明日の約束

ドラマ『明日の約束』の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想。最後の一人は?

明日の約束
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
コウノドリ
マチ工場のオンナ

ドラマ『明日の約束』の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想と動画の紹介です。辻先生と長谷部を襲った犯人が圭吾の幼なじみで、2年前に学校を辞めた香澄(佐久間由衣)だと気付きました。実は退学後、香澄は自分をいじめた人間に復讐をしようと考えていたが、計画を知った圭吾が代わりに実行してくれたのだといいます。だから今度は、自分が圭吾に代わって復讐を――。日向は罪を認めた香澄を説得するが、香澄は「まだやることがある」と言い残して行方をくらませてしまいました。


スポンサードリンク


『明日の約束』の7話のあらすじ

「明日の約束」は、有料ですがFODで見ることができます。⇒ FOD

ここから先はネタバレが含まれます。今までのあらすじはこちら⇒ストーリー

 

辻先生とキャプテンの長谷部を襲った犯人は、香澄(佐久間由衣)だと日向(井上真央)はわかりました。香澄は、

「だめだよ、まだやることあるから。あとひとり、ぜったい」

と言って姿をくらませました。日向は日曜日でしたがそのまま学校にいくと、霧島先生(及川光博)がいました。日向は、香澄のことを宮崎先生(馬淵英里何)といっしょに話しました。日向と宮崎先生はどうしようかといいましたが、霧島先生はすぐに警察に行くべきだといって、日向は警察に行きました。

そのころ、バスケ部の連中が長谷部をお見舞いに行った後飲食店によると、圭吾の妹の英美里(竹内愛紗)がパパ活をしてるところを見てしまいます。マネージャーの希美香(山口まゆ)は、嫌がってる英美里を助けてあげました。

翌日、そのことを日向に連絡しました。さらに、流出した動画の件で、日向と霧島先生が疑われてるといいました。体育の着替えのときに二人がいたのを見ていたという生徒がいたんです。

日向はそれを霧島先生に言うと、生徒も混乱してるといいました。霧島先生は、個人的な罪悪感と向き合う必要があるといいました。それを聞いた日向は、亡くなる前日の圭吾に「好きになったから付き合ってほしい」と告白されたことを伝えました。日向は、もっと正しい受け答えがあったんじゃないかというと、霧島先生は考えすぎだといって、自分もそういうことがあったけど、もしも受けたらそっちのほうが問題になるといって、元気付けました。

その日の夜、本庄が日向の家に来ました。二人の結婚の話や、両家の顔合わせの話をしてかえって行きました。すると、尚子(手塚理美)が、

「3回くらい会うとあらが見えてきちゃうのよね。いい人なんだけど、なんか表面的に感じる。こころがこもってないというか、ああいうタイプはきをつけないといけないわよ」

と文句を言い出しました。日向は自分の部屋にかえって、ベッドに身を投げて、母親から離れたかった昔の自分のことを思い出していました。

 

翌日、圭吾の調査書を遺族に届けると校長が先生方に発表しました。宮崎先生は日向を呼び出しました。そして香澄の居場所がわからないといって、「あとひとり」は誰か?と話していました。そして、霧島先生のことはどう思うか聞かれました。宮崎先生は冷静というか、他人事に見えるといいました。

相談室で、日向は香澄と香澄をいじめていたた朱里のことを調べていました。

本庄は、職場で女性の部下に結婚すると伝えると、圭吾の母親がすごい毒親だとネットで話題になってると聞きました。

日向が帰る途中、記者の小嶋修平(青柳翔)が現れました。警察から香澄のことを聞いてきたようで、「あとひとり」は誰でしょうねと聞いてきました。そして、悪いのは圭吾の母親だけじゃなくて、父親もほとんど別居状態で愛人もいるようだから、そうとう母親の執着を強くしてしまったといいました。持ち物や切るものもすべて管理されていて勉強もしっかり教えていたので成績はトップクラスだったといいます。

そして、朱里にも会ってきたけど空振りだったといいます。

 

尚子の家では、校長からもらった調査書を弁護士の大道寺に見せていました。やはり責任逃れをしてるので、すぐに訴訟の準備をしてくれと尚子が言うと、大道寺はほかの案件もあるので少し待ってくれといいました。すると、尚子はネットの掲示板に誹謗中傷されてるので、書いた人を特定して訴訟をしてくれといいました。大道寺はとりあえずひとつひとつやっていきますといいました。

