A LIFE~愛しき人~

「A LIFE~愛しき人~」の第3話のあらすじと感想!沖田が院長に?

「A LIFE~愛しき人~」の第3話のあらすじや感想などをまとめました。木村拓哉さん主演のドラマで、竹内結子さん、松山ケンイチさん、浅野忠信さんらが出演するドラマです。2話では早くも副院長の壮大が院長に牙をむきました。院長の逆襲が始まりそうです。

スポンサーリンク

3話以外のあらすじ

「A LIFE~愛しき人~」のキャスト

「A LIFE~愛しき人~」のキャストは、

  • 沖田一光(おきたかずあき) 木村拓哉
  • 壇上深冬(だんじょうみふゆ) 竹内結子
  • 井川颯太(いがわそうた) 松山ケンイチ
  • 柴田由紀(しばたゆき) 木村文乃
  • 榊原実梨(さかきばらみのり) 菜々緒
  • 壇上虎之助(だんじょうとらのすけ) 柄本明
  • 沖田一心(おきたいっしん) 田中泯
  • 真田孝行(さなだかたゆき) 小林隆
  • 羽村圭吾(はむらけいご) 及川光博
  • 壇上壮大(だんじょうまさお) 浅野忠信

「A LIFE~愛しき人~」の今までのストーリー

沖田一光(木村拓哉)は、駆け出しの医師のころ、無名私大の出身だったため、手術の機会をあまり得られませんでした。そこで檀上記念病院の院長だった壇上虎之助(柄本明)に勧められて、恋人の深冬(竹内結子)をおいてアメリカのシアトルに渡りました。10年間修業して、多くの経験を積んで、超一流の腕を持つ外科医になりました。

ある時、虎之助が心臓病で倒れて、虎之助依頼でシアトルから沖田が呼ばれます。一度目の手術は失敗したのですが、あきらめない沖田は、柴田由紀(木村文乃)の助けを借りて、なんとか虎之助の手術を成功させて命を助けました。

すると、深冬に脳腫瘍があることが壮大に告げられます。壮大は自分で切る訳に行かないので、手術を沖田に頼みました。沖田は虎之助の手術成功でシアトルに返ろうとしましたが、そのことで壮大にたのまれて残ることを決めました。ただ、深冬はまだそのことは知りません。中々言えないでいると、井川が手術ミスを起こしてしまいます。そこで、原因を特定した沖田が、難しい手術でしたが成功させました。手術ミスをしたことで、井川と院長に責任を撮らせようとした副院長の壮大に、院長から逆襲がありそうです。さて、どうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

「A LIFE~愛しき人~」第3話のあらすじ

虎之助院長の快気祝いの会が進んでいくと、院長と副院長の対立が浮かび上がってきました。副院長は経営のために小児科を切り捨てる意向なのですが、院長はそれに反対でした。家に帰っても、壮大は、「あれは本気かもな。沖田を次の院長にって」と言って部屋に閉じこもってしまいました。

翌日、深冬は沖田の部屋に行って、昨晩の事を話していました。そして、小児科医の指導医認定を目指していると沖田に話しました。井川颯太もやってきて、沖田が手術をするときに助手として立ち会いたいとお願いしました。その後、沖田は壮大の手術の助手になって、脳外科手術に立ち会って、深冬の手術の準備を始めました。

深冬の所に、腹痛を訴える女の子、ゆりかが受診してきます。小児外科治療学会の日本の権威の蒲生教授に心因性と診断されたんですが、母親が心配になって来院してきたようです。女の子のお腹には手術痕がありました。むかしジャングルジムから落ちたときに脾臓とすい臓を手術をしたようです。カンファレンスでは教授とちがう診断がでたら困ると言われます。沖田が泊まり込みで診ることになりました。

院長と副院長の所に、銀行がやってきます。院長は沖田の事を話しましたが、銀行側は副院長の経営手腕を高くかっていて、院長ではなくて、副院長に融資をしたと言われてしまいました。

夜中、ゆりかがお腹の痛みを訴えました。沖田と深冬は、おしっこをだしてしまった後、膀胱が縮んでいる時に腸ねん転が起きていると推測して、検査をしました。やはり、蒲生教授の手術による癒着が見つかります。

