愛してたって、秘密はある

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』の最終回のあらすじと感想!

愛してたって、秘密はある
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
アシガール最終回
先に生まれただけの僕最終回
オーファンブラック

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』の最終回のあらすじ(ネタバレ)と感想です。ついに自分がやったと爽に告白した黎は、トロフィーを送ったのが意外な人物だとわかります。さらに、自分の知らない誰かが自分の家にいることに気が付きました。


スポンサードリンク


ドラマ『愛してたって、秘密はある。』最終回のあらすじ

「愛してたって、秘密はある」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。U-NEXTはドラマ数が一番多いです。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。今までのストーリはコチラ⇒ストーリーまでジャンプ!

 

「ごめんなさい。パパのせいで、お母さん・・・」

「母さんじゃないよ。とうさん、おれがころした・・・あのときの感触、まだ残ってる。母さんといっしょに庭に埋めて、ないってことにして生きてきた」

検察庁の屋上で、黎(福士蒼汰)は爽(川口春奈)に告白しました。そして、

「爽のこと、ずっとだましてた。俺みたいなやつに謝る必要なんてないから」

そう言って爽に近づこうとすると、爽が後ずさりをしました。それを見た黎はショックを受けて何も言わずに帰っていきました。

<心のどこかで期待していた。彼女なら、僕の真実を受け入れてくれるんじゃないかと。どんなに暗い場所にいても、僕を照らしてくれるんじゃないかと。馬鹿みたいに期待していた>

と思いながら歩いていきました。

呆然として屋上にいた爽に母親の茜(岡江久美子)から電話がかかってきました。急いで病院にいくと、まだ手術中でした。暁人は、立花検事正がわざと風見をあおって刺させて罰を受けようとしたかもしれないとつぶやきました。

黎はそのまま警察に向かいましたが、目が覚めると家のベッドに寝ていました。すると玄関のチャイムが鳴って、一之瀬刑事(矢柴俊博)たちがやってきました。爽に凶器を送った人物がわかったと話しました。動画を観ると、晶子でした。一之瀬刑事は、庭を掘って凶器と遺骨を持ち去ったのは晶子かもしれないと話しました。

一之瀬刑事たちが帰って庭を見て考えてると、地検に入って赤い包みの写真をはさむのは無理だと気がつきました。それに、幸せになれといっていた晶子はなんだったのか、良くわからなくなりました。

黎は、香坂弁護士(山本未來)に晶子の弁護を依頼しました。そして、接見にたち合わせてくれとお願いしました。香坂弁護士は、「お父さんの日記のこと?」と聞きました。なぜ知ってるか、話を聞くと、ポストに入っていたので、読んでみたら爽が読んだほうがいいと思って爽に渡したということでした。香坂には、もう爽と会うことはないといいました。

病院では、立花検事正の目が覚めました。

 

翌日、黎が目を覚ますと、1階のリビングに、父親の日記のコピーがびりびり破かれて散乱していました。DVDが落ちていたので、デッキに入れて再生すると、だれかがコピーを破きながらばら撒いてる映像が映りました。その人物がカメラに近づいて顔を上げると。それは、黎の顔でした。その映像の黎はいつもの黎とはまったくちがって狂気的な笑顔で笑っていました。

爽が香坂弁護士事務所に行くと、黎が来て母親の弁護を頼んでいったと聞きます。香坂は、それが爽の弁護士修習の最期の課題だといって、

「立花さんは、この事件と向き合うべきなんじゃないかな」

と話しました。

自分が映ってた映像を見た黎は、<全部おれがやったのか>と思いながら、町をさまよっていました。

虎太郎が、黎が2日間休んでることを爽に連絡すると爽は、黎の家に行きました。鍵があいてたので入ってみると、真っ暗な中、黎がいました。心配で来たと爽がいうと、いきなり黎はキスしようとします。爽がそれを押しのけると、

