アシガール

ドラマ『アシガール』の5話「走れ!初デート」のあらすじ(ネタバレ)と感想!

ドラマ『アシガール』の5話「走れ!初デート」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。忠清は再び戦を仕掛けますが、1000人対3000人で圧倒的フリでした。唯は現代に戻って弟の尊に武器を作ってくれとお願いしました。と、そのまえに・・・

【緊急連絡】楽天カードが8000ポイントもらえるキャンペーンを2/26の10:00までやってます!今申し込んで、無料で漫画原作の『アシガール』や他のおもしろいマンガを8000円分買っちゃいましょう!(ただし、楽天カードを持ってないひとで、マスターカードでの申し込みだけです)

≫楽天カードの申し込みはこちらから!

申し込み方法はこちらから。

『アシガール』5話のあらすじ

「アシガール」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレがふくまれます。これまでのストーリーはコチラ⇒ストーリー

 

5話「走れ!初デート」

現代に戻ったてきた唯(黒島結菜)は、若君・忠清(健太郎)が率いる羽木軍のピンチを救うために、弟の尊(下田翔大)に新兵器を作ることをお願いしました。

学校に行った唯は歴史に詳しい木村先生に、1000人の羽木軍が3000人の高山軍を破る戦法を教わりました。今のままなら勝ち目はないけども、あと500か1000の兵がいれば、裏手にある立木山に待ち伏せして、本陣がわざと後を追わせて立木山に敵が入ったところを奇襲すれば勝てるかもしれないと木村先生は言いました。唯はそれで勝てる!と言いましたが、余分な兵はないことにきがつきました。

油井が家に帰ってくると、弟の尊がいませんでした。親たちが心配してると、何気なく帰ってきました。尊は、新兵器のために東京にサッカーを見に行っていたといって、これから1週間こもりきりになるから邪魔しないでと3人に話しました。

 

1週間後、満月の夜になりました。尊は、鎧を着た唯に新兵器を渡しました。幻の兵製造機、名づけて「まぼ兵くん」でした。でんでん丸の電撃の飛距離も伸ばしておきました。戦国時代に戻ろうとしてる唯に、タイムマシンはひとりのりだから、絶対に二人いっしょに載っては駄目だと念押しして送り出しました。

唯が戦国時代にもどると、軍隊は、唯が現代に戻ったときと同じ場所にいました。悪丸を探して、「まぼ兵くん」を渡して立木山に登るように言いました。使い方を教わった悪丸は歩いていきました。

翌朝、戦いが始まりました。馬に乗った忠清は、一騎、敵陣に向かっていきました。その姿を見た唯はすぐに走り出して忠清を止めて木村先生から教わったとおりに、一気に立木山までかけていって、返り討ちにしようと提案しました。忠清はその作戦にのって敵に向かって走り出しました。忠清の前には唯がいて、でんでん丸を使って襲ってくる敵を気絶させていきました。

立木山の中腹まで駆け込むと、忠清はもう観念したと言いました。すぐそばまで敵が近づいてきていました。

その頃、悪丸は立木山の頂上にいました。手に持った「まぼ兵くん」のスイッチを押すと、先端から光が出てきて大勢が叫んでる映像が空いっぱいに広がりました。それはサッカーの日本代表の試合の応援席でした。

立木山に登ってくる敵兵は、その映像を見て腰を抜かしてしまいます。敵が潜んでると錯覚した敵兵は散り散りばらばら逃げ出しました。

逃げていく敵兵を見た忠清は狐につままれたような顔になりますが、とりあえずたすかったことにほっとします。唯は忠清の手に傷があることを見つけて手当てをしてると、小平太たちがやってきました。勝利したことをみなで喜んでると、忠清は、敵陣を突破できたのは唯のおかげだと周りのものに言いました。

城に帰ると、天野信茂(イッセー尾形)が出てきて唯のことをほめてくれました。そして、これからは忠清の馬のお馬番になれと命じられました。唯はひとつ出世をしました。

忠清は鎧を脱いで城主の忠高(石黒賢)に挨拶に行きました。成之(松下優也)も控えていました。

その日の夜、成之と如古坊は忠清の命を奪う作戦が失敗したことを悔しがっていました。成之は、こんどこそ忠清を亡き者にする手立てを考えろと如古坊に言っていました。

 

