ブラックペアン

ブラックペアンの8話のあらすじ(ネタバレ)。

ブラックペアン

ドラマ「ブラックペアン」の8話のあらすじ(ネタバレ)です。

スポンサーリンク

8話のあらすじ

東城大学に西崎教授(市川猿之助)が部下達を引き連れてやってきました。佐伯教授(内野聖陽)と熱い握手をして手術の成功を誓いあいました。

実は、1週間前に、医療ジャーナル誌の編集長の池永(加藤浩次)をつれて西崎教授がやってきたときに、カエサルのお披露目の手術を帝華大に中継したいともうしこんできたんです。

西崎教授は、執刀は帝華大の坂口にさせて、帝華大主導で行いたいといいました。佐伯教授は了解しますが、執刀は西崎教授にやってもらいたいといいます。でなければ、うちで執刀をするというと、西崎教授は受けました。

そのあと、佐伯教授が執刀してると、手が震えてメスを取り落としてしまいました。すぐにオぺ看の師長が自分のミスだと宣言しました。それをみていたものは、渡海以外佐伯教授のせいだとは気づきませんでした。

そのご、カエサルの手術を東城大学で、西崎教授によって行われることが発表されました。黒崎誠一郎(橋本さとし)が助手をやるものを募集すると、高階(小泉考太郎)と渡海、世良(竹内涼真)が立候補しました。

帝華大のチームがミーティングをしてると、助手は渡海と世良だけで言いといいました。さらにもうひとりいると言って、オペ看の猫田(趣里)をしょうかいしました。

佐伯教授は、すべて渡海に任せてあるといってたびたび出かけるようになりました。

西崎教授は渡海とカエサルのシミュレーションをしたあと、何者かが以前勤めていた武田という医師のIDを使って、飯沼達次という患者を系列の病院100件の中から探そうとしていたと渡海に聞きました。そのような名前の患者はいなかったといって、なぜ調べていたのかとききました。渡海は何も答えずに、手術がんばろうといって歩いていきました。その会話を世良がきいていました。

ある日、小林隆一という患者が入院してきて佐伯教授の手術を受けることになりました。

最近佐伯教授が外に出かけることが多いと、世良が渡海にいうと、どこに行ってるのか調べて来いと世良に命じました。世良は、花房美和(葵わかな)と2人で尾行を始めした。ついていくと、桜病院で何かの検査を受けていました。

西崎教授は、渡海とシミュレーションをしたあと調子が悪くなったといって、渡海をはずせと高階に命じました。

高階が都会のところに行くと、西崎教授からはずせと命じられたのか?とすぐに聞かれました。高階はなぜ今回は協力してるのかときくと、それ以上に気に食わないやつがいるからだといいました。

高階は小林隆一のことを黒崎のことに聞くと、佐伯教授からの手術が決まってる患者で極秘扱いだといいました。症例はカエサルの予定の患者よりも軽めでした。それを西崎教授に言うと、佐伯教授からその患者を奪えと命じました。

高階が都会のところに行くと、世良が佐伯教授の行き先を渡海に報告していました。この間メスを落としたことに何か関係がありそうだというと、渡海は心臓だとすぐに言いました。

それを聞いた高階はびっくりして物音を立ててしまいました。気づかれた高階は、そのことを渡海に確認しました。渡海はさっさと西崎教授に報告に行けといいました。高階はそのことを西崎には何も言いませんでした。

世良は、以前美和から心臓にペアンが写ってる写真をみたということを思い出して、美和に佐伯教授の過去のデータをしらべてくれといいました。過去のデータは何もなかったというと、次は飯沼達次という名前で調べてくれといいました。美和が調べてると、いきなり猫田が現れました。美和は、ペアンが写ったレントゲン写真を見たことないかと聞くと、「渡海先生の邪魔をするなら、あなたをつぶすことになるわ」と言って歩いていきました。

渡海は、廊下を歩いてる佐伯に、心臓の事を聞きますが何もしらないとしらばっくれました。渡海は、小林隆一という患者は緊急性を感じられないというと、知り合いに頼まれただけと佐伯は言いました。そして、カエサルの手術はしっかりやってくれといって歩いていきました。

スポンサーリンク

 

カエサルの手術の日。

佐伯教授の姿が見えませんでした。帝華大への中継時に、佐伯の挨拶もあるのでおおさわぎになりました。さらに、工藤という患者がカエサルの手術に決まってたのですが、小林隆一という患者に変わっていました。小林隆一は、桜病院の医師の息子でした。

