ブラックペアン

ブラックペアンのキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)。主題歌は小田和正さんの『この道を』

4月22日(日)の夜9時から始まる新ドラマ「ブラックペアン」のキャスト1話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。ドラマ「ブラックペアン」は、2007年にだされた海堂尊さんの小説「ブラックペアン1988」を原作にしたドラマです。嵐の二宮和也さんがオペ室の悪魔と呼ばれてる渡海征司郎を演じます。渡海は手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医ですが、その傲慢な性格と言動で周囲との軋轢を生んでいます。渡海は、新たに導入されることになった「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具がほんとうに役に立つのか?と疑問を持ち始めたことで、製薬会社、医療機器メーカー、厚生労働省、大学病院などとの間で闘いがはじまっていきます。「チームバチスタ」の原点ともいえる小説です。


スポンサーリンク


キャスト

  • 渡海征司郎 二宮和也
  • 世良雅志 竹内涼真、研修医
  • 花房美和 葵わかな、看護師
  • 黒崎誠一郎 橋本さとし
  • 関川文則 今野浩喜
  • 横山正 岡田浩暉
  • 田口公平 森田甘路
  • 渡海一郎 辻萬長、渡海征司郎の父
  • 渡海春江 倍賞美津子、渡海征司郎の母
  • 木下香織 加藤綾子、治験コーディネーター
  • 池永英人 加藤浩次、医療ジャーナル誌の編集長
  • 西崎啓介 市川猿之助、帝華大学外科教授
  • 高階権太 小泉考太郎、新任エリート講師
  • 佐伯清剛 内野聖陽、東城大学外科教授

1話のあらすじ

ドラマ「ブラックペアン」の1話を4/29の20:59まで無料で見れます⇒TVer

東城大学医学部付属病院に帝華大学の西崎教授(市川猿之助)がやってきました。実は東城大学医学部付属病院と帝華大学は、日本の心臓外科の頂点を争っていたんです。東城大学医学部付属病院には、佐伯教授(内野聖陽)がいて、日本総合外科学会理事長選を西崎教授と争っていました。

西崎教授が来たのは、佐伯教授が行う難しい手術を見学にきたんです。手術室にはカメラが入っていて、講堂の大きなスクリーンには手術室の様子が映し出されていました。

手術が始まりました。佐伯式と呼ばれる心臓を動かしたまま行う手術でした。

しばらくして、入院してる佐伯教授の別な患者が大動脈乖離をおこして苦しみ始めました。すぐに佐伯教授のところに連絡が行って、別な手術室に運ばれました。佐伯教授の一番弟子の横山(岡田浩暉)がその手術室に行って処置を開始しました。その様子もモニターにうつしながら佐伯教授が横山に指示を与えました。

横山は処置をおこないましたが、心臓を動かすと出血がおきてしまいました。横山は、佐伯に知らせてはいけないといって輸血を急がせました。ただ、出血箇所がわからずに状況は悪くなる一方でした。すると、だれかが

「あの人を呼びますか?」

と横山に言うと、それは駄目だと拒否しますが、そのときに一人の男が手術室に入ってきました。渡海征司郎(二宮和也)でした。

渡海は、モニターの映し方が悪くて佐伯教授の指示が間違っていたといいました。そして、横山に

「1000万でもみけしてやるよ。辞表かけよ。お前の退職金、1000万でもみ消してやる」

横山は、「たすけてくれ」といって後ろに下がりました。

渡海は見事に出血を止めて、大動脈乖離の手術を始めました。佐伯式と呼ばれる方式でした。佐伯教授よりも早い時間で手術を終えました。

その様子を西崎教授といっしょにやってきた帝華大の高階(小泉考太郎)が見ていました。

 

研修医の世良(竹内涼真)の指導医が渡海になりました。世良が横山からの引継ぎの担当の皆川の病室に行くと、見たことのない機械が並んでいて戸惑いました。その日の夜、外部長から呼び出されて、この間の渡海の手術のレポートを書き直せといわれました。佐伯式は、佐伯教授しかしてはいけないものでした。

先輩の医師からは、渡海は地位は一番低いけども腕は佐伯教授並みで誰も逆らうことが出来ないとおそわりました。

翌日、佐伯教授の手術がカンファレンスで発表になりました。医療ジャーナルという業界紙の編集長が見学に来るということでした。成功すれば、かなり理事長選挙に影響が出る手術でした。

そこに、帝華大学の高階が異動になったと紹介されました。高階は、スナイプという手術器具を取り出して、アメリカで開発された最新式の器具だと説明しました。その器具は、佐伯式をボタンひとつで出来て、誰にでも出来る手術だということでした。手術時間は佐伯式の3分の一でした。佐伯式は佐伯教授一人しかできませんが、誰にでも出来るスナイプは、佐伯教授を待ってる何千何万人の命を救えると説明しました。

 

世良が担当の皆川のところに行くと、急に発作がおきました。あせってると、渡海がきて助けてくれました。その日の夜、落ち込んだ世良が看護師の花房美和(葵わかな)に愚痴を言ってると、皆川が窓の外を見ていたことを思い出しました。のぞいてみると、花が咲いていない一本の桜がありました。

翌日、皆川が病室に帰ってくると、世良がそのことを言うと、皆川が生まれたときと同じときに植えられたと教えてくれました。もう枯れちゃったと悲しく言うと、世良が、つぼみがつき出したといって取ってきた画像を見せました。すると、がんばってみると皆川が行ってくれました。

