99.9-刑事専門弁護士シーズン2

99.9-刑事専門弁護士シーズン2の6話のあらすじ(ネタバレ)。ゲストは竜雷太。

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士シーズン2」の6話のあらす(ネタバレ)です。舞子(木村文乃)の元に、大酉寿司店主・新井英之(竜雷太)が弁護依頼にやってきました。不動産屋・平田(三又又三)の殺害容疑で警察から事情聴取を受けているということです。 事件当日、新井が事件現場に出入りしていたことが、容疑をかけられた理由だったが、新井は否認しました。さっそく事件現場にやってきた深山(松本潤)と舞子は、煙草屋店主・飯田(ダンカン)から、事件当日、現場に出入りしていた人間が、新井以外にもう一人いたという話を聞きました。

スポンサーリンク

6話のあらすじ

舞子(木村文乃)は出勤前に弟の雄太が働いてる大酉寿司店にいって、そーっと外側から働いてるところを見ていました。ちょっとはなれたところから刑事達が雄太の事を見てるのにきがつきました。舞子は板長が出てくるのをみてすぐに法律事務所に出勤しました。

舞子が出勤すると、その大酉寿司店の店主の新井英之(竜雷太)がやってきました。ある事件で犯人だと警察に疑われてるので弁護してもらいたいということでした。弟の雄太のことは秘密にしてくれと言ってから、深山(松本潤)と二人で話を聞きました。

先日、ある事件の第一発見者になって犯人だと疑われてるということでした。その日、13:30に不動産屋の平田(三又又三)と会う約束氏をしていて、事務所に行ったところ、事務所中はぐちゃぐちゃにになっていて、トイレの中で平田が血を流してたおれていました。すぐに近所のタバコ屋に駆け込んで警察に電話をしてもらった問いことでした。平田は大酉寿司店のある場所の大家で、最近西海初が進んでいて立ち退いてくれと言われてるということで、警察はうらんでいたのでは?とうたがってるようでした。

深山と舞子は、そのタバコ屋に言ってまず話をしました。そのタバコ屋には超敏感なセンサーがありました。新井はたしかにお昼にやってきたということでした。時間は、新井が時計を指差したので13:28だったとおぼえていました。その前に12:30くらいに若い男が歩いていったと証言しました。

深山は明石(片桐仁)を読んで、センサーに引っかからないで通れるかを試しましたが、無理でした。次に新井の行動を検証させました。

事務所に帰ってきてその動画をみんなで見ながら検証しました。

すると、新井から電話がありました。TVのニュースでも、舞子の弟の雄太が犯人で捕まったと報道されていました。舞子と深山はすぐに警察に行って新井に話を聞きました。犯行時刻は12時から13時だとわかって新井の容疑はなれたのですが、店に警察がやってきた問いことでした。雄太は前歴があるのでアパートをなかなか借りれずに、新井が平田を紹介してあげたようです。

斑目法律事務所では、斑目所長(岸部一徳)がもし大事になりそうなら、舞子を解雇すると佐田(香川照之)二話をしていました。

警察では、舞子が刑事から状況を聞きました。確かに雄太は12:30くらいに平田のところに行ったということで、平田から、前科の窃盗のときの100万円もする腕時計をネタに脅されていたんじゃないかといわれました。その腕時計賀現場に落ちていたということでした。そして、ふたりで雄太に接見しました。雄太が現れますが、舞子ははずしてくれといいました。舞子は出て行きました。

深山はいつものように生い立ちから始まって事件の日のことを雄太に話を聞きました。

事件の日、平田に会いに言ったけど誰もいなくて、室内もあらされてなくて10分くらい待って帰ったということでした。さらに、2年前の事件もやっていなくて、謝れば罪が軽くなるからと舞子に言われて自白をしたということでした。

深山と舞子は2年前の事件の担当弁護士に会ってそのときの資料をかりてきました。

2年前の事件は、そのときに雄太が勤めていたすし店から500万円と100万円の腕時計を盗んだとされていました。防犯カメラには、雄太が帰ってから翌朝事務所が荒らされるまでの間、だれも移っておらず、雄太のカバンからコインロッカーのカギが出てきて、その中には500万円が隠されていたので、起訴されたということでした。法廷では、雄太の友人の大西が500万円を持ってるところを見たと証言して、示談が成立しました。

