ぼくは麻理のなか

ドラマ『ぼくは麻理のなか』の7話のあらすじと感想!空っぽになった麻理は?

ぼくは麻理のなか
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
コウノドリ
マチ工場のオンナ

ドラマ「ぼくは麻理のなか」の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。空っぽになってしまった麻理の体。「麻理のなかの功、なんてあるわけない」と、小森功にはっきりと言われますが、それでも麻理の中の功の存在を信じる依でした。


スポンサードリンク


「ぼくは麻理のなか」7話のあらすじ

「ぼくは麻理のなか」は、有料ですがFODで見ることができます。⇒ FOD

今までのストーリーはコチラです。⇒ストーリー

 

観覧車の中で倒れた麻理(功)は、からっぽになったかのように、何にも反応せずにベッドに寝ていました。

依は、小森功の家に行きますが、いませんでした。しかたなく、いつもこもり功が行っていたコンビニに行くと、小森功がバイトをしていました。休憩中に話を聞くと、

「このままじゃ、どうしようもないな。はたらいてるところ見てもらえたら僕も変われるかもな~って。今日、麻理さんは?」

「からっぽになっちゃった。何もしゃべらない。だれもいない。あんたまでかわっちゃったら、小森はどうなっちゃうの?」

「もうやめない?麻理さんの中のぼくなんてありえないじゃん。証拠は?麻理さんの中に入ってる僕の証拠」

「そんなのたくさんあったでしょ」

「そうかな、僕のこと観察してたらわかったことばかりでしょ」

「そうじゃなきゃ、麻理さんがあんなえろいこと、するわけないでしょ」

「依さんがそうおもいたいだけでしょ」

「何がわかる?あんたにあの子の何がわかる?あんたは小森なんかじゃない」

そういうと、依は家に帰っていきました。家では、麻理といっしょに撮った写真を見てないていました。そこに、姉の茉里(黒澤はるか)がやってきて話しかけました。依は、泣きながら麻理が空っぽになったことをはなしました。すると、麻理(功)も同じことを言っていたと慰めました。そして、ひとりでもわかってくれる人がいてよかったといいました。

翌日、依は麻理の家に行きました。母親を振り切って麻理の部屋に行って、「あんたが小森でも誰でもいい、友達だから助ける」と泣きながら行ってると、母親が、

「なに行ってるの?小森?勘弁してよ。依ちゃん、ごめんね、もう帰ってくれる?」

「文子・・文子って誰ですか?」

それを聞いた母親の顔は引きつりだしました。そして笑いながら

「文子?誰?」

「知ってますよね。思い出したって。おばあちゃんに呼ばれたって。誰ですか、文子って」

と写真を見せながら言うと、

「改名したの、文子から麻理へ。おばあちゃんが文子がいいって言うから、わたしは麻理がいいと思ってた。おなかにいるときから、なのにあの人、お母さんに従ったの。かわいそうで、この子が。だから、おばあちゃんがなくなったときに本当の名前にしてあげたの。それだけの話」

「麻理がどんなきもちだったか、聞いたことありますか・」

「よろこんでたよ。可愛いって」

「麻理はかわいいって言わない。一度も言ったことない」

母親は小さいときから見てたけど言ってたというと

「誰も見てなかったんじゃないですか?この子のこと」

それを聞いた母親は依を追い出そうとします。そのとき、麻理が依の服をつかんで、

「おかあさん、わたし、かわいくない。かわいくないよ」

といいました。

 

麻理の心の中で、麻理が小森をおこしました。ちかくには、小さい文子が泣いていました。麻理は文子の手を握って

「じゃあね、小森君」

「待って、依さんがまってる」

「小森君、ごめんね、勝手に日記を読んで」

そういうと、文子の手をひいて向こうに歩いていきました。

麻理(功)は目を覚ましました。

 

