愛してたって、秘密はある

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』の7話のあらすじと感想!風見医師が犯人?

愛してたって、秘密はある
LINEで送る
Pocket

 今夜のドラマは?
明日の約束
監獄のお姫さま

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。家の前に立ち入り禁止のテープとか、今までの証拠がどこかに行ってしまったり、黎への嫌がらせは続いていました。黎が風見医師に爽を紹介すると、爽が震え始めて「あの人、犯人」と指差しました。


スポンサードリンク


ドラマ『愛してたって、秘密はある。』7話のあらすじ

「愛してたって、秘密はある」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。U-NEXTはドラマ数が一番多いです。。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。これまでのストーリーはコチラ⇒ストーリーまでジャンプ!

 

「犯人・・あの人、犯人」

爽(川口春奈)は風見医師(鈴木浩介)を見て、そうつぶやきながら倒れてしまいました。爽は入院しましたが、黎(福士蒼汰)はなにも聞きませんでした。そんな黎に、

「何も聞かないんだね」

と言いながら過去の話をしました。爽は、高校のとき、後ろから誰かに襲われて連れ去られてしまいました。怪我はほとんどなく釈放されたのですが、その時に見た犯人が、風見だったといいました。その話をドアの後ろで晶子(鈴木保奈美)がそっと聞いていました。

母親の茜(岡江久美子)が来て爽が退院して行った後、黎が風見医師にどういうことか聞こうとすると、「会議だから」と言って行ってしまいました。

家に帰ってきた茜は、夫の橘検事正(遠藤憲一)に、黎がお世話になってる人に挨拶にしに行って貧血で倒れたと連絡しました。その相手が風見医師だと聞いて、立花検事正は顔色が変わりました。茜は爽が元気になったことを見て帰って行きました。爽は、兄の暁人(賀来賢人)に話したいことがあるといって呼び出しました。暁人に、犯人は風見医師だと告げると、「警察につきだしてやる」と言って出て行こうとすると、爽は、警察に行ってもどうせ証拠不十分になるから、風見医師と話がしたいといいました。

黎が、夜中に起きて水を飲もうとすると、家に入ってくる物音がしました。ドアを開けると、いきなり手が出てきましたが、暁人でした。暁人は、風見医師のことを聴きにきたんです。逆に、黎はその事件のことを聞くと、爽がうらまれていたのではなくて、父親の立花検事正が恨まれていたための誘拐だったと言いました。結局犯人は見つからず、今年の9月3日で時効になるということでした。それまでに証拠を見つけて突き出すと言いました。

病院では、帰ろうとする風見医師に、晶子が「何があっても、私は味方ですから」と笑顔で話しました。

翌日、黎が机の上の書類を持って出かけようとすると、その中から、1枚の写真が落ちました。そこには赤い袋と、「お父さん、どーこだ?」という言葉が書かれていました。虎太郎に聞くと、「意味わかんないんだけど」としらばっくれました。黎は、虎太郎の後を尾行しました。すると、果凜(吉川愛)と会って一緒に歩き始めました。黎は二人の前に出て、「どいういうこと?」と聞きました。

黎は爽の高校生の写真を見せると、虎太郎は果凜を帰して、事情を説明しました。ただ、メールは知らないといいます。黎が課加害者にも事情があるといっていたことに対して、爽がかわいそうだと思ってしたことだと言いました。

「一番近くにいる人の痛みに気づかないで、犯罪者の気持ちばっか考えて、結局、お前は、誰かを傷つけることでしか誰も守れねえんだよ」

「けど、俺はそういうやり方しかできない」

「は?お前開き直ってるんじゃねえよ、最低だな、おまえ」

 

黎が家に帰ってくると、爽が家の前にいました。家の中に入れると、

「ごめん、爽の気持ちも知らないで、加害者の味方になりたいなんていい続けて。ごめん」

爽は、自分がおかしいんじゃないかと思ってたと言います。爽は、誘拐された後、風見医師の泣き声で目が覚めたんです。その泣き声は、心が切り裂かれたような声で、どんな気持ちで泣いてたんだろうって気になっていて、自分が誘拐されたのにそんな不に気にするのはおかしいんじゃないかと思ってたと言います。でも、「罪を犯してしまった人の気持ちに寄り添って理解したい」という大学のときの黎の発言を聞いて救われたような気がしたと言います。そして、

