NEWS

赤枝恒雄衆院議員のキャバクラ発言の全文は?本当に言いたい事は何?

赤枝恒雄衆院議員が、暴言を吐いたと朝日新聞が騒いでいます。

赤枝恒雄衆院議員の発言の「進学しても女の子はキャバクラへ」という部分が、全文から、いつものように切り取られて独り歩きを始めています。赤枝恒雄衆院議員の発言の全文を読まないと何とも言えないのですが、赤枝恒雄衆院議員の本当に言いたいことは何なのか、考えてみたいと思います。


スポンサーリンク


まずはニュースの詳細から見ていきましょう。

赤枝恒雄衆院議員のニュースの詳細

赤枝恒雄衆院議員の発言が、朝日新聞で取り上げられて話題になっていますが、そのニュースは、

自民党の赤枝恒雄衆院議員(72)=比例東京=が12日、子どもの貧困対策を推進する超党派による議員連盟の会合で、貧困の背景について「親に言われて仕方なく進学しても女の子はキャバクラに行く」などと述べた。会合では支援団体の代表や児童養護施設出身の大学生が奨学金制度の拡充を求め、それに対する質疑応答の冒頭で発言した。

 要望に対し、赤枝氏は「がっかりした。高校や大学は自分の責任で行くものだ」という趣旨の主張をした。その上で「とりあえず中学を卒業した子どもたちは仕方なく親が行けってんで通信(課程)に行き、やっぱりだめで女の子はキャバクラ行ったりとか」と話し、望まない妊娠をして離婚し、元夫側から養育費を受けられず貧困になると持論を展開。義務教育について「しっかりやれば貧困はありえないと言いたいくらい大事」と強調した。

 赤枝氏は2012年に比例単独で初当選し、現在2期目。産婦人科医で、会合終了後の取材に「街角相談室でいろんな子どもの話を聞いてきた。子どもが十分教育を終えるまでは国が手厚く援助しないといけないが、高校も大学もみんなが援助するのは間違っている」と説明した。

(出展:朝日新聞DIGITAL

 

朝日新聞は、いつものように全文表示せずに、問題となる部分だけを切り抜いて報道しています。

さらに、内容がちょっとわかりづらいですね。

 

今回の切り抜きは、

「進学しても女の子はキャバクラに行く」

です。

 

全文を見なくては、どういう流れでこの言葉を言ったのかは分かりませんが、この部分だけを取り出されてしまうと、どう見ても暴言になってしまうのではないでしょうか。

週刊新潮の乙武氏の報道も同じような感じですが、朝日新聞も、今年の初めから吹き荒れているスクープ報道に、後れを取るまいと焦っている感じがします。

 

 

では、本当の所、どういう趣旨でこういった発言をしたのでしょうか。

 

まずは、赤枝恒雄衆院議員のプロフィールを見てみましょう。

 

赤枝恒雄衆院議員のプロフィール

赤枝恒雄衆院議員は、

  • 1944年3月16日生まれの72歳。
  • 徳島県出身
  • 東京医科大学卒業
  • 1977年、産婦人科診療所、赤枝六本木診療所を開設
  • 2000年、バングラディッシュ母子保健病院(ICMH)内に赤枝樋谷乳房管理センターを設立。
  • 2012年、自由民主党の比例東京ブロックで初当選
  • 2014年、2期目当選

議員になってから3年半ですが、その前はずっと産婦人科のお医者さんだったんです。

しかも、六本木に診療所を構えていたので、多くの夜の女性たちの診療をしてこられたんだと思います。

それは、凄い体験を沢山してきたのではないでしょうか。

このサイトでは載せられないような内容が、こちらのサイトにたくさん書いてありました。「みわちゃんねる突撃永田町

 

