ブラックリベンジ

『ブラックリベンジ』の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想★沙織がナイフで福島を!

ブラックリベンジ
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
コウノドリ
マチ工場のオンナ

ドラマ『ブラックリベンジ』の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。沙織は生きる意味を再び見失いますが、糸賀朱里(鈴木砂羽)に促され、福島への復讐を再度誓いました。


スポンサードリンク


『ブラックリベンジ』8話のあらすじ

「ブラックリベンジ」は有料ですが、U-NEXTで見ることができます。人気ドラマが一番多いです⇒ U-NEXT

これから先は、ネタバレがふくまれます。これまでのストーリーはコチラ⇒ストーリー

 

ある雨の日、沙織(木村多江)は週刊星流の編集部が入ってるビルから出てくる福島(佐藤二朗)を、ナイフを持ちながら待っていました。玄関から出てくる福島に近寄ろうとすると、部下達が出てきて思いとどまりました。そんな沙織を福島が振り向いてにやっと笑って歩いていきました。それを、天満(平山浩行)と、芦原咲良(岡野真也)が見ていました。

沙織の表情を見て心配になった咲良はお弁当を作って持ってきてくれました。元気付けようと明るく話しながら、沙織のために何でもすると言いますが、沙織は、もうかかわらないで自分のやりたいことをやれといいました。

咲良は、天満に会いに行って沙織がおかしかったと言いますが、天満もかかわるなと言いました。一人でもやると大声で怒鳴って出て行きました。

その頃、病院で沙織の妹の綾子(中村映里子)が目を覚ましました。息子を連れて散歩に行こうとすると、窓から見張ってる記者がいることに気がつきました。しかたなく屋上に行くと、外に行くフェンスが開いてることに気がつきました。息子を抱いてそこから飛び降りようとすると、後ろから沙織が声をかけました。

「そこから飛び降りるつもりなの?それで、わたしが慶ぶとでも思った?」

「お姉ちゃんもわたしがいなくなったほうがいいでしょ」

「相変わらず自分のことしか考えてないのね」

「どうしたらいいのかわからなくなっちゃった。わたしのことゆるせないでしょ」

「とうぜんでしょ、どうやったらゆるせるというの?でも大丈夫よ、安心して。あと少しですべてが終わる。綾子は今までどおり悠斗と仲良く二人で暮らせるようになるから」

そういうと、沙織は歩いていきました。

 

高槻(堀井新太)はカウンセラーの朱里(鈴木砂羽)の事を調べていました。すると、朱里ではなくて、入山灯里が本名だとわかります。その名前を調べると恵蘭女子中学を卒業だということがわかりました。

沙織は朱里のところに行って、「息の根を止めます」と朱里に話していました。朱里は

「すべてが終わったら、もう一度ここに来なさい。わたしがあなたに新しい生きがいを与えるから」

と告げました。

咲良は、福島の今までの情報が、中野のトランクルームに置かれてることを聞きだしました。夜になって鍵を見つけてトランクルームにやってくると、福島がやってきました。デスクに監視カメラがついていて、鍵をあさってる咲良がしっかり映っていたんです。福島はクビだと告げて歩いていきました。

沙織は、圭吾のお墓に行って終わらせることを話しました。天満はその姿を写真にとって福島に送っていました。

 

スクープ大賞の受賞パーティーの日。福島がスピーチを終わって荷物を取りにいくと、その部屋に沙織が現れました。福島は、この数日間警戒してたといいます。そして、沙織のインタビューを乗せる第三弾を出すつもりだと言います。それを聞いた沙織はナイフを出して福島にとびこみました。

ところが、福島にかんたんに撃退されてしまいました。

福島はインタビューをするといってスマホで写真を撮り始めて騒ぎ始めます。すると、沙織は

「ごめんなさい。許してください」

と涙を流していいました。福島はかさにかかって謝れと言い出しました。福島は勝ち誇って笑いながら叫んでいました。

 

その頃、朱里は廃校になった恵蘭女子中学の屋上に言って花を供えていました。

 

福島たちが編集部に帰ってくると、TVのニュースで圭吾のことを取り上げる特集をしていました。福島たちがみてると、そこに、圭吾の妻だといって沙織がでてきました。そして、

「わたしは星流に夫をころされたんです」

と話し始めました。圭吾の捏造記事の話をしたあと、すべては福島が仕組んだことだと話しました。そして、証拠はこの映像にあるといってDVDを渡してすぐに流してもらいました。そこには、さっき受賞会場で沙織を罵倒してしゃべったことがすべて記録されていました。実は、天満がスパイアプリを送って、福島のスマホを操作して録画したんです。

最期に、福島に向けて沙織が話しました。

「これで、すべて終わり。あなたもわたしも地獄に落ちるの。星流ごと。骨の髄まで炎上なさい」

そういったあと、沙織は笑い出しました。

その映像を見てた朱里は大笑いしていました。

(⇒9話のあらすじ

「ブラックリベンジ」は有料ですが、U-NEXTで見ることができます。人気ドラマが一番多いです⇒ U-NEXT

『ブラックリベンジ』8話の感想

おもしろかったですね。これで福島にも復讐することができました。もう、同じ業界では雇ってくれるところはないと思います。ただ、残念なのは、刑事事件にはならないということです。民事で訴えればお金をとることもできるのかもしれませんが、社会的に懲らしめただけなので、手ぬるい様な気がしました。

とはいえ、芸能界ですら、あれだけ叩かれた人たちも何事もなく帰ってきているので、雑誌の社会でも、普通の仕事をしていくにはあまり影響はないのかもしれません。おそらく仕事はできるので、ブレーン的に使って行けばいいと考える人も出てくるような気がします。