翌日、高山から和議の申し出が来ていると忠高に報告が来ました。さらに、忠清に婚松丸の亜湖姫との婚儀が整ったと報告が入りました。

そのころ、唯が馬屋で仕事をしてると、忠清がいきなりやってきて遠出について来いと言いました。忠清は馬で、唯は走って山まで向かいました。油井の初デートでした。休憩場所まで来ると、忠清は成之も連れてくればよかったといって、成之からもらった砂糖菓子を唯に渡しました。そして、二人で腰掛けながらお互いの境遇を話しました。

忠清は高山と和議を結ぶことになったというと、唯は和議はしなくてはいけないと言います。結いは和議に行く忠清についていくと言いました。

二人で城まで帰ってきて、門の前で別れようとすると忠清は、

「ところで、唯之介、まだ腹は決まらぬか?」

と言います。どぎまぎしてると信茂がやってきて唯は逃げ出しました。

 

唯が馬屋で掃除をしてると、屋敷の片隅で如古坊と高山のものがひそひそばなしをしていました。

「そのとおりじゃ。われら高山にぬかりはござらん」

「では今宵。吉田城にて忠清を」

二人はそそくさと歩いていきました。

唯は如古坊が何か忠清にするつもりだと気がついて走り出しますが、いきなり如古坊が出てきて気絶させられてしまいます。連れ去ろうとしたところに、馬屋の上司がやってきたので、如古坊は逃げていきました。

その日の夕方、忠清は友のもの二人を連れて吉田城に向かいました。

唯が気がつくと、すでに夕方になっていました。忠清がすでに吉田城に向かったと聞くとでんでん丸を持って走り出しました。

吉田城に着くと、すでに忠清は待ち伏せていた兵に矢で胸を射抜かれていました。部屋に寝かされた忠清の周りには信茂や医者がいましたが、医者が言うにはとても危ないということで信茂は水ごりにいきました。

医者が一人でいるところに、唯がでんでん丸を使って進入してきました。医者を気絶させた後、忠清に近づいて体を揺さぶると目を覚ましました。唯はそばにあった紙に尊矢母親宛の手紙を書いて忠清の胸の中に入れました。そして、タイムマシンの起動スイッチの短刀を握らせて、引き抜かせました。

忠清は消える前に、唯之顔を見ながら聞きました。

「お前はふくであろう。本当の名前は?」

「唯、速川唯です」

(⇒6話のあらすじ

スポンサーリンク

『アシガール』5話の感想

面白かったですね。

『アシガール』のストーリー

速川唯(黒島結菜)は十六歳。走ることだけが得意な唯ですが、明るい高校生活をなんとなく送っていました。しかし、ある満月の夜、発明好きの弟の尊(下田翔大)が造ったタイムマシンで、戦国時代に送り込まれてしまいます。目覚めた唯は激しく混乱しますが、なんとかよろいを手に入れて足軽隊に混じることができました。素性を疑われて、「唯之助」とごまかす唯。絶望していた唯だが、目の前にりりしい若武者が現れ一目惚れをしてしまいます。彼こそが、戦国大名羽木(はぎ)家の嫡男、羽木九八郎忠清(健太郎)でした。農村の吉乃(ともさかりえ)のやさしさで、息子の唯之助として身を寄せる唯ですが、忠清あいたさだけで、お城に行きますが、追い出されてしまいました。ただ、そのお城の中で、忠清の異母兄の成之(松下優也)と出会いました。

唯は、若君に近づくには、天野家の家老に雇ってもらうことだと教えられてかけくらべ大会に出ますが、褒美をもらっただけでした。そのとき争った悪丸は、唯のことが気に入って唯の部下になって、芳乃の家までついてきました。

農家の暮らしに耐えられなくなった唯は、再びお城に向かいますが、途中で成之と出会い、忠清が結婚することを知ります。落胆した唯が山の中にいると、浪人に襲われますが、尊にもらった短剣を抜くと現代に戻ることができました。

