明日の約束

ドラマ『明日の約束』の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想。本庄が日向に手をあげた?

明日の約束
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
アシガール最終回
先に生まれただけの僕最終回
オーファンブラック

ドラマ『明日の約束』の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想と動画の紹介です。本庄(工藤阿須加)と婚約した日向(井上真央)は、両家の顔合わせに向かう途中、圭吾の妹・英美里(竹内愛紗)が援助交際をしている現場に遭遇しました。その結果、顔合わせに間に合わず、尚子(手塚理美)から「恥をかかされた」と物凄い剣幕で怒鳴られます。さらに、そんな母親の愚痴をもらす日向に本庄の態度が豹変。怒りをあらわにし、「親を悪く言うな」と日向に手をあげてしまいました。


スポンサードリンク


『明日の約束』の8話のあらすじ

「明日の約束」は、有料ですがFODで見ることができます。⇒ FOD

ここから先はネタバレが含まれます。今までのあらすじはこちら⇒ストーリー

 

「親を悪く言うな」

本庄(工藤阿須加)は日向の髪の毛をつかんですごみました。ちょっとすると、自分が何をしたのか気づいて日向から離れて自分の手を見て恐れおののいていました。そして、頭を抱えて「ごめん、僕、こんなこと、す、するつもりじゃ」といいました。日向は、「ごめん」といいながらすぐに部屋を出て行きました。

本庄の兄も家庭の中で暴れて親に暴力を振るっていたんです。おなじことをしてしまったとショックを受けました。

日向が外に出てボーっとしながら道端に座ってると、霧島先生(及川光博)が通りかかって声をかけてくれました。霧島は学校の相談室まで付き添っていっしょに来てくれて、お茶を入れてあげました。

すると、香澄(佐久間由衣)から電話がかかってきました。香澄は校門の前にいると答えました。二人で校門に行く間に、香澄は相談室においてあった霧島のかばんの中からノートパソコンを取り出して持ち去りました。

校門に着いた二人は霞の姿が見えないので、日向は付近を捜しに、霧島は相談室に戻りました。相談室に戻った霧島は、ノートパソコンが盗まれてることがわかって舌打ちをしました。

 

翌朝、日向が家に帰ると、母親の尚子(手塚理美)が居間に座っていました。日向が「昨日はごめんなさい」と言っても一言も話しませんでした。

記者の小嶋修平(青柳翔)のところに、圭吾の妹・英美里(竹内愛紗)から、圭吾がなくなった理由と証拠を見せると連絡がありました。

その日の夜、日向の家に本庄がやってきました。本庄は日向の顔を見ると、いきなり土下座して謝りました。本庄が暴力を振るったと謝ると、いきなり尚子が「出ていけ」と起こりはじめました。日向はそれを制して本庄を家に上げて話し合いました。

本庄は、兄の家庭内暴力を間近で見ていて、兄が事故で亡くなったときに安心したと話しました。ただ、亡くなったあと、両親は同じようにプレッシャーをあたえてはいけないと思って、本庄には何も求めないで自由にさせていました。それが逆に本庄を苦しめていて、日向が親の悪口をいうのを我慢できなかったといいました。すると、日向は、

「わたしたち、しらないこと多すぎたね~」

「やくそくする。もう二度とあんなことしない」

「ありがとね、話してくれて。でも、すぐには答えられないよ。ごめん」

と答えました。

 

香澄は、霧島のパソコンのキーワード解除に苦労していました。

相談室では、北見先生(白洲迅)や大宮先生(新川優愛)が来て、ネットでは圭吾の母親が毒親だとだいぶ話題になってるといいました。教室でも母親のせいじゃないかとうわさが持ちきりでした。そこにいられなくなった田所や渡辺は屋上でお昼を食べていました。田所はなんで圭吾を無視し始めたのかを聞くと、圭吾が渡辺のことを霧島先生にちくっていたからだとはなしました。

その頃、圭吾の妹・英美里は、圭吾の母親の真紀子(仲間由紀恵)のPCの中をコピーしたものを記者にわたしていました。

相談室では、マネージャーの希美香(山口まゆ)がやってきて、長谷部に告白されたといいました。希美香は母親のことを考えると、自分も同じようになるんじゃないか心配になって決められないというと、希美香は希美香だからと元気付けました。

