NO IMAGE

NASAのアンチエイジングの方法をガッテンで!毛細血管とAGEにも気を付けて!

11月16日の「ガッテン!」で、NASAで研究されたアンチエイジングの方法が紹介されます。「ガッテン!」では、以前にも毛細血管の改善や、AGEについても紹介されていました。それらも含めて、NASAのアンチエイジングの方法をまとめてみました。

▶▶中高年のためのプログラミング教室


NASAのアンチエイジング

NASAでは、昔からアンチエイジングの研究が行われてきています。学術的に言うと、細胞の老化現象ですが、普通の人にとっては、シミとしわとか、アンチエイジングと結びついているものです。

と言うのは、宇宙飛行士は、一度、宇宙に行くと、地球上のいるのに比べると、10年以上も年を取って地球に帰ってくるそうです。その理由として、一番に考えられているのは、無重力です。意識しないと判らないのですが、地球上にいると必ず、地球に引っ張られています。その力に対抗して、立ったり座ったりしているんです。その時に使うのが、筋肉で、抗重力筋とも言われています。宇宙に行ったことがないのでわかりませんが、無重力になるとその引っ張る力がなくなって、筋肉に力を入れている必要がなくなるようです。その事が原因で、老化するのではないか?とNASAでは研究されてきました。

ガッテンで紹介された内容です。

宇宙に行くと、筋力が50%なくなったり、目が見えなくなったり、循環機能の異常、免疫力の低下、骨密度が少なくなります。まるで、浦島太郎のようだと、松ちゃんが言っていました。1日、3時間が運動していても、そうなってしまうということです。

その理由は、耳の奥の内耳にある耳石だということです。重力を感知する装置です。耳石は全身の筋肉とつながっています。ところが、宇宙では、耳石が浮いてしまい、筋肉に信号が送られなくなってしまって、筋肉が衰えてしまったということです。

東京でも重力が亡くなってしまう所が2か所あるということです。

  • 雀荘
  • 番台

この二つに共通しているものは、ずっと座っていることです。座ってると無重力状態と同じだということです。ずっと座ってると無重力状態になって、耳石がおかしくなってしまうと言うことです。

 

ですから、無重力の悪影響をなくすためには、30分に一回、立たなくてはいけないという事です。そのまま座り続けることで、1時間当たり、寿命が22分縮むと言うことです。

これは、凄い発見だと思います。赤ちゃんの時も、道具でゆらゆら動かしたり、抱っこしたりすることで、ものすごい発達があるようです。ぜひ、抱っこしてあげてください。

今回のガッテンのアンチエイジングの方法をまとめると、30分に一回立ち上がることです。これだったら、誰でもできますから、今からやってみることをお勧めします。

毛細血管の改善

2016年7月13日の「ガッテン!」の放送では、毛細血管の劣化が老化の始まりだと説明されていました。実は、11月7日の「主治医が見つかる診療所」でも、同じような、毛細血管の劣化について放送されていました。

原理は簡単です。基本的に、毛細血管は、加齢とともに、衰えていきます。無くなっていったり、変な風に曲がったりして、その機能をしっかりと果たせなくなっていくのです。毛細血管がなくなると、当然血液は来なくなりますから、酸素や、栄養素が来なくなるのと同時に、その場所で出てきた老廃物、つまりシミとかしわの原因になるものは、持って行ってくれなくなって、たまっていく一方になります。

それが、老化の仕組みで、お肌だけでなくて、肝臓などの内臓や、脳なども、毛細血管が衰えていくと、冷え性、肩こり、薄毛、もろもろの病気の原因になってしまいます。

では、衰えていく毛細血管に対して、何もできないのかと言うと、改善する方法があるようです。その方法は、いつものように、運動と食事です。

まず、食事の方を見ていきます。毛細血管を生き生きとさせるモノは、ヒハツと言うものです。ヒハツとは、こしょうの仲間で、沖縄などでよく使われれている調味料です。ロングペッパー、ヒバーチ等とも呼ばれています。

上の30gのものが、1,580円で、下が750円です。カレー粉や胡椒などの調味料で有名なS&Bでも出しているので、もしかしたら、大きなスーパーでも売ってると思います。ただ、アマゾンや楽天では、S&Bのモノは番組の影響だと思いますが、売り切れていました。中見は一緒ですので、上の二つを見てみてください。