学校で、歴史の先生に、後半年で羽木家が滅んで、羽木家の全員がなくなってしまうと聞いて再び戦国の時代に戻ることを決意しました。

尊に「秘剣・でんでん丸」を作ってもらい、薬などを用意してもらった唯は、再び戦国時代に戻ります。おりしも、戦が始まると言うことで、小荷駄隊に入ることができた唯は、なべを担いで軍にくっついていましたが、銃声を聞いて、先鋒に飛び出します。そこは、切りあいの真っ只中で、立ちすくむ唯に相手方の兵が切りかかりました。間一髪、馬上の武士が槍を繰り出して、相手を倒すことができました。その武将は馬から下りて、さらに2,3人の敵を切り倒します。その武将は忠清でしたが、倒れた血だらけの相手を見て、唯は気を失ってしまいました。

唯は芝居一座のあやめと知り合って、忠清の寝所に女装して入ることができました。普通の女子とは違う唯のことを気にいった忠清は、城にふたたび出仕っさせますが、別人でした。再び戦となった忠清は、1000人対3000人の不利な戦いに赴きます。忠清の部下の小平太の部隊に入った唯は、忠清の窮地を救おうと、弟の尊に武器を作ってもらおうと思って現代に帰ってきました。


スポンサーリンク

『アシガール』の原作

『アシガール』の原作は、森本梢子(こずえこ)さんが書かれた少女漫画です。森本梢子さんは、熊本県出身の漫画家で、佐賀大学を卒業されて、1985年に『YOU』掲載の「抱き寄せてプロポーズ」でデビューされています。主な作品には、ドラマ化されてるものが多く、

などがあります。他のさくひんもこれからドラマ化されていくかもしれません。どの漫画も、設定やストーリーがとても面白くて、森本梢子さんが作られた世界にドンドン引き込まれてしまうものばかりです。特に、「アシガール」は、今も連載されていますが、めちゃくちゃ面白いです!

『アシガール』は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

『アシガール』のキャスト

  • 速川唯/唯之助 黒島結菜、足が速い16歳の女子高生、忠清に一目ぼれする
  • 羽木(はぎ)九八郎忠清 健太郎、黒羽城城主羽木忠高の嫡男、若殿
  • 羽木成之 松下優也、忠清の異母兄、寺で育つ
  • 羽木忠高 石黒賢、黒羽城城主
  • 吉乃 ともさかりえ、百姓のシングルマザー、唯を引き取る
  • 松丸阿湖 川栄李奈、松丸家の姫君、忠清の婚約者
  • 速川覚 古舘寛治、唯の父親、専業主夫
  • 速川美香子 中島ひろ子、唯の母親、医師
  • 速川尊 下田翔大、唯の弟、タイムマシーンの発明者
  • 天野信近 飯田基祐、羽木家の筆頭家老
  • 天野小平太 金田哲(はんにゃ)、信近の嫡男
  • 天野信茂 イッセー尾形、信近の引退した父親

5話以外のあらすじ

以上、「アシガール」の5話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも、あなたに見てもらいたい面白いドラマがFODプレミアムにあります。今なら、31日間無料で見ることができます。  

おすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

本日のおすすめ情報

  1. リッチマンプアウーマンの動画(1話~最終話)を今すぐ無料視聴する方法。
  2. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  3. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  4. HuluやFODを無料で映画やドラマを見る方法。安室奈美恵さんの動画やチケットも! 映画
  5. コストコの店舗の一覧と予定は?時給の高さと出店計画の土地条件が凄い
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2018プレーオフ
  2. ヘッドハンター
  3. コンフィデンスマンJP
  4. 散歩する侵略者
あなたのことはそれほど
  1. 黒革の手帖
  2. 人は見た目が100%
  3. あずき
  4. キラキラネーム
  5. スニッファー嗅覚捜査官
  6. おんな城主直虎
  7. おんな城主直虎
  8. 下剋上受験
  9. 宣言

多くの人に読まれている情報

  1. 椅子
  2. 結婚
  3. 城
  4. 花
  5. 警視庁いきもの係
  6. ラーメン
  7. 美術館
  8. おんな城主直虎
  9. 電子レンジ
auひかりバナー
PAGE TOP