アシガール

ドラマ『アシガール』の8話「満月よ!もう少しだけ」のあらすじ(ネタバレ)と感想!

ドラマ『アシガール』の8話「満月よ!もう少しだけ」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。若君・忠清(健太郎)の窮地を救ったとして、唯(黒島結菜)は若君の警固役に取り立てられ、天野家で武者修行することになりました。一方、忠清は婚約者の松丸阿湖(川栄李奈)と対面します。どうなりますでしょうか?と、そのまえに・・・

【緊急連絡】楽天カードが8000ポイントもらえるキャンペーンを2/26の10:00までやってます!今申し込んで、無料で漫画原作の『アシガール』や他のおもしろいマンガを8000円分買っちゃいましょう!(ただし、楽天カードを持ってないひとで、マスターカードでの申し込みだけです)

≫楽天カードの申し込みはこちらから!

申し込み方法はこちらから。

『アシガール』8話のあらすじ

「アシガール」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレがふくまれます。これまでのストーリーはコチラ⇒ストーリー

 

8話「満月よ!もう少しだけ」

若君・忠清(健太郎)の窮地を救ったとして、唯(黒島結菜)は若君の警固役に取り立てられ、天野家で武者修行することになりました。ところが、小平太(金田哲)のしごきはきつく逃げ回ってると、忠清がやってきて救ってくれました。そして、「稽古に飽きたらいつでも城に来い。遠乗りに参ろう」といわれてよろこびました。

城に戻った忠清の前に、婚約者の阿湖姫(川栄李奈)がやってきました。

「どうかこれより、いく久しゅうお願い申し上げます」

「そのことだが、いささか含み置かれたきことがござる」

と忠清は阿湖姫に何事かつたえました。

 

唯が馬屋に行って悪丸たちと話をしてると、阿湖姫が遠乗りをしたいとやってきました。そこで初めて、夜に道に迷ってた相手が阿湖姫だと始めて気がつきました。阿湖姫も気がついて、自分の部屋に連れて行ってお菓子を唯に与えました。すると、阿湖姫の乳母が

「それにしても若君は何をお考えなのじゃ」

と怒り出します。忠清は婚儀を延ばしたいといったということでした。そして、どうも好きな人がいて、鐘ヶ江のふきという女性らしいといいました。乳母は唯にふきの様子を見てくれと言いますが、阿湖姫はそんなことをせずに話し相手だけをしてくれればいいと言いました。

忠清も、ふきからラブレターがたくさん来ていて「まじうぜー」と言っていましたが、小平太は城に呼んだのは忠清だからとたしなめました。

その日の夜、唯がこっそりと忠清のところに行こうとすると、吉乃(ともさかりえ)から浮ついてないで剣の稽古をしろと外出を止められてしまいました。忠清はふきのところにいきました。

翌日、城主の忠高(石黒賢)は幹部を集めて、小垣城から知らせが来て高山がふたたび戦の準備をしてるといいました。天野信近(飯田基祐)は、冬も近いし、すぐには来ないと言いますが、成之(松下優也)は、油断を突いて雪の前にやってくると発言しました。忠清も同じ考えだといって先陣を申し付けてくれといいますが、成之は忠清はまだ傷もいえてないので自分に先陣を切らせてくれとお願いしました。

その話を天野信茂(イッセー尾形)から聞いた唯は、成之がまた何かをたくらんでると思って調べ始めました。知り合いに聞くと、高山の様子を見に、成之は国境野山の中の庵に向かって出て行ったということでした。

唯はすぐにその庵に向けて走り出しました。その庵についてそっとのぞいてみると、成之と如古坊(本田大輔)と高山の坂口(山本龍二)という武将の三人で囲炉裏を囲んで話をしていました。

「やっぱり」と唯が思ってると、不意に後ろから「誰じゃ、名を名乗りなさい」と声をかけられました。それは成之の母親でした。そこに成之たちも出てきました。唯は一目散に駆け出して城を目指しました。

夜になって、やっとの思いで城に帰り着くと、ひとりの笠をかぶった男が水を差し出しました。唯はなにもたしかめずにその水を飲むと・・・唯は意識を失ってたおれてしまいました。笠を上げて笑い出した男は、如古坊でした。その水はお酒でした。

 

忠清が天野の家にいって唯の事を聞くと、まだ帰ってはきていないという返事でした。忠清は「大切な話がある。すぐにあいたい」という唯の手紙を見せてると、信近がやってきて、城中で唯を見たと言います。そして、酔っ払って成之に抱えられていたと聞くと、忠清はすぐに駆け出しました。