そのころ、皆川の手術をどうするかどうか佐伯教授達が話し合っていました。そこに、高階がやってきてスナイプでやってみたらどうかと提案しました。渡海や世良たちも院長室に呼ばれて、どうするかが話し合われました。佐伯教授は高階の提案を受けようといいました。佐伯教授は助手に渡海を指名しました。

渡海は了解しますが、スナイプが失敗したら高階に辞表を書いてもらいたいといいました。そういうと、高階も、成功したら渡海に辞表を書いてもらいたいといいました。

高階たちは皆川のところに行って術式を説明して、了解を得ました。

その部屋を出ると、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)がやってきて勉強会に来てくれといわれました。その日の夜、連れられていったところは、フランス料理店でした。治験用の患者を廻してもらいたいという話を聞いて世良は怒って出て行きました。その後で渡海は、香織に調べてほしいことがあるんだとひそひそ声でいいました。

 

皆川の手術の日、渡海が現れませんでした。世良が探し回ると、仮眠室のソファで寝ていました。世良が起こすと、メールが届きました。それを見た渡海はプリントアウトして、黒崎教授(橋本さとし)に渡すように指示して手術室に向かいました。講堂でそれを読んだ黒崎教授は手術の中止を要請しました。そこには、スナイプの事故症例がのっていて死亡例もあったとかかれていました。

手術室佐伯教授にもそれが届きました。佐伯教授が高階にどういうことか聞いてると、渡海がやってきました。そして、スナイプを持って出て行けといいますが、成功させる自信があるといって譲りませんでした。

佐伯教授は、高階にスナイプの手術の続行を命じました。

高階が再開すると、手術は見事に成功しました。講堂で見ていた西崎教授や医療ジャーナルの編集長は立ち上がって拍手を送りました。

その日の夜、世良が渡海に「どうするんですか?賭けに負けんたんですよね」といってると、今にわかるといいました。すると、看護師がやってきて、皆川が苦しみだしたとほうこくがありました。世良はすぐにとんでいきました。すると、渡海がやってきて動脈麗が破裂したんだと高階に説明し手病室をあとにしました。高階は佐伯教授に連絡しましたが、「君の患者だから君に任せる」と言われて電話を切られました。

高階の緊急手術が始まりました。しかし、予想以上の出血で、高階の手ではどうにもなりませんでした。パニックになってると、渡海がやってきました。

「辞表かくか?お前の退職金で助けてやる」

「名に行ってるんだこんなときに。出血が」

「じゃあ、やれよ、自分で」

そういいうと渡海は歩いていってしまいました。手術室にいた世良が渡海を追いかけていって

「いくらはらえばたすけてくれるんですか?」

と叫びました。皆川は自分の患者だから助けてくれと土下座をして頼みました。すると、渡海が引返してきて、「時間がない。お前が手伝え」と言って手術室にはいりました。

手術が終わると、

「一億な、お前は払い終えるまで、ここで俺のために働き続けろ」

そういってわらいながら、渡海は手術室を後にしました。

渡海は佐伯教授に報告しに行きました。すると、

「渡海、お前は本当にわたしに貢献してくれてる」

(⇒2話のあらすじ

スタッフ

ドラマ「ブラックペアン」のスタッフは、

  • 脚本 丑尾健太郎
  • 演出 福澤克雄
  • 主題歌 小田和正「この道を」
  • 原作 海堂尊「ブラックペアン1988」

脚本の丑尾健太郎さんは、

  • 都庁爆破!
  • 小さな巨人
  • 無痛
  • HEAT

などの脚本を書かれた人です。

演出の福澤克雄さんは、1964年生まれの54歳のTBSの演出家、映画監督です。また、福澤諭吉の玄孫にあたります。慶応大学卒業後、富士フィルムにはいられますが夢を捨てきれずに、1989年の25歳のときにTBSに中途入社されました。入社後すぐに、金八先生シリーズや「砂の器」「華麗なる一族」などの演出をされました。2007年には、日本で最も視聴率を稼げるドラマディレクターとされています。代表作は、

  • 半沢直樹
  • 流星ワゴン
  • 下町ロケット
  • 小さな巨人
  • 陸王

です。

主題歌の「この道を」を歌われてる小田和正さんは、1947年生まれの70歳の日本を代表するシンガーソングライターです。今でも現役でライブ活動をされています。元オフコースのリーダーでボーカルです。

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ブラックペアン」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)でした。

他にも、あなたに見てもらいたい面白いドラマがFODプレミアムにあります。今なら、31日間無料で見ることができます。  

おすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

本日のおすすめ情報

  1. リッチマンプアウーマンの動画(1話~最終話)を今すぐ無料視聴する方法。
  2. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  3. HuluやFODを無料で映画やドラマを見る方法。安室奈美恵さんの動画やチケットも! 映画
  4. コストコの店舗の一覧と予定は?時給の高さと出店計画の土地条件が凄い
  5. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2018プレーオフ
  2. ラブリラン
  3. モンテクリスト伯
  4. 未解決の女
  5. アフリカの夜
  1. 野菜
  2. フランケンシュタインの恋
  3. 六龍が飛ぶ
  4. キャリア
  5. コウノドリ2
  6. 探偵少女アリサの事件簿
  7. ロストバゲージ
  8. スーパーサラリーマン左江内氏

多くの人に読まれている情報

  1. カビ対策
  2. 探偵物語
  3. anone
  4. この声をきみに
  5. 待機児童問題
  6. もみ消して冬
  7. スターウォーズ~最後のジェダイ~
ビットフライヤー
PAGE TOP