深山はそれを聞いて、事務所の中が異様にあらさられてるのと、大西の証言が怪しいといいました。そして、舞子が勝手に罪を認めて示談にさせてしまったといいました。舞子は大西に会いに行きましたが、しらねえ、わからねえとしか言いませんでした。

舞子が事務所に帰ってくると誰もいませんでした。そこにみんなが帰ってくると、「弟を助けてください」と頭を下げました。佐田は、雄太の今までの交友関係を洗っていたといって、府中刑務所にいる坂本に会いに行けと命じました。

深山と舞子が坂本に席巻しに行って、雄太が犯人として疑われてるというと、そんなことするわけじゃないと大声でいいました。坂本が雄太を大西に引き合わせたということでした。そして、大西が計画して坂本が強盗事件を起こして逮捕さされたときの裁判官がまいこでした。大西は坂本の罪を軽くさせろと雄太に言ったんですが、雄太は無視しました。坂本は3年の実刑をいいわたされました。その腹いせで、大西たちが雄太をわなにはめて窃盗事件の犯人にさせたと大西がその後に行っていたと坂本は言いました。

それを佐田に説明してると、斑目はこれから何をするかが大切だといってくれました。

 

深山と佐田が雄太に接見しに行きました。そして、途中で舞子に変わりました。雄太は一番信じてもらえなかった家族に信じてもらえなかった、できの悪い弟で割るいかったと謝りました。

そして、2年前の事件のときのすし店の糸村社長に会いにいって話を聞きましたが、もうわすれたということでした。次に第一発見者に話をききました。

事務所に帰ってきて当時の写真を検証し始めました。明け方、舞子がある写真の中に証拠をみつけました。さらに、佐田が、糸村社長のところは、事件の翌日に政務調査が入る要諦だったことがわかったといいました。

3人で再び糸村社長のところに行ってその話をすると、粉飾決算の証拠隠しをしたんじゃないのか?といいました。舞子は、明け方見つけた写真を見せました。そこには、折れ曲がったファックス用紙がうつっていました。時刻は23:07で、すでにあらさられたあとのようになみうっていました。舞子がこれは自作自演の証拠だといいます。さらに、腕時計が平田の事務所にあったということは、平田の命を奪ったのは糸村だと深山が断言しました。

すると、糸村はあせりはじめて、あの腕時計は新井に貸したものだといいました。それに、2年前の窃盗事件の真実を知られて脅されていたと白状しました。

事務所に戻った3人は、犯人は新井に間違いないけれども、どうやって犯行を行ったかを考えなきゃいけないといいました。

翌日、出社してきた明石が佐田の馬のフィギュアを壊してしまいます。その様子を見て犯行の手順におもいあたりました。

新井は、タバコ屋が開く前に平田に会いにいって命を奪ってといれにかくれました。その後雄太がきて帰った後に室内を荒らします。そのご、あたかもたった今来たような顔をしてタバコ屋にあらわれて時間を聞いた後、再び平田の事務所に行ってあわてて帰ってきて通報させたということでした。証拠は、11時前に新井の姿を見てるかもしれないパクチーまみれという移動カレー屋を探そうということになりました。事務所に帰って調べていると、パクチーすみれという名前でした。今日は日野市に出てるということで、会いに行って話しを聞きました。

事務所に帰ってきて新井を呼んで再び話を聞きました。パクチーすみれの事を聞くと、「大きな声で弁当を売っていた」と証言しました。それを聞いた深山は平田の命を奪ったのは新井だとわかったといいました。実は、警察がやってきて、11:30に撤収したということでした。つまり新井がとおったのは11:30前に違いないといいました。そしてそのことを認めないと子の証拠と推理を警察にもっていくとおどしました。新井はいきなり大声をあげて

