ぼくは麻理のなか

ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストと1話のあらすじ!池田エライザの中に吉沢亮が!

ぼくは麻理のなか
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
アシガール
先に生まれただけの僕
さくらの親子丼

10月16日(月)の深夜25時から地上波で始まるドラマ「ぼくは麻理のなか」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)と感想、スタッフなどを紹介します。主演は池田エライザさんで、吉沢亮さんと入れ替わってしまうという面白いドラマです。2017年3月にFODで配信されたドラマでしたが、大人気だったので地上波で放送されます。


スポンサードリンク


「ぼくは麻理のなか」のキャスト

吉崎麻理 池田エライザ

普通の女子高生で、勉強はできるし、クラスの中でも人気者です。

池田エライザさんは、1996年生まれの21歳のモデル、女優です。フィリピン生まれの福岡県出身です。お母さんはスペイン系フィリピン人の歌手でモデルで、お父さんが日本人のハーフです。2009年、ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得されて、モデルとして活動はじめました。2014年には、ドラマで初主演されて、2015年の映画「みんな!エスパーだよ!」ではヒロインに抜擢されました。最近では、「ホクサイと飯さえあれば」「伊藤くんA to E」映画「一礼して、キス」「トリガール!」などに出られています。

小森功 吉沢亮

引きこもりの大学生です。友達作りがヘタで、大学のために上京しますが、2年生になるときに友達が一人もできなくて引きこもってしまい、ゲームばかりやっています。

吉沢亮さんは、1994年生まれの23歳の俳優です。2009年に行われた「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で応募者31514名の中からRight-on賞を受賞して芸能界にはいられました。最近では、「トモダチゲーム」「下北沢ダイハード」「恋する香港」映画「斉木楠雄のΨ難」「リバーズ・エッジ」などに出られています。

柿口依 中村ゆりか

麻理の同級生ですが、麻理とは話したこともなく、友達もいない地味な女子高生です。あることがきっかけで、麻理のことを好きになりました。

中村ゆりかさんは、1997年生まれの20歳の女優です。父親が日本人、母親が台湾人のハーフです。中学1年のときに渋谷ですかうとされて芸能界にはいられました。最近では、「かもしれない女優たち」「櫻子さんの足下には」「広島8.6ドラマ」などに出られています。

麻理の母 西田尚美

西田尚美さんは、1970年生まれの47歳の女優です。モデルとして、女性ファッション誌『Junie』『PeeWee』『an・an』『non-no』などで活躍されました。1993年に、ドラマ「オレたちのオーレ!」で女優に転身されました。最近では、「とげ」「コウノドリ」「臨床犯罪学者火村英生の推理」などに出られています。

「ぼくは麻理のなか」の見どころ

田舎から上京して大学生活を始めた小森功(吉沢亮)は、友達づくりがヘタで、いつのまにか大学の中でもひとりぼっちになっていました。2年せいになったときには、大學に行けなくなり、部屋の中に引きこもってゲームばかりする生活になっていました。

唯一の楽しみは、夜にコンビニに買い物に行くときに現れる女子高生(池田エライザ)でした。初めて見たときに、その美しさに衝撃をうけて一目ぼれをしてしまいました。

それからは、その名前を知らない女子高生を「コンビニの天使」と呼んで、夜の9時にコンビニに行くのが日課になりました。

ある日、小森は、「コンビニの天使」の後をつけようと考えて、コンビニから出た彼女の後を気付かれないように追いかけました。

途中まで来ると、「コンビニの彼女」は、立ち止まって後ろを振り返りました。その彼女の眼を見た途端、小森の記憶はなくなって崩れ落ちてしまいました。

翌朝、小森が目を覚ますと、知らない部屋の中で寝てることに気が付きます。まるで女子高生の部屋の中だと思いながら、ふと鏡を見ると、「コンビニの天使」がうつっていました。小森はおどろきあわてふためきますが、とりあえず何もなかったかのようにふるまおうと決意して、置いてあった学生証を見ました。

彼女の名前は、吉崎麻理でした。

家族を何とかごまかして学校に行って、麻理を演じますが、唯一、まりの中身が別人だと気づいた人がいました。それは、クラスの中でも目立たない存在で友達もいない柿口依(中村ゆりか)でした。

小森は、麻理の中に入ってしまったと事情を説明します。そして、麻理の中にいた麻理がどこに行ってしまったのか、依といっしょに真相を探し始めます。

はたして、麻理、小森の二人に何が起きたのでしょうか?二人は元のからだに戻ることができるのでしょうか?

 


スポンサーリンク

「ぼくは麻理のなか」1話のあらすじ

「ぼくは麻理のなか」は、有料ですがFODで見ることができます。⇒ FOD

 

大学生の小森功は、ある朝、目を覚ますと、かわいらしい女子の部屋のなかにいました。自分の体の異変に気がついた功は、ふと、鏡を見ると、見たことのあるかわいくてきれいな女子が映っていました。

「コンビニの天使・・・」

 

群馬から出てきた小森功は、友人作りに失敗したことが原因で、2年生になって大学にも行けなくなり、ゲームと自慰行為に明け暮れて引きこもってしまいました。唯一の楽しみは、毎晩、夜の9時にコンビニで出会う女子高生でした。功は、名前も知らないその女子高生に一目ぼれした功は、ひそかに「コンビニの天使」と呼んで見続けていました。

いつからか、彼女の後をつけるようになっていました。何をするわけでもないのに、ただ彼女のあとをつけていました。

ある晩、いつものように彼女のあとをつけていくと、立ち止まった彼女は後ろを振り向きました。その瞬間、功の意識はなくなり、気がつくと、見知らぬ女子の部屋の中で目が覚めて、鏡の中に移ってる「コンビニの天使」を見ていました。