日向が家に帰ると、上機嫌の尚子から見合いをしないかといわれました。本庄の悪口を言って、会ってみるだけあってみればというと、

「会わない。カズのことも、あなたには関係ないことだから。わたしはお母さんの所有物じゃない」

といって、自分の部屋ににげこみました。日向は、尚子のことを考えながら、本庄との結婚がなくなるかもしれないことにちょっと安心してました。それは、まだ母親になる覚悟ができていないことや、希美香と同じように尚子のようになってしまうことが怖いからでした。

その頃、香澄は朱里と会っていました。朱里はできることならなんでもする、ずっと謝りたいと思ってたからといいました。香澄はノートパソコンを持っていました。

 

翌日、大道寺弁護士が高校にやってきました。そして、告訴をとりさげるので穏便にすませてくれと頭を下げました。霧島がなぜ方針を変えたのかと聞くと、圭吾が家庭内で虐待を受けていたという証拠が夕方のニュースで出るといいました。それは母親による盗聴でした。

そのころ、真紀子も弁護士事務所に行って、どうなってるのかと文句を言いました。対応した職員が、真紀子の評判が悪くなってるし、盗聴もしていたのでは?といわれました。そして、自分を責めるという気持ちはないんですか?と逆に言われました。

圭吾の家では、妹の英美里が真希子のパソコンからデータを削除して、希美香に「最後に・・もう二度と会えないかもしれないから」というメッセージを送りました。そこに真紀子が帰ってきました。英美里が圭吾の音声データを全部消したというと、泣き叫んで英美里に手をかけようとしました。

そこに、父親が帰ってきて文句を言うと、あんたには言う資格はないといって家を出て行くといいました。すでに自相には連絡済だと言って出て行きました。

英美里が道を歩いてると、希美香と日向がタクシーでやってきました。英美里は、圭吾の声を消したけど真紀子は自分のことは見てくれなかったといいました。日向は、

「生きていけないなんていっちゃ駄目だよ」

と言って抱きしめました。英美里は

「ごめんなさい。わたし、どうしたらいいのかわららなくて」

といいながらなきだしました。そして、熱帯魚も圭吾がやったといって、自由になるにはそれしかないといいました。

 

夕方、真紀子と圭吾の音声がニュースで流れました。職員室の中では一件落着とは行かずに、重苦しい空気が流れていました。

相談室にいた日向に香澄から連絡があって喫茶店に行くと、朱里がいました。朱里は今になって悪いことをしたとわかって協力してるといいました。そして、自分達のときも圭吾の事件も同じだと言って霧島先生のノートパソコンを渡しました。

日向はそれをみたあと、学校で霧島先生と話をしました。ノートパソコンを渡しながら香澄が3年前と同じことが起きてたと確信していたといって、

「彼女が最後の一人と言っていたのは、桐嶋先生です」

「これの中身を見たんですか?」

「見ました。一部ですが」

「そうですか」

「吉岡君がクラスで孤立するきっかけを作ったのは霧島先生だったんですね」

「ええ、その通りですよ」

と笑顔で答えました。

(⇒9話のあらすじ

『明日の約束』8話の感想

最後の霧島先生の顔がとてもこわかったですね。つまりは、クラスの中のひとりをいじめさせるように何かの方法をつかって仕向けたということだと思います。それが前回は香澄で、今回は圭吾だったということだと思います。どちらも、自ら命を奪うところまで追いつめていったんだと思いますが、これは、犯罪になるのかどうか、なにをやったのかにもよりますが微妙なところだと思います。

自分できっかけを作って、子供たちがどう動くかを楽しんでいて、それを心配そうに見てるとしたら、かなりサイコパスな教師を演じてるんだと思います。ただ、そうなっていくと、テーマがかなりぶれてしまうような気がします。

いちおう、圭吾と母親の問題は決着しました。圭吾がいないので仕方がないのですが、結論はバラバラになることでした。

残ってるのは、日向と尚子の問題、本庄の心の問題で、それに加えて霧島先生の心の問題が今回出てきてしまいました。どうやって解決していくのか、だいぶ難しそうです。

そのあたりを見てみると、親との関係というのがかなり大切なんじゃないかなと感じました。親がどう接触するかで、子供が自分の子供とどう接触するか、伴侶とどうかかわっていくのかがある程度決まってしまうと思うと、少し怖くなってしまいました。