家を出た大道寺は、アシスタントに、「タイミングを見て言うから」と答えました。

 

日向は、足のリハビリをしてる朱里に会いに行きました。香澄の事をきくと

「逃げ切ってくれればいいのに」

とつぶやいて行ってしまいました。

その日の夜、本庄の家に行くと、食事会の日にちが決まったと言われました。そして、結婚したらすこしやすんだらどうか?といいました。本庄は圭吾の母親が毒親だときいて、自分のことに重ね合わせて疲れてるんじゃないかと遠まわしに言いました。すると、日向は、

「結婚と母親になることはイコールじゃないと思うけど。結婚するからって、仕事のことまで口だしされるの困るし。それにうちの母親の事だって、はあー、ううん、あんまりせかさないで。カズの気持ちはありがたいって思ってるから」

 

数日後、マネージャーの希美香(山口まゆ)が学校の廊下を歩いてると、圭吾と同じクラスの女生徒の田所と由依がふたりで圭吾の家に行ってみようといってるのが聞こえました。あわてて呼び止めて、いっしょに行かせてくれと頼みました。

希美香たちが圭吾の家の前につくと、妹の英美里がでてきました。家には誰もいないし、これから友達のところに行く所だと言って歩いていきました。希美香たちは、英美里のあとをつけていきました。

その日は、日向と本庄の両家の親の顔合わせの食事会でした。日向が家に帰ると、すでに尚子は出ていて美容院に寄ってから直接いくとメモがおいてありました。服を着替えて、食事会の場所に行くと、その手前で田所と由依にあいました。田所は希美香といっしょに3人で圭吾の家に行ったといって、そのあと英美里のあとをつけてきたけど見失ったと話しました。

英美里は、パパ活の相手と会っていました。男が車に連れて行こうとしてるところを希美香が見つけました。追いかけていって、いっしょに帰ろうともみ合いになりました。男は必死になって車に乗せようとしてるところに日向がやってきて、何とか男を追い返しました。

日向は本庄に遅れることを電話して英美里に話を聞きました。日向も希美香も英美里のことを心配してるというと、真紀子は圭吾のことしか見ておらず、なくなってからも圭吾の声しか聞いてないといいます。そして、母親には連絡しないでくれといいました。母親に言って迎えに来てもらえなかったらと思うとたまらないといいました。

日向はタクシーで英美里を家まで送っていきました。英美里と話をしてくれというと、

「圭吾のことを助けられなかったのに口を出すんですか?帰ってください」

と言われてしまいました。

タクシーに戻ろうとすると、食事会は解散したというメッセージが本庄からきていました、そして、尚子から電話が来て、

「なにやってんのよ、あんた。わたしに恥をかかせるために来なかったわけ?そのために食事会やろうって決めたの?もうおわり、おわりよ!」

とキレていて、めちゃくちゃどなっていました。日向は電話を途中で切りました。

 

日向は、本庄の家に行きました。

「ごめん、カズ、わたし・・」

とあやまる日向を部屋の中に入れました。日向が謝ると、自分やうちの両親はいいけど、日向の母親に悪いことをしたといいます。気使ってるのがすごくわかって、いい母親だといいました。

「あのひと、外面はいいから」

「そんな言い方・・」

「わたしが悪いのはわかってる、けど、今日だって、あの人が思ってるのは自分が恥をかかされたってこと。さっきも電話で」

「もういいよ、日向」

「いや、よくない、ご両親に愛されて育ってきたカズにはわからないよ。もうお願いだから、わたしとあの人の間に立とうとか考えないで。あの人はそういう人じゃないから。あの人は、」

すると、本庄は机の上にあったコーヒーを手で跳ね除けて日向を突き飛ばしました。そして目の色が変わった本庄は日向の髪の毛をつかんで

「親を悪く言うな」

とすごみました。

 

喫茶店でパソコンを開いていた霧島先生の前に香澄が現れました。

(⇒8話のあらすじ

 

『明日の約束』7話の感想

おもしろかったですね。話がころがりはじめました。とくに、最後の本庄の豹変はすごかったです。このドラマの中に出てるほとんどの人が闇を持っているのですが、本庄だけは、日向をあたたかく包んであげるような存在のままでいてもらいたかったです。おそらく、これで結婚の話も無くなったんじゃないでしょうか。

