あいの結婚相談所

「あいの結婚相談所」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!ゲストは黒川智花と山村紅葉

結婚式
LINEで送る
Pocket

 今夜のドラマは?
ぼくは麻理のなか

ドラマ「あいの結婚相談所」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。とても面白かったのですが、早くも6話目で最終話になってしまいました。ゲストは、黒川智花さんと山村紅葉さんです。


スポンサードリンク


最終話以外のあらすじ

ドラマ「あいの結婚相談所」のキャスト

  • 藍野真伍 山崎育三郎
  • シスター・エリザベス/猪田花子 高梨臨
  • 都築賢一郎 鹿賀丈史
  • 土師野郁江 前田美波里
  • 真壁男夢 中尾暢樹
  • 橘シャーロット麻理子 山賀琴子

ドラマ「あいの結婚相談所」のストーリー

元動物行動学の准教授の藍野真伍(山崎育三郎)が所長を務める「あいの結婚相談所」。あいの結婚相談所は、「成婚率100%!理想の相手が必ず見つかる!」がうたい文句で、入会金は200万円です。条件にあった人を必ず探してくれて、紹介してくれた人とは、100%、結婚することができます。

ただし、依頼者には守らなければいけないルールがあります。

  • 婚約が成立するまでは恋愛禁止
  • 会うことも禁止

という、とてつもなく変なルールです。このルールの意味は、結婚と恋愛は別物で、恋愛して結婚することは愚かな人達がする事だと言うのが藍野所長の持論なんです。ただ、結婚がかならずしも幸せな生活を保障することはないとも、藍野所長は話しています。

それに対して、あいの結婚相談所で働いているシスター・エリザベス(高梨臨)は、恋愛至上主義で、イケメンの依頼者が来るたびに好きになってしまいます。

この二人が依頼者の窓口となって、藍野所長は依頼者にぴったりの相手を探し、シスターは依頼者のお世話をしていきます。

1話では、条件が年収3000万円以上という女性をカップルにさせて、自然と暮らしたいと言う男性と山の世話をしてもらいたいと言う女性のカップルを誕生させました。

2話では、自宅で託児所を経営している女性とストーカーをしていると思われた男性を引き合わせました。

3話では、元アイドルを、母親からの呪縛をといて幸せな結婚へ導きました。

ドラマ「あいの結婚相談所」最終話のあらすじ

「あいの結婚相談所」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。U-NEXTはドラマ数が一番多いです。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。読まれたくなければこちらをクリックして下さい。⇒ 感想へ

 

最終話「花嫁逃亡?愛の結末!」

藍野(山崎育三郎)とシスター・エリザベス(高梨臨)と金城麗美(中村アン)は、二人組みの女性にからまれて困ってた香奈(黒川智花)をたまたま助けます。結婚相談所のちらしを配ると、大企業「澤峰フーズ」の社長の母のあかり(山村紅葉)がやってきました。「変な人にかかわっちゃ駄目」と言って連れて行きました。

翌日、香奈が事務所にやってきて、いきなり

「私、結婚したくないんです!」

と叫びました。香奈は、社長令嬢で大学4年生でした。藍野が話を聞くと、かってに母親が一流ホテルの御曹司・児島修二(陳内将)との縁談を強引に進めているということでした。香奈のためといいながら、実は会社の業績が悪いのでそれを立て直すための政略結婚でした。でも、

「政略結婚はイヤなんです」

と言って、来週の結納前に自分で結婚相手を見つけたいといいました。母親から逃げるために結婚したいと言い切りました。相手に求める条件は、

  • 安定した職業
  • 尊敬できる人

の二つでした。実は、香奈の父親は母親の言いなりになっていて両親のようにはなりたくないと話しました。

香奈が帰った後、婚約者の児島修二を調べてみると、かなりのイケメンでパーフェクトな男性でした。その日の夜、香奈が家に帰ると、修二が家に来ていました。

事務所では、藍野が運命の人を選んでいました。そこにオーナー(鹿賀丈史)がやってきて、外国に行くことになったといいます。そして、麗美に渡しておいてくれとバッグを渡していきました。

次の日、香奈を事務所に連れてきてネットお見合いをしました。あいての長田達夫(本多力)は見た目もいまいち、話し方もいまいちな宮城県の役所に勤めてる男性でした。長田は、今まで100回以上断られているので、すみませんと言いながら、断ってもらっていいといいます。そこに、母親のあかりがどなりこんできました。

実は藍野が呼んだと言いました。

「幸せな結婚をするには、まず親御さんのご理解を得なければなりません」

「ご理解なんかするわけないでしょ。香奈、行くわよ。この子はうちの大事な一人娘なんです。今後一切かかわらないでください」

 

