人」の2話のあらすじと感想!大友花恋の彼氏が!

屋根裏の恋人
LINEで送る
Pocket

ドラマ「屋根裏の恋人」の2話のあらすじや感想です。石田ひかりさんの元恋人が今井翼さんで、あることをきっかけに今井翼さんが屋根裏に住みつくという、愛と恐怖が渦巻きオトナの事情が錯綜するドロドロストーリーです!

スポンサーリンク

2話以外のあらすじ

「屋根裏の恋人」のキャスト

  • 西條衣香 石田ひかり
  • 西條誠 勝村政信、衣香の夫
  • 西條千鶴子 高畑淳子、誠の父親の後妻
  • 西條勇人 髙橋楓翔、長男
  • 西條帆花 大友花恋、長女
  • 瀬野樹 今井翼、衣香の昔の恋人
  • 菅沼杏子 三浦理恵子、衣香の友人
  • 和田祐一 松沢一之、刑事

「屋根裏の恋人」のこれまでのストーリー

衣香(石田ひかり)と誠(勝村政信)は子供たち二人を連れて、母親の千鶴子が住む豪華な洋館に引越ししてきました。引越し祝いのパーティのときに、衣香の18年前の恋人、樹(今井翼)がいきなり現れます。衣香以外に姿を見せずに、いつのまにか屋根裏に住み着いてしまいます。初めは、出て行けと言っていた衣香ですが、樹に抱きしめられて、ついキスをしてしまいました。そこに、刑事たちが現れて、過去に衣香を襲った男が遺体で発見されたと告げられます。しかも、その男の家には、衣香の写真の切り抜きがあったと言われますが、全く知らないと衣香は答えました。

「屋根裏の恋人」2話のあらすじ

ドラマ「屋根裏の恋人」は有料ですが、U-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

衣香(石田ひかり)は、屋根下に行って、警察がやってきたことを樹(今井翼)に話しました。衣香が井沢に襲われたことをしってるのは、井沢と自分たち二人だけで、井沢は亡くなったからもう大丈夫だと樹は言いました。

長女の帆花(大友花恋)が帰ってくると、ルージュを引いていて女っぽいと言われます。さらに、「パパの他に好きな人ができたとか。女がきれいになる時って、男がいるのよ」と指摘されてしまいます。

さらに、

「ママって不感症でしょ。恋にどれだけ情熱をかけられるかで人生って代わるのよ」

と大人のようなことをいわれてしまい、女としてひていされたかのようにショックを受けました。が、良き妻、良き母になるには、不感症くらいがちょうどいいと自分に言い聞かせました。すると、玄関のチャイムが鳴りました。出てみると、菅沼杏子(三浦理恵子)が若い彼氏とキスをしていました。杏子を中に入れると、千鶴子(高畑淳子)が保険会社に調べられてると聞きます。父親がお風呂で亡くなったのと、保険金3億円を一人で受け取るっていうのに引っ掛かってると言います。

さらに、千鶴子は再婚で、前の旦那とは年齢差が30歳で、病気で亡くなっているので遺産目当てだと言われてると教えてもらいます。そして、衣香がどうして樹と別れてすぐに誠(勝村政信)と結婚をしたのか理由を聞かれましたが、何も言いませんでした。杏子には、衣香が恋をしたのは樹だけだったといわれてしまいます。その会話を、樹は屋根裏から覗いて聞いていました。

衣香が杏子を送って玄関から帰ってくると、居間に樹が座って紅茶を飲んでいました。

「大丈夫。誰もいない。屋根裏の住人も、ときにはお茶が必要だ。あなたが恋をしたのは、樹君のときだけ」

「人のはなし、盗み聞きしないで」

「ゴメン。衣香、聞きたくないのか?18年前、おれがどうして約束の場所に行かなかったのか?」

「聞きたくないわ、そんなこと。あの時は、子どもだった」

「仕事、行ってくる」

樹は部屋を出て行きました。そこに、夫の誠から電話がかかってきました。家族で食事をしようという誘いでした。

その日の夜、4人で食事をしながら、衣香はみんなからプレゼントをもらいました。誠からは、これからは月一で出かけようと言われます。そのとき、帆花の携帯にメールが来ました。勉強をするといって、帆花は席を立って、彼氏の所に行ってしまいました。

家に帰ってくると、誠から、今度の人事で部長になると聞きます。コネはないけど圧倒的な結果を出すとなぜか張り切っていました。その夜、息子の勇人(髙橋楓翔)がキッチンに行くと、あやしい人影を見て絶叫しました。皆が駆けつけると誰もいませんでした。勇人は幽霊だと思ったようでした。