「黎はさ、人のよわさによりそえるひとだからさ。誰の味方にもなれる。みんなを守って幸せにできる人だよ」

と言って、カレーを作り始めました。

 

検察庁では、黎と虎太郎は、話もせずにギクシャクしていました。そこに、爽から電話がありました。

黎は、爽と暁人を連れて風見医師の部屋に行って10年前の事件のことを聞きました。暁人は、風見医師のアリバイを証言した人は頼まれてアリバイを作ったと証言したと言いました。爽は、「あの時、何で泣いていたんですか?」と聴くと、風見医師は、父親のことを話し始めました。

風見医師の父親は、立派な人でしたが、内部告発で贈賄罪で逮捕されたと言います。無罪を主張する父親に、担当検事の立花検事正は自白を強要したと言います。結局、300日拘留されて、出てきたときは、末期のすい臓がんで手遅れでした。風見医師は、

「父は、犯罪者のレッテルを張られたまま、亡くなった。立花にころされたんだ。くやしくて、くやしくて、くやしくて、理不尽に家族を奪われた苦しみを立花にも味わせてやりたかった」

そして、爽のくびをしめようとしましたが、土壇場で、この子は関係ないと思って泣き叫んだといいました。そして、爽の前に行って土下座をして、

「申し訳ありませんでした」

と謝りました。

暁人は、「見張っとけ。善人面してても、あいつは犯罪者だ」と黎に言い残して、爽と一緒に父親のところに行きました。

黎が風見医師のところに行くと、

「心配しなくていいよ。明日、自首するから」

といわれました。そして、黎の結婚相手が爽だと晶子から聞いて驚いたと言います。そして、一時、爽を尾行して驚かせてしまったかもしれないと謝りました。なぜ、爽が倒れたときに戻ってきたのかと聴くと、

「見捨てられないし、それに、黎君と晶子さんのそばにいたいんだ。亡くなった奥森先輩の代わりに」

とポロリと言ってしまいました。

「亡くなった?知ってるんですか?あのこと、全部風見先生なんですか?爽に気づかれないように。結婚をつぶそうとしたんですか?」

「何の話?ごめん、お父さん、帰ってくるかもしれないよね。全部話したら、楽になった。やっと息ができる。いつか、この日が来るんじゃないかと思ってた。この10年ずっと。隠しとおせるはずなかったんだよ」

 

暁人と爽は、家に戻って、立花検事正に風見医師の父親のことを聞きました。家族だったら信じるのは当たり前だと言う検事正に、

「家族にうらまれるやり方はどうか?といってるんだよ。爽に謝れ!」

と暁人は叫びました。すると、

「仕事しただけだ。俺は俺の仕事をしただけだ」

と検事正は答えました。それを聴いた暁人は殴りました。

「出てけ、二度と顔見せるな」

「言われなくてもそうするよ」

そういって、出て行きました。

茜は、時効になればよかったといいます。そして、「罰が当たったのかな?」とつぶやきました。

 

黎のうちでは、風見医師のことを晶子に話しました。晶子は、庭を掘り返したのは風見医師じゃないかと言い出します。黎が庭に立って考えてると、爽から電話がきます。知らない人だったとして、黎だったら、風見医師をどう弁護するかと聞かれました。黎は、本来は人を傷つける人じゃなくて、この10年間どんな思いで過ごしてきたかを訴えるといいます。

「どんな気持ちだったんだろう。あの日からずっと」

「きっと、後悔して、自分を責めて、心のそこでは思ってた。思ってたんじゃないかな。罪をつぐなって、できることなら許されたいって」

と、自分の気持ちをあわせてはなしました。

「ありがと、黎に相談してよかった」

 

風見医師が辞表を書いて病院を後にしようとすると、電話がかかってきました。

 

翌日、爽は、風見医師の弁護を香坂弁護士(山本未來)に頼みました。

「立花さん、被害者が加害者を許すって、口で言うほど簡単じゃないよ」

「きれいごとを言ってるのはわかってます。でも、許すほうと許されるほう、私、許すほうが幸せだと思うんです」

 

黎のところに、暁人から電話がかかってきました。風見医師に連絡がつかないと言うことでした。黎が風見意思の部屋に行くと、風見医師はいなくて、「お父さん、どーこだ?」の写真に写っていた赤い袋がありました。