そのサイトに書かれていますが、六本木での体験が、議員になろうとしたきっかけだと話されています。

勉強をしない中学生を見て教育をどうにかしようと、中学生の卒業試験の導入を考え、港区長、都知事にチャレンジしようと思った。当時都知事を辞めたいと言っていた石原慎太郎氏に、「辞めるなら私が出る」と言った事がある。都庁に子供の教育問題の委員で行っていたので石原氏には可愛がってもらった。15歳で勉強もせずに高校生になっている。中学や小学生でも援交がある現実。学校に
行かなくても教師は「来たくなったらおいで」と言うらしい。子供の財布に3万円入っていても何も言わない。そういう子供から「先生、時給2万円のバイトに行って来る」と電話がくる。
~中略~
中学校の卒業試験導入のため、とうとう衆議院議員に出た。区や都のレベルではなく、国のレベルでできるので張り切っている。風営法も朝まで踊れるように変えたい。

(出展:みわちゃんねる突撃永田町

元記事には、もっとどぎつい話が書かれていますので、読んでみてください。

この記事から考えれば、今回の発言はそれほどおかしくはないように思えますから。^^

国会で主張されているのは、

  • 全国の各町内会による悪書追放運動を提唱し、支援を政府に要請。
  • 性犯罪の原因になっているとして、レディースコミックや成人向け漫画などを非難。
  • インターネットに対する更なる規制強化を主張。

すごくまっとうなことを主張されていると思います。

 

私も子供を持っていますが、インターネットやTV、まんが、ゲームなどが怖いです。

あまりにも子供に対する刺激が強すぎるのではないかと思うんですよね。

 

小学校の子供たちが、平気で「殺せ!」って言ったり、きわどいドラマを見てると、将来が不安になってしまいます。

 

では、赤枝恒雄衆院議員の発言の内容を見ていきましょう。

 

赤枝恒雄衆院議員の発言の内容

赤枝恒雄衆院議員が出席したのは、子どもの貧困対策を推進する超党派による議員連盟の会合です。

その会合では、子どもの貧困問題に取り組む公益財団法人「あすのば」の代表らが、大学進学を目指す学生への無利子奨学金の拡充などを要望していました。

さらに、児童養護施設出身の大学生も「誰でも平等に進学できる社会を」などと訴えていた。

 

そのことに対する発言が、

「がっかりした。高校や大学は自分の責任で行くものだ」

「とりあえず中学を卒業した子どもたちは仕方なく親が行けってんで通信(課程)に行き、やっぱりだめで女の子はキャバクラ行ったりとか」

「子どもが十分教育を終えるまでは国が手厚く援助しないといけないが、高校も大学もみんなが援助するのは間違っている」

というものです。

 

つまり、最後の発言を言いたかったんです。

 

国からの援助で誰もが大学に行けるようになると、子供の人生が狂ってしまうと言いたいんだと思います。

もちろん、児童養護施設出身者への援助は必要ですが。

 

誰もかれも大学や高校に行かれるようになると、どうなるでしょか?

赤枝恒雄衆院議員が言われるように、行きたくもないのに親の勧めで入学した後は、やる気も無くなったり、ついていけなくなってドロップアウトします。

そうすると、就職も良いところはムリですよね。経済的にもつらくなってしまうし。

 

結局、夜の仕事とか、低レベルの生活しかできなくなってしまうことが多いんです。

さらには、未婚の母や、できちゃった結婚からの離婚とかが多くなるし。女性の方が不幸せになってしまう確率が増えてくるんです。

実際に、そういった多くの女性たちを、赤枝恒雄衆院議員はその目で見てきているんです。

 

ですから、大学の奨学金の事よりも、義務教育に力をもっと入れて、子供たちの学習能力を高めていかないといけないと、赤枝恒雄衆院議員は話されています。

義務教育の水準を高めることによって、むりやり大学に行かせるのではなくて、自立した女性を数多く作っていこうということです。

 

それをすることによって、貧困にあえいでいる女性たちを救おうと思っているんです。

簡単に、赤枝恒雄衆院議員が言ってることを訳すと、

  • 誰でも彼でも大学に行けるようになると、その気もないのに行ってしまう。
  • やる気がないので、おちこぼれる。
  • 変な男に引っ掛かったり、就職先があまりなくなる
  • 未婚の母になったり、できちゃった結婚して、すぐに離婚する。
  • 経済的に自立が出来なかったり、低レベルの生活しかできなくなる
  • だから、大学の奨学金の援助は間違ってる

