明日の約束

ドラマ『明日の約束』の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想。霧島が圭吾のいじめを?

明日の約束
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
アシガール最終回
先に生まれただけの僕最終回
オーファンブラック

ドラマ『明日の約束』の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想と動画の紹介です。香澄が「あと一人…」と言うターゲットは圭吾の担任教師・霧島(及川光博)。香澄は霧島を陥れるべく、ノートPCを盗み出し、日向(井上真央)に託す。中身を見た日向は、霧島が圭吾の死に大きく関わっていることを知りがくぜん。教師として、生徒を守るべき立場の霧島がとった驚きの行動について、その真意を問いただす。


スポンサードリンク


『明日の約束』の9話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。今までのあらすじはこちら⇒ストーリー

 

「吉岡君がクラスで孤立するきっかけを作ったのは霧島先生だったんですね」

と、日向が聞くと、

「ええ、その通りですよ」

と、霧島先生は答えました。ただ、種を巻いただけだといいました。そして、何をしたのか話し始めました。

霧島先生は、クラスの生徒の渡辺に

「少し、言いにくいんだが、最近はどうだ、クラスで何か問題は起きていないか」

と聞いて、何もないというと、

「そっか、吉岡の勘違いか~」

とつぶやきました。そして、ホームルームが終わると、圭吾を職員室によびました。それを見ていた渡辺は、圭吾が霧島先生に何か告げ口をしてると錯覚して圭吾を無視し始めたんです。

霧島先生が、ただそれだけをしたというと、日向は「そうしむけたんじゃないですか」と責めました。動画も、渡辺が取ってるのを知っていて、渡辺の携帯からデータを盗んでネットに流したといいました。

どうしてそんなことをしたのかというと、

「これは僕なりの教育です。間違った考え方や行いに対して、相応のペナルティを与えるということです。彼らが社会に出る前に」

といいました。教師失格だと日向が言うと、それを認めてそういうことを受ける生徒には受けるなりの問題があるといいました。そして、圭吾が亡くなったことは母親のせいで、しかも、自分よりも、日向が告白を断ったことのほうがきっかけになったかもしれないといいました。さらに、自分はただの小悪党で圭吾の件は母親が犯人だということで解決したといいました。日向がこのことを学校に話すというと、告白のこともばらしますと脅されました。

翌朝、日向が家を出るときに、母親の尚子が圭吾の事件のニュースを見て、ひどい母親だと言っていました。ニュースでは、真紀子は1年も盗聴をしていたと報道されていました。

日向はバスケ部のマネージャー希美香(山口まゆ)といっしょに圭吾の妹の英美里と会いました。英美里はホテル住まいをしていて、児童相談所の結果街だということでした。帰り道、希美香は、今なら冷静に話せるので、自分の母親に会いに行こうと思ってるといいました。その後で長谷部に返事をするといいました。日向は、希美香は自分よりも強いと感じました。

圭吾の家では、父親が

「2年前に渡した離婚届を出してくれないか」

と真紀子に言っていました。真紀子は、ちゃんとした家族を作りたかっただけなのにどこがいけなかったんですか?と聞くと、そういうところが息が詰まるんだよと言って出て行きました。

 

日向は家に帰ると、尚子と続けていた「明日の約束」という日記を開いていました。12歳のときに書くのをやめたのですが、尚子とどう向き合っていくのか考えていました。そこに、本庄から電話が来ました。もう一度ちゃんとあって話したいというと、

「もう会わないほうがいいとおもう」

と日向が言いました。本庄は、たった一回の暴力で納得できないし、親も悲しむというと、

「カズのせいじゃない。わたしの問題なの」

「どういう意味なの」

日向は、二人でいるときは楽しかったけど、本庄と結婚することをイメージしてなくて、ちゃんと向き合ってこなかったといいます。本庄も、自分の親に認めてもらいたいと思ってるんじゃないかと言いました。そして、今の本庄の気持ちにはこたえられないといって電話を切りました。

 

記者の小嶋(青柳翔)のところに、新しいネタがきました。不倫していたタレントが相手を刺してしまったということでした。そのことで圭吾の事件は世間から忘れられてしまいました。

霧島先生がホームルームをしてると、生徒達が圭吾の家にお線香を立てに行きたいといいます。しかし、それは自己満足で、学校としてはこれ以上こじらせたくないので、今は自重しろと告げました。

生徒たちはそのことを相談室に来て、日向に相談しに来ました。言うことはわかるけど納得できないし、圭吾が亡くなった本当の理由を知りたいといいました。日向も難しいと答えました。

