愛してたって、秘密はある

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』の9話のあらすじと感想!晶子が自首?

愛してたって、秘密はある
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
アシガール最終回
先に生まれただけの僕最終回
オーファンブラック

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。晶子は自分が犯人だと警察に自首しました。黎を守るためだという言葉に、葛藤しながらもそれを受け入れる黎でした。


スポンサードリンク


『愛してたって、秘密はある。』9話のあらすじ

「愛してたって、秘密はある」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。U-NEXTはドラマ数が一番多いです。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。今までのストーリーはコチラ⇒ストーリーまでジャンプ!

 

晶子(鈴木保奈美)が、11年前に奥森(堀部圭亮)の命を奪ったのは自分だと自首しました。晶子は取調べで夫の暴力に耐えかねていて、その日の暴力はとくに激しく、気がついたらトロフィーをもっていたと供述します。すべて一人でやったと話しました。そして、2ヶ月前に掘り起こされたことや、手の骨が贈られてきて、もう逃げられないと思って自首したといいました。

黎(福士蒼汰)が家に帰ってくると、晶子が一之瀬刑事(矢柴俊博)たちに連れられて帰ってきました。自分でやったというだけでは逮捕できないということでした。明日から、裏付けのための捜査が自宅で行われることになったと話しました。そして、あの日からこうすると決めていたというと、黎は自分がやったと言ってくると玄関に行くと、晶子は止めました。

「黎の人生を守れて母さん幸せ」

というと、黎は泣きそうな顔になりました。

翌日から、現場検証が始まりました。警察の事情聴取では晶子に合わせて嘘をつきました。トロフィーが爽のところに贈られてきたことも話しました。

黎が検察庁に入庁すると、立花検事正(遠藤憲一)が屋上に連れて行って話をしました。黎は晶子が父親の事件の犯人だったと話します。それを聞いた立花検事正は、

「爽と別れろ。あいつを犯人の家族にするきか」

「別れるしかないと思ってます」

「わかってるならいい」

と言って歩いていきました。

その日の夜、黎は爽の部屋に行くと、爽から婚姻届をだされます。それを見た黎は、

「爽、別れよう。おれたち」

「え、どうして」

「おれ、ずっとうそついてた。しってたんだ。とうさんがころされたって」

「え?」

「とうさん・・・かあさんがころしたんだ」

「うそ、うそだよね」

黎は、「ごめん、いままでありがとう」と言い残して爽の部屋を出て行きました。黎は途中の道で号泣しました。

 

翌朝、一之瀬刑事たちがやってきて晶子が逮捕されました。その件がニュースで大々的に流されて、爽や虎太郎(白洲迅)、風見(鈴木浩介)も知りました。爽は黎に電話をしましたが出ませんでした。パラリーガルの山田隆也(柄本時生)が、犯罪者が家族にいると検事に採用されないので黎の優しさなんじゃないかというと、

「それでもそばにいるって決めたんで。こんなことで揺らぐような中途半端な覚悟じゃないんです」

と話しました。

黎が家にいると、玄関チャイムがなりました。マスコミの取材でした。そこに、虎太郎がやってきて、取材陣を追い払いました。虎太郎を家の中に入れて感謝すると、確かめたいことがあると言います。それは、母親が犯人だということを知っていたかということでした。知っていたのなら、犯罪者側にたつ弁護士になろうとしてることも納得できるといいました。そして、前に言った言葉で傷つけてごめんと謝りました。

黎は、爽と別れたと虎太郎に話しました。虎太郎は指輪を出そうとしましたがやめて、明日は検察庁に来いよと言って帰っていきました。

虎太郎は、その夜、果凜(吉川愛)と会いました。果凜は黎に好かれないなら嫌われたほうがいいといいます。そして、自分に戸籍謄本と虎太郎に指輪を贈ってきた人も同じ気持ちかもしれないといいました。虎太郎は黎を恨んでる人だと思うといいます。

香坂弁護士事務所では依頼人と香坂いずみ(山本未來)が話をしていました。依頼人が香坂の腕につけてる男物の腕時計をのことを聞くと、

「むかし、男にプレゼントしようとしたやつなんですけど、いろいろあって渡せなくて。そのときの気持ちを忘れないように。許しちゃいけない罪ってあると思うんですよね」

依頼人が帰った後、香坂は、晶子が燃やした日記のコピーを封筒の中に入れて、爽の机の上においていました。

黎のうちでは、事件の夜に流れていたクラッシックを流して、黎が気持ち良さそうに識者のまねをしていました。

 

