転職のやり方

40代の転職の現実はかなり厳しい!失敗しない転職先の見つけ方と転職エージェントの選び方

こんにちは、3回転職した後に50歳過ぎて起業した米山慎吾です。

転職しようと思っていても、40歳を過ぎるとなかなか勇気が出てこないものです。実際には、もう今の会社にはいたくない気持ちが大きいのですが、代謝した後に、はたして良い転職先が見つかるのか、生活はしていけるのかどうかとても不安になってると思います。

その反面、自分のスキルややりたいことができれば何とかなるんじゃないか?って思ってますよね。

大丈夫です。わたしもそう思いながら何も決めずに、42歳で退社してしまいました。仮に、あなたがいま退社したからと言ってすぐに命がなくなるわけでもなくて、生活することは何となりますよね。

ただ、いまのあなたのままだと、たとえ転職できても生活レベルはだんだん下がっていって、おそらく後から考えると「失敗したな~」と思うはずです。そこで、失敗しない転職先の見つけ方と転職エージェントの選び方を紹介していきます。

ちなみに、40代におすすめの転職エージェントは、DODAエージェントサービスですが、まだ登録しないでくださいね。まずは、下の記事を読んでみてください。

≫DODA公式サイトへ

40代の転職の現実

求人詐欺?

結論から言うと、40代の転職は厳しいです。

ドラマにもなっていますし、20代の求人はおおいけども30代、40代になるにしたがって募集してくる企業も少ないのはだれでもわかってることです。

実際にあなたが今いる会社でも、新たな人を募集するとなったら40代よりも20代を選ぶ℃思います。会社側としても、まだまだ年齢に応じた給料をださないといけないという考えがあって、いくらかでも安い給料で人を雇いたいという気持ちがあるはずです。

とはいえ、いまの会社を辞めたいと思ったまま定年まで行くのは厳しいですよね。1日でも早く辞めたいと思ってるわけですから、毎日が苦痛だと思います。そして、今まで20年近く働いてきたので、ある程度のことはわかるし同じ業界だったらなんとかなるとも思っているはずです。だって、今年の新卒といっしょに仕事をしたときに、前に同じような仕事をしてれば、絶対に負けるわけがないですからね。

そのために、多くのひとは、何も決めず、なにもかんがえずに会社を辞めて転職してしまいます。

その結果、ほとんどの人が失敗していしまいます。

うまく行くのは全体の3割だといわれています。残りの3割は給料がさがって失敗だと感じていて、あとの4割は、同じくらいですが、仕事内容から見ると、失敗したと感じてるひとが多いです。

給料だけではないと思いますが、全体の3割くらいしか良い転職だったとは思ってないはずです。

逆に、20代で転職した人たちは、おおむね「良かった」と答えてると、転職エージェントの大手DODAやリクナビで記事がありました。じつは、そこに転職が失敗してしまう原因があります。

40代の転職が失敗する理由

会社の辞め方

40代の転職が失敗する理由は、年齢、経験の差です。

何を今さら当たり前のことを・・・って思われたかもしれません。ですが、事実です。年齢によって転職しようとするときの考え方と企業が採用しようとする考え方がちがってるんです。

20代の人たちが転職しようとしたときには、転職する側としては、

  • はたらければ何でもいい
  • できればカンタンに、楽なところ
  • 給料も普通なら大丈夫

という感じでそれほどこだわりはないです。雇う側としても、

  • 体が動けばいい
  • 言うことをきいてくれれば大丈夫

という感じで、知識や経験はもちろん人格もほとんど気にせずに学歴や面接の印象くらいで採用します。つまり、身体が動いて命令を聞いてくれれば、知識や経験は後からプラスしていけばいいというスタンスになっています。

ところが、40代を考えてみると、すでにある程度の経験や知識があるとお互いに思っています。なので、転職しようと思ってる人の考えは、

  • 同じ業種ならできるはず
  • 得意なことをやりたい
  • 新卒よりも何倍も働ける
  • いまよりも多い給料が欲しい

と考えてるひとが多いです。実際に、新卒よりも成長のスピードは何倍も速いはやいはずです。10年以上仕事をしてきたのですから、一から始めてもどうやればいいのかは大体わかってるはずですから。さらには、自分のやりたいこともわかっているので建設的に意見を言えます。

ただ、問題は、自分の経験が邪魔をして相手の言うことを素直に聞けないので、ガンコとか、言うことを聞かないといったイメージが付いてしまうことがおおいです。

では、雇う側はどういう感じかというと、

  • ある程度のスキルは持ってるはず
  • 会社にたりない部分を補いたい

です。つまり、即戦力を求めています。ジグゾーパズルで言えば足りないピースです。

そもそも、人がたりないので雇おうと思ってる場合は、前任者が辞めてしまったときか、事業が拡大してるとき、事業を伸ばしたいので弱かった部分を補強したいときなどです。もっといえば、あなたを雇いたいのではなくて、あなたが持ってるスキルを雇いたいんです。たりないピースがほしいのに、あなたが同じようなピースだと雇ってはもらえません