院長の所に、蒲生教授からクレームが入ります。深冬が呼ばれて蒲生教授に逆らうなと院長から脅されました。小児外科の指導医にはなれないということです。沖田にゆりかを他の病院を世話をするというと、「僕はこの病院をやめる」と言います。羽村がその話を聞いていて副院長に報告しに行くと、羽村の想いとは逆に、それは困ると言いました。副院長は沖田を呼びつけて、院長の胸の内をさっしてやれと説得しましたが、「断る」と言って出ていこうとします。副院長は、「俺は経営者なんだよ。お前にわからないものを背負ってるんだよ」と沖田に言いましたが、「悪い」と言って出て行ってしまいました。

沖田は蒲生教授の息がかからない小児科の病院を探していました。柴田もやってきて、「私も連れて行ってください」と言って、いっしょに調べ始めます。

翌日、副院長がやってきて、「病院をやめないでくれ。そして、腸ねん転の手術をしてくれ」と言われます。ただ、蒲生教授から守るために深冬には切らせないでくれと頼まれます。実は、前の日に、弁護士の榊原実梨から、「戦い方を変えましょう」といわれたんです。深冬にも、沖田を残すには、院長に内緒で手術をさせることが必要で、深冬の仕事もやめたらどうかと話しました。

手術の日、深冬も手術をさせてくれと沖田に頼みました。初めは、「今さら何なんだよ。院長にオペやめろって言われて見捨てたんだろ」といわれて断っていましたが、深冬の気持ちが分かって一緒に手術をしました。

副院長の所に院長から「何してる!」と、電話がかかってきました。深冬が手術をしていることが分かりました。院長は、手術室に乗り込みますが、腸ねん転だということを見せられて何も言えずに帰ってしまいました。院長は蒲生教授に連絡をして、蒲生教授のミスを認めさせて深冬のことを頼みました。

手術は無事に終わりました。沖田は副院長に呼び出されました。手術をモニターで見ていた副院長は沖田に問い詰めました。

「なぜ、深冬に切らせた?まだ好きなのか?」

(⇒ 4話のあらすじ

「A LIFE~愛しき人~」第3話の感想

視聴率の方はちょっと下がったようですが、今シーズンのドラマの先頭を走っています。良くも悪くも話題になってる証拠だと思います。ただ、ある程度はドラマの内容もわかってきて、ドラマのセールスポイントも判ってきたので、視聴率は減っていくと思います。今までは、どちらかというと、昨年のことが原因でどうなってしまうのか?と思ってみてる人もいたと思いますが、その人たちは、他のドラマに流れていくような気がします。とはいえ、今後の展開が楽しみです。

以上、ドラマ「A LIFE~愛しき人~」の第3話のあらすじや感想などでした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生の転機は40代
  2. 待機児童問題
  3. プロ野球




疲れたときにおススメ

  1. 彼氏をローンで買いました
  2. サマーヌード
  3. コンフィデンスマンJP
  4. 愛という名のもとに
  5. 王様のレストラン
  6. 顔
  7. 僕とスターの99日
  8. ナオミとカナコ
  9. 崖っぷちホテル

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 自己発光オフィス
  2. サム、マイウェイ
  3. 温かい一言
  4. 大王の夢~王たちの戦争
  5. いつも春の日
  6. ピノキオ
  7. 雲が描いた月明り
  8. キム課長とソ理事
  9. ああ、私の幽霊さま
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. 黄昏流星群
  3. 獣になれない私たち
  4. 獣になれない私たち
マンホール
  1. ニトリ
  2. 本
  3. シークレット・ガーデン
  4. 真夏の太陽
  5. 中学聖日記
  6. 起業
  7. わにとかげぎす
  8. マチ工場のオンナ
  9. 推理の女王

多くの人に読まれている情報

  1. もみ消して冬
  2. ヘッドハンター
  3. IQ246~華麗なる事件簿~
  4. ドラマ「海月姫」
  5. スイッチガール
  6. 突然ですが、明日結婚します
  7. サム、マイウェイ
auひかりバナー
PAGE TOP