ブランケットキャッツ

『ブランケットキャッツ』の6話「助手席のブランケット・キャット」のあらすじと感想!

NHKのドラマ10『ブランケットキャッツ』の6話「助手席のブランケット・キャット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。6話のゲストは富田靖子さんです。

スポンサーリンク

6話以外のあらすじは、

ドラマ『ブランケットキャッツ』のキャスト

  • 椎名秀亮 西島秀俊
  • 椎名陽子 酒井美紀、秀亮の亡くなった妻
  • 藤村美咲 吉瀬美智子、藤村動物病院の医師、秀亮の幼馴染
  • 水島楓 島崎遙香、藤村動物病院の動物看護士
  • 佐伯さくら 唐田えりか、さくら食堂の看板娘
  • 佐伯奈緒子 美穂純、さくら食堂の女将

ドラマ『ブランケットキャッツ』のストーリー

椎名秀亮(西島秀俊)は、2年前に妻の陽子(酒井美紀)を交通事故で亡くした家具職人です。自分でお店を経営しています。陽子は無類の猫好きで、7匹の猫を飼っていました。名前は、ペコ、チャイ、たま、みこ、キー、むぎ、クロ。秀亮は猫には興全く興味がなく名前も知りませんでしたが、陽子が亡くなってからは、陽子の身代わりとして、罪滅ぼしの気持ちでその7匹の世話をしていました。

そんな、秀亮を心配そうに見ているのが、幼馴染で近所に動物病院を開いている医師の藤村美咲(吉瀬美智子)でした。贖罪のように猫の世話をする秀亮を身近に見ることで、いたたたまれないような気持ちになります。そして、7匹の猫を可愛がってくれる飼い主を見つけることを提案して、チラシをつくってあちこちに貼りました。

チラシの甲斐があって、飼いたいと言う人達がやってきますが、秀亮は、陽子の忘れ形見のだいじな猫たちを可愛がってくれる人じゃないとあげることを許しませんでした。秀亮は、飼う人、飼う家、飼う環境をじっくり見て、さらにお試し期間で3日間の共同生活での相性が合うかどうかも確かめてから引き取ってもらうことにしました。

なので、中々秀亮のめがねにかなった人は現れません。そんな様子を、美咲は、口をはさみながらじれったく見守っていました。

スポンサーリンク

 

ドラマ『ブランケットキャッツ』6話のあらすじ

「ブランケットキャッツ」は、他のNHKのドラマ、大河も含めて人気のドラマを、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

6話「助手席のブランケット・キャット」

秀亮(西島秀俊)が最近水をあまり飲まなくなった猫のために、ささみのゆで汁を作ってると、美咲(吉瀬美智子)がやってきて針箱の修理の話を持ってきました。針箱の修理依頼の女性が針箱を置いて帰るのと入れ替えに、昔の会社の同僚、片岡がやってきました。片岡は会社に戻ってきてほしいと言いに来たんです。パリに支店を出すことになって、そのデザイン部門を任せたいという良い話でした。しかし、秀亮は、すぐに断りました。片岡は猫アレルギーで、猫がいるとわかった瞬間、くしゃみをしながら帰っていきました。

美咲と楓(島崎遙香)がさくら食堂で夕食を食べてると、秀亮がやってきました。すぐに女将の奈緒子(美穂純)がやってきて、お見合いの写真を持ってきました。相手は、駅前の永島文具の事務をやっているたえ子(富田靖子)で、2回結婚して子供がいませんが、すごい評判がいい女性ということでした。

翌日、動物病院の中で、楓がもうすぐ老後だからコクったほうがいいですよと美咲に話していると、とおりを、昨晩の見合い写真のたえ子がとおりすぎました。見てると、秀亮の家具工房にはいっていきました。ふたりで家具工房まで近づいて中を見ると

「ごめんください。さくら食堂の奈緒子さんから猫をゆずってもらえるって聞いたいんですけど」

とたえ子がはなしていました。秀亮は家具を直しながら対応していて、

「ほんとに、奈緒子さんの言ってたとおり、ぶっきらぼうで愛想がないって。でも、なんだかんだ言って猫の世話をしてる人だから悪い人じゃないって。でもわたし、お見合いとか結婚とか全然考えていませんですから」