日向は職員室に行って、霧島先生を相談室に呼んで話をしました。霧島は、生徒達の心のケアをするのは日向の仕事だといいます。そして圭吾にペナルティを与えたのは、入学したときに真紀子が声をかけてきたからだといいました。真紀子は、霧島が前に務めていた学校で起こした事件のことを言って、霧島先生を脅したんです。その事件は、性的暴行を受けたとでっち上げられて退職に追い込まれたといいました。

霧島先生は、そのことがなければ圭吾に目をつけることはなかったといいます。日向は、前の学校での事件のせいでそんな考え方になったのかというと、霧島先生は動揺しました。そして、圭吾の家に行っても生徒達が傷つくだけだからと言って、部屋を出て行きました。

そこに、北見先生(白洲迅)がやってきて、「俺でよかったらなんでも言ってください」と元気付けました。コーヒーを入れようとすると、英美里から電話がありました。真紀子の盗聴のデータをもらってきてもらいたいということでした。

日向が、記者の小嶋のところに行くと、圭吾の事件は、真犯人もわからないまま尻きれトンボで終わってしまったといいました。日向が「真犯人?」というと、とりあえず盗聴データを聞いてみてくれと渡されました。

日向は学校に帰って、そのデータを聞いて見ました。圭吾とまきこのやり取りを聞いてると深く落ち込んでしまいました。そこに、朱里から電話が来て、香澄がいなくなってしまったと告げられました。もしかしたら、霧島先生のところに言ったんじゃないかといいました。急いで職員室にいくと、すでに帰っていました。

霧島先生が校門を出ると、霞が後を付け出しました。

 

日向は自転車であとを追いかけようとすると、校門のそとに香澄がいました。香澄は、襲ってやろうかと思ったけど、やめたといいます。そして、公園に行って話をしました。霧島先生はきっかけを作っただけで、盗聴のきっかけを作ったのや圭吾の手を汚させたのは自分だといいました。ウサギは圭吾がころしたのではなくて、山に返していたことを話しました。そして、圭吾を止めていたら亡くならなかったかもしれないと自分を責めました。それを聞いた日向は、自分も告白されたことを言って、香澄と同じだといいます。日向はそろそろけじめをつけないと言って、

「うまくいえないけど、だれのせいで吉岡君がなくなったのかっていう考え方は間違っていた気がする。わたしのやるべきことは犯人探しじゃないから」

「日向先生、警察ついてきてくれる?」

「いいよ、行こう」

香澄は、霧島のパソコンデータが入ってるUSBを日向にわたしました。

 

日向はそのデータを校長に渡してすべてを話しました。霧島先生をよぶと、依願退職をしてくれといいました。霧島先生が日向の告白のことを言おうとすると、すでに日向は報告していました。そして、その責任は取るつもりですからと言って、日向は退職願を出しました。

日向が家に帰ってくると、尚子がシチューを作ろうとしていました。日向はそれを手伝いながら明日の約束のノートのことを考えていました。

圭吾の家では、真紀子がロープをドアの取っ手にかけていました。

(⇒最終話のあらすじ

『明日の約束』9話の感想

霧島先生は、きっかけを作っただけでした。おそらく、霧島先生のPCには、何をしたのか、何を言ったのかを克明にかかれていたのではないかと思います。香澄はそれを見て、霧島先生を襲うつもりだったのですが、心の中に違和感が出てきたんだと思います。それは、背中を押したのは、結局自分だったということです。周りの環境をつくられて、その中で自分の思い込みでいろいろしてしまったことに気が付いたのではないでしょうか。なので、けじめをつけたんだとかんじました。

毒親と呼ばれる人がいるのと逆に、「子供を愛さない親はいない」ともよく言われます。ただ、実際にはネグレクトとか、虐待などがありますし、愛してない親もいると思います。そして、そのことに悩んでる人も、いるのではないでしょうか。そう考えると、ステレオタイプ的に、毒親とそうでない親と分けてしまうのは、かなり危険なんじゃないかと感じます。だれでも毒親的な部分を持っていて、おなじようにネグレクト的な部分も持ってると考えた方が健全のような気がしました。

ですから、このどらまには結末がないんじゃないかと思います。毒親という設定の3人の母親とは、距離を置くしかないし、距離を置いたうえで改めて考え直すしかないというのが結論といえば、それっぽいと思います。たまたま、日向は日記を書くのをやめたことで自ら離れようとしただけですし、希美香は日向のおかげで強制的には慣れられて、圭吾は他の要因もかさなって自らの命をたってしまったということだと思います。自分の親、子供を改めて見直すためにつくったきっかけがこのドラマなんじゃないかと感じました。