翌日、香坂法律事務所に爽がきて、机の上の封筒を見つけました。爽はそれを全部読んで検察庁にやってきました。黎はいなかったので虎太郎に渡してくれとその封筒を渡しました。そして、「パパとはじめに話さないといけないから」と言って、立花検事正の部屋に行きました。

立花検事正の前に立つと、

「パパが黎との結婚を反対する理由、やっとわかった。読んだの。黎のお父さんの日記」

そして、全部話してくれと頼みました。

立花検事正は、その当時前園代議士(そのまんま東)を逮捕するのが最重要課題だったと話し始めます。風見の父親だけでなく、黎の父親も取調べをしたといいます。立花検事正は調書を捏造して黎の父親に、署名を強要しました。そして、そのころから晶子に手を上げるようになったんです。立花検事正は自分の取調べから逃げたんだと思っていました。爽が黎を連れて生きたときにはびっくりして、黎のことを調べさせたといいます。さらに、晶子から呼び出されて、子供たちは何も知らないから、そのまま秘密にしておこうと持ちかけられたと話しました。

でも、黎は父親の復讐のために爽に近づいたのではないかと疑っていたんです。爽は、父親が無謀な取調べをしたせいで、みんなが不幸になったと涙を流しながらなじりました。

「検事として歩いてきた道に後悔はない。でも父親としては、もっと別な姿をお前たちに見せたかった」

と、立花検事正は話しました。

黎が部屋に戻ってくると、虎太郎から爽の封筒を渡され、屋上に言ってそれを読みました。最期に、

「こんなはずじゃなかった。もし、過去に戻れるなら違うやり方を選べるのに。晶子、黎、許してくれ」

とかかれていました。黎は読みながら涙を流しました。今まで父親のことを悪い人間だと思っていましたが、実は、追い詰められて罪に手を染めてしまったひとりの弱い人間だったとわかりました。

 

警察では、トロフィーを送った人物の画像が手に入りました。それを見た一之瀬刑事は驚きました。

立花検事正が家に帰ると、風見がナイフをもって待っていました。取調べのことを聞くと、

「どっちでも良かった。黒でも白でも」

それを聞いた風見は、叫びながら突進してきました。そこに、暁人が飛び出て守ろうとしましたが、逆に、立花検事正が盾になって風見に刺されてしまいました。暁人が救急車を呼ぼうとすると、その手を立花検事正が止めて、笑顔になりました。

 

検察庁では、黎が屋上でうずくまっていました。爽はその横にいって、「ごめんなさい」とあやまりました。

「むかし、香坂先生が言ってたこと覚えてる?百の嘘もひとつの真実には叶わないって」

<もいそうだったとしても、1000でも2000でも重ねるつもりだった。だけど>

「やっぱり無理だった。母さんじゃないよ。おれなんだ。とうさん、おれがころした・・・」

(⇒最終回のあらすじ)

『愛してたって、秘密はある。』9話の感想

おもしろかったですね。やはり二重人格がでてくるようです。ということは、父親を掘り返したのは、もう一人の黎ということでしょうか。だとすると、頭と手以外はどこに隠してあるのかちょっと不思議です。さらには、黄色いバラが結構重要ポイントですが、それを知ってるのは、香坂弁護士と晶子と風見だけですが、ちょっと疑問です。

来週は最終回なので、どんな落ちをつけてくれるのか、とても楽しみです。

このドラマは、初めは愛する人の罪をどれだけ許せるかがテーマになってると思いましたが、ミステリーの方がちょっとてんやわんやで、多くの人がそっちに気をとられているようです。言ってみれば、あとだしじゃんけんとかあとづけの証拠みたいな感じで、本来のテーマがかすんでしまってるように思います。

予告を見ると、罪を告白した黎を、爽は初めはゆるせずに拒否するようです。弁護士事務所では、全部受け入れると言っておきながら、人の命を奪ったということを聞いたとたん、拒否するっていうのは、当然のような気がします。それは、自分が想定した以上のことが起こった場合に、それを否定するという普通の行動です。

よく、「世界中を敵に回しても君を愛する」というセリフがあってかんどうするひともいますが、もしもそんな状況に本当になったら、絶対に逃げ出すのではないでしょうか。それは、そんなことは起きないと考えてるからです。

それは、「何でも買ってあげるよ」と言ったら、1億円の指輪を買ってくれと言われたときと同じです。

そういうものを拒否してしまうと、二人の関係は間違いなく壊れます。お互いの思ってることが違う訳ですので、おたがいに不信感が出てきてしまうからです。

なので、何かを決めるときには、どの部分まで認めてあげるかを自分の中で考えておくことがたいせつだと思います。

例えば、爽だったら、「全部受け入れる」の全部って何?と考えておくことです。「世界中の敵」は、なんにんくらいなのか、「何でも」はいくらくらいまでなのかを考えておくことで、二人の関係はスムーズに行けると思います。