本庄の闇は、大好きだった母親や父親を亡くなった兄が荒れて暴力などをふるっていたためにできたものじゃないでしょうか。かわいそうだと思っていたのが、兄が亡くなって愛情が一気に来たのでそれも作用して完全なマザコン、ファザコンになってしまったんだと思います。もしかしたら、亡くなった兄も、本庄が突き飛ばしたとか押しだしたりして無理と事故に遭わせたのかもしれません。

霧島先生も、前の学校での事件で他人事のようになってしまったのではないでしょうか。多分、前の学校で女性生徒に告白されて断りきれずに付き合ってしまったのかもしれません。そのことがばれて大問題になって傷ついたような気がします。なので、真正面から文句を言わずに、日向にも校長先生にも、圭吾の母親にもなるべく波風絶たないような対応をしてると思います。その陰で、ネットの掲示板を利用して、母親が毒親であるという情報を書きまくって情報を操作しようとしてるのではないでしょうか。

香澄の最後のひとりは、母親ですね。香澄は掲示板に書かれてあることを信じてしまって辻先生、長谷部と襲ってきました。今の掲示板には母親が悪いという意見が多いので、おそらくそれを信じて襲うのではないでしょうか。ただ、霧島先生の前に現れたのにはどういう意味があるのか、ちょっと来週が楽しみです。

今回の最後で頼みの綱の本庄も日向の敵になってしまいました。四面楚歌になってしまった日向は、母親の呪縛を断ち切って幸せを手に入れることはできるのでしょうか?

『明日の約束』のストーリー

藍沢日向(井上真央)は、親や教師とは違う立場から、悩みを抱える生徒の心のケアに力を尽くす、高校のスクールカウンセラーです。付き合って3年になるブライダル会社勤務の恋人・本庄和彦(工藤阿須加)からは家にあいさつに行きたいと言われていますが、実は、母の尚子(手塚理美)はいわゆる“毒親”で、日向は幼い頃から過干渉な尚子とのいびつな関係に悩んでいた。

ある日、不登校が続く1年生の吉岡圭吾(遠藤健慎)のことが気になる日向は、クラス担任の霧島直樹(及川光博)と家庭訪問をすることに。母・真紀子(仲間由紀恵)とともに2人を出迎えた圭吾は一見元気そうだったが、日向には自分たちの前で決して笑顔をくずさない圭吾の様子が気にかかる。やがて真紀子は一枚の診断書を取り出し、イジメが原因で圭吾が“軽いうつ”を患っていると、イジメに気付かなかった学校側の対応を非難。しかし日向は、原因は学校だけでなく、真紀子にもあるのではないかと疑う。

そんななか、2年生のバスケ部マネージャー・増田希美香(山口まゆ)が万引き騒ぎを起こした。同居する母の麗美(青山倫子)は離婚後に次々と恋人をつくり、希美香の誕生日当日も男と遊んでいたため、その邪魔をしようとしたらしい。希美香の寂しさに気付いた日向は、「思っていることを吐き出してみたら?」とアドバイスするが、その日の放課後、日向の元に「お母さん、ころしちゃった」と希美香から電話がかかってきて――。

一方、圭吾のイジメについて早速、クラスメイトや所属するバスケ部の顧問に聞き取り調査を行っていた霧島。顧問は、部活内に問題はなかったと主張するが、それでも日向は部員に話を聞きたいと食い下がる。そこへ真紀子から、圭吾が家出したと連絡が入ります。日向は、幼馴染の言葉から、高校にいる圭吾を見つけました。話を聞いてると、圭吾から付き合ってくれと告白されますが、日向は断りました。そこに、母親の紀子がやってきて足早につれて帰りました。翌朝、圭吾は、自らの命を絶ってしまいました。

始めは理由が分からなかった日向や霧島でしたが、クラスメートの田所やバスケ部のマネージャーの希美香から、圭吾はいじめられていたようだと情報を得ます。

日向は同時に自分の母親からも過干渉されてることが恋人の和彦にばれそうになってきました仮名にも言いませんでした。ところが、尚子が勝手に本庄に会って日向のことを頼んでいました。それを知った日向は、「もう二度と会わないで」と本庄に頼みました。

