ブラックペアン

ブラックペアンの4話のあらすじ(ネタバレ)。

ブラックペアン

ドラマ「ブラックペアン」の4話のあらすじ(ネタバレ)です。

スポンサーリンク

4話のあらすじ

スナイプを使った手術が同時に2件成功したことで、東城大ではスナイプを20台導入する方針を固めてカンファレンスで発表されました。

高階(小泉孝太郎)は症例を重ねていて、スナイプに関する論文を着実に進めていました。

ただ、論文の最後に記す研究の最高責任者の名前をどうするか、悩んでいました。そこに載った名前の教授が大量のインパクトファクターをもらえることから、この論文が外科学会理事長選の行方を左右するためでした。

論文が掲載される日本外科ジャーナルとの太いパイプを持つ佐伯教授(内野聖陽)と帝華大の西崎教授(市川猿之助)による闘いは、最終局面を迎えていました。

医療ジャーナル誌の現編集長の池永(加藤浩次)は、前編集長の楠木からの強い要望で、西崎教授の名前で論文を掲載することができないと、西崎にはなしていました。すると、すでに手を打ってあると西崎はいいました。

ある日、島野小春という7歳の女の子が僧帽弁閉鎖不全ということで入院してきました。ただ、問題は、血小板と凝固因子が極端に少なく、血液が固まりにくい状態だと高階がカンファレンスで発表していました。輸血アレルギーもあって輸血が不可能であることから佐伯式は不可能だといいました。

じつは、島野小春は高階の患者で、スナイプ手術をさせてくれと頼んだんです。佐伯は断わりましたが、高階が、楠木の妻が肝臓がんで帝華大に入院して化学治療を受けてるので、自分の論文は、どちらの名前を書いてもジャーナルに掲載されると脅しました。佐伯は、笑いながら東城大学で引き受けるといいました。

カンファレンスで佐伯は渡海にスナイプ手術をしろといいますが、「断わる」といいました。佐伯式だったらやると言って、最近は誰もがスナイプを勉強していて、佐伯式は負けだといいきりました。すると、佐伯はもう手術はするな、ここから出て行けと渡海にいいました。高階が担当になりました。

しばらくして、世良(竹内涼真)が渡海の荷物をまとめにやってきました。ただ、渡海は寝てるだけで世良は一人で片付け始めました。

高階は島野小春の手術について準備を始めました。成功率は5%もないと世良にもらしました。

治験コーディネーターの香織(加藤綾子)が佐伯と食事をしてると、渡海から電話がかかってきました。渡海はひとつお願いがあると言いました。

スポンサーリンク

 

世良が控え室にいると、ベルが鳴り響きました。急性の心不全で、高階が飛んできてみてみると、MR(僧帽弁逆流)で緊急手術が必要でした。スナイプで手術をすると世良にいいました。

手術室に入って画像を見ると、僧帽弁に菌のかたまりがついていました。スナイプはつかえない、佐伯式しか方法はないと高階が言いました。世良は、渡海を呼ぼうといいました。

花房美和(葵わかな)が迎えに行くと、「断わる」といいました。理由は教授に手術にかかわるなといわれたからだと言いました。世良が早く来てくれと電話で説得しましたが、途中で電話を切ってしまいました。

手術室でもう駄目だと高階がつぶやいてると、手術室のドアが開いて佐伯があらわれました。すぐに佐伯式の手術を始めました。はじめてみた世良は、「本当に神様だ。それに比べてあの人は・・・」と心の中でおもいました。佐伯が出て行った後、世良は美和に渡海の文句をいいました。

高階は何度も小春ちゃんの心臓手術のシミュレーションを何度もやっていましたが、一度も成功しませんでした。島野小春が寝てるベッドの横に来ても、そのことが頭を離れずに手が震えていました。ふと見ると、小春の小さな手が高階の指を握っていました。

渡海が仮眠室に帰ろうとすると、高階がまっていました。高階は小春ちゃんをちいさいときからみていて、苦しんでるところをずっとみてきたといいます。そして、小春ちゃんのためにスナイプを海外から取り寄せて、西崎教授に言われるままにやってきた、それもすべて小春ちゃんの命を救うためだといいました。そして、今の自分ではスナイプを使っても小春ちゃんの命を救うことは出来ないので、助けてくれと頭を下げました。