忠清が城に入って成之の部屋に行くと、成之に抱かれてる唯がいました。そして、「ご無礼をした」と言って、帰りかけますが、思い直して成之に抱かれていて意識を失ってる唯を抱きかかえて、

「コレは配下のものでござる。ご迷惑をおかけ申した」

と言って歩いていきました。残った成之は、「忠清のあの顔・・・」といいながら笑いました。

 

忠清に抱きかかえられた唯は、天野の屋敷に帰ってくるとやっと気がつきました。忠清は、そんなに酒など飲んでどういうつもりだと怒りますが、高山の様子を見に行っただけだと言います。

「高山の手のものに見つかったらどうするつもりじゃ」

「それは、若君様を守るために、こっちの世界に着たんです。だったら、その役目を果たすのがなんでいけないんです?」

「それと兄上とはどのようなかかわりがあるというのだ」

「それは・・・」

「尾間円助けなど要らぬ。お前はこちらの世のものではない」

そういうと、忠清は歩いて帰っていきました。城に帰った忠清は

「こちらのきもちがなぜわからぬ」

とつぶやきました。

唯も庭で忠清に言われた言葉に落ち込んでると、信近と吉乃の話し声が聞こえました。吉乃は武家の娘でした。唯のために吉乃が村に帰るというと、信近はぜひこのままここにいてくれと言います。が、吉乃はすぐにことわりました。

翌朝、唯は忠清に要らないと言われたし、城には阿湖姫やふきがいるので、「わたしがここを出て行きます」と吉乃にいいました。すると、「たわけ」と言って、忠清にそのことをなぜ言わないのかといわれます。

唯はすぐに城に行って、忠清に会います。正座して

「お伝えしたいことがあります。大事な話です」

そういって、昨日、山の中で見た成之と如古坊、高山の坂口のことを話しました。さらに、忠清を襲ったのも成之と如古坊の仕業だと言いました。言わなかったのは、成之のことを話すときにうれしそうな忠清を見るといえなかったからだと言います。

「あいわかった」

と言って、忠清はあるいていきました。

唯は、「それと、あとひとつ」と言いながら立ち上がって

「わたし、若君が鐘ヶ江の所にいくのやだ。いやなのだー!」

と泣き始めました。忠清は戻ってきて

「そのようなことを気にかけておったのか、それゆえ、無理をしてでもわしの役に立とうと?」

「だって、わたし、歌も詠めないしきれいな着物もないし、若君を守ることしかできないから」

「鐘ヶ江の姫におうたのは、人違いだというために行ったまでじゃ。だからもう泣くな。兄上のことは、考えておる。しかし、お前は泣き顔もおもしろいの」

「若君に笑われた」

「そういえば、明日は満月だの。悲しませたお詫びに見送ってやろう。ひとつたのみがある。できれば、ふくになったあの夜のようにお前の女子すがたいまいちどみせてくれないか」

「デートってことですか」

「そうだな」

「よっしゃ」

そういって、唯はかけだしました。

走っていく唯の後姿を見て忠清はつぶやきました。

「どうやらわしも・・・いやなのだ」

 

唯は、前に着物を借りたあやめのところに行って、女装をたのみました。

忠清は成之のところに行きました。唯からすべてをきいたのなら捕まえるのか、きりすてられるのか?と成之が言うと、頼みごとがあると言いました。先陣を変わりたいということと、もうひとつお願いしました。

 

満月の夜、唯は着物を着て、忠清といっしょに馬に乗って遠出をしました。そして、思い出の場所に来ると、馬から下りて

「つぎ戻って来るときは、こんどこそはらをきめてまいれよ。父上、母上、尊にもよろしゅうにな」

と言って、さらに、コレは向こうで読めと手紙をわたしました。唯は

「じゃ、ちょっくらいって来ますね」

と言って歩き出します。忠清は唯を呼び止めて

「この世にわしの前に現れたこと、心より礼を申す」

「なんすか?永遠の別れみたいに」

「お前のことは生涯忘れぬ」

「あの、それ3分後にもう一度行ってくれます?すぐ戻ってくるので」

「そうであったの」

「じゃあ」

そう言って、タイムマシンのスイッチの短刀を引き抜きました。唯は、ひとつおもいだして忠清にちかづいて

「若君様、わたし、今までちゃんといったことないから、今言いますね。わたし、若君様のことが・・・」

唯のからだは忠清の前できえていきました。

 