家に帰った香奈はあかりから怒られて、もう二度とするなといわれます。父親は、剣幕の母親に恐れて何もいえませんでした。翌日、シスターが香奈に会いに行くと、どうしてもお見合いを続けたいと言います。そして、長田がいいので話をさせてくれと言いました。その後、事務所に行って再び長田と話をしました。宮城の話題で盛り上がりました。

そこに、婚約者の児島がやってきました。やはり藍野が呼んだといいました。

「幸せな結婚生活には人間関係の整理が必要です。二股でトラブルになっては元も子もありませんから。」

「香奈ちゃんは二股をかけられる女の子じゃない。僕も、親の言いなりになりたくなって、昔は思ってた。今回の縁談も最初は乗り気じゃなかった。でも、君を見てびびっときたんだ、絶対、キミを幸せにしたいって。香奈ちゃん、ちゃんと話をしよう」

香奈は事務所から出て行きました。児島とシスターは香奈を追いかけていきました。児島は、このままでは苦しいので、何とか香奈を説得してほしいとお願いしました。シスターは事務所に戻ってもだえくるしみました。

香奈が海が見える公園でベンチに座ってると藍野がやってきました。どうしてと聞くと、

「言葉を選ばずに言えば、あなたはとんだ意気地なしです。目の前の問題から逃げ続けて気持ちを伝えられなければ、あなたは永遠に変われない。これからも同じことが繰りかえさえるでしょう」

香奈は、母親や修二とちゃんと話し合うけど、その前に長田に謝りたいといいます。藍野と香奈は仙台に行って直接長田に謝りました。藍野はすぐに席をはずして、二人で牛タンを食べました。食事が終わった後、公園を二人で散歩しました。二人で四葉のクローバーを探してると、藍野がわし会の仲間たちと歌いながら現れました。

 

愛野が事務所に戻ってくると、麗美がやってきました。オーナーから渡されたものをわたしました。それは、ロシアリクガメでした。以前、一緒に住んでたときに、さびしくないように買ってくれたのものでした。シスターがそのことに驚いてると、児島から香奈が電話に出てくれなくてシスターだけが頼みだと電話がありました。「わかりました」とシスターはこたえました。児島は電話を切ると、にやりと笑いました。

翌日、シスターが香奈に会いに行くと、児島とあかりが話しながら帰ってきました。あかりは、何でもいいから強引に迫ってくれとお願いしてるところを香奈が聞くと、家から出て行ってしまいました。

香奈はあいの結婚相談事務所に行きました。香奈は、長田との結婚を決めたと藍野に話しました。ドアの外ではあかりが聞き耳を立てていました。あかりは長田に直接会いに行って、あきらめてくれと泣きながら頼みました。

香奈からメールが長田のところにきましたが、長田は「結婚できません。さよなら」と香奈に返しました。それを読んでると、児島がやってきました。「お芝居しなくていいですよ」と香奈が言うと、

「別に割り切った結婚でもいいじゃん、そういう家に生まれてきたんだから。結婚しても束縛しないし、僕も自由にやらせてもらう。ビジネスだと思えばいいんだよ」

そこにあかりがやってきて、教会のキャンセルが出たから来週結婚式ができるとうれしそうに二人にはなしました。

あいの結婚相談所でも、その話が伝わってきました。藍野は長田に電話をしてあってくれと頼みました。その日の夜、藍野はピアノを弾きながら歌を歌いました。最期に、「結ばれまし・・・た?」とつぶやきました。

そこに麗美がやってきて、何か言いかけましたがそのまま帰っていこうとします。事務所を出る前に「先生、愛ほどよこしま感情はないって、本当かしら」とつぶやきました。

 

結婚式の日。教会では、ウェディングドレスを着た香奈がいました。シスターは藍野からだと言ってプレゼントを渡しました。話をしてると、その箱の中から相野の声が聞こえてきました。長田のお見合い用の写真を藍野たちが撮っているのをライブ配信していました。元気がない長田に、愛野が香奈のことは未練がないはずだというと、あかりに泣いて頼まれたことを話し出します。そして、一生懸命生きようとしている香奈を見て好きになってしまったと泣きながら藍野にはなしていました。

そこに、介添え人がやってきて「お時間です」と言われました。

香奈がブーケをとろうとすると長田にもらった四葉のクローバーのしおりが落ちてきました。それを見て、涙が出てきた香奈は心を決めます。やってきたあかりを振り切って教会を飛び出しました。父親も、「行きなさい」と後押ししてくれました。

外に出ると、長田がいました。香奈が驚いて立ち止まってると、あかりと児島がやってきました。式場に連れ戻そうとすると、父親がやってきて、児島とは結婚させないと言いました。結婚をあせってる児島のことを怪しんで調べさせていた結果がたった今届いたと、児島に見せました。ホテル児島の経営は、澤峰フーズよりずっと悪かったんです。児島は澤峰フーズを乗っ取ろうと考えていたんです。それを見た児島は、