「やっぱり、つきはなすんじゃん。爽ちゃんて最高だよね。ちゃんと誰かといっしょに生きていけるよ。なんていっときながら、黎のことを見捨てるんだもんね」

「黎のこと?」

「いまだって、あいつが自分の命を絶つんじゃないかと思ってやってきたんでしょ。そりゃ、じぶんのせいでそんなことしたら、後味悪いもんね」

「黎、どうしたの?」

「俺さ、だいっ嫌いなんだよね。お前のことも、お前の言うきれいごとも。偽善者」

そういうと、爽を家から押し出しました。

 

翌朝、暁人が立花検事正の病室に着替えを持ってきました。暁人が帰ろうとすると、「書いて良いぞ」といいます。確実に更迭されるというと、「それがお前の仕事だろ」といわれました。

香坂が事務所で晶子の接見の打ち合わせをしてると、爽も確かめたいことがあると言って同席させてくれと頼みました。

警察署の前で爽と香坂が待ってると黎がやってきました。黎は爽とあったことを覚えていませんでした。その前に話したいことがあると言って、母親ではなく自分が犯人だと黎は言いました。

3人で晶子と接見すると、黎は父親の日記を読んだと言います。すると、晶子は、「思い出したの?」と言い出しました。黎が問い詰めると、

「黎、一度読んでるのよ、あの日記」

といいかけますが、香坂と爽の顔を見てやめます。すると、黎が、父親に手をかけたのは黎だと二人とも知ってると話しました。そして、

「庭を掘り返したのって、俺なの?俺が掘り返して爽にトロフィー送ったの?やっぱりそうなんだ」

「今度は受け止められたのね。日記のことを覚えてないのは、あの子がその記憶を引き受けてるから。」

「あの子?」

「もう一人のあなたよ。黎と朔(さく)」

そして、晶子は話し始めました。

黎が大学に入ったころ、父親の日記を読んだんです。すると、黎は、「悪い人じゃなかった・・・」と言って倒れてしまいました。今まで、自分がしたことが正義だったと信じてバランスを保ってきたのに、それが崩れてしまって受け入れられなくなりました。すると、突然黎は立ち上がって、「バラの香がする」といいました。そして、晶子が「黎・・」と話しかけると、「あいつはねてるよ」と言って、笑いながら父親の悪口を言い始めました。次の日には、元に戻っていました。二重人格の朔が生まれた瞬間でした。

朔は、父親の事件を知ってる人のところにしか現れないようでしたが、爽との結婚の話が持ち上がると、どうにかしてつぶそうと話していたといいます。そして、朔にいわれるままに、花束やメール、警察への追放など、すべて晶子がやったと言いました。さらに、自主しようとした風見に日記を見せて立花検事正に向かわせたのも晶子でした。

そして、晶子は、黎の笑顔を二度と見れると思ってなかったから、爽にすごい感謝してるといって謝りました。

接見が終わると、黎は母親の弁護を引き続きお願いしますと香坂に言って、爽には「ごめん」とだけ言って、警察の中に歩いていきました。

 

その日の夜、虎太郎と爽はバーで飲んでいました。虎太郎に事件のことを話すと、黎の家の中に誰かいたぞといいました。爽が自分の気持ちも黎のこともわからなくなったというと、虎太郎は、黎が選んだ結婚指輪を握らせて、「黎の真実ってそれじゃないの?」と話しました。爽は、黎の家に急ぎました。

爽が家に入ると、朔になっていました。自首したはずだというと、「何で逮捕されなきゃいけないの?なんもわるいことしてないのに」と笑顔で言いました。爽は、110番通報して、彼氏に暴力を振るわれてると連絡しました。

すぐに警察がやってきました。暴れる朔をとりおさえると、爽が

「償うんでしょ!暗いところから抜け出すんでしょ!黎!」

と叫びました。すると、黎の人格が出てきておとなしくなりました。連れて行かれるときに、

「爽、ありがと」

と笑顔でいいました。

 

立花検事正の退院の日、爽がやってきて、検事じゃなくて弁護士になるといいました。

「わたしね、黎とお母さんがどうして遺体を庭に埋めなきゃいけなかったのか、ずっと考えていたんだけど、人の弱さを受け入れる社会じゃないからだって思った。だから、変える事にした。罪を償って人生を生きなおそうとする人の居場所になろうと思う」

