僕たちがやりました

『僕たちがやりました』7話のあらすじ(ネタバレ)と感想!トビオが飛び降り?

ドラマ『僕たちがやりました』の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。パイセンが釈放されましたが、自首した犯人はパイセンの父親が作ったものだと3人に白状しました。飯室刑事に「一生苦しめ」と言われたトビオは思わず、校舎の屋上から飛び降りてしまいました。


スポンサーリンク


ドラマ「僕たちがやりました」は、有料ですがFODで見ることができます。コード・ブルー3や月9ドラマも見れます。⇒31日間無料キャンペーン中!【FODプレミア ム】

ドラマ『僕たちがやりました』7話のあらすじ

爆破事件の真犯人は、やはりトビオ(窪田正孝)たちだった・・・ 飯室刑事(三浦翔平)に真相を突きつけられ、逃れられない罪の意識に苦しむトビオは、校舎の屋上から衝動的に飛び降りてしまいました。が、奇跡的に木にぶつかったおかげで骨折だけで、命を取り留めました。妹にはふざけた顔や元気のいいフリをしていましたが、一人になると、飯室刑事に言葉を思い出して罪の意識にさいなまれました。

トビオが病院の廊下で松葉づえをついて歩いてると、市橋(新田真剣佑)と出会いました。市橋も同じ病院だったんです。

「おー!市橋じゃん、ひっさしぶり!何でここにいるの?爆破事件の犯人俺じゃなかったろー」

と今までにない明るい調子で、やけになれなれしく話をしていました。

トビオは屋上から飛び降りたとき思ったんです。

<もし、このまましぬんなら、しんで罪をつぐなおう。でも、生きてたら、そのときは新しい俺をはじめよう>

 

その日から、トビオと市橋は一緒にリハビリをするようになりました。あいかわらず、トビオはちゃらい感じで担当の女医のミナミ(水沢エレナ)にも「メッチャきれい」とからんでいました。トビオが病室に戻ると、蓮子(永野芽郁)の友達がやってきて、トビオが一切連絡していないことを責めました。トビオは、罪の意識から蓮子には連絡できなかったんです。

一方、伊佐美は、爆破事件で亡くなった生徒たちの家を一軒ずつ訪問して、亡くなった生徒の親友だとありもしない思い出話で遺族を泣かして、あったこともない相手にお線香を上げて手を合わせていました。そして、家を出ると、必ず、道端に吐いていました。じつは、伊佐美の息子が役に立たなくなっていたんです。伊佐美は、リトル伊佐美に取り付いた罪悪感をひとつずつ吐き出すために10人の家を訪れていたんです。

パイセンは高校にやってきて菜摘先生(水川あさみ)に自分の父親の事を聞こうとしました。声をかけようとするとマル(葉山奨之)に会って、川べりに行きました。飯室刑事に言われたことが引っかかっていて、事件の罪悪感よりも、父親の愛を確かめたいと言います。ですが、マルは、罪悪感はまったくないといいます。

「だって、最初に悪いことしたのあいつらじゃん。亡くなったのはただの結果じゃん。決闘させられて箱詰めされた、アレが発端でしょう。あいつらがどうなろうと知ったこっちゃないよ。それに、真実は闇の中でしょ。愛か、俺もそのパイセンの気持ちわかるな。でも忘れないでよ。おれ、パイセンのこと愛してるから」

「ありがとう、少し元気でたわ、親父探してみる」

「でさ、俺も熱海においてきた愛をさがしにいきたいんだけど、金が必要でさ、チャージできます?」

「40万でええか?」

「ありがとうございます!イエー!」

 

パイセンは菜摘先生を呼び出して、何でもいいから父親の輪島宗十郎(古田新太)について教えてもらいたいとお願いしました。菜摘先生は、小さいときの話を始めました。菜摘先生の両親は工場をしていたのですが、輪島から金を借りて、それがきっかけで自ら命を絶ってしまったということでした。葬儀のときに、子供のときのパイセンを見ていて、再び高校で会ったときに驚いたんです。ずっと輪島のことを探していて、パイセンからなんとか輪島のことを聞き出そうとして、弁護士にも近づいたと話しました。目的は、輪島の命でした。

「絶対にゆるさない」

と言う菜摘先生の言葉に、複雑な表情を浮かべてたパイセンは、父親を探して自分のことをどう思ってるのか聞くといいます。そして、見つけたら菜摘先生にも教えると約束して消えました。

病院では、トビオが、

<アレだけの思いをしたんだ、しあわせになってトントンだろ>

と思って、「治ったらデートしよ」ミナミを軽くさそっていました。その日の夜、トビオは市橋と一緒に病院を抜け出して、カラオケに行きました。はっちゃけながら歌うトビオを見て、市橋は

「正直、お前のことカスだと思ってた。おれ、自信のないやつ嫌いなんだ。そういうやつらって、不満を抱えていても戦おうとしねえ。そういうやつ見てるといらいらするんだ。お前も同じだと思ってた。でも違った。胸張って生きてるって感じで、いいよ。トビオ、おまえ。」

「あざーす。でも、初めてトビオって呼んだな」

二人は尾崎豊さんの「卒業」を熱唱しました。

次の日から、二人は、親友のようにリハビリや遊びをするようになりました。トビオはミナミをデートに誘うことに成功したというと、市橋は

「蓮子とはどうなの?」

と聞きました。トビオは、市橋が蓮子に告白したと聞くと、「お似合いだよ。ガンガン行けよ」と言って応援しました。

菜摘先生が道を歩いてると、飯室刑事があらわれました。飯室刑事は菜摘先生が輪島に復讐したいことを知ってるといって、

「増渕が亡くならなくて本当によかった。彼らには大事な役目が残ってるんでね」

と言って歩いていきました。

 