翌日、みんなを送り出した後、衣香は屋根裏に上がっていきました。

「わたし、あなたがここにいるの、たえられない。出てって」

18年前、樹を探さなかったのは、たしかなモノ、何があっても壊れない家族が欲しかったといいます。

「あなたの旦那は、あなたにさみしい想いをさせている」

「だとしても、あなたが消えた後、わたしのそばにいて20年近くを共に歩いてきてくれたのよ。わたし、家族を守るためだったら、ウソつきにだってなんだってなる」

「そんなに家族が大切なら、見なくちゃならないものがある」

そして、一枚のキャバクラの名刺を衣香の前に出しました。

 

その日の夜、その名刺の店に行くと、帆花がキャバ嬢で働いていました。連れて帰ろうとすると、拒否されてしまいました。家に帰って居間で落ち込んでると、樹がやってきます。樹は、帆花にはロックアーティストを目指している彼がいて、デビュー前の彼の生活を支えるために、放課後にあそこで働いてると言います。そこに、千鶴子がやってきます。

千鶴子は、誠に伝えてもらいたいと言います。それは、保険会社が来たら、父親の保険を受け取るのは問題ないと誠に言ってもらいたいということでした。どこが一番好きだったのか聞くと、「お金をたくさん持っていたところ」と千鶴子は言いました。そして、

「結婚って契約よ。自分が何を提供し、相手が何を与えてくれるのか、明確じゃないと破たんする。打算がない恋愛はあるかもしれないけど、打算がない結婚はあり得ないわ。お金や財産っていう安定の上に愛情は育つ」

そういうと、千鶴子は屋根裏の方を見ていました。

衣香が帆花のお店の前で出てくるのを待ってて、話をしました。結婚しようと言われてると言います。そして、一緒にいるだけで幸せで、本気で誰かを愛したことがない衣香にはわからないと言われてしまいます。

「結婚はしたかも知れないけど、パパを本当に好きだったのかなって思う。誰かを愛するって怖いことよ、自分より大事な人ができるんだから。でもママはそんなリスクとらない。誰かを愛して、傷ついたり傷つけられたりする覚悟がないの。パパがかわいそうだってずっと思ってた。ママは楽園で綺麗に咲く花。自分が傷つくのが怖くて、その安全な場所から決して出ようとしない。わたしは、不感症のママみたいになりたくないの」

そういうと、走って行ってしまいました。

家に帰って誠に相談しようとすると、筋トレしてる誠を見て話す気がなくなります。真っ暗な台所で、悩んでると、セロリをかじりながら樹が後ろに出てきました。どうしたらいいのかわからないというと、

「好きにさせればいい。おれは、好きな男にまっすぐに走る幸せ以上のものはないと思うけど」

「あの子、傷ついても愛する覚悟があるって言った。でも、笑っていてほしいの。母親として当然のことでしょ」

「傷つくことを恐れて逃げたあなたのように?」

「逃げたのは貴女でしょ?」

「しー。別れさせる?」

「出来るの?そんなこと」

「おれは、衣香の頼みなら何でもやる」

 

翌日、帆花から「助けて」という電話がありました。行ってみると、暴力を振るわれたようでした。家に連れ帰って手当てをしながら、「帆花のそばにいるからね」と慰めました。すると、何が起きたのか話しだしました。昨晩、彼は帰ってこなくて、朝方、知らない男から電話がかかってきて、ある場所で彼氏が待ってると言われました。そこに行ってみると、女と彼氏が出てきて、問い詰めると殴られました。

衣香は、帆花の顔を見ながら、心の中で思っていました。

「そこにいるのは、娘ではなく女だった。わたしがずっと軽蔑してきた、恋にまっしぐらな、浅はかでばかな女。絶対になりたくないと思っていた愚か者。だが、このとき、腕の中で震える小鳥のようなその女を抱きしめながら、祈っていたのだ。いつの日か、このばかな女が恋に向かってと敏達翼をもてるようにと。その勇気を失うことのないようにと」

衣香はシャワーを浴びて、屋根裏に行きました。そして、帆花のことを軽蔑しながら同じくらい嫉妬したといいます。帆花の中に、恋を追いかける浅はかでばかな女のもう一人の衣香を見たと言います。帆花がうらやましかったと言います。そして、

「あなたがいなくなってから、何にも情熱をもてなかった。18年間、心の奥底に閉じ込めた願いを、あの子は私に思い出させたの」

<わたしは浅ましい女になりたかったのだ。軽蔑しながら渇望していた。帆花がそのパンドラの箱を開けたのだ>

(⇒ 3話のあらすじ

スポンサーリンク

「屋根裏の恋人」の感想

おもしろかったですね。今井翼さんの役が、あまりにも人間離れしているのでもしかしたら亡くなってるのかもしれませんね。トイレやお風呂の心配もあるし、途中で「仕事行ってくる」と言っていたし、石田ひかりさん演じる衣香の妄想の中の人物なのかもしれません。そして、娘の帆花の件で、眠っていた女性の部分を揺さぶられて、おしこめていた思いが表に出てきたのではないかと思います。