警察にも、「お父さん、どーこだ?」の赤い袋が届いていました。あけると、「はずれ」と書かれた紙が入っていました。

黎が赤い袋を開けると、箱の中には、しゃれこうべとトロフィー、黄色いバラが入っていました。黎は、見た瞬間、腰を抜かしてしまいました。そこに暁人がやってきました。

(⇒8話のあらすじ

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』7話の感想

面白かったですね。結局、風見医師は、爽の誘拐事件の犯人だったというのが分かりました。それ以上のことは関わっていない感じですね。果凜も単純に虎太郎に使われていただけで、虎太郎も、メールはしていないと話していましたので、それが本当だったら、全体の黒幕ではないような気がします。そもそも検事になろうとしていて、犯罪者は何があっても許さないという立場をとってるので、黎が父親を殴って埋めたことを知っていたら、逮捕されるように持っていくと思います。逮捕されたら、結婚も破談になるので、その方が手っ取り早いと思います。

となると、あやしいのは、母親の晶子か、立花検事正でしょうか。この二人が不倫をしていて、黎の父親がじつは橘検事正だったとしたら、結婚式を認めないのもわかるし、黎が逮捕されるのもまずいと思う様な気がします。立花検事正は、不倫がばれたら当然失職しますし、晶子にしたら、ずっと隠し通せば何とかなると思ってるので、黎へ嫌がらせをして、自ら結婚をあきらめさせるという気持ちはわかります。

今回、骨が出てきたことで、おそらく黎の父親の晧介 が生きていたっていうのはなくなりました。イチバンあやしかった風見医師も誰かからの電話で消えました。もうあまり犯人らしき人物がいなくなってきてしまいました。院長、立花検事正、茜、晶子、虎太郎の中では、やはり晶子か立花検事正のような気がします。

 


スポンサーリンク

ドラマ『愛してたって、秘密はある』のストーリー

奥森黎(れい、福士蒼汰)は、中三の夏、学校から帰ってくると、医師で父親の晧介(堀部圭亮)が母親の晶子(しょうこ、鈴木保奈美)をなぐっている所を見てしまいます。原因は、黄色いバラの花が気にくわないと言うことでした。黎は「止めて」と言っても殴り続ける晧介を見て、後ろから置物で頭を殴ってしまいます。晧介は、そのまま倒れて亡くなってしまいました。警察に連絡しようとした黎の手を止めて、庭に穴を掘って二人で晧介を埋めました。翌朝、二人で晧介の車を崖から落として失踪したと見せかけました。晶子は、

「母さんと黎をおいて失踪したの。罪はなかったことにすれば、罪じゃなくなるのよ」

と言い含めました。

11年後、黎は一橋大学を経て司法修習生になっていました。過去に犯した自らの罪の意識で、「罪にはそれぞれ理由がある」という信念を持つ黎は、犯罪者側に立つ弁護士を目指していました。大学のゼミで知り合った爽(さわ、川口春奈)は、天真爛漫で笑顔が素敵な女性でした。見た目も悪く、暗い感じの黎に、笑顔を取り戻してくれて、つき合うことになりました。

そんな爽は、黎に逆プロポーズしました。喜んだ黎は、OKしますが、過去の秘密は何も言えませんでした。黎が爽の家に挨拶に行くと、爽の父親は、なんと、「特捜の鬼」と呼ばれた立花検事正(遠藤憲一)でした。その場は取り調べのように進み何も言えませんでしたが、後日、何とか結婚の意思を伝えることができました。

一方、司法修習生として実際の取り調べをしていると、ひったくり犯を捕まえた人が、実は犯人だったということが分かりました。その人を担当して無実を証明した黎はショックを受けてしまいます。同時に、父親を庭に埋めたこと知ってるというメッセージが何者からか送られてきて、その場所に黄色いバラの花束が添えられていました。翌朝、埋めた場所は何者かに掘り返されていて、遺体はなく、黒い水が溜まっていました。黎は土を埋め戻しました。

何者かが爽の家に、黎の戸籍謄本を置いていきました。それを見た爽は嘘をついていたと思って黎とけんかをしてしまいます。黎のところには差出人不明のメールがきてました。黎が担当した事件で、本当のことを話したほうが言いと言って心を開かせます。しかし、犯罪者の家族になってもいいといた爽に、黎はまたしても嘘をついてしまいました。翌日、黎の父親の車のキーホルダーと「落し物」と書かれた紙が送られてきて、母親の晶子には、警察から父親の車が見つかったと言う連絡が入りました。