高階が、みんなに責められてると、渡海がやってきて、手術の対象が小林隆一に変わったのは自分だと告げました。

高階が理由を聞きますが、渡海は何も言わずに手術室にむかいました。

手術が始まると、西崎が挨拶をはじめました。その中で、佐伯が心臓の病気をわずらっていてもう手術はできないので、佐伯の患者をカエサルで行うといいました。高階がなぜ知ってるのかとおどろいてると、西崎は渡海に、すべての情報をありがとうといいました。ただ、手術は別なスタッフがやるといって帝華大のチームを手術室に入れて、渡海や高階たちを追い出しました。

手術室を出た高階が渡海になぜすべてを話したのかと聞くと、佐伯を倒すためだと答えました。ただ、はじめから高階をはずすつもりだったと渡海はいいました。

手術が始まりました。しばらくすると、助手達の動きが悪くて出血が始まりました。その大騒ぎを見て、渡海たちは手術室にもどりました。

マイクをオフにして、「止血は俺がするからカエサルで手術しろ。それであんたは理事長だ」と渡海が準備を師ながら言いました。そして、「あんたの失敗、もみけしてやるよ」とささやきました。

渡海が止血を始めると、佐伯がやってきました。そして、西崎が降りたなら自分がやるといって、渡海に「変わるんだ。邪魔」と言って手術を始めました。手術は成功しました。

佐伯は「これがおれだ、ブラックペアンだ」といってでていきました。

西崎は「おまえら、全員首だ」と叫んででていきました。

渡海は、小林隆一の父親の小林院長に会いに行きました。そして、佐伯は桜病院にいって誰を見ていたか?とききました。おどしあげると、「飯沼達次」とつぶやきました。

そのころ、佐伯は廊下を歩いている途中に倒れてしまいました。渡海は「いったか」といってはしりだしました。

(⇒9話のあらすじ

キャスト

  • 渡海征司郎 二宮和也
  • 世良雅志 竹内涼真、研修医
  • 花房美和 葵わかな、看護師
  • 黒崎誠一郎 橋本さとし
  • 関川文則 今野浩喜
  • 横山正 岡田浩暉
  • 田口公平 森田甘路
  • 渡海一郎 辻萬長、渡海征司郎の父
  • 渡海春江 倍賞美津子、渡海征司郎の母
  • 木下香織 加藤綾子、治験コーディネーター
  • 池永英人 加藤浩次、医療ジャーナル誌の編集長
  • 西崎啓介 市川猿之助、帝華大学外科教授
  • 高階権太 小泉考太郎、新任エリート講師
  • 佐伯清剛 内野聖陽、東城大学外科教授

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ブラックペアン」の8話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 結婚
  2. 人生の転機は40代




疲れたときにおススメ

  1. グッドモーニングコール
  2. セレブと貧乏太郎-1
  3. 家族の旅路
  4. 孤独のグルメ-5
  5. 感情8号線
  6. 残念な夫
  7. この世の果て
  8. 探偵物語
  9. ファイティングガール
  10. TOKYOエアポート

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 恋のドキドキシェアハウス
  2. 月桂樹洋服店の紳士たち
  3. ただ愛する仲
  4. 輝くか、狂うか
  5. アイム・ソーリー・カン・ナムグ
  6. 我が家のハニーポット
  7. 明日、キミと
  8. トゥーカップス~ただいま恋が憑依中
  9. ファンタスティック~君がくれた奇跡~
  10. 白詰草
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBAオールスター2019inシャーロット
  2. メゾンドポリス
  3. NBA2017-2018
  4. スーパームーン
蛍
  1. ひよっこ
  2. 世にも奇妙な物語
  3. いつまでも白い羽根
  4. office
  5. レモン
  6. ハゲタカ
  7. ドクターX
  8. コーヒープリンス1号店
  9. 健康で文化的な最低限度の生活

多くの人に読まれている情報

  1. 信長協奏曲
  2. 悦ちゃん
  3. レモン
  4. 脳にスマホが埋められた!
  5. リピート~運命を変える10か月~
  6. クモの糸QMONOS
  7. 椅子
  8. 先に生まれただけの僕
  9. 義母と娘のブルース
  10. オキシトシン
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP