ブランケットキャッツ

『ブランケットキャッツ』2話「我が家の夢のブランケット・キャット」のあらすじと感想!

ブランケットキャッツ
LINEで送る
Pocket

 今夜のドラマは?
明日の約束
監獄のお姫さま

NHKのドラマ10『ブランケットキャッツ』の2話「我が家の夢のブランケット・キャット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。ゲストはマギーさんです。


スポンサードリンク


2話以外のあらすじは、

ドラマ『ブランケットキャッツ』のキャスト

  • 椎名秀亮 西島秀俊
  • 椎名陽子 酒井美紀、秀亮の亡くなった妻
  • 藤村美咲 吉瀬美智子、藤村動物病院の医師、秀亮の幼馴染
  • 水島楓 島崎遙香、藤村動物病院の動物看護士
  • 佐伯さくら 唐田えりか、さくら食堂の看板娘
  • 佐伯奈緒子 美穂純、さくら食堂の女将

ドラマ『ブランケットキャッツ』のストーリー

椎名秀亮(西島秀俊)は、2年前に妻の陽子(酒井美紀)を交通事故で亡くした家具職人です。自分でお店を経営しています。陽子は無類の猫好きで、7匹の猫を飼っていました。名前は、ペコ、チャイ、たま、みこ、キー、むぎ、クロ。秀亮は猫には興全く興味がなく名前も知りませんでしたが、陽子が亡くなってからは、陽子の身代わりとして、罪滅ぼしの気持ちでその7匹の世話をしていました。

そんな、秀亮を心配そうに見ているのが、幼馴染で近所に動物病院を開いている医師の藤村美咲(吉瀬美智子)でした。贖罪のように猫の世話をする秀亮を身近に見ることで、いたたたまれないような気持ちになります。そして、7匹の猫を可愛がってくれる飼い主を見つけることを提案して、チラシをつくってあちこちに貼りました。

チラシの甲斐があって、飼いたいと言う人達がやってきますが、秀亮は、陽子の忘れ形見のだいじな猫たちを可愛がってくれる人じゃないとあげることを許しませんでした。秀亮は、飼う人、飼う家、飼う環境をじっくり見て、さらにお試し期間で3日間の共同生活での相性が合うかどうかも確かめてから引き取ってもらうことにしました。

なので、中々秀亮のめがねにかなった人は現れません。そんな様子を、美咲は、口をはさみながらじれったく見守っていました。

 


スポンサーリンク

ドラマ『ブランケットキャッツ』2話のあらすじ

「ブランケットキャッツ」は、他のNHKのドラマ、大河も含めて人気のドラマを、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

2話「我が家の夢のブランケット・キャット」

リストラされてしまった隆平(マギー)は、喫茶店で友達に再就職を頼みますが、友達も最近業績が悪いので無理だと断られてしまいます。その帰り道、秀亮(西島秀俊)の猫の飼い主募集の張り紙があるのを見つけて、さっそく秀亮の働いている家具店にやってきます。

ねこを飼ったことがないけれど、元々ねこ好きで子供も大きくなったから飼ってみたくなったと言うと、秀亮は厳しい質問を仕掛けますが、たまたまいた美咲(吉瀬美智子)に勧められて、キー(金時)を飼うことが決定しました。秀亮は、猫を連れて隆平の家に一緒に行って承諾を得ました。

マギーがソファーの上にキーを載せて嬉しそうに写真を撮ってると、妻の春恵(奥貫薫)に

「ねこなんて飼えるわけないでしょ。何を考えてるの?返してきて」

といきなり怒られてしまいます。隆平がリストラされて3か月の間仕事が決まらなくて、今まで住んでいた家を売り払って引っ越すことになっていたんです。隆平は、「3日だけ」と頼み込んで飼うことを許してもらいました。

そこに、子どもの陽太(高村佳偉人)が帰ってきました。涼太が小さいころ欲しがっていたのを覚えていて、借りてきたのですが、涼太に見せても思いのほか喜びませんでした。が、とりあえず「ニャースケ」と名付けて可愛がってくれました。そこに、美雪(原舞歌)が帰ってきましたが、何も言わずに2階に上がって行ってしまいました。心配になって部屋に行ってみると

「クラスの男子に夜逃げするのかって言われた。なんで、こんな思いしなきゃいけないの。ぜんぶおとうさんのせいでしょ」

と部屋を追い出されてしまいました。

その日の夜の食事中、相変わらず美雪は何も話しませんでした。隆平は、陽太にニャースケには決められたキャットフードを上げなきゃいけないし、ニャースケの毛布は大事だからそばに置いておかなきゃいけないと説明しました。それを聞いていた美雪は、

「ばっかみたい。猫が困るのはそんなに心配すんのにさ、わたしが困るのはどうでもいいんだ」

と言って、2階に上がって行ってしまいました。

 