ワイドショーに圭吾の母親の真紀子のインタビューが流れて、マスコミは一方的に学校の責任だと騒ぎ始めました。記者も日向に直接会いにくるようになりました。バスケ部のキャプテンの長谷部と1年の沢井は、圭吾と仲良しだったのですが、いつからか圭吾から距離を置き始めたことがわかりました。そんな時、バスケ部の顧問の辻先生がかつて体罰の事件を起こしたことがマスコミに流れて辻先生は辞表を出しました。家に帰る途中、パンプキンのおめんをかぶったやつにスタンガンで襲われて、鉄パイプで何度も殴られる事件が発生しました。

バスケ部のキャプテン長谷部が大声で怒鳴ってる動画が何ものかによってネットに流れてしまいました。そのことで、圭吾の件も長谷部がやったという風潮になってネットへの書き込みで炎上しました。長谷部は耐えきれなくなって、わざと警察に逮捕されてすべては自分のせいだと言いますが、1年の沢井とマネージャーのおかげでアリバイが成立して釈放されました。

学校に戻ってきた長谷部は、圭吾にたばこのことで脅されていたと日向に告白しました。

日向は、学校でトラブルに巻き込まれてることを知った本庄からプロポーズされます。日向は学校のことが終わったら・・・と言ってOKしました。

学校では動画を撮った犯人はわかりますが、流してはいないと言い切りました。

圭吾の母親は記者会見を開いて、圭吾の部屋の中で長谷部が圭吾に煙草を勧めた録音を公表しました。記者から圭吾が亡くなった時刻を聞いた日向は、長谷部に届いた圭吾の最後のメッセージが母親からだと告げると、長谷部は学校に戻りたいと理事会に訴えました。その日の夜、長谷部は何者かにスタンガンで襲われました。

辻先生と長谷加賀を襲った犯人は同じで、圭吾の幼馴染の香織だと日向だけが知りました。香織は「もう一人、ぜったいに」と言って消えてしまいました。

 


スポンサーリンク

『明日の約束』のキャスト

  • 藍沢日向 井上真央、椿が丘高校のスクールカウンセラー
  • 藍沢尚子 手塚理美 日向の母親
  • 本庄和彦 工藤阿須賀、日向の恋人
  • 吉岡真紀子 仲間由紀恵、圭吾の母親
  • 吉岡圭吾 遠藤健慎、真紀子の息子、1年B組、不登校で亡くなってしまう
  • 吉岡英美里 竹内愛紗、圭吾の妹
  • 吉岡正孝 近江谷太朗、真紀子の夫、教育委員会勤務
  • 白井香澄 佐久間由衣、圭吾の幼馴染、フリーター
  • 小嶋修平 青柳翔、週刊誌記者
  • 轟木博雄 羽場裕一、校長
  • 霧島直樹 及川光博、1年B組担任
  • 北見雄二郎 白洲迅、2年A組担任
  • 大宮奈緒 新川優愛、2年副担任
  • 柏木康介 中林大樹、2年学年主任
  • 宮崎麻子 馬淵英里何、3年学年主任
  • 田所那美 井頭愛海、1年B組学級委員長
  • 上野由依 夏子、1年B組生徒
  • 渡辺純也 掘家一希、1年B組生徒
  • 増田希美香 山口まゆ、バスケ部マネージャー

各話のあらすじ

以上、ドラマ『明日の約束』の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想、動画でした。

他にも面白いドラマがあります。

陸王
刑事ゆがみ

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. CDTVクリスマス音楽祭2017の観覧方法と出演者のタイムスケジュール。アンケートでリクエスト! CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017
  2. 「刑事ゆがみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!弓神が犯人? 刑事ゆがみ
  3. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  4. 「ドクターX 2017」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想。 ドクターX
  5. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
  6. ふたご座流星群は2017年12月14日!見頃の時間や方角と上手に見る方法は? 流星群
  7. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
スポンサーリンク

最新情報

  1. 眠れぬ真珠
  2. ドクターX
  3. コウノドリ2
  4. 刑事ゆがみ
  5. ドクターX
USJ沖縄
  1. リテイク
  2. おから
  3. オーファンブラック
  4. マチ工場のオンナ
  5. ブラックリベンジ
  6. 演歌歌手
  7. 僕たちがやりました
  8. 過保護のカホコ
  9. ラスベガス

多くの人に読まれている情報

  1. 思い出のマーニー
  2. 蛍
  3. 大貧乏
  4. 起業
  5. 就活家族
  6. 天ぷら
  7. 腰みがき
  8. おんな城主直虎
  9. 明日の約束
  10. カルテット
PAGE TOP