すると、渡海は、

「じゃあ、ころせよ、おまえもしね。というか、そもそもスナイプじゃ無理なんだよ」

と言って仮眠室に入っていきました。

高階が追いかけていくと、「いくらいいものでも切れないメスじゃオペは出来ないんだよ」と言って、渡海はスナイプの設計図を見せました。そして、そいつの欠点は太いところだと言って、カテーテル手術の動画をパソコンで見せました。小春ちゃんには心臓に穴があるので、そこを通して、カテーテルにスナイプの装置をつけたものを心臓まで通せばいいといいました。

やり方はわかりましたが、高階はこんな最高難度の手術は渡海しかできないといいます。渡海は、にやりと笑って、手術するなと言われてるけど、どうする?と高階を見ました。

高階は佐伯に、小春ちゃんの手術を渡海にさせてくれとお願いしました。佐伯ははじめからそのつもりだったから、何の問題もないといって許してくれました。

 

手術の日。高階と渡海の二人が協力し合って小春ちゃんの手術は成功しました。

渡海が手術室を出ると、佐伯が待っていました。佐伯は余計な心配はせずにわたしを信じて支えてくれてればいいといいました。渡海は何も言わずに歩いていきました。

高階は佐伯に感謝を伝えにいきました。論文だけじゃなくて実際に手術に使うことで可能性が出てくる、わたしを信じてついてきてほしいといいました。

その日の夜、高階が渡海にありがとうと言いに行くと、

「貸しといてやるよ、あんたにはいずれ、金じゃないものをはらってもらう。信じるな。佐伯を。信じるな、あの男は自分の身に危険が及ぶときには、平気でだれでも切り捨てる」

医療ジャーナルが発表になりました。高階の論文の最後には、佐伯の名前と西崎の名前、両方が載っていました。

佐伯が驚いてると、高階がやってきて、「もうしわけありませんが、ご理解ください。わたしへの処遇はどんなものでもお受けいたします」と言って帰っていきました。それは西崎の指示でした。利用するだけ利用しろと言われていたんです。

治験コーディネーターの香織が話しかけると、

「これでインパクトファクターは、わたしと西崎教授のものだ。これでもう東城大に用はない」

と言って歩き出しました。

渡海は自分の部屋でその論文を読みながらわらっていました。

(⇒5話のあらすじ

キャスト

  • 渡海征司郎 二宮和也
  • 世良雅志 竹内涼真、研修医
  • 花房美和 葵わかな、看護師
  • 黒崎誠一郎 橋本さとし
  •  
  • 関川文則 今野浩喜
  • 横山正 岡田浩暉
  • 田口公平 森田甘路
  • 渡海一郎 辻萬長、渡海征司郎の父
  • 渡海春江 倍賞美津子、渡海征司郎の母
  • 木下香織 加藤綾子、治験コーディネーター
  • 池永英人 加藤浩次、医療ジャーナル誌の編集長
  • 西崎啓介 市川猿之助、帝華大学外科教授
  • 高階権太 小泉考太郎、新任エリート講師
  • 佐伯清剛 内野聖陽、東城大学外科教授

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ブラックペアン」の4話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生の転機は40代




疲れたときにおススメ

  1. ニューヨーク恋物語
  2. プリズンブレイク
  3. 民王
  4. チームバチスタの栄光
  5. 東京ラブストーリー
  6. 僕のいた時間
  7. プロポーズ大作戦
  8. ビーチボーイズ
  9. 未来少年コナン
  10. 極悪がんぼ

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 上流社会
  2. 魔女の法廷
  3. マスター・ククスの神
  4. 結婚契約
  5. ミッシングナイン-1
  6. 輝け、ウンス!
  7. 恋のドキドキシェアハウス
  8. ロボットじゃない
  9. 町の弁護士 チョ・ドゥルホ
  10. クリミナルマインド;KOREA
スポンサーリンク

最新情報

  1. スーツ
  2. スーツ
  3. NBA2017-2018
  4. 今日から俺は!
  5. 下町ロケット2
突然ですが、明日結婚します
  1. 今夜、ロマンス劇場で
  2. お母さん、娘やめていいですか?
  3. ハゲタカ
  4. 今日から俺は!
  5. 椅子
  6. 釣り
  7. キャリア

多くの人に読まれている情報

  1. ああ、私の幽霊さま
  2. 家政婦のミタゾノ
  3. ぼくは麻理のなか
  4. 先に生まれただけの僕
  5. 恋は雨上がりのように
  6. ブラックリベンジ
  7. 富士ファミリー
  8. おんな城主直虎
エステ・タイム
PAGE TOP