そこまで聞いていた楓と美咲が中に入ってきました。

「秀亮さんとお見合いするんじゃなかったんですか?」

と、楓がいきなり聞くと、2回も結婚してるからと答えました。そして、昔から買いたいと思っていて、最近すんでるパートの規約が変わったので、

「いい機会だから、しぬまでにしたい10のことを実行したいと思って」

と言って、猫をえらび始めました。そしてクロを選んで、たえ子が申込書を書きながら、ネイルとパーマもはじめてやってみたとうれしそうに美咲に話しました。秀亮と一緒に自分のアパートに行きました。秀亮のチェックはOKでした。

秀亮が帰ると、クロを連れて車に乗り込みました。車は、レンタカーの高級外車でした。外車に乗るのも夢のひとつでした。助手席に乗せると、クロは盛んに泣き始めます。

「ごめんね、どうしても相棒がほしかったの。最後のドライブだから」

そういってたえ子は発進させました。

たえ子は、クロに向かって何で選んだのかとか、今までの人生などを話しながらドライブしました。

選んだ理由は、クロは名前のとおり黒猫のクロなので、たえ子も、耐える子で一緒だと感じたからです。たえ子の両親は仲が悪く、早くずっと家を出たいと思っていて、高校を卒業してすぐに永島文具に就職しました。始めの結婚は25才のときで、ギャンブル好きの駄目男で3年持たずに離婚して借金もたえ子が払い続けました。2回目の結婚は、33歳のときで、DV夫で外に子供ができたので別れました。

途中の道の駅に入りながら、そう話すと苦しそうに目をつむりました。

「1時間も走ってないのに、ほんとに体力落ちたな~。こんなんで大阪までいけるのかしらね。あ、その前に伊豆の旅館に泊まるからね。部屋に露天風呂が着いてるのよ、奮発しちゃった!ぜいたくだよね。生まれて初めての贅沢。きっと最初で最後の。あたしのお給料、手取りで20万円。安いけど、働きやすい会社なのよ。みんなが家族みたいで。みんな優しくしてくれたのに、不満なんてなかったのに。なのにどうして、わたし、あんなこと」

そういいながら、たえ子は後ろの席においてある黒いバッグを見ました。

たえ子が道の駅で外の空気を吸おうとクロと一緒にベンチで休んでると、リュックをしょった幼い兄妹がやってきてクロをなでていきました。二人は無断でトラックに乗って、名古屋を目指してるようでした。

たえ子が車の中で薬を探してると、クロが騒ぎ始めます。外を見ると、先ほどの兄妹がもぐりこんだトラックから見つかっておろされているとことでした。たえ子がそばに行って話しを聞いてご飯を食べさせました。

 

秀亮の家具工房では、美咲がやってきてパリに行ったほうがいいよと言うと、

「出てってくれ、仕事だ」

「いつまで逃げ続けるつもり?こんなことがやりたかったわけじゃないでしょ。家具のデザインがやりたかったんでしょ。仕事ばっかりして。陽子さんにさびしい思いをさせて、それで後悔して、仕事もやめたんでしょ。罪滅ぼしのつもりなの?わかった。もう何も言わない。生きてんのか、しんでんのかわからない人生がいいんだったらね。すきにすればいいのよ。もう知らない」

そう言って美咲は出て行きました。

美咲は、さくら食堂にも行かずに、楓に宿直を代わってあげると話しました。浮かない顔の美咲をみて、楓は秀亮とけんかしたんだと思って軽口をたたきますが、

「すきじゃないから、ほんとに今の秀ちゃんは好きじゃないの。もう、私が好きだった秀ちゃんじゃないの」

秀亮は、美咲の言葉から陽子が亡くなったときのことを思い出していました。仕事に追われていて、陽子を送っていけずにじこにあってしまったんです。すると、1匹の猫が家具のしたから、何か袋のようなものを見つけました。秀亮が見ると、たえ子が落としていったもので、薬が入っていました。すぐに電話をしますが、車の中に携帯をいていってしまい、出ることができませんでした。

 

道の駅では、兄妹から別々に暮らしている母親に会いに行くために家出をしてきたことを聞きます。母親は千葉県にいるようでした。たえ子は二人を母親のところまで送っていってあげることにしました。伊豆の高級旅館に着くとおいしいご飯とお風呂に兄妹は喜びました。