ですから、海外では、用事がすめば解雇ということもおおいと聞きます。

つまり、20代は雇うほうと雇われるほうは大体考えが一致していますが、40代になると、一致しないことがおおいです。会社が求めるスキルをあなたが持っていたときには、転職が成功するということです。

なので、40代の転職が難しいとされてるんです。けっして、募集が少ないとか、40歳を過ぎてるからと言った表面的な理由じゃないんです。伸びてる会社は、求めるスキルを持った人がいればどんどん雇いたいと思ってるはずです。そこを見極めて、あなたから寄せていくことがたいせつになります。そのことをよく覚えておきましょう。

転職を考えて初めにすることは?

計画

では、雇うほう、雇われるほうの考え方がわかった時点で、どうすれば転職を成功することができるのでしょうか?

その前に、なにを持って成功だということを決めておきたいです。転職する場合に求めるものとしては、

  • お金
  • 居場所
  • やりがい

などがあります。その中であなたにとっていちばん大切なものは何でしょうか?それをまず考えておきましょう。

その上でアドバイスするとすれば、お金は初めは少ない方が良いと思います。なぜかというと、いきなり高給取りになってしまうと押しつぶされてしまうことがおおいからです。それは周囲の目、上司の目、自分の目が光ってるからです。「あとからきて、あんなに給料をもらっておいて・・」っていう感情はだれにでも起きます。

そんなささいなこと・・・と言われるかもしれませんが、それだけ新しい会社で成功するというのは難しいことです。少しでもマイナス要素をなくしておくことがたいせつになります。給料は、後からあげてもらえればいいです。

それよりも大切なことは、やりがいです。40代で転職する場合、多分最後の転職になると思います。つまり60歳くらいまでの20年間は同じ会社にいるか、途中で起業するしかないんです。それなのに、やりたくないこと、やりがいをもてない仕事を選んでもしかたがないです。

ですから、転職を考えるときには、まずやりがいをもてる会社があるかどうかを確かめましょう。やりがいをもてる会社に転職できた時に「成功したんだ!」とおもうことです。

そのためには、頭の中を一度ブレインダンプして、自分がやりたいことを見つけることです。ここでは詳しく書きませんが、今までのあなたの人生を紙に書きだして、なにがいちばん面白かったのか、なにがいちばんテンションが上がったのかをみつめなおすことです。その上で、どういう仕事をしていくのかを確かめてみましょう。

転職を成功するためには?

では、ここからが成功するためのコツです。3つあります。

  • まっさらな気持ちになる
  • 何ができるのかをたしかめて、スキルアップする
  • 何を求められてるのかを推測する

ひとつずつみていきます。

まっさらな気持ちになる

まず、いちばんたいせつなことは、まっさらな気持ちになることです。言い換えれば、新入社員と同じ気持ちになることです。新しい会社にも、あなたよりも年下は大勢いるはずです。でも、その会社にとっては1年生なので、年下の人も先輩だとおもいましょう。

それは、俳優や芸人などの芸能界といっしょです。子役から10年以上頑張ってる18歳の俳優さんは、始めたばかりの22歳の俳優にとっては大先輩だというのと同じです。ゼッタイに、年下だからと言ってバカにはしませんよね。もしもバカにしてたら、すぐに干されるか、そもそも俳優には向いてないひとです。

今いる会社の中で、係長、課長だからと言って、他の会社には通用しません。そもそも、システムは違うし、言葉や商品、仕事の進め方も違うはずです。それなのに、先輩風を吹かしてしまうひとは、だいたいは仕事ができないひとです。

一度入ったら、何か言いたいことがあっても我慢してその会社のことをすべてあなたのからだにインストールすることです。それが半年なのか1年かはわかりませんが、まずはインストールしましょう。それからが勝負です。たぶん、新卒で10年かかることがあなただったら1年で覚えてしまうので、あせらなくても大丈夫です。

全てを理解、インストール出来たら、あなたの今までの知識や経験を応用していけば、雇った人、上司の見る目が絶対に変わってきます。

あなたよりも年下の人が、どんなに変なこと、間違ったこと、回りくどいことをしていても、絶対に文句は言わないでおきましょう。その代りに、ノートなどに書いておいて、後日、その仕事が任されるようになったらあなた独自で変化をつけていけばいいですから。