「言ったでしょ。結婚はビジネスだって。あーやめやめ、こんな茶番」

と言って歩いていってしまいました。

父親とあかりは事業は撤退すればいいし、香奈の幸せだけを願ってると言います。藍野が、「イボイノシシは、危険を察知するシマウマと一緒にいることで幸せになる」と言うと、あかりは、「パパがいたからこれまでやってこれた」とにっこり笑います。

それを聞いていた長田が泣きながら、NYの支店をデラウェア州に移転したらどうかと言います。デラウェア州は税金が安いと説明すると、父親は撤退しなくても会社を立て直せるはずとあかりに言いました。香奈は長田と結婚したいと父親と母親と宣言しました。父親とあかりは許してくれました。

「長田さん」

「香奈さん。僕はあなたを一生・・」

と長田が話し始めると、藍野がうたいはじめました。それにつられて相談所のメンバーはみんなで歌い始めました。

 

オーナーが空港で出発便を待ってると、麗美がやってきました。そこに藍野たちもやってきました。シスターが「離れ離れになっても亀を通じて通い合う親子愛」というと、愛野が、元夫婦だと訂正しました。

「愛ほどよこしまで美しいものはありません。あんなに愛し合っていたのに、寂しさからすれ違い、お互いの思いを尊重してわかれることを選んだ二人を見て、わたしは、人間の愛について研究したいと思いました。しかし、愛の形は実にさまざま、お二人の新しい門出を祝福しましょう」

そして、全員で歌って踊りました。

(おわり)

ドラマ「あいの結婚相談所」最終話の感想

面白かったですね。もっと続けてもらいたかったほど、よかったです。とくに、藍野を演じていた山崎育三郎さんの歌と踊りはツボにはまってしまいました。「セレブレーション♪」は頭の中でなんどもリフレインしていました。

ただ、よくわからなかったのは、香奈が長田のことをなぜ好きになってしまったのかということです。香奈の条件は安定した人で尊敬できる人でした。公務員=安定というのは、最近ちょっとずつ変わってきていますが、安定だとしても、香奈が言ってる安定とはちょっとれべるがちがうようなきがしました。また、尊敬できるかというと、ちょっと首をかしげてしまいました。児島の方がシスターたちが言っていたようにパーフェクトのような気がします。

ただ、気持ちはわかります。いままで、長田のような男性は香奈の周りにはやってこなかったんだと思います。言ってみれば、藍野が昆虫にはまる感覚で、香奈は長田にはまったような気がします。なので、藍野は、「必ずしも結婚は」と言っていたと思います。

このまま結婚して、二人が宮城に行って公務員の妻になるとすると、普通に考えれば、うまくいかないのではないでしょうか。育ったレベルが違うので、香奈はかなり苦労すると思います。

わたしは藍野の考え方にはとても賛成なのですが、今回の組み合わせは、不幸を生み出すだけだと思いました。結婚には、やはり同じような考え方でないと共感する部分が少ないので、難しいのではないかと思います。最終的には人格によるものですが、そこまで達するまでには苦労が少ない方が幸せになれるとわたしは思いました。

今回が最終話でしたが、結婚ということを真剣に考えさせてくれるとてもいいドラマだったと思いました。ぜひ、続編をやってもらいたいです。

原作の「あいの結婚相談所」の漫画は、今話題の、麻生久美子さんがCMをやってる「Renta!」でも読むことができます。また、電子書籍のナンバー1「honto」でも読むことができますし、紙の本も買うことができます。雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

⇒ Renta!

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

以上、ドラマ「あいの結婚相談所」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

ドクターX 2017
ブラックリベンジ

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじと感想。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  2. 『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじと感想!綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦? 奥様は、取り扱い注意
  3. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
  4. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  5. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじと感想。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
  6. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストとあらすじと感想!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  7. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  8. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  9. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  10. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
スポンサーリンク

最新情報

  1. プロ野球
  2. 明日の約束
  3. 今からあなたを脅迫します
  4. 今からあなたを脅迫します
  5. 陸王
ショッピング
  1. インクルーシブ保育
  2. フランケンシュタインの恋
  3. ブランケットキャッツ
  4. バレンタイン
  5. レンタル救世主
  6. 幼稚園
  7. クラゲ
  8. 突然ですが、明日結婚します
  9. コック警部

多くの人に読まれている情報

  1. ブランケットキャッツ
  2. iPS細胞
  3. 和食
  4. 演歌歌手
  5. ロンドン
  6. コック警部
  7. 40代のファッション
  8. セシルのもくろみ
  9. 絵本
PAGE TOP