そう考えると、これはどの家庭にも当てはまる話題なのではないかと感じました。結婚して15年もたつと、夫は妻に女の部分を求めないし、妻も子育てが忙しくてそこまで気が回らない家庭ってたくさんあるような気がします。そんな家庭の中でも、子供は育っていって、いつか親離れをしていきます。今回の帆花も、ちょうどその時期なのではないでしょうか。そう考えると、子育てが終わった夫婦が離婚するのが多いのもうなずけます。

では、結婚って何なのでしょうか?このドラマの場合、衣香が一番求めていたのは、「安定」でした。誠は「世間体」でしょうか、ちょっとまだわかりません。もちろん、一番初めは好きになったから結婚したんでしょうし、帆花が叫んでいたように、「一緒にいるだけで幸せだから」という気持ちもあったのかもしれません。千鶴子は「お金」だとはっきり言っていました。三浦理恵子さん演じる杏子は、結婚が束縛だと感じているから結婚していない様な気がします。そのように、人によって、結婚に求めるものが違ってくるのではないでしょうか。

その部分をしっかり話さないで、帆花のように「一緒にいるだけで幸せだから」という子供の様な気持ちだけで結婚してしまうと、あまり幸せになれないのかもしれません。好きという気持ちはホルモンに関係していて、3~5年もするとなくなってしまうと言われています。もしも結婚を考えられているのでしたら、その部分を考えてみることをお勧めします。

もう結婚されていたら・・・相手が何を求めているのか、よく観察しながらよく考えて、それを提供していくことが長続きする秘訣だと思います。衣香の場合は、立派な世間体を作り続けることですし、誠の場合は、衣香の女性の部分をしっかり受け止めるように変化していけば上手くいくような気がします。千鶴子は、相手は亡くなっていますが、保険金を手に入れられれば幸せになると思います。

このドラマは、一見するとサスペンスとかエロティックに見えますが、意外に本質的な事を表現したいのかな~と感じました。来週が楽しみです。

以上、ドラマ「屋根裏の恋人」の2話のあらすじ(ネタバレ)や感想などでした。

他にも面白いドラマがあります。

⇒ 警視庁いきもの係
⇒ ハロー張りネズミ

⇒ ドラマ一覧に戻る
スポンサーリンク

 

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

follow us in feedly

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ『過保護のカホコ』のキャストや相関図と1話のあらすじ!高畑充希と竹内涼真が! 過保護のカホコ
  2. ドラマ『僕たちがやりました』のキャストと相関図と1話のあらすじ!窪田正孝と永野芽郁が! 僕たちがやりました
  3. ドラマ『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』のキャストや相関図と1話のあらすじ! 悦ちゃん
  4. 『ウチの夫は仕事ができない』のキャストや相関図と1話のあらすじ!錦戸亮と松岡茉優! ウチの夫は仕事ができない
  5. 『脳にスマホが埋められた!』のキャストと相関図と1話のあらすじ!伊藤淳史と新川優愛が! 脳にスマホが埋められた!
  6. 台風3号(2017)の現在の最新予想進路!日本への接近の日時と上陸の可能性は? 台風3号(2017年)
  7. ドラマ『わにとかげぎす』のキャストや相関図と1話のあらすじ!有田哲平と本田翼が! わにとかげぎす
  8. ドラマ「ハロー張りネズミ」のキャストや相関図と1話のあらすじ!瑛太と深田恭子! ハロー張りネズミ
  9. 「コード・ブルー3」のキャストと相関図と1話のあらすじ!山下智久X新垣結衣 コード・ブルー3
  10. 「ごめん、愛してる」のキャストと相関図と1話のあらすじ!長瀬智也と吉岡里帆が! ごめん、愛してる
スポンサーリンク

最新情報

  1. コード・ブルー3
  2. コード・ブルー3
  3. カンナさーん!
  4. 僕たちがやりました
  5. 愛してたって、秘密はある
  1. 母になる
  2. 火花
  3. 子猫
  4. パン
  5. 花
  6. 旅行
  7. リオ五輪女子バスケ
  8. リテイク
  9. ウィーン

多くの人に読まれている情報

  1. 視覚探偵日暮旅人
  2. 歩きスマホ
  3. ネジ
  4. 過保護のカホコ
  5. 警視庁いきもの係
  6. リテイク
  7. お迎えデス。
  8. お迎えデス。
  9. 細菌
PAGE TOP