麻理(功)が公園で待ってると、依がは知ってやって来て抱きつきました。依はベンチに座りながら、小さいときに改名したとはなしました。二人は麻理の家に帰って、その日は二人で同じベッドで寝ました。すると、

「柿口さん、わたし、もういなくなるね。小森君と仲良くね」

「麻理・・」

「さよなら」

 

翌朝、依は、これからどうするのか麻理(功)に聞きました。夜中に麻理がでてきて「さよなら」っていってたことを話します。それを聞くと、

「ぼくがきえたら麻理さんは帰ってくるかな」

「いやだ」

「麻理さんが、言ってたんだ。日記みてごめんねって。もし家に日記があって、それを見たら・・・」

「やだ、みないで。誰もいなくなっちゃう。いなくならないで」

(⇒最終話のあらすじ

「ぼくは麻理のなか」7話の感想

面白かったですね。麻理の中には、改名するまでの文子とそれからの麻理、そして、麻理がそんなふうになりたいとずっとあこがれていた功の3人の人格がいました。でも、普通の多重人格者と違って、おたがいに存在をわかりあえってるし、麻理がそれほど強い人格じゃないのが面白かったですね。

とはいえ、これからの麻理(功)がどうやって生活していくのか、自分のことを男だと思ってるので、好きになるのは女性なのかなとか、ちょっと考えてしまいます。

「ぼくは麻理のなか」のストーリー

群馬県から上京してきた大学生の功は、友人作りに失敗して2年生になったときから大学にいけずに引きこもってしまいました。唯一の楽しみは、「コンビ二の天使」とひそかに呼んでるとてもかわいい女子高生を、毎晩夜の9時に見ることでした。いつもと同じように、コンビニからあとをつけていくと、「コンビニの天使」は立ち止まって振り向きました。その瞬間功の意識はなくなってしまいます。

翌朝、功が気がつくと、「コンビニの天使」の吉崎麻理の中に入ってることがわかりました。親や友人たちには何とか押し通すことができましたが、クラスメートの依だけに中身が入れ替わったことに気がつかれます。依は、功を問い詰めて正直に話させますが、麻理がどこに行ってしまったのか、二人で探すことにしました。はじめは直接功のところに行きましたが、まったく変わっていなくて不審者扱いされてしまいました。

次に、麻理の部屋に行って探してると、大量のコンビニのレシートと大人向けの漫画本がたくさん出てきました。それは、功が古本屋に売り飛ばしたものでした。依はその古本屋に行くと言い出しました。古本屋に行くと、やはり、麻理は買いに来てるということでした。

その日の晩、依は麻理(功)の部屋に泊まることになります。寝れない麻理(功)は、依がなぜ麻理のことを木にかけてるのかわかりました。友達もいなく、無視されていた依は、逃げ込んだ保健室にいた麻理に、何も言われずにただやさしく抱きしめられたんです。そのときから、依は麻理のことが好きになりましたが、一切話しかけることはなく、遠くから見守っていたんです。

麻理(功)は友人のももかたちにさそわれてカラオケに行きました。つい調子に乗って、ももかの彼氏のヒロキとゲームの話をしたりカラオケで歌を歌いまくってしまいました。翌日、ヒロキからももかのことで相談があるから会いたいというメッセージがきました。それに気づいたももかは、トイレで麻理(功)のことを責めました。実は、むかし、ヒロキは麻理に告白して振られていて、そのあと、ももかが告白してヒロキと付き合うようになったんです。

家に帰った麻理(功)は、ヒロキが連絡なしに部屋に来てることにびっくりします。「帰れ」といいますが、強引にヒロキにキスをされてしまいました。グーでヒロキを殴って暴れる麻理(功)は、母親に止められるとわれに返って、「ぼくは麻理さんじゃないんです。小森功です」と告白してしまいました。