「そんなことしたって、何にも変わりはしないよ。一度失敗したら、そこでおわりだ」

「終わりじゃないよ、人は人を許すことができるから。パパがしたこともいつかきっと許されるよ」

「ふっ、勝手にしろ」

 

香坂弁護士が晶子に接見すると、黎を追い詰めただけで、母親失格だと泣き出しました。香坂は自分にも息子がいて、何年もあわせてもらえないといいます。かつて育児放棄してしまい、そんな自分を変えたくて弁護士になったとはなしました。でも許してくれなくて、プレゼントの時計も受け取ってくれないといいます。でも、晶子は一生懸命やっただけだから、自分を許してもいいといいました。

黎が接見室に入ると、爽だけがいました。心配そうに見つめる爽に、

「もう大丈夫だから。ほっとしてるんだ。やっと償える。人生を行きなおせるかもしれないって。爽のおかげだよ。ほんとにありがとう。しあわせになれるよう、祈ってるから」

「まだ、嘘を重ねるつもり?」

「え?」

爽は黎が選んだ結婚指輪をネックレスにしていて、それを黎に見せました。<ずっとふたりで>と刻まれていました、

「100の嘘を重ねたって、これにはかなわないよ。罪を償ったら、こんどこそはめてね。そしたらいっしょに婚姻届出しに行こう。あのチャペルで式を挙げよう・・・」

「でも、おれ」

「いいよ、朔がいても。黎は黎だから。黎のこと全部好きだから」

「ずっと二人で。おれといっしょに生きてください」

「これからもずっと、しょばにいます」

そして、ガラス越しに指きりげんまんをしました。

黎が独房にもどされるとき、ふと立ち止まりました。

「バラの香がする」

(おわり)

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』最終回の感想

おもしろかったですね。ただ、ざんねんなのは、このあとの警察での取調べの、黎と朔の戦いは、HULUだけで配信されるそうです。予告だけみましたが、とても面白そうでした。無料期間があるようなのでうまく活用して見るのもイイかもしれません。⇒Hulu

とはいえ、チョットあざといですね。福士蒼汰酸の演技がとても魅力的ですごかったぶん、なんですぐに続編を出すのかな~?と感じました。

また、9話の予告で出し過ぎてしまったと思います。予告だけでほとんどわかってしまいました。謎解きの部分も、晶子がこれはわたしがやってあれは朔がやったと話して終りでしたし、とても駆け足でおわってしまいました。二重人格の部分ではちょっとあとだしじゃんけんっぽいまま終わってしまいました。脚本家の方も、二重人格や多重人格の映画やドラマを見てもっと勉強された方が良いのでは?と感じました。

恋愛の部分や、警察官がはいってきたときの川口春奈さんの演技とか、最高でした。「恋仲」の脚本家さんなので、その辺りはとてもよかったと感じました。

今回のドラマの中で、いちばん罪をかんじないといけないのは、遠藤憲一さん演じる立花検事正じゃないかと思います。上からの命令の仕事とはいえ、冤罪と知りながら違法の取り調べで、黎の父親を追い込んで行ったのがそもそもの始まりです。その結果、黎、爽、風見、晶子、晧介、虎太郎、果凜など、何人もの人生を狂わせてしまいました。もちろん、どんな人生を送るのかは本人の自由ですが、影響はあると思います。

これは、誰にでも起こりうることです。犯罪ということではなくて、人は誰かしらの影響をうけながら生きていきます。自分がしたことをひとのせいにするのではなくて、その結果を真正面からうけとめることがたいせつだとおもいました。黎と爽は、真正面から受け止めることで、将来の約束をしましたし、晶子も、香坂に言われてそのことにやっと気が付きました。

自分の人生なので、ひとに影響されても自分が選んでその道を歩いてると、いつも感じながら生きていきたいと思いました。

 