次回は最終回で、日向がけじめをつけると言っていました。今までの日向の表情は、どこかしら冷めたような、なにかふてくされたような顔をしていました。その表情がどのように変わっていくのか、とても楽しみです。

『明日の約束』のストーリー

藍沢日向(井上真央)は、親や教師とは違う立場から、悩みを抱える生徒の心のケアに力を尽くす、高校のスクールカウンセラーです。付き合って3年になるブライダル会社勤務の恋人・本庄和彦(工藤阿須加)からは家にあいさつに行きたいと言われていますが、実は、母の尚子(手塚理美)はいわゆる“毒親”で、日向は幼い頃から過干渉な尚子とのいびつな関係に悩んでいた。

ある日、不登校が続く1年生の吉岡圭吾(遠藤健慎)のことが気になる日向は、クラス担任の霧島直樹(及川光博)と家庭訪問をすることに。母・真紀子(仲間由紀恵)とともに2人を出迎えた圭吾は一見元気そうだったが、日向には自分たちの前で決して笑顔をくずさない圭吾の様子が気にかかる。やがて真紀子は一枚の診断書を取り出し、イジメが原因で圭吾が“軽いうつ”を患っていると、イジメに気付かなかった学校側の対応を非難。しかし日向は、原因は学校だけでなく、真紀子にもあるのではないかと疑う。

そんななか、2年生のバスケ部マネージャー・増田希美香(山口まゆ)が万引き騒ぎを起こした。同居する母の麗美(青山倫子)は離婚後に次々と恋人をつくり、希美香の誕生日当日も男と遊んでいたため、その邪魔をしようとしたらしい。希美香の寂しさに気付いた日向は、「思っていることを吐き出してみたら?」とアドバイスするが、その日の放課後、日向の元に「お母さん、ころしちゃった」と希美香から電話がかかってきて――。

一方、圭吾のイジメについて早速、クラスメイトや所属するバスケ部の顧問に聞き取り調査を行っていた霧島。顧問は、部活内に問題はなかったと主張するが、それでも日向は部員に話を聞きたいと食い下がる。そこへ真紀子から、圭吾が家出したと連絡が入ります。日向は、幼馴染の言葉から、高校にいる圭吾を見つけました。話を聞いてると、圭吾から付き合ってくれと告白されますが、日向は断りました。そこに、母親の紀子がやってきて足早につれて帰りました。翌朝、圭吾は、自らの命を絶ってしまいました。

始めは理由が分からなかった日向や霧島でしたが、クラスメートの田所やバスケ部のマネージャーの希美香から、圭吾はいじめられていたようだと情報を得ます。

日向は同時に自分の母親からも過干渉されてることが恋人の和彦にばれそうになってきました仮名にも言いませんでした。ところが、尚子が勝手に本庄に会って日向のことを頼んでいました。それを知った日向は、「もう二度と会わないで」と本庄に頼みました。

ワイドショーに圭吾の母親の真紀子のインタビューが流れて、マスコミは一方的に学校の責任だと騒ぎ始めました。記者も日向に直接会いにくるようになりました。バスケ部のキャプテンの長谷部と1年の沢井は、圭吾と仲良しだったのですが、いつからか圭吾から距離を置き始めたことがわかりました。そんな時、バスケ部の顧問の辻先生がかつて体罰の事件を起こしたことがマスコミに流れて辻先生は辞表を出しました。家に帰る途中、パンプキンのおめんをかぶったやつにスタンガンで襲われて、鉄パイプで何度も殴られる事件が発生しました。

バスケ部のキャプテン長谷部が大声で怒鳴ってる動画が何ものかによってネットに流れてしまいました。そのことで、圭吾の件も長谷部がやったという風潮になってネットへの書き込みで炎上しました。長谷部は耐えきれなくなって、わざと警察に逮捕されてすべては自分のせいだと言いますが、1年の沢井とマネージャーのおかげでアリバイが成立して釈放されました。

学校に戻ってきた長谷部は、圭吾にたばこのことで脅されていたと日向に告白しました。

日向は、学校でトラブルに巻き込まれてることを知った本庄からプロポーズされます。日向は学校のことが終わったら・・・と言ってOKしました。

学校では動画を撮った犯人はわかりますが、流してはいないと言い切りました。

圭吾の母親は記者会見を開いて、圭吾の部屋の中で長谷部が圭吾に煙草を勧めた録音を公表しました。記者から圭吾が亡くなった時刻を聞いた日向は、長谷部に届いた圭吾の最後のメッセージが母親からだと告げると、長谷部は学校に戻りたいと理事会に訴えました。その日の夜、長谷部は何者かにスタンガンで襲われました。