翌日、秀亮の所に、家具の引き取りの見積もり依頼の電話が来ました。すぐに行ってみると、隆平の家でした。隆平はいなくて、妻の春恵から引っ越すことを話されます。そこに隆平が帰ってきました。隆平は秀亮と公園まで歩いて行って、リストラのこととか家を売る話をすべて話しました。

「女房にあきれられました。こんな時に猫なんか!って。でも、何か一つ、子どもたちの夢をかなえてやりたかったんです。家を売って転校しなきゃいけなくて、つらい思いをさせる子供たちのために何か一つ。昔、約束したんですよ」

家を買ったときに、二人とも猫を飼いたいと駄々をこねていたときがあったんです。「おおきくなったらね」と言う約束をしていたのを思い出して猫をもらいに行ったんです。それを聞いた秀亮は

「いい迷惑だ。猫を飼うってことは約束するってことだ。ちゃんと寿命まで面倒見るってことだ」

「ほんと、ダメな男です。女房に離婚言い出されても、何も言い返せません」

「あした、トライアル期間が終わったら返してもらう」

「ありがとうございます。女房にあきれられて、娘にうらまれて、今の俺は息子が喜んでくれてることだけが心の支えなんです」

「そうかな、もっと奥さんの事、信じていいんじゃないかな」

そういうと、秀亮は帰っていきました。

隆平が家に帰ると、内見したいという人が来ると言われます。妻の春恵は、

「悪いんだけど、陽太とニャースケつれて外に言っていてくれないかな」

と、娘の美雪に頼みました。初めは嫌だと言いましたが、不動産屋がこの家を買う人を連れてくるからというと、一緒に外に行ってくれました。

しばらくすると、不動屋さんが内見する人達を連れてきました。隆平の所と同じような4人家族で、子どもたちも同じくらいの年齢でした。隆平は家を買ったときのことを思い出してしまいました。2階の子供部屋を見に行くと、美雪の部屋の壁に

「この家を買う奴は不幸になれ!」

と壁一面に大きくかかれていました。見に来た家族はそれを見て怒ってしまい、不動産屋さんからも、もう一度話合われてはと言われて帰ってしまいます。隆平は家の中に戻り、家の中を思い出のためと言って写真をとりました。妻の春恵からは、写真だけが思い出だけじゃないし、つらい思い出なんじゃない?と言われてしまいます。そこに子供たちが帰ってきました。春恵は、美雪を追って2階に行きました。

その間、思い出を忘れないようにと、陽太とニャースケの写真を撮ってると、

「でも、ぼくは忘れないよ。僕は頭が悪いからね。お姉ちゃんが言ってた。頭のいい子は覚えるのも得意だけど、忘れれるのも得意なんだって。僕みたいに頭が悪い奴は、余計なことばっかりおぼえるから、大事なことを覚えておくスペースがなくなっちゃうんだって。お姉ちゃん、この家の事、全部忘れるって言ってた。今度引っ越すアパートのことも覚えずにいるって。でね、ぼくはあんまり勉強できないじゃん。だから、この家のこととか今度引っ越すアパートのこととかたくさん覚えちゃって、大事なこと覚えられないから将来苦労するって」

「陽太。忘れてもイイだよ、忘れても、写真を見れば思い出せるんだから」

「僕はわすれないよ」

「そっか、わすれないか」

 

その日の夜、秀亮がさくら食堂に行くと、奈緒子(美穂純)がお見合い写真を持ってきます。やきもち焼いた美咲が横に来ていろいろ話しますが、秀亮は全くその気がないようでした。

同じころ、隆平の家では、春恵が、

「美由紀、ホントは忘れたくないんじゃないかな?この家で過ごしたこと。無理やり忘れようって言い聞かせてるんじゃないかな?」

そう言ってると、陽太が毛布がないと騒ぎ始めます。探しても見つかりませんでした。春恵が美雪に聞くと、

「捨てちゃった。くさいんだもん」

「言ったろう。あの毛布がないとニャースケが困るって」

「別にいいじゃん。たかが猫でしょ」

「何を言ってるのかわかってるのか。引越したくないのはわかる。それで、お父さんを恨みたいなら恨めばいいよ。でも、自分より弱い者に八つ当たりするな」

「そんな偉そうなこと言うなら、もっと親らしいことしてよ。子供に情けない思いさせないでよ。何がねこよ。そんなの意味ないし。何年も前言ったこと忘れてるし。それで約束したからって言ったって、全然うれしくないし。ねこなんてお父さんの自己満足じゃない。それで親らしいことしたって勘違いしないでよ」

そう美雪が言うと、春恵が美雪のほほを平手打ちをしました。

「何で私叩くのよ。わたし被害者よ。お父さん叩いてよ」

「家族でしょ。被害者とか加害者とかそんなのないから。家族だから。見たかったんでしょ。毛布が無かったらニャースケがどうなるか。お母さんは、見てみたいけどね。とっても大事にしてたものがなくなった時にニャースケはどうするのか、でもね、ニャースケは困るだけだと思うよ。何にも出来なくて、怯えてるだけ。そこが猫と人間の違いだよね。猫は困る事しかできないけど、人間は違うの。大切なものがなくなっても、それを思い出にしてまた新しい大切なものを見つけることができる。ていうか、勝手に見つけちゃうのよ。人間って。困る事しかできない猫を困らせて楽しい?美由紀は人間なのに、ただ困って落ち込んでるだけで良い?毛布探しに行こうか?」