キーホルダーは、晶子の同僚の風見医師のもので、1週間前に盗まれたものでした。黎が一人で家にいると、再び何者かが家に侵入してきます。晶子が立花検事正と直接会って何かを話すと、家族の食事会が開かれました、そこで、黎が父親のことが嫌いだったと言う言葉を爽が偶然耳にします。最近、黎が嘘をつかれるのが多くなった爽は不安になります。病院では、晶子が何者かによって階段から突き落とされてしまいました。

晶子の入院中、黄色いバラが届きました。黎が調べると、1週間前にネットで注文があったことがわかります。突き落とした犯人の仕業でした。爽が花火大会で待ち合わせをしていると、何者かによって盗撮されて黎の携帯に送られてきました。あせった黎は花火大会の待ち合わせ場所に行きますが、爽は無事でした。黎は花火大会がいやだった理由を嘘をついて爽に話しました。爽の兄の暁人によって、爽のマンションに入って戸籍謄本を入れたのが、果凛だとわかりました。果凛にそのことを告げると、逆に、爽の昔の写真を見せて、そこに爽の秘密があると言われました。

爽の家に、奥森晧介名義でトロフィーと花火大会に盗まれた爽の髪飾りが送られてきました。黎に相談すると血相を変えますが、警察には何も言わないでくれといって持ち帰りました。果凛は、戸籍謄本は送られてきたと黎に言いました。黎はそうのために婚約指輪を買って、結婚式場を見に行きました。そこで、爽のすべてを受け入れると言って婚約指輪を取り出すと、その指輪は、晧介がはめていた指輪でした。とりあえず、そのばはごまかしました。

黎が晶子とともに警察に呼ばれて帰ってくると、家の庭に通じる道に「立ち入り禁止」のテープが何者かによって無数に張られていました。さらに、風見医師から、晶子の結婚指輪を預かったのは風見医師だ聴いて家に借りて帰ってくると、今までの証拠が全部なくなっていました。黎が部屋の中をばら撒くと盗聴器が出てきました。

黎と爽がウェディングドレスを見た後に、風見医師に紹介しに行くと、爽が震え始めて、「あの人、犯人」とつぶやきました。

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』のキャスト

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』のキャストは、

  • 奥森黎 福士蒼汰
  • 奥森晶子 鈴木保奈美、黎の母親
  • 奥森晧介 堀部圭亮、黎の父親
  • 立花爽 川口春奈、黎の恋人
  • 立花弘晃 遠藤憲一、爽の父親、検事正
  • 立花茜 岡江久美子、爽の母親
  • 立花暁人 賀来賢人、爽の兄
  • 風見忠行 鈴木浩介、晶子の友人
  • 安達虎太郎 白洲迅、黎や爽の友人
  • 香坂いずみ 山本未來、弁護士
  • 山田隆也 柄本時生、香坂の部下
  • 浦西果凜 吉川愛、黎の元教え子
  • 一之瀬義男 矢柴俊博、刑事
  • 井上大吾 佐伯大地、刑事

7話以外のあらすじ

以上、ドラマ「愛してたって、秘密はある。」の7話のあらすじ(ネタバレ)感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

先に生まれただけの僕
ぼくは麻理のなか

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ「今からあなたを脅迫します」のキャストや1話のあらすじと感想!ディーン・フジオカと武井咲のW主演! 今からあなたを脅迫します
  2. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじと感想。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  3. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストとあらすじと感想!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  4. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  5. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  6. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  7. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  8. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  9. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  10. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. ユニバーサル広告社
  3. プロ野球
  4. 明日の約束
  5. 今からあなたを脅迫します
明太子ふくや
  1. 釣りバカ日誌2
  2. ヒット商品番付
  3. うに丼
  4. 過保護のカホコ
  5. マグロ
  6. ドクターX
  7. みをつくし料理帖
  8. ボク、運命の人です

多くの人に読まれている情報

  1. ボードゲーム
  2. リテイク
  3. CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  4. 今からあなたを脅迫します
  5. フランケンシュタインの恋
  6. 就活家族
  7. リオ五輪女子バスケ
  8. 紅白歌合戦
  9. 僕たちがやりました
  10. 小さな巨人
PAGE TOP