食べ方は、何でもいいのでかけて食べればOKです。食べる量は、

  • 1日あたり1g (小さじ半分)
  • 最大2g (小さじ1杯)

です。多くかけ過ぎるとどうなるかは、どこのサイトにも書いてありませんでした。食べるとちょっと苦みがあるので、肉料理に振りかけたり、カレーに入れるととてもおいしいと言うことです。

なので、上の石垣島のモノを買えば、一人住まいだと1ヵ月持ちますので、その間食べ続ければ、効果を実感できるはずです。

効果は、シミ、冷え性、薄毛、肌荒れなどが改善されるということです。

同様の効果を得られるものとしては、ココアと生姜があります。ただし、生姜は、生では効果が無くて、必ず加熱することが大事だということです。加熱して乾燥させたものをパウダーにして、ココアに入れると最強の飲み物になります。巷で流行っている生姜ココアです。乾燥生姜も、S&Bで出しています。

ヒハツか、生姜ココア、試してみてください。

もう一つの方法としての運動は、ふくらはぎを鍛えるということでした。主に、かかとの上げ下げをその場で行ったり、スキップしたり、軽めのジョギングをすることで、体忠の血流が良くなっていき、毛細血管にも良い影響が出るということでした。

ヒハツとジョギング、試してみることをお勧めします。

スポンサーリンク

AGEを貯めない

「ガッテン!」では、AGEを貯めないということも特集されました。

AGEは、終末糖化産物と言うもので、簡単に言うと、たんぱく質と糖が結びついてできたものです。人間の体の中でも、糖と結びつきやすい、つまり糖化しやすいたんぱく質は、コラーゲンです。コラーゲンは、お肌とか、骨などに沢山あるもので、身体の中の接着剤みたいなものです。そのコラーゲンと糖が結びついて、茶色になることで、全身の老化が始まります。なんとなく、イメージできるでしょうか。

ただ、人間ですから、糖分を撮らないと生きていけませんので、生きている限りは糖化からは逃げることはできません。少しずつですが、誰でも糖化は進んでいます。ですが、進み方の早い人と遅い人がいます。それは血糖値の量です。高血糖だと、糖化が進んでしまいますので、普段の食生活では、なるべく糖分を減らすか、食べ潤などで、ご飯などの糖分をなるべく後に食べることで、高血糖を防ぐことができます。

⇒ 血糖値スパイク

すこしでも、このAGEを減らすことが老化を遅らせる事だと話されていました。

まとめます。

11月16日の「ガッテン!」では、NASAで発表された廊下に関するある方法を、紹介してくれました。とんでもなく、突飛な方法ですが、あのNASAが発見したことですから、間違いはないと思います。その方法は、

  • 30分に一回立ち上がる

でした。通常考えられているアンチエイジングとは違って、本当に、寿命を延ばすほうなので、しっかり覚えてやってみたいと思います。実は、今日も、10時間くらい、座りっぱなしでした。^^と言うことは、220分も寿命が縮まってしまったということです。かなりショックでした。

普通のアンチエイジングは、だれでもが悩んでいることで、できるなら、いつまでも若々しくいたいと思ってる人が多いと思います。そのためには、単純に、これを飲んで、この運動をすればイイと言うものではないと思います。多くのものを少しずつ行って、トータル的に老化を防ぐことができるような気がします。なので、食生活も、これを機会に見直して、あまり身体の負担をかけるものを少なくするとか、糖分を減らしていくとかされてみてはどうでしょうか。

また、日頃の有酸素運動は、昔から大事だとされてきています。食事だけでは、なかなか防ぐことができませんので、適度な運動もなるべく考えていかれることをお勧めします。

以上、本当のアンチエイジングについての情報でした。

40代からの健康について

40代になると、どこかしら痛くなったり、わるくなったりします。「若いころにはこんなはずではなかった」と思ったりもしてるはずです。

それは誰もが同じことで仕方がないのですが、すこしでも体に良いことをすることが、若さにとってとてもたいせつなことです。

そこで、健康に関するよく読まれてる記事をまとめました。

気になったタイトルをクリックしてください。