そう考えると、沙織がうけた暴力に比べれば格段に少ないような気がしました。それは、南城にも、さゆみにも感じました

残るは、朱里のなぞだけです。朱里はいったい誰に復讐をしたいのか、来週から明らかになっていくと思います。楽しみですね。

『ブラックリベンジ』のストーリー

5年前、将来有望な政治家だった寺田圭吾(高橋光臣)は、ねつ造されたスキャンダル記事を「週刊星流」にスクープされて、追いつめられて自ら命を絶ってしまいました。

妻の今宮沙織(木村多江)は、そのことに気づき、復讐を誓います。相手は、塚本修二郎(神尾佑)、愛原サユミ(芹那)、南條夕子(横山めぐみ)たちでした。

沙織は、夫の恨みを晴らすべく、

「目には目を。スキャンダルにはスキャンダルを」

と考えて、自ら週刊誌の記者の契約ライターとなってスキャンダルを出していく方に回りました。そして、数々のスキャンダルをものにしていくうちに、夫の敵の塚本たちのスキャンダルも少しずつつかんでいきます。そして、夫を陥れたゲス達を、スキャンダルをつかって逆に追い詰めていきます。

元週刊文春エース記者の中村竜太郎氏が監修した、登場人物が全員ゲスの、ジェットコースター復讐ドラマです。

1話では、塚本のプロ愛人の口から、妻の前で愛人と告白させることができました。塚本が大臣になった瞬間を狙って週刊誌に載せて、塚本の人生をめちゃくちゃにすることができました。

女優のサユミには、結婚式の当日までに、今までの男との裸で絡んだ画像を入手して、結婚式当日に大スクリーンに流してスキャンダルを作ることに成功しました。それを乗せた週間星流はまたしても完売して、サユミは芸能界から姿を消しました。

南條夕子は、若手イケメンモデル達をつかってセレブの主婦達の愛人クラブをネットで運営していました。沙織はなんとかそのサイトや証拠を集めて夕子を週刊誌の記事に載せることができました。

すべて終わったと圭吾のお墓で行ってると、夕子が来て、本当の黒幕は週刊星流の編集長の福島勲(佐藤二朗)だとばらしました。次の標的は福島だと決めた沙織は、脅迫されてる城田のところに1000万円を持っていこうとしますが、ビルの上から城田が落ちてきました。

天満は、城田が調べた沙織の過去を知って沙織に聞きますが、逆に捏造記事のことを知りました。福島に確認するとあっさり認めました。沙織に謝ると、協力してくれと言われて、福島がいないすきに福島の告発記事を印刷所に送って自分は時評を出しました。

ところが、発売された星流には、圭吾と沙織の妹の綾子との不倫記事に代わっていました。

圭吾と綾子の第二段の記事が出てしまいました。悠斗が圭吾と綾子のこどもだと知った沙織は直接綾子に話を聞くと、認めました。

綾子は周りの主婦達の噂話や子供たちの言葉で意識を失って倒れてしまいました。沙織も綾子のことで衝撃を受けて朱里の所に行ってすべてを話して、もう生きてる意味がないというと、朱里はまだ残ってることがあるといって、福島への復讐をたきつけました。

 


スポンサーリンク

『ブラックリベンジ』のキャスト

  • 今宮沙織 木村多江、週刊誌の記者
  • 寺田圭吾 高橋光臣、沙織の夫、5年前に亡くなる
  • 石山綾子 中村映里子、沙織の妹
  • 糸賀朱里 鈴木砂羽、カウンセラー
  • 高槻裕也 堀井新太、圭吾の元秘書、沙織の協力者
  • 福島勲 佐藤二朗、週刊星流編集長
  • 天満龍二 平山浩行、編集部デスク
  • 城田純一 DAIGO、天満に雇われた調査員
  • 田村雄大 竹内まなぶ(カミナリ)、編集部員
  • 岡島まこと 石田たくみ(カミナリ)、編集部員
  • 芦原咲良 岡野真也、新入社員、沙織のパートナー
  • 塚本修二郎 神尾佑、沙織の夫の敵
  • 愛原サユミ 芹那、沙織の夫の敵
  • 南條夕子 横山めぐみ、沙織の夫の敵
  • 彩香 白羽ゆり、塚本のプロ愛人

8話以外のあらすじ

以上、ドラマ『ブラックリベンジ』の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

コウノドリ2
奥様は、取り扱い禁止

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ふたご座流星群は2017年12月14日!見頃の時間や方角と上手に見る方法は? 流星群
  2. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  3. 「刑事ゆがみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!弓神が犯人? 刑事ゆがみ
  4. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
  5. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  6. 「ドクターX 2017」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想。 ドクターX
  7. CDTVクリスマス音楽祭2017の観覧方法と出演者のタイムスケジュール。アンケートでリクエスト! CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017
スポンサーリンク

最新情報

  1. 眠れぬ真珠
  2. ドクターX
  3. コウノドリ2
  4. 刑事ゆがみ
  5. ドクターX
家政婦のミタゾノ
  1. レンタル救世主
  2. 待機児童問題
  3. 節電生活
  4. 奥様は、取り扱い注意
  5. チアリーダー
  6. あなたのことはそれほど
  7. ミニファミコン
  8. サッカー
  9. 母になる

多くの人に読まれている情報

  1. 演歌歌手
  2. あなたのことはそれほど
  3. サバ缶
  4. プロ野球
  5. ANA
  6. モチベーション
  7. おんな城主直虎
  8. 家売るオンナ
  9. Jリーグワールドチャレンジ2017
PAGE TOP