『明日の約束』のストーリー

藍沢日向(井上真央)は、親や教師とは違う立場から、悩みを抱える生徒の心のケアに力を尽くす、高校のスクールカウンセラーです。付き合って3年になるブライダル会社勤務の恋人・本庄和彦(工藤阿須加)からは家にあいさつに行きたいと言われていますが、実は、母の尚子(手塚理美)はいわゆる“毒親”で、日向は幼い頃から過干渉な尚子とのいびつな関係に悩んでいた。

ある日、不登校が続く1年生の吉岡圭吾(遠藤健慎)のことが気になる日向は、クラス担任の霧島直樹(及川光博)と家庭訪問をすることに。母・真紀子(仲間由紀恵)とともに2人を出迎えた圭吾は一見元気そうだったが、日向には自分たちの前で決して笑顔をくずさない圭吾の様子が気にかかる。やがて真紀子は一枚の診断書を取り出し、イジメが原因で圭吾が“軽いうつ”を患っていると、イジメに気付かなかった学校側の対応を非難。しかし日向は、原因は学校だけでなく、真紀子にもあるのではないかと疑う。

そんななか、2年生のバスケ部マネージャー・増田希美香(山口まゆ)が万引き騒ぎを起こした。同居する母の麗美(青山倫子)は離婚後に次々と恋人をつくり、希美香の誕生日当日も男と遊んでいたため、その邪魔をしようとしたらしい。希美香の寂しさに気付いた日向は、「思っていることを吐き出してみたら?」とアドバイスするが、その日の放課後、日向の元に「お母さん、ころしちゃった」と希美香から電話がかかってきて――。

一方、圭吾のイジメについて早速、クラスメイトや所属するバスケ部の顧問に聞き取り調査を行っていた霧島。顧問は、部活内に問題はなかったと主張するが、それでも日向は部員に話を聞きたいと食い下がる。そこへ真紀子から、圭吾が家出したと連絡が入ります。日向は、幼馴染の言葉から、高校にいる圭吾を見つけました。話を聞いてると、圭吾から付き合ってくれと告白されますが、日向は断りました。そこに、母親の紀子がやってきて足早につれて帰りました。翌朝、圭吾は、自らの命を絶ってしまいました。

始めは理由が分からなかった日向や霧島でしたが、クラスメートの田所やバスケ部のマネージャーの希美香から、圭吾はいじめられていたようだと情報を得ます。

日向は同時に自分の母親からも過干渉されてることが恋人の和彦にばれそうになってきました仮名にも言いませんでした。ところが、尚子が勝手に本庄に会って日向のことを頼んでいました。それを知った日向は、「もう二度と会わないで」と本庄に頼みました。

ワイドショーに圭吾の母親の真紀子のインタビューが流れて、マスコミは一方的に学校の責任だと騒ぎ始めました。記者も日向に直接会いにくるようになりました。バスケ部のキャプテンの長谷部と1年の沢井は、圭吾と仲良しだったのですが、いつからか圭吾から距離を置き始めたことがわかりました。そんな時、バスケ部の顧問の辻先生がかつて体罰の事件を起こしたことがマスコミに流れて辻先生は辞表を出しました。家に帰る途中、パンプキンのおめんをかぶったやつにスタンガンで襲われて、鉄パイプで何度も殴られる事件が発生しました。

バスケ部のキャプテン長谷部が大声で怒鳴ってる動画が何ものかによってネットに流れてしまいました。そのことで、圭吾の件も長谷部がやったという風潮になってネットへの書き込みで炎上しました。長谷部は耐えきれなくなって、わざと警察に逮捕されてすべては自分のせいだと言いますが、1年の沢井とマネージャーのおかげでアリバイが成立して釈放されました。