「夢じゃない・・コンビニの天使だ」

すると、階下から母親らしい声が、「早く降りてきてご飯食べなさい」と聞こえてきました。

功は机の上にあった学生証から、コンビの天子の名前が「吉崎麻理」だということを知って、恐る恐る下に降りていって父親と弟が座ってる

机につきました。麻理(功)が、もじもじしながら

「トイレ、トイレ、どこだっけ・・・」

と消え入るような声で聞くと、3人とも変な顔をして麻理(功)をみました。

トイレに行った麻理(功)は、便座に座ると異様な感触から叫び声をあげてしまいました。用を足した後、鏡を見てると

「麻理さんはどこにいったんだ・・・?」

と、疑問が湧き出てきました。ですが、何とか着替えもして学校に行きました。

学校に行っても、麻理のいつもの仲間たちからはちょっと不思議がられますが、なんとか麻理を遣り通すことができました。トイレの個室に入って一息つこうとすると、隣からノックの音が聞こえてきました。

「いま、かわいいって言いました?言いましたよね?かわいいって」

「だれ?」

すると、隣の個室から一人の女子高瀬が出てきて、

「私の知る限り、吉崎さんはかわいいって言わないし、ももかちゃんなんて言わない。ぜったいありえない。おまえ、誰だ?」

こわくなった麻理(功)が個室から出ると、クラスメートの柿口依(中村ゆりか)が両腕を捕まえて壁に押し付けて

「誕生日は?好きなお菓子は?靴のサイズは?いつも買ってる飲み物は?・・・え?答えられない」

「そっちこそ、麻理さんじゃないのに、ぼくだって」

「だれ?」

「小森功、一応大学生」

そして、開いてる教室に行って麻理(功)は依にすべてを話しました。

「助けてよ。ぼく、何がなんだか」

「助けて?お前なんかどうでも良いんだよ、このストーカー野郎が!吉崎さんどこにやったんだ!今すぐ返せよ!」

と胸倉をつかんで、依は叫びました。依が証拠を見せてくれと言って、二人で小森功の部屋に行きました。

部屋の中に入った麻理(功)は、学生証を出して個人情報を暗証しました。すると、窓から小森功が帰ってくるのが見えました。急いで外に出ると、ばったり出会ってしまいます。麻理(功)は、

「単刀直入に聞きます。麻理さんですか?」

「は?何ですか?麻理さん?っていうか、何なんですか、あなたたち」

小森功は怖くなって部屋に入ってしまいました。

二人は麻理の部屋にやってくると、部屋の中を探し出しました。依がたくさんコンビ二のレシートが入った箱を見つけます。それは、毎晩、現れるコンビニのものでした。そこに弟が大人向けの漫画本を持ってやってきました。「ねえちゃんがそこに隠してるから」と言って驚いて出て行ってしまいました。押入れの箱の中には、その類のものがたくさん入っていました。依はそれをぶちまけました。

あわてて拾おうとする麻理(功)は、良く見ると、自分が古本屋に売った本だと言うことに気がつきました。

依は、それを聞いて、古本屋に行こうと言い出しました。

(⇒2話のあらすじ

「ぼくは麻理のなか」のスタッフ

「ぼくは麻理のなか」のスタッフは、

  • 脚本 下田悠子
  • 演出 スミス
  • 原作 押見修造「ぼくは麻理のなか」

脚本の下田悠子さんは、脚本を書いたりしたこともなく、ドラマや映画を作る方になりたいという想いは全くなくて、映画館でアルバイトをしていて、映像美学校のチラシや、いっしょに働いてるひとに感化されて、映像美学校に入られたそうです。その後、脚本コースに入られました。在学中にあちこちのシナリオコンクールに応募して、2015年のフジテレビヤングシナリオ大賞で、3次審査を通過してフジテレビの人から声をかけてもらったそうです。それから単発のドラマとかをされて、今回連続ドラマの脚本を書かれました。これから楽しみな脚本家です。

演出のスミスさんは、1975年生まれの42歳の映像作家、MV監督です。武蔵野美術大学を卒業されて、湘南乃風、PUFFY、サザンオールスターズ、矢井田瞳さん、ケツメイシなど多くの映像を撮られています。なので、どんなドラマになっているのか、とても楽しみです。

原作の押見修造さんは、1981年生まれの36歳の漫画家です。2002年にちばてつや賞ヤング部門優秀新人賞をとられて、漫画家として2003年にデビューされました。「漂流ネットカフェ」はドラマ化、「悪の華」はアニメ化、「スイートプールサイド」は映画化されています。普通の漫画家さんとは切り口が違いますので、どの作品もとてもおもしろいです。

また、『ぼくは麻理のなか』は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ぼくは麻理のなか」のキャストや1話のあらすじ(ネタバレ)と感想やスタッフの情報でした。

他にも面白いドラマがあります。

陸王
刑事ゆがみ

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  2. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  3. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじと視聴率。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
  4. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  5. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  6. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  7. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  8. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
  9. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  10. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
スポンサーリンク

最新情報

  1. 先に生まれただけの僕
  2. 先に生まれただけの僕
  3. Bリーグ
  4. マラソン
  5. アシガール
おろし器
  1. ボク、運命の人です
  2. 重要参考人探偵
  3. 屋根裏の恋人
  4. ユニバーサル広告社
  5. おんな城主直虎
  6. 演歌歌手
  7. ヒット商品番付
  8. 火花

多くの人に読まれている情報

  1. フランス
  2. 明日の約束
  3. ドクターX
  4. 脳にスマホが埋められた!
  5. 火花
  6. 小さな巨人
  7. 猫
  8. 細菌
  9. ごめん、愛してる
PAGE TOP