そして、願いごとの8つ目、「あいつに文句を言う」をしました。「あいつ」とは2番目の夫で、たえ子は電話をして、一方的に、思いっきり文句を言って電話を切りました。そこに、ふたたび秀亮から電話がありましたが、知らない番号だったのでたえ子は出ませんでした。秀亮はたえ子のアパートに行きますが、誰もいませんでした。そこに、永島文具の社長夫妻がやってきました。

休むと言う連絡が来たのですが、それ以降連絡が取れなくなって心配になってやってきたんです。大家に頼んで部屋を空けてもらいましたが、中にはいませんでした。社長からたえ子は昨年胃がんで手術したことを聞きます。

家に帰ってきた秀亮はちょうどごみ捨てに出てきた美咲に、クロがいなくなったとあせりながら話しました。薬を見せて、胃がんが再発したのかもしれないと美咲に言いました。

「まさか、自ら命を絶とうと思ってるのでは?」

 

伊豆の旅館では、たえ子が9つめの願い事を書いていました。

「二人をお母さんのところに連れて行く」

(⇒ 最終回のあらすじ

ドラマ『ブランケットキャッツ』6話の感想

おもしろかったですね今回のお話の中で、「しぬまでにやりたい10個のこと」は、映画『最高の人生の見つけ方』の棺おけリストをそのまま使っています。もう世界中でスタンダードになっているリストの話です。

⇒ 「最高の人生の見つけ方

たえ子は、胃がんの手術を昨年していて、おそらく再発してもう直らないと言うようなことを言われたんだと思います。そして、今までの人生を振り返って遣り残したことを書いてそれをじっこうしていますが、始めは8つまでしか書かれていなくて、9つ目と10個目は空白になっていました。いままで48年間いきてきて、やり残したことが8つしかないなんてすごいことだとちょっと感じました。来週は、子供たちを送っていって、最後の10個目の願いが書き込まれると思いますが、どういう願いになるのか楽しみです。

この棺おけリストは、病気でなくとも書くことができます。しかも、10個でなく、100でも200でも書くことができます。私は1年に1回、お正月にそのリストを書き直します。達成したものを消してあらたに出てきた長居を加えて100個の願い事を毎年作るようにしています。考えるだけでも楽しいですから、時間をつくって一度試しに書いてみることをお勧めします。

原作は重松清さんです。ドラマ化されたり、有名なところでは

などがあげられます。

今回のドラマ化では、時代が変わっていますので、内容も少し変わっています。原作では、猫のレンタルなのですが、ドラマでは西島さんの奥さんが飼っていた猫の行先を決めるために、お試しで相手の家に行くようです。そして、原作では、レンタルした人が必ずしも猫好きというひとばかりではなかったので、そのあたりがどうなっていくのか楽しみです。

原作を読んでみると、重松清さんは、猫を単なる猫としてとらえていないのではないかなと感じました。犬でも鳥でも良くて、冷静な第三者の目を通して、人間を描きたかったんだと感じました。その部分がドラマではどうなってるのか、楽しみです。希望は、猫のおかげで立ち直るようなドラマだったら良いですね。

小説「ブランケット・キャッツ」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

以上、ドラマ「ブランケットキャッツ」の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生の転機は40代
  2. ケツメイシ




疲れたときにおススメ

  1. 地味にスゴイ!
  2. きみはペット
  3. 西郷どん
  4. WITH LOVE
  5. 僕とスターの99日
  6. 絶対彼氏
  7. 世界で一番君が好き!
  8. パフェちっく
  9. 結婚しない-1
  10. 二千年の恋

40代におススメの韓流ドラマ

  1. よくおごってくれる綺麗なお姉さん
  2. あなたが眠ってる間に
  3. 輝くか、狂うか
  4. 私はチャン・ボリ!
  5. 偽りの雫
  6. また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~
  7. おひとりさま
  8. 僕は彼女に絶対服従
  9. アンダンテ~恋する速度~
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. Bリーグ
  3. 響
  4. 寝ても覚めても
ボク、運命の人です
  1. マラソン
  2. その女の海
  3. 嘘の戦争
  4. グッドドクター
  5. USJ沖縄
  6. 突然ですが、明日結婚します
  7. 花
  8. リバース

多くの人に読まれている情報

  1. 基底細胞皮膚がん
  2. 母になる
  3. 初めて恋をした日に読む話
  4. 刑事ゆがみ
  5. グッドドクター
  6. 貴族探偵
  7. リバース
  8. 月
  9. マラソン
auひかりバナー
PAGE TOP