学校に戻ってきた長谷部は、圭吾にたばこのことで脅されていたと日向に告白しました。

日向は、学校でトラブルに巻き込まれてることを知った本庄からプロポーズされます。日向は学校のことが終わったら・・・と言ってOKしました。

学校では動画を撮った犯人はわかりますが、流してはいないと言い切りました。

圭吾の母親は記者会見を開いて、圭吾の部屋の中で長谷部が圭吾に煙草を勧めた録音を公表しました。記者から圭吾が亡くなった時刻を聞いた日向は、長谷部に届いた圭吾の最後のメッセージが母親からだと告げると、長谷部は学校に戻りたいと理事会に訴えました。その日の夜、長谷部は何者かにスタンガンで襲われました。

辻先生と長谷加賀を襲った犯人は同じで、圭吾の幼馴染の香織だと日向だけが知りました。香織は「もう一人、ぜったいに」と言って消えてしまいました。

日向は、結婚をせいている本庄から両家の親の顔合わせの食事会を提案されます。母親の尚子も乗り気でした。食事会の日、会場に行く前に、パパ活をしてる圭吾の妹を見つけて保護しました。タクシーで家まで送っていくと、すでに食事会は解散したというメッセージが本庄から入ります。どうじに尚子からは、「はじをかかせやがって」と怒りの電話が来ました。途中で切って、本庄の家に行きました。

部屋に入って謝ってると、本庄が尚子のことを話し出しました。日向が尚子とはかかわらないでくれと愚痴を言うと、いきなり本庄は日向を突き飛ばして、髪の毛をつかんで「親を悪く言うな」と、人が変わったかのような鬼の顔をしてすごみをきかせました。

 


スポンサーリンク

『明日の約束』のキャスト

  • 藍沢日向 井上真央、椿が丘高校のスクールカウンセラー
  • 藍沢尚子 手塚理美 日向の母親
  • 本庄和彦 工藤阿須賀、日向の恋人
  • 吉岡真紀子 仲間由紀恵、圭吾の母親
  • 吉岡圭吾 遠藤健慎、真紀子の息子、1年B組、不登校で亡くなってしまう
  • 吉岡英美里 竹内愛紗、圭吾の妹
  • 吉岡正孝 近江谷太朗、真紀子の夫、教育委員会勤務
  • 白井香澄 佐久間由衣、圭吾の幼馴染、フリーター
  • 小嶋修平 青柳翔、週刊誌記者
  • 轟木博雄 羽場裕一、校長
  • 霧島直樹 及川光博、1年B組担任
  • 北見雄二郎 白洲迅、2年A組担任
  • 大宮奈緒 新川優愛、2年副担任
  • 柏木康介 中林大樹、2年学年主任
  • 宮崎麻子 馬淵英里何、3年学年主任
  • 田所那美 井頭愛海、1年B組学級委員長
  • 上野由依 夏子、1年B組生徒
  • 渡辺純也 掘家一希、1年B組生徒
  • 増田希美香 山口まゆ、バスケ部マネージャー

各話のあらすじ

以上、ドラマ『明日の約束』の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想、動画でした。

他にも面白いドラマがあります。

陸王
刑事ゆがみ

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「刑事ゆがみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!弓神が犯人? 刑事ゆがみ
  2. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  3. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  4. 「ドクターX 2017」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想。 ドクターX
  5. ふたご座流星群は2017年12月14日!見頃の時間や方角と上手に見る方法は? 流星群
  6. CDTVクリスマス音楽祭2017の観覧方法と出演者のタイムスケジュール。アンケートでリクエスト! CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017
  7. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
スポンサーリンク

最新情報

  1. オーファンブラック
  2. マチ工場のオンナ
  3. マチ工場のオンナ
  4. NBA2017-2018
  5. 眠れぬ真珠
嫌われる勇気
  1. 警視庁いきもの係
  2. ランニング
  3. お迎えデス。
  4. おんな城主直虎
  5. お迎えデス。
  6. マラソン
  7. サクラ
  8. 下剋上受験
  9. あなたのことはそれほど

多くの人に読まれている情報

  1. the-bucket-list
  2. コピーフェイス
  3. 今からあなたを脅迫します
  4. コウノドリ2
  5. ドクターX
  6. 2016春ドラマ
  7. 就活家族
  8. 母になる
  9. カンナさーん!
PAGE TOP