美雪は隆平と二人で探しに行きました。

外に出ると、隆平は話しかけました。

「明日、家の前で写真撮らないか」

「どっちでも良いけど」

しばらく行って再び美雪に話しかけます。

「大きくなったな。お父さんさ、約束したんだ。美由紀が生まれたときも、涼太が生まれたときも。ゼッタイ幸せにするって。何があっても守ってやるって。だから、おとうさんがんばるな。踏ん張って、約束果たすから・・」

横を見ると、美雪はずっと先を歩いていました。神社につくと、毛布はバッグに入れられてありました。捨てたんじゃなくて隠しただけでした。

 

翌日、隆平は返しに行きました。

「この子のおかげで、子どもたちの気持ちが見えました。俺がこれからやらなきゃいけないことも。ありがとな。ニャースケ」

隆平は帰る間際で、なぜ、「奥さんを信じていいんじゃないかな」と言ったかと聞くと、秀亮も同じだったと言います。秀亮も、妻に嫌がられていて離婚を考えてるんじゃないかなと思ってたからと言いました。隆平が帰った後、秀亮は猫相手につぶやきました。

「あの頃知らなかったんだよ。ピンクのバラの花ことばが感謝だってこと」

(⇒ 3話のあらすじ

ドラマ『ブランケットキャッツ』2話の感想

おもしろかったですね。猫って魔力があるような気がしました。やはり、犬とか鳥ではなくて、猫をペットにすることで、心の中にさざなみが立ってしまうんですね。この家族も、もしも猫を借りてこなかったら、何もなく引越しをしていって最後は家族がバラバラになってしまったと思います。猫という人格を持ってるように見える異質なものが家族の中に入ってくることで、おたがいの気持ちをはっきりさせることができました。他のものでしたら、ここまでにはならないような気がします。

隆平も妻の春恵も、子どもたちもそれぞれ思っていたことはありましたが、口にはせずに胸の中に納めていました。それは、相手を想ってのことだったり、「どうせ」と思っていたりしたためだと思います。それって、本当の家族ではないんじゃないでしょうか。見た目だけの家族だったように思います。4人とも別々な方向に向いていながら、同じ食卓でご飯を食べて、どうでもいい話をしていたんですね。

それが、4人の視点が猫に集中することで、同じ方向を向いたんです。その結果、「言わなくてはいけない」「行動しなくてはいけない」というなんか、もぞもぞとしてモノが心の中でうごめいて噴き出てきたように思いました。

普段何気なく生活していると、おたがいの気持ちのずれが出てきてしまいます。それはしょうがないことなので、ちょっとずつ気持ちをはきだしながら生活していくことが大事だと思いました。秀亮のように、亡くなってからそのことに気付くのは悲しいですから。

原作は重松清さんです。ドラマ化されたり、有名なところでは

などがあげられます。

今回のドラマ化では、時代が変わっていますので、内容も少し変わっています。原作では、猫のレンタルなのですが、ドラマでは西島さんの奥さんが飼っていた猫の行先を決めるために、お試しで相手の家に行くようです。そして、原作では、レンタルした人が必ずしも猫好きというひとばかりではなかったので、そのあたりがどうなっていくのか楽しみです。

原作を読んでみると、重松清さんは、猫を単なる猫としてとらえていないのではないかなと感じました。犬でも鳥でも良くて、冷静な第三者の目を通して、人間を描きたかったんだと感じました。その部分がドラマではどうなってるのか、楽しみです。希望は、猫のおかげで立ち直るようなドラマだったら良いですね。

小説「ブランケット・キャッツ」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

以上、ドラマ「ブランケットキャッツ」の2話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

コウノドリ2
奥様は、取り扱い禁止

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  2. 『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじと感想!綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦? 奥様は、取り扱い注意
  3. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  4. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじと感想。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  5. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
  6. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  7. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  8. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  9. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストとあらすじと感想!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  10. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
スポンサーリンク

最新情報

  1. ユニバーサル広告社
  2. プロ野球
  3. 明日の約束
  4. 今からあなたを脅迫します
  5. 今からあなたを脅迫します
家売るオンナ
  1. ギャンブル
  2. 大掃除
  3. 貴族探偵
  4. oil
  5. 下剋上受験
  6. スーパームーン
  7. 就活家族
  8. プログラミング

多くの人に読まれている情報

  1. 家政婦のミタゾノ
  2. 釣りバカ日誌2
  3. カンナさーん!
  4. リバース
  5. 屋根裏の恋人
  6. 婚活
  7. キャリア
PAGE TOP