 

逆に、義務教育の強化を提案されています。

中学校の卒業試験とかで、義務教育の期間中にしっかりした教育を受けさせる工夫をしなくてはいけないと話されています。

 

そうすることによって、勉強したければ先に進んだり、したくなければ他の道へ進むという選択肢ができてきます。

その結果、上の様なシングルマザーとか低レベル生活の女性が少なくなるだろうと話されています。

 

実際に貧困にあえいでキャバ嬢になったり、もっとひどい仕事をしている女性たちを多く見ているから、言えることです。

なので、「進学しても女の子はキャバクラへ」は、女性への差別、蔑視の発言と多くの人がとらえられていますが、実はまったくの逆なんです。

 

なんとか、多くの女性たちを救いたい、変な仕事をする女性を減らしたいと思って発言されたはずです。

 

 

それなのに、朝日新聞は、逆の意味にとらせるように、変な切り抜き方をしたと思います。

部数を伸ばすために。

 

それは、今までの活動とか、発言を読んでいるとわかります。


スポンサーリンク

まとめます。

赤枝恒雄衆院議員は、

「進学しても女の子はキャバクラへ」

と発言されたと報道されました。

 

多くの人が、女性差別、女性蔑視だと騒いでいますが、私は逆だと思います。

最近多い失言議員たちとは、全くちがうと思います。

 

赤枝恒雄衆院議員は、貧困に悩む多くの女性たちを救いたいと思って、多少手荒な言葉を使って発言してしまったんだと思います。

訳のわからない答弁をする政治家よりも、こんなふうに率直に発現する人の方が、よっぽどすがすがしくて、良いような気がします。

 

一部分を切り取って、炎上するように報道することが、最近多いです。

そういうことに踊らされずに、自分の目で見て、自分で考えることが大事なのではないかと思います。

 

ちなみに、ツイッターでは、

 

 

と、こんな感じです。

言葉を表面的にしか読むことができない人が増えているのではないでしょうか。

 

あなたはどう思いますか?

NEWS記事一覧に戻る

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

米山 慎吾

米山 慎吾

投稿者の記事一覧

いつもコメントありがとうございます。ご感想や、お気づきの点ありましたら、下のコメント欄に書いていただけると、うれしいです。
【長野県出身。静岡大学理学部生物学を卒業。その後、出版社に勤務も、諸事情で帰郷。現在は、ジョギングと筋トレでモテマッチョを!】

40歳で人生を見直す

  1. 待機児童問題
  2. ケツメイシ
  3. ジョジョ

疲れたときにおススメ

  1. お義父さんと呼ばせて
  2. 地味にスゴイ!
  3. コンフィデンスマンJP
  4. ボーダー
  5. 民王
  6. 崖っぷちホテル
  7. 愛してたって、秘密はある。
  8. グッドモーニングコール
  9. プリズンブレイク

40代におススメの韓流ドラマ

  1. あなたは贈りもの
  2. 僕は彼女に絶対服従
  3. 逆賊ホンギルドン
  4. 太陽を抱く月
  5. キャリアを引く女
  6. 品位のある彼女
  7. トンイ
  8. 花郎
  9. オーマイビーナス
  10. 太陽の末裔
スポンサーリンク

最新情報

  1. 限界団地
  2. ロシアワールドカップ2018
  3. J2リーグ2017
  4. ジョジョの奇妙な冒険
モンテクリスト伯
  1. オーファンブラック
  2. FINAL CUT
  3. 刑事ゆがみ
  4. ヒガンバナ
  5. マラソン
  6. 釣り
  7. 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
  8. 絵本

多くの人に読まれている情報

  1. おっさんずラブ
  2. FINAL CUT
  3. グルメ
  4. 和太鼓
  5. お母さん、娘やめていいですか?
  6. 心を手当てする方法
  7. とうもろこし
  8. 黒革の手帖
auひかりバナー
PAGE TOP