辻先生と長谷加賀を襲った犯人は同じで、圭吾の幼馴染の香織だと日向だけが知りました。香織は「もう一人、ぜったいに」と言って消えてしまいました。

日向は、結婚をせいている本庄から両家の親の顔合わせの食事会を提案されます。母親の尚子も乗り気でした。食事会の日、会場に行く前に、パパ活をしてる圭吾の妹を見つけて保護しました。タクシーで家まで送っていくと、すでに食事会は解散したというメッセージが本庄から入ります。どうじに尚子からは、「はじをかかせやがって」と怒りの電話が来ました。途中で切って、本庄の家に行きました。

部屋に入って謝ってると、本庄が尚子のことを話し出しました。日向が尚子とはかかわらないでくれと愚痴を言うと、いきなり本庄は日向を突き飛ばして、髪の毛をつかんで「親を悪く言うな」と、人が変わったかのような鬼の顔をしてすごみをきかせました。

日向をにらみつけた本庄は、数秒後、われに返って謝りだしますが、日向は逃げて帰りました。

圭吾の妹の英美里が、母親の真紀子の盗聴のデータを記者に渡してそれがニュースになり、いちおう圭吾の事件は終わりになります。親に愛されていないと思った英美里派命を絶とうとしますが、日向が助けました。

香澄は、隙を突いて霧島のノートパソコンを奪って中身を見ました。そのノートパソコンは日向にわたされて、圭吾をいじめさせていたのは霧島だったことが日向はわかりました。

 


スポンサーリンク

『明日の約束』のキャスト

  • 藍沢日向 井上真央、椿が丘高校のスクールカウンセラー
  • 藍沢尚子 手塚理美 日向の母親
  • 本庄和彦 工藤阿須賀、日向の恋人
  • 吉岡真紀子 仲間由紀恵、圭吾の母親
  • 吉岡圭吾 遠藤健慎、真紀子の息子、1年B組、不登校で亡くなってしまう
  • 吉岡英美里 竹内愛紗、圭吾の妹
  • 吉岡正孝 近江谷太朗、真紀子の夫、教育委員会勤務
  • 白井香澄 佐久間由衣、圭吾の幼馴染、フリーター
  • 小嶋修平 青柳翔、週刊誌記者
  • 轟木博雄 羽場裕一、校長
  • 霧島直樹 及川光博、1年B組担任
  • 北見雄二郎 白洲迅、2年A組担任
  • 大宮奈緒 新川優愛、2年副担任
  • 柏木康介 中林大樹、2年学年主任
  • 宮崎麻子 馬淵英里何、3年学年主任
  • 田所那美 井頭愛海、1年B組学級委員長
  • 上野由依 夏子、1年B組生徒
  • 渡辺純也 掘家一希、1年B組生徒
  • 増田希美香 山口まゆ、バスケ部マネージャー

各話のあらすじ

以上、ドラマ『明日の約束』の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想、動画でした。

他にも面白いドラマがあります。

陸王
刑事ゆがみ

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
  2. CDTVクリスマス音楽祭2017の観覧方法と出演者のタイムスケジュール。アンケートでリクエスト! CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017
  3. 「ドクターX 2017」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想。 ドクターX
  4. ふたご座流星群は2017年12月14日!見頃の時間や方角と上手に見る方法は? 流星群
  5. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  6. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  7. 「刑事ゆがみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!弓神が犯人? 刑事ゆがみ
スポンサーリンク

最新情報

  1. オーファンブラック
  2. マチ工場のオンナ
  3. マチ工場のオンナ
  4. NBA2017-2018
  5. 眠れぬ真珠
  1. 婚活
  2. 京都
  3. 脳にスマホが埋められた!
  4. おそ松さん
  5. おんな城主直虎
  6. にきび
  7. 下剋上受験
  8. ハロウィン2016

多くの人に読まれている情報

  1. 突然ですが、明日結婚します
  2. ブレンダー
  3. 京都
  4. 東京タラレバ娘
  5. 火花
  6. 結婚式
  7. 今からあなたを脅迫します
  8. 猫
  9. 恋がヘタでも生きてます
  10. フランケンシュタインの恋
PAGE TOP