現代に戻ってきた唯は、みんなの前で正座をして

「ただいま、もどりました。でも、あと一か月でみんなとお別れです。来月の満月の日、向こうに行ったらもう戻れなくなるので、かならずしあわせになるので」

「来月、もうないよ。今回ので最期だから。今ので空っぽ」

「若君から聞かなかったの?」

「うそ・・・」

(⇒9話のあらすじ

スポンサーリンク

『アシガール』8話の感想

面白かったですね。お互いに相手のことを気遣って本当のことをいわないままだったのが、とても切なかったですね。唯は、忠清の成之の気持ちを思って、忠清は、唯と唯の家族の気持ちを思って嘘をついてしまいました。

ただ、じっさいにそんなことが起きたら、わたしだったら絶対に返さないのではないかと思います。唯の気持ちもわかってるし、自分の気持ちもしっかりしてるから、両親に土下座してでも返さないのではないかと思います。

そこで大切なのは、やはり本音で話をするということではないでしょうか。本音で話をしないと、お互いにすれ違ってしまいますし、忠清や唯のように、幸せとは逆の気持ちになってしまうからです。もちろん100%はわかりあえませんが、相手がどう思ってるのかをしっかり話し合うことで、お互いに幸せになれると思います。

ただ、ドラマとしては、せつなくてこちらのほうがいいと思います。来週は、尊が何とか2回分の燃料をためてくれるようですが、たぶん、唯は一度行ってしまったら、もうもどっては来ないのではないかと思います。楽しみですね。

『アシガール』のストーリー

速川唯(黒島結菜)は十六歳。走ることだけが得意な唯ですが、明るい高校生活をなんとなく送っていました。しかし、ある満月の夜、発明好きの弟の尊(下田翔大)が造ったタイムマシンで、戦国時代に送り込まれてしまいます。目覚めた唯は激しく混乱しますが、なんとかよろいを手に入れて足軽隊に混じることができました。素性を疑われて、「唯之助」とごまかす唯。絶望していた唯だが、目の前にりりしい若武者が現れ一目惚れをしてしまいます。彼こそが、戦国大名羽木(はぎ)家の嫡男、羽木九八郎忠清(健太郎)でした。農村の吉乃(ともさかりえ)のやさしさで、息子の唯之助として身を寄せる唯ですが、忠清あいたさだけで、お城に行きますが、追い出されてしまいました。ただ、そのお城の中で、忠清の異母兄の成之(松下優也)と出会いました。

唯は、若君に近づくには、天野家の家老に雇ってもらうことだと教えられてかけくらべ大会に出ますが、褒美をもらっただけでした。そのとき争った悪丸は、唯のことが気に入って唯の部下になって、芳乃の家までついてきました。

農家の暮らしに耐えられなくなった唯は、再びお城に向かいますが、途中で成之と出会い、忠清が結婚することを知ります。落胆した唯が山の中にいると、浪人に襲われますが、尊にもらった短剣を抜くと現代に戻ることができました。

学校で、歴史の先生に、後半年で羽木家が滅んで、羽木家の全員がなくなってしまうと聞いて再び戦国の時代に戻ることを決意しました。

尊に「秘剣・でんでん丸」を作ってもらい、薬などを用意してもらった唯は、再び戦国時代に戻ります。おりしも、戦が始まると言うことで、小荷駄隊に入ることができた唯は、なべを担いで軍にくっついていましたが、銃声を聞いて、先鋒に飛び出します。そこは、切りあいの真っ只中で、立ちすくむ唯に相手方の兵が切りかかりました。間一髪、馬上の武士が槍を繰り出して、相手を倒すことができました。その武将は馬から下りて、さらに2,3人の敵を切り倒します。その武将は忠清でしたが、倒れた血だらけの相手を見て、唯は気を失ってしまいました。

唯は芝居一座のあやめと知り合って、忠清の寝所に女装して入ることができました。普通の女子とは違う唯のことを気にいった忠清は、城にふたたび出仕っさせますが、別人でした。再び戦となった忠清は、1000人対3000人の不利な戦いに赴きます。忠清の部下の小平太の部隊に入った唯は、忠清の窮地を救おうと、弟の尊に武器を作ってもらおうと思って現代に帰ってきました。

現代に戻ってきた唯は、弟の尊に幻の兵製造機「まぼ兵くん」を作ってもらい再び戦国時代に帰りました。木村先生の言ったとおりに、山に立てこもって悪丸に「まぼ兵くん」を使わせて相手を撃退することができました。

撤退した高山は羽木と和議を結ぼうとしますが、忠清の命を狙うわなでした。胸を矢で射抜かれた忠清を、唯はタイムマシンを使って現代に送り込みました。唯の家族は忠清を見て驚きますが、尊が説明したのを受け入れて何とか治療することができました。ですが、戦国時代に帰る前の晩、高熱を出して倒れてしまいました。

一方、戦国時代の唯は、成之の策略で高山の間者にしたてあげられて追われる身となりました。

唯は、忠清との思い出の場所にいると、腹を切ろうとした信茂が現れました。唯は必ず満月の夜に忠清は帰ってくるので、信じてくれとお願いしました。信茂は唯を信じて自分の家に連れて行きます。息子の信近葉怒りますが、如古坊と高山の話を聞いて唯をかくまってくれました。ところが、唯がおふくろ様としたう吉乃が引っ立てられていくと、たまらず唯も出て行って牢屋に入れられます。満月の夜、忠清は帰ってきますが、途中の橋が壊れていて帰ってくるのに手間取りました。その間に唯の詮議が始まります。成之の手で唯の秘密が暴かれるところに忠清が帰ってきました。忠清はすべて唯に助けてもらったと忠高につげて、無事、信近の屋敷で手当てを受けることができました。

忠清は尊から、タイムマシンはあと1回しか使えないからと聞きますが、唯を現代に帰すために、あと2回使うことができると嘘をつきました。

スポンサーリンク

 

『アシガール』の原作

『アシガール』の原作は、森本梢子(こずえこ)さんが書かれた少女漫画です。森本梢子さんは、熊本県出身の漫画家で、佐賀大学を卒業されて、1985年に『YOU』掲載の「抱き寄せてプロポーズ」でデビューされています。主な作品には、ドラマ化されてるものが多く、

などがあります。他のさくひんもこれからドラマ化されていくかもしれません。どの漫画も、設定やストーリーがとても面白くて、森本梢子さんが作られた世界にドンドン引き込まれてしまうものばかりです。特に、「アシガール」は、今も連載されていますが、めちゃくちゃ面白いです!

『アシガール』は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

『アシガール』のキャスト

  • 速川唯/唯之助 黒島結菜、足が速い16歳の女子高生、忠清に一目ぼれする
  • 羽木(はぎ)九八郎忠清 健太郎、黒羽城城主羽木忠高の嫡男、若殿
  • 羽木成之 松下優也、忠清の異母兄、寺で育つ
  • 羽木忠高 石黒賢、黒羽城城主
  • 吉乃 ともさかりえ、百姓のシングルマザー、唯を引き取る
  • 松丸阿湖 川栄李奈、松丸家の姫君、忠清の婚約者
  • 速川覚 古舘寛治、唯の父親、専業主夫
  • 速川美香子 中島ひろ子、唯の母親、医師
  • 速川尊 下田翔大、唯の弟、タイムマシーンの発明者
  • 天野信近 飯田基祐、羽木家の筆頭家老
  • 天野小平太 金田哲(はんにゃ)、信近の嫡男
  • 天野信茂 イッセー尾形、信近の引退した父親
  • 如古坊 本田大輔、成之の部下
  • 坂口 山本龍二、高山の武将

8話以外のあらすじ

以上、「アシガール」の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 椅子
  2. プロ野球
  3. 旅

疲れたときにおススメ

  1. 医龍
  2. エンジェルハート
  3. 赤い糸
  4. 私を旅館に連れてって
  5. 半分、青い。
  6. ラストシンデレラ-1
  7. いつもふたりで
  8. すてきな片想い
  9. いつかまた逢える

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 恋のドキドキシェアハウス
  2. 1%の奇跡
  3. 雲が描いた月明り
  4. 推理の女王
  5. むやみに切なく
  6. 恋のゴールドメダル
  7. 最高の愛 ~恋はドゥグンドゥグン~
  8. 自己発光オフィス
  9. 韓国ドラマ
  10. 医心伝心
スポンサーリンク

最新情報

  1. 義母と娘のブルース
  2. 義母と娘のブルース
  3. 健康で文化的な最低限度の生活
  4. 健康で文化的な最低限度の生活
  5. プロ野球
傘
  1. 弁護士
  2. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
  3. アシガール
  4. サバ缶
  5. 砂の塔
  6. アシガール
  7. コンフィデンスマンJP

多くの人に読まれている情報

  1. おんな城主直虎
  2. 小さな巨人
  3. 黒革の手帖
  4. ウルヴァリンサムライ
  5. 地味にスゴイ!
  6. FINAL CUT
  7. ガリレオ
  8. ゼロ~一獲千金ゲーム
  9. エルネスト
  10. あなたのことはそれほど
エステ・タイム
PAGE TOP