スポンサーリンク

ドラマ『愛してたって、秘密はある』のストーリー

奥森黎(れい、福士蒼汰)は、中三の夏、学校から帰ってくると、医師で父親の晧介(堀部圭亮)が母親の晶子(しょうこ、鈴木保奈美)をなぐっている所を見てしまいます。原因は、黄色いバラの花が気にくわないと言うことでした。黎は「止めて」と言っても殴り続ける晧介を見て、後ろから置物で頭を殴ってしまいます。晧介は、そのまま倒れて亡くなってしまいました。警察に連絡しようとした黎の手を止めて、庭に穴を掘って二人で晧介を埋めました。翌朝、二人で晧介の車を崖から落として失踪したと見せかけました。晶子は、

「母さんと黎をおいて失踪したの。罪はなかったことにすれば、罪じゃなくなるのよ」

と言い含めました。

11年後、黎は一橋大学を経て司法修習生になっていました。過去に犯した自らの罪の意識で、「罪にはそれぞれ理由がある」という信念を持つ黎は、犯罪者側に立つ弁護士を目指していました。大学のゼミで知り合った爽(さわ、川口春奈)は、天真爛漫で笑顔が素敵な女性でした。見た目も悪く、暗い感じの黎に、笑顔を取り戻してくれて、つき合うことになりました。

そんな爽は、黎に逆プロポーズしました。喜んだ黎は、OKしますが、過去の秘密は何も言えませんでした。黎が爽の家に挨拶に行くと、爽の父親は、なんと、「特捜の鬼」と呼ばれた立花検事正(遠藤憲一)でした。その場は取り調べのように進み何も言えませんでしたが、後日、何とか結婚の意思を伝えることができました。

一方、司法修習生として実際の取り調べをしていると、ひったくり犯を捕まえた人が、実は犯人だったということが分かりました。その人を担当して無実を証明した黎はショックを受けてしまいます。同時に、父親を庭に埋めたこと知ってるというメッセージが何者からか送られてきて、その場所に黄色いバラの花束が添えられていました。翌朝、埋めた場所は何者かに掘り返されていて、遺体はなく、黒い水が溜まっていました。黎は土を埋め戻しました。

何者かが爽の家に、黎の戸籍謄本を置いていきました。それを見た爽は嘘をついていたと思って黎とけんかをしてしまいます。黎のところには差出人不明のメールがきてました。黎が担当した事件で、本当のことを話したほうが言いと言って心を開かせます。しかし、犯罪者の家族になってもいいといた爽に、黎はまたしても嘘をついてしまいました。翌日、黎の父親の車のキーホルダーと「落し物」と書かれた紙が送られてきて、母親の晶子には、警察から父親の車が見つかったと言う連絡が入りました。

キーホルダーは、晶子の同僚の風見医師のもので、1週間前に盗まれたものでした。黎が一人で家にいると、再び何者かが家に侵入してきます。晶子が立花検事正と直接会って何かを話すと、家族の食事会が開かれました、そこで、黎が父親のことが嫌いだったと言う言葉を爽が偶然耳にします。最近、黎が嘘をつかれるのが多くなった爽は不安になります。病院では、晶子が何者かによって階段から突き落とされてしまいました。

晶子の入院中、黄色いバラが届きました。黎が調べると、1週間前にネットで注文があったことがわかります。突き落とした犯人の仕業でした。爽が花火大会で待ち合わせをしていると、何者かによって盗撮されて黎の携帯に送られてきました。あせった黎は花火大会の待ち合わせ場所に行きますが、爽は無事でした。黎は花火大会がいやだった理由を嘘をついて爽に話しました。爽の兄の暁人によって、爽のマンションに入って戸籍謄本を入れたのが、果凛だとわかりました。果凛にそのことを告げると、逆に、爽の昔の写真を見せて、そこに爽の秘密があると言われました。

爽の家に、奥森晧介名義でトロフィーと花火大会に盗まれた爽の髪飾りが送られてきました。黎に相談すると血相を変えますが、警察には何も言わないでくれといって持ち帰りました。果凛は、戸籍謄本は送られてきたと黎に言いました。黎はそうのために婚約指輪を買って、結婚式場を見に行きました。そこで、爽のすべてを受け入れると言って婚約指輪を取り出すと、その指輪は、晧介がはめていた指輪でした。とりあえず、その場はごまかしました。