わたしは、42歳で転職したときにその事を憶えました。入って2週間ほどのときに、「そんな面倒くさいことしないで、こうしたらいいんじゃない?」と言ったことがあります。 そのときには、その若いひとはうなずいてくれたんですが、そのあともやり方を変えず、裏で陰口をたたいてるのを聞いてしまったんです。
それ以降、わたしは何も言いませんでした。 そして、3ヵ月くらい経って仕事を任せられるようになって、独自に工夫したことをやりだして他の人よりも成果が上がってきました。
それから3か月後、入社してから半年で、飲み会の席で上司にぽろっと言ったことがきっかけで主任になって、その半年後に係長になりました。ちょうどまとめるひとがいなかったのも理由のひとつですが、自分勝手にそれまでの経験を生かして会社のシステムを変えずに、まずは会社の仕事をすべてインストールしたことが良かったんだと思います。そのなかには、人間関係も入っています。

ちょっと横道にそれますが、転職した会社では嫌な顔、つらい顔は一切やめておいた方が良いです。いつも仕事が楽しいという顔をしていましょう。そのうえで、とくに女性を味方につけることです。大体の会社では、男性社員から下に見られていますので、なるべく優しくしてあげると味方になってくれます。40代の転職は、仕事もそうですが、人間関係などバランスよく周囲に気持ちを配っていかないと成功するのは難しくなってきます。

何ができるのかをたしかめて、スキルアップする

転職する前に、あなたが何をできるのか、なにが得意なのかをたしかめて、さらにいまのうちに磨いておきましょう。転職してからやればいいとか、いまのスキルで十分だとおもってると足をすくわれます。

そもそも、40代を雇う側としては、即戦力になることが基本条件なんです。会社の中の一部分が弱いので、それを何とかしてくれる人を探してるわけです。その弱い部分を補強できるだけのスキルを持っていないと、雇ってはくれません。もっと言えば、経理がほしいのに営業マンは雇ってくれないということです。

しかも、会社には、普通にできる人は沢山いるはずです。経理が誰もいないということはないはずです。ある程度会社が回っていれば、それほど優秀な経理マンを高いお金を出して雇いかえることはしません。経理の中でも、難しい部分があってそれができる人が欲しいとか、営業だったら、法人営業をこれからしようとしてるので、法人営業を良く知ってるひとを欲しいとか、倉庫管理でも、発注や仕入管理などもできるエキスパートが欲しいという感じです。

もっと簡単に言えば、ゲームのドラクエで、戦士が4人のパーティの場合、一人をクビにして魔法使いを雇ったりしますよね。そのイメージです。

あなたにとって武器は何かということを確かめて、その武器をいまのうちに磨いておきましょう。面接のときには、それをアピールすることです。例えば、

「御社は、生産管理を募集されていますが、わたしなら倉庫内のレイアウト、在庫管理、仕入れ管理、発注などをトータルに見ることができます。そして、経費を5%削減することができると思っています」

っていう感じです。

何を求められてるのかを推測する

上でも少し触れましたが、相手の企業が何を求めてるのかをはっきりさせることです。それは、外側から見ながら推測することと、転職エージェントに聞くこと、面接のときに聞くことなどが考えられます。

例えば、あなたがある業界のあることをしたいと思っても、すでにそれをしている人がその会社の中にはいるはずです。その上で、その職種の募集をしてるのなら、なんらかの意図があるはずです。営業だったら、海外に販路を広げたいとか、経理だったらIT化を推し進めたいとかなどですね。

それは漫画「ワンピース」を例にとればわかりやすいです。ルフィは、たべることがすきなのでコックを探していましたが、ずっと雇うことはしませんでした。ところが、サンジとあってやとうことにしました。それまでにも美味しい料理を作ってくれたコックはいたはずです。その違いは、やはり戦えるコックだということです。もしも、初めからコックを連れていれば、そのコックを解雇してサンジを仲間に引き入れかも知れません。ルフィの頭の中には、「戦える」「コック」「仲間として信頼できる」この要素を満たすコックを探していたんだと思います。

その会社が何を求めてるのか、どういうスキルを必要としてるのかをはっきりさせることが転職を成功させるためのコツになってきます。あなたも、それをしっかり見極めて、あなたのスキルと合致する会社を探して転職活動をしていきましょう。

とはいえ、なかなかひとりで調べるのは難しいです。そんな時に便利なのが、転職エージェントです。

≫DODA公式サイトへ

失敗しない転職エージェントの選び方

転職エージェントとは、人を雇いたいという会社と転職したいというひとのマッチングサービスです。

ですから、どちらの情報もしっかり把握しておかないことには仕事にはなりません。その分、あなたに合った仕事を紹介してくれます。しかも、無料です。登録から入社まですべて無料で面倒を見てくれます。もちろん、面接の手配、履歴書の書き方といった細かい相談にも乗ってくれます。