その上で、「相手の罪を許す」とはどこまでなのかを、せっかくなので考えておくのもいいともいます。それを考えた上で、相手のことを包み込んであげることが優しさだと思います。認められる半分くらいを超えたら、黄色マークがでたりとか、8割を超えたら赤いマークが出るようなイメージで小出しにします。そうすることで、相手もどこまでだったら大丈夫かを手探りで感じることができるので、おたがいを思いやりながら暮らしていけると思います。

風見医師は、最後に立花検事正を刺してしまったのですが、父親のことが、相手のことを許せる範囲を超えていたんだと思います。とはいえなんでいまさら?と思いますが、その答えも来週はっきりさせてくれることを願っています。

 


スポンサーリンク

ドラマ『愛してたって、秘密はある』のストーリー

奥森黎(れい、福士蒼汰)は、中三の夏、学校から帰ってくると、医師で父親の晧介(堀部圭亮)が母親の晶子(しょうこ、鈴木保奈美)をなぐっている所を見てしまいます。原因は、黄色いバラの花が気にくわないと言うことでした。黎は「止めて」と言っても殴り続ける晧介を見て、後ろから置物で頭を殴ってしまいます。晧介は、そのまま倒れて亡くなってしまいました。警察に連絡しようとした黎の手を止めて、庭に穴を掘って二人で晧介を埋めました。翌朝、二人で晧介の車を崖から落として失踪したと見せかけました。晶子は、

「母さんと黎をおいて失踪したの。罪はなかったことにすれば、罪じゃなくなるのよ」

と言い含めました。

11年後、黎は一橋大学を経て司法修習生になっていました。過去に犯した自らの罪の意識で、「罪にはそれぞれ理由がある」という信念を持つ黎は、犯罪者側に立つ弁護士を目指していました。大学のゼミで知り合った爽(さわ、川口春奈)は、天真爛漫で笑顔が素敵な女性でした。見た目も悪く、暗い感じの黎に、笑顔を取り戻してくれて、つき合うことになりました。

そんな爽は、黎に逆プロポーズしました。喜んだ黎は、OKしますが、過去の秘密は何も言えませんでした。黎が爽の家に挨拶に行くと、爽の父親は、なんと、「特捜の鬼」と呼ばれた立花検事正(遠藤憲一)でした。その場は取り調べのように進み何も言えませんでしたが、後日、何とか結婚の意思を伝えることができました。

一方、司法修習生として実際の取り調べをしていると、ひったくり犯を捕まえた人が、実は犯人だったということが分かりました。その人を担当して無実を証明した黎はショックを受けてしまいます。同時に、父親を庭に埋めたこと知ってるというメッセージが何者からか送られてきて、その場所に黄色いバラの花束が添えられていました。翌朝、埋めた場所は何者かに掘り返されていて、遺体はなく、黒い水が溜まっていました。黎は土を埋め戻しました。

何者かが爽の家に、黎の戸籍謄本を置いていきました。それを見た爽は嘘をついていたと思って黎とけんかをしてしまいます。黎のところには差出人不明のメールがきてました。黎が担当した事件で、本当のことを話したほうが言いと言って心を開かせます。しかし、犯罪者の家族になってもいいといた爽に、黎はまたしても嘘をついてしまいました。翌日、黎の父親の車のキーホルダーと「落し物」と書かれた紙が送られてきて、母親の晶子には、警察から父親の車が見つかったと言う連絡が入りました。

キーホルダーは、晶子の同僚の風見医師のもので、1週間前に盗まれたものでした。黎が一人で家にいると、再び何者かが家に侵入してきます。晶子が立花検事正と直接会って何かを話すと、家族の食事会が開かれました、そこで、黎が父親のことが嫌いだったと言う言葉を爽が偶然耳にします。最近、黎が嘘をつかれるのが多くなった爽は不安になります。病院では、晶子が何者かによって階段から突き落とされてしまいました。

晶子の入院中、黄色いバラが届きました。黎が調べると、1週間前にネットで注文があったことがわかります。突き落とした犯人の仕業でした。爽が花火大会で待ち合わせをしていると、何者かによって盗撮されて黎の携帯に送られてきました。あせった黎は花火大会の待ち合わせ場所に行きますが、爽は無事でした。黎は花火大会がいやだった理由を嘘をついて爽に話しました。爽の兄の暁人によって、爽のマンションに入って戸籍謄本を入れたのが、果凛だとわかりました。果凛にそのことを告げると、逆に、爽の昔の写真を見せて、そこに爽の秘密があると言われました。