市橋は、外で蓮子と会いました。蓮子にトビオの事を聞かれると、

「あいつは退院したよ。不思議だよね、あれほどぶっころしたいと思ってたのに、いまではけっこう仲がいい」

「ま、ばかだけど、悪いやつじゃないでしょ」

「こんな怪我しなきゃわからなかったけどな」

 

そのころ、トビオはミナミとピクニックデートをしてキスをしていました。

伊佐美は10人の家を回り終えて今宵の家に向かいました。

マルは、パイセンからもらった合計140万円をもって熱海に行こうと夜の道を歩いてました。そこに、後ろから決闘させられた学生に襲われて気を失いました。

パイセンは、輪島宗十郎の経営してる店に行って、ボーイに輪島にあわせてくれと頼んでいました。そこに、飯室が現れて、輪島の場所を教えてくれました。

 

トビオがミナミに送ってもらって家に帰ってくると、蓮子と出会ってしまいました。

「今の誰?」

「リハビリの先生」

「結構な怪我しといてさ、わたしに連絡とかないんだ。ていうかさ、なんかわたしに言うことないの?」

「なんかあったっけかな」

「もういい」

「どうした?」

「カラオケ行こうって言ってたのに」

トビオが市橋とデートしたんだろと言うと、祖母の見舞いに言っただけだと言います。トビオは市橋とどうなのと聞くと、「キスされた」と蓮子が答えました。すると、いきなりトビオは蓮子にキスをしました。

「今の何?」

「嫉妬かな・・・」

「シット!なんて。ねえ、今からうちに来る?」

トビオは蓮子の部屋に入って

<俺はばかだ、いくら自分の気持ちにふたをしたって、新しい自分になれないのに>

そう思いながら、蓮子にキスをしてベッドにはいりました。

 

ベッドで手を握りながら、蓮子は

「あのこともほんとだからね、トビオのことすきだっていうの」

トビオは泣き出して、

「おれ、本当に幸せ。おれたち、付き合おう」

「うん」

(⇒8話のあらすじ

ドラマ『僕たちがやりました』7話の感想

おもしろかったですね。トビオは屋上から飛び降りて、何とか助かることができました。飛び降りようと思ったときに、トビオは自分の命を賭けました。生き残れば罪を許してくれると思ってしまったんですね。そして、生きていたことに気が付いて罪を償ったように感じて、罪の意識も少なくなったのではないでしょうか。

そして、蓮子にあって市橋とキスをしたと聞いて、小さくなった罪の意識よりも嫉妬の方が強くなって、蓮子にキスをしてしまったんだと思います。トビオの頭の中には、すでに市橋の体のことは全く意識がなくなっていたはずです。そして、ふたりでベッドにいる幸せをかみしめて泣き出してしまったんだと思います。

トビオと蓮子は、このまま何もなく付き合って行ければ幸せになると思います。

ただ、市橋から見たらどうなんでしょうか。爆破事件の犯人がトビオじゃないと聞かされて、友達になって、蓮子のことも応援されたのですが、実はトビオが蓮子と付き合い始めてしまったと聞いたら、すごいショックだと思います。

そのことを何も考えずにキスしてしまったトビオは、人生をなめてるのではないでしょうか。全く罪の意識がないマルもクズですが、トビオもクズだとわたしは思います。ひと時の感情だけで、自分中心に考えて行動してます。一見すると、罪の意識から屋上から飛び降りたように見えますし、マルや伊佐美、パイセンよりも悩んでるように見えますが、その場その場で中途半端に浅く考えてるように見えます。

これからもそれは一緒だと思います。何も考えずに、今を楽しんでいればそこそこの人生になると思って生きていくのではないでしょうか。

ただ、やはり、大人になるには立ち止まって深く考えてみることがたいせつだと思います。トビオだったら、まず市橋に蓮子のことを話してから付き合うとか、蓮子のことはあきらめて、違う場所に行って新しく生活を始めるとか、いろいろ考えてみることが必要だったと思います。何度も失敗してい生きていくことも大切ですが、もっと大切なのは、失敗したときになぜ失敗したのかを深く考えることだと改めて感じました。

来週の予告では、市橋が自分の体が治らないと知ってしまうようです。さらにトビオと蓮子のことのことを知ってしまいます。市橋はどうするのでしょうか?楽しみです。

それにしても、永野芽郁さんは可愛かったです。公式ツイッターに画像が載っていましたので載せておきます。

ちなみに、リハビリをしていたミナミ先生は、水沢エレナさんです。ドラマ「フランケンシュタインの恋」では、辛口のDJをされていました。とても素敵な方です。


スポンサーリンク

ドラマ『僕たちがやりました』のストーリー

凡下(ぼけ)高校2年生の増渕トビオ(窪田正孝)は、大それた夢は持たず“そこそこで生きられればいい”と考えていたイマドキの高校生でした。友人のマル(葉山奨之)、伊佐美(間宮祥太朗)、OBのパイセン(今野浩喜)とゆるい高校生活を送っていました。

ある日、凡下校の生徒が勝つ上げされてるところに、トビオとまるが通りがかり、マルが思わず小声で悪口を言ってしまいます。すぐ後ろにいた矢波校の不良のトップ、市橋(新田真剣佑)らのグループに聞かれてしまいます。その場はパイセンのおかげで丸く収まりましたが、アミューズメント施設で遊んでいたときに、マルは