スタバなどの喫茶店で、PCをあいだに会社の話をしてる男性二人を見たことがあると思います。ほとんどとは言いませんが、転職エージェントが相談に乗ってることがおおいです。今度注意して会話を聞いてみていてください。

なぜ無料なのかというと、ドラマ「ヘッドハンター」にもありましたが、転職先の企業から報奨金をもらうからです。ドラマでは年収の3分の1だといってました。ただ、だれでも良いという訳ではないです。企業の求める人材だということと、長く勤めてくれる人を見極めることがたいせつになってきます。なので、相手先の企業とあなたのスキル、経歴などをしっかりマッチングしてくれます。紹介してすぐにやめられてしまっては信用がさがってしまいますからね。

とはいえ、ヘッドハンターではないですから、あなたもしっかりとその転職エージェントに希望を言ったり、相手先の企業について情報をもらうことがたいせつになります。

それを考えると、一般的な転職サイトでは難しくなります。リクナビネクストに代表される転職サイトは、ハローワークみたいなものです。何万社ときてる企業の中から、あなたが希望してる職種の企業を紹介してくれるだけです。そのあとは全部自分でやらないといけませんし、情報は薄いです。

それに比べると転職エージェントは、担当がついて一人ひとり面談もしてくれますし、悩みにも相談に乗ってくれます。情報もたくさん聞くことができるということです。

では、どの転職エージェントがいいのか?というと、40代にとっては、DODAがいちばんいいです。40代の案件も多数持っていますし、課長、部長クラスの転職案件だけではないからです。この業界で有名なリクナビ、マイナビは、ほとんど20代、30代をメインにしていますので、40歳を超えてると、年齢を聞いただけで断られます。しかも、DODAの担当の人が業界一ていねいだと評判もあります。

もちろん、会社を辞める前に登録することができます。転職しようかどうか迷ってるときでも大丈夫です。何千人、何万人とみてきていますので、どんなケースにも対応できますので、おすすめです。

あなたが転職を考えてるのでしたら、まずは、無料で登録をしておきましょう。40代で一人で転職を成功させるのは絶体に無理です。しかも、間違った会社に入ってしまったらやり直しはききません。そのために必要なのは相手先企業の情報です。それをもらうためにはDODAのような転職エージェントが必ず必要になってきます。

登録するのはカンタンです。名前や生年月日、住所、学歴、今までの職種、希望の条件、メルアド、任意のパスワードなどのを入力して登録ボタンをクリックするだけです。女性から確認の電話がかかってきますので、答えるだけです。そのあとは、HPでやり取りできますし、実際に面談して細かいことを聞くことができます。

DODAへの登録は、あなたとあなたの家族の夢のような未来のための第一歩です。こちらをクリックして登録しておきましょう。

≫DODA公式サイトへ

以上、失敗しない転職先の見つけ方と転職エージェントの選び方でした。あなたにはほかにも読んでもらいたい記事があります。

LINEで送る
Pocket

米山 慎吾

米山 慎吾

投稿者の記事一覧

いつもコメントありがとうございます。ご感想や、お気づきの点ありましたら、下のコメント欄に書いていただけると、うれしいです。
【長野県出身。静岡大学理学部生物学を卒業。その後、出版社に勤務も、諸事情で帰郷。現在は、ジョギングと筋トレでモテマッチョを!】

40歳で人生を見直す

  1. 耳をすませば
  2. 大学の奨学金

疲れたときにおススメ

  1. ミスデビル
  2. バイプレイヤーズ
  3. ヒガンバナ
  4. 王様のレストラン
  5. 家政夫のミタゾノ2
  6. 101回目のプロポーズ
  7. 昼顔
  8. ナースのお仕事
  9. 正義のセ

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 恋のゴールドメダル
  2. スパイ
  3. Wー君と僕の世界ー
  4. 相続者たち
  5. 未来の選択
  6. 青い海の伝説
  7. ボイス~112の奇跡~
  8. ヴァンパイア探偵
  9. ショッピング王ルイ
スポンサーリンク

最新情報

  1. チアダン
  2. エターナル
  3. ブラックパンサー
  4. チアダン
コウノドリ2
  1. 砂の塔
  2. 明日の君がもっと好き
  3. 本屋大賞
  4. 韓国ドラマ
  5. サマーヌード
  6. この世界の片隅に
  7. ジャパネットたかた
  8. 東京喰種
  9. Bリーグ

多くの人に読まれている情報

  1. 隣の家族は青く見える
  2. 婚活
  3. さくらの親子丼
  4. ランニング
  5. リピート~運命を変える10か月~
  6. 結婚式
  7. ダイハード4.0
  8. セシルのもくろみ
  9. 99.9-刑事専門弁護士シーズン2
  10. 釣り
ビットフライヤー
PAGE TOP