翌日の夜、小森功の部屋を見に行くと、依りがすでに来ていて、麻理が書いたものを見せられました。毎日、そこから小森功を見てたようです。小森功の家でゲームをした後、家に帰ると両親の前に座らされますが、麻理をそっちのけで父親と母親がケンカを始めてしまいました。頭にきた麻理(功)は、「私を見ろよ」と叫んで部屋に入ります。「言ってやった」と大笑いした後、鏡を見ながら胸をまさぐってると、電話が鳴りました。麻理(功)が出てみると、「わたし、麻理だけど」と言って切れてしまいました。

学校に行った麻理(功)は、ももかたちに桃香とは友達ではなくて、依と友達だとはっきり言います。その日の放課後、麻理からの電話を待つために家に行こうとして、依の家によりました。二人暮らしの姉にコンプレックスを抱いていることを知られた依は、麻理(功)を追い出してしまいました。

麻理(功)は、一人で小森功の部屋に行って、一人で行為をしてる功を手伝ってあげました。

翌日、依と二人で話すことができた麻理(功)は、依と初めて会ったときのことを話し始めます。依と麻理の二人しか知らないことを話しだす麻理(功)に、依は、まだ体の中に麻理がいることに気が付いてだきしめました。

小森功は、麻理(功)に「好きです。付き合ってください」と告白しましたが、断られます。麻理からの電話だと思っていたのは、功が仕業でした。それに気づいた麻理(功)と依は、功の部屋に行きます。麻理(功)がしたことを汚らしいという依に、麻理(功)はキスをしてしまいます。

家に戻った麻理(功)は昔の写真を見て、「文子、高いね~。すっごい車がちいさいね~、文子」と話しかけてるおばあさんを思い出しました。

麻理(功)は依と二人で記憶にある観覧車にのりました。麻理(功)は頂上付近で意識を失ってたおれてしまいます。夢の中で昔のことを思い出した麻理は、麻理(功)にいなくなれと言葉をかけると、麻理のなかの功は消えていきました。

そのまま家に帰った麻理は何も反応しなくなってしまいました。

 


スポンサーリンク

「ぼくは麻理のなか」の原作

原作の押見修造さんは、1981年生まれの36歳の漫画家です。2002年にちばてつや賞ヤング部門優秀新人賞をとられて、漫画家として2003年にデビューされました。「漂流ネットカフェ」はドラマ化、「悪の華」はアニメ化、「スイートプールサイド」は映画化されています。普通の漫画家さんとは切り口が違いますので、どの作品もとてもおもしろいです。

また、『ぼくは麻理のなか』は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

「ぼくは麻理のなか」のキャスト

  • 吉崎麻理 池田エライザ
  • 小森功 吉沢亮、引きこもりの青年
  • 柿口依 中村ゆりか、麻理の同級生
  • 麻理の母 西田尚美
  • 茉里 黒澤はるか、依の姉

7話以外のあらすじ

以上、ドラマ「ぼくは麻理のなか」の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

陸王
刑事ゆがみ

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「ドクターX 2017」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想。 ドクターX
  2. 「刑事ゆがみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!弓神が犯人? 刑事ゆがみ
  3. ふたご座流星群は2017年12月14日!見頃の時間や方角と上手に見る方法は? 流星群
  4. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
  5. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  6. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  7. CDTVクリスマス音楽祭2017の観覧方法と出演者のタイムスケジュール。アンケートでリクエスト! CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017
スポンサーリンク

最新情報

  1. 眠れぬ真珠
  2. ドクターX
  3. コウノドリ2
  4. 刑事ゆがみ
  5. ドクターX
ぶどう
  1. 宣言
  2. 刑事ゆがみ
  3. 小さな巨人
  4. 黒革の手帖
  5. アシガール
  6. マッサージ
  7. わにとかげぎす

多くの人に読まれている情報

  1. わにとかげぎす
  2. 逃げるは恥だが役に立つ
  3. 火花
  4. 民衆の敵
  5. 釣りバカ日誌2
  6. リテイク
  7. リオパラリンピック車いすバスケ
  8. CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  9. おんな城主直虎
PAGE TOP