黎が晶子とともに警察に呼ばれて帰ってくると、家の庭に通じる道に「立ち入り禁止」のテープが何者かによって無数に張られていました。さらに、風見医師から、晶子の結婚指輪を預かったのは風見医師だ聴いて家に借りて帰ってくると、今までの証拠が全部なくなっていました。黎が部屋の中をばら撒くと盗聴器が出てきました。

黎と爽がウェディングドレスを見た後に、風見医師に紹介しに行くと、爽が震え始めて、「あの人、犯人」と指差しました。風見医師は、自分の父親が贈賄の疑惑で逮捕されて、立花検事正に執拗な追及にあって体を壊してしまい、釈放されてすぐになくなってしまったことをうらんでいました。それで、爽を誘拐したのですが、首を絞める寸前で思いとどまって釈放したことを黎や爽たちに話をしました。

風見医師は、自首をするといっていましたが、ある電話が来て姿をくらませます。黎が風見医師の部屋に行くと、頭蓋骨と父親のトロフィー、黄色いバラが入った箱を見つけました。警察の鑑定の結果、晧介のものでした。風見は、誘拐と晧介の事件の犯人だとされてしまいます。黎は爽にすべてを話して自首するつもりでしたが、何も言えずませんでした。

「爽に全部話す」と書かれたメモを見つけた晶子は動揺して家中を探し回って、手の骨を見つけます。晧介の日記を燃やした後、警察に自分がやったと自首しました。現場検証されて、晶子は逮捕されました。香坂弁護士の計略によって、爽と黎は橘検事正と黎の父親の関係を知って自分たちに因縁があることがわかりました。そんなとき、立花検事正はかざみにさされてしまいました。

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』のキャスト

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』のキャストは、

  • 奥森黎 福士蒼汰
  • 奥森晶子 鈴木保奈美、黎の母親
  • 奥森晧介 堀部圭亮、黎の父親
  • 立花爽 川口春奈、黎の恋人
  • 立花弘晃 遠藤憲一、爽の父親、検事正
  • 立花茜 岡江久美子、爽の母親
  • 立花暁人 賀来賢人、爽の兄
  • 風見忠行 鈴木浩介、晶子の友人
  • 安達虎太郎 白洲迅、黎や爽の友人
  • 香坂いずみ 山本未來、弁護士
  • 山田隆也 柄本時生、香坂の部下
  • 浦西果凜 吉川愛、黎の元教え子
  • 一之瀬義男 矢柴俊博、刑事
  • 井上大吾 佐伯大地、刑事

最終回以外のあらすじ

以上、ドラマ「愛してたって、秘密はある。」の最終回のあらすじ(ネタバレ)感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

先に生まれただけの僕
民衆の敵

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
  2. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  3. CDTVクリスマス音楽祭2017の観覧方法と出演者のタイムスケジュール。アンケートでリクエスト! CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017
  4. ふたご座流星群は2017年12月14日!見頃の時間や方角と上手に見る方法は? 流星群
  5. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  6. 「刑事ゆがみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!弓神が犯人? 刑事ゆがみ
  7. 「ドクターX 2017」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想。 ドクターX
スポンサーリンク

最新情報

  1. オーファンブラック
  2. マチ工場のオンナ
  3. マチ工場のオンナ
  4. NBA2017-2018
  5. 眠れぬ真珠
ケツメイシ
  1. ツバキ文具店
  2. 監獄のお姫さま
  3. 就活家族
  4. 恋がヘタでも生きてます
  5. 花
  6. yoga
  7. ネジ
  8. 貴族探偵

多くの人に読まれている情報

  1. 結婚式
  2. 陸王
  3. 掃除
  4. アシガール
  5. 愛してたって、秘密はある
  6. コック警部
  7. うに丼
  8. 家政婦のミタゾノ
  9. アシガール
PAGE TOP