「平田がいけないんだー!」

と叫んで机に頭をうちつけました。立ち退きを要求されて法外なお金を言われたということでした。それを聞くと、佐田がどうしてうちに依頼を持ってきたのかと聞くと、

「弟を一番信じていないのはあんただからだからな」

とわらいながらいいました。舞子はショックを受けました。そのあと、斑目に、「弁護士になれて本当に良かったです」とつたえました。

舞子と深山と佐田は雄太をむかえにいきました。佐田は雄太の就職先を世話していてくれました。そして、舞子は雄太に謝りました。雄太は、「ねえちゃん、ありがとな」といいました。舞子がすしを食べに行こうというと、「いや、いかない。俺が日本一うまいすしを食べさせてやるから、それまで待ってて」といいました。

深山と佐田が警察署から出てくると、雄太を見ていた刑事達が二人をにらみつけていました。

(⇒7話のあらすじ

見逃した動画を楽天TVで無料で見てみませんか?「99.9」「99.9シーズンⅡ」はどちらも楽天TVで配信中です!シーズン1はお得なまとめパックもあります。楽天カードや楽天TVのくわしい申し込み方法はコチラに書いておきましたのでクリックして読んでみてください。

≫楽天カードの申し込み方法はコチラをクリック!

各話のあらすじ

キャスト

  • 深山大翔 松本潤、刑事事件専門弁護士
  • 佐田篤弘 香川照之、刑事事件専門ルームの室長
  • 尾崎舞子 木村文乃、元弁護士
  • 丸川貴久 青木崇高、東京地方検察庁検察官
  • 明石達也 片桐仁、パラリーガル、深山を担当
  • 藤野宏樹 マギー、パラリーガル、元立花彩乃担当
  • 中塚美麗 馬場園梓、深山担当のパラリーガル
  • 落合陽平 馬場徹、企業法務ルーム弁護士
  • 佐田由紀子 映美くらら、篤弘の妻
  • 坂東健太 池田貴史、小料理屋「いとこんち」店主、深山のいとこで家主
  • 加奈子 岸井ゆきの、「いとこんち」の常連客、深山のファン
  • 戸川奈津子 渡辺真起子、佐田篤弘担当のパラリーガル
  • 志賀誠 藤本隆宏、企業法務ルーム室長
  • 深山大介 首藤康之、深山の父親
  • 大友修一 奥田瑛二、東京地方検察庁検事正
  • 川上憲一郎 笑福亭鶴瓶、東京地方裁判所所長代行、裁判官
  • 斑目春彦 岸部一徳、斑目法律事務所所長

以上、ドラマ「99.9-刑事専門弁護士シーズン2」の6話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 待機児童問題
  2. 未来を変える
  3. 耳をすませば




疲れたときにおススメ

  1. OURHOUSE
  2. ライアーゲーム
  3. 西郷どん
  4. ディアシスター
  5. 私を旅館に連れてって
  6. 海月姫
  7. ヒガンバナ
  8. ファイティングガール
  9. 霊能力者 小田霧響子の嘘
  10. コード・ブルー

40代におススメの韓流ドラマ

  1. ミッシングナイン-1
  2. 品位のある彼女
  3. ソロモンの偽証
  4. 麗
  5. 彼女はキレイだった
  6. Wー君と僕の世界ー
  7. 太陽の末裔
  8. オーマイゴッド
  9. 完璧な妻
  10. ピノキオ
スポンサーリンク

最新情報

  1. バルミューダ ザ・ゴハン
  2. 娼年
  3. 曇天に笑う
  4. ランペイジ
  5. oil
  1. 民衆の敵
  2. 下剋上受験
  3. ゼロ~一獲千金ゲーム
  4. お母さん、娘やめていいですか?
  5. サーモン
  6. 愛してたって、秘密はある
  7. 屋根裏の恋人
  8. ハロー張りネズミ
  9. 推理の女王

多くの人に読まれている情報

  1. 大掃除
  2. チアダン
  3. マラソン
  4. 西郷どん
  5. 突然ですが、明日結婚します
  6. リバース
  7. ケツメイシ
  8. おひとりさま
エステ・タイム
PAGE TOP