爽の家に、奥森晧介名義でトロフィーと花火大会に盗まれた爽の髪飾りが送られてきました。黎に相談すると血相を変えますが、警察には何も言わないでくれといって持ち帰りました。果凛は、戸籍謄本は送られてきたと黎に言いました。黎はそうのために婚約指輪を買って、結婚式場を見に行きました。そこで、爽のすべてを受け入れると言って婚約指輪を取り出すと、その指輪は、晧介がはめていた指輪でした。とりあえず、その場はごまかしました。

黎が晶子とともに警察に呼ばれて帰ってくると、家の庭に通じる道に「立ち入り禁止」のテープが何者かによって無数に張られていました。さらに、風見医師から、晶子の結婚指輪を預かったのは風見医師だ聴いて家に借りて帰ってくると、今までの証拠が全部なくなっていました。黎が部屋の中をばら撒くと盗聴器が出てきました。

黎と爽がウェディングドレスを見た後に、風見医師に紹介しに行くと、爽が震え始めて、「あの人、犯人」と指差しました。風見医師は、自分の父親が贈賄の疑惑で逮捕されて、立花検事正に執拗な追及にあって体を壊してしまい、釈放されてすぐになくなってしまったことをうらんでいました。それで、爽を誘拐したのですが、首を絞める寸前で思いとどまって釈放したことを黎や爽たちに話をしました。

風見医師は、自首をするといっていましたが、ある電話が来て姿をくらませます。黎が風見医師の部屋に行くと、頭蓋骨と父親のトロフィー、黄色いバラが入った箱を見つけました。警察の鑑定の結果、晧介のものでした。風見は、誘拐と晧介の事件の犯人だとされてしまいます。黎は爽にすべてを話して自首するつもりでしたが、何も言えずませんでした。

「爽に全部話す」と書かれたメモを見つけた晶子は動揺して家中を探し回って、手の骨を見つけます。晧介の日記を燃やした後、警察に自分がやったと自首しました。

『愛してたって、秘密はある。』のキャスト

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』のキャストは、

  • 奥森黎 福士蒼汰
  • 奥森晶子 鈴木保奈美、黎の母親
  • 奥森晧介 堀部圭亮、黎の父親
  • 立花爽 川口春奈、黎の恋人
  • 立花弘晃 遠藤憲一、爽の父親、検事正
  • 立花茜 岡江久美子、爽の母親
  • 立花暁人 賀来賢人、爽の兄
  • 風見忠行 鈴木浩介、晶子の友人
  • 安達虎太郎 白洲迅、黎や爽の友人
  • 香坂いずみ 山本未來、弁護士
  • 山田隆也 柄本時生、香坂の部下
  • 浦西果凜 吉川愛、黎の元教え子
  • 一之瀬義男 矢柴俊博、刑事
  • 井上大吾 佐伯大地、刑事

9話以外のあらすじ

以上、ドラマ「愛してたって、秘密はある。」の9話のあらすじ(ネタバレ)感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

先に生まれただけの僕
民衆の敵

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

    • 通りすがり
    • 2017年 9月 04日

    誤字が多すぎますよwww
    証拠を翔子ってのは面白いけど

    • 米山 慎吾
      • 米山 慎吾
      • 2017年 9月 04日

      すみません。
      すぐに直します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「刑事ゆがみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!弓神が犯人? 刑事ゆがみ
  2. CDTVクリスマス音楽祭2017の観覧方法と出演者のタイムスケジュール。アンケートでリクエスト! CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017
  3. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  4. ふたご座流星群は2017年12月14日!見頃の時間や方角と上手に見る方法は? 流星群
  5. 「ドクターX 2017」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想。 ドクターX
  6. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  7. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
スポンサーリンク

最新情報

  1. オーファンブラック
  2. マチ工場のオンナ
  3. マチ工場のオンナ
  4. NBA2017-2018
  5. 眠れぬ真珠
突然ですが、明日結婚します
  1. 刑事ゆがみ
  2. 愛してたって、秘密はある
  3. 山の日
  4. 就活家族
  5. スリル!赤の章・黒の章
  6. 歩きスマホ
  7. 確定申告

多くの人に読まれている情報

  1. 東京タラレバ娘
  2. 貴族探偵
  3. カンナさーん!
  4. 地震
  5. 家政婦のミタゾノ
  6. 国会議事堂
  7. ツバキ文具店
  8. リフォーム
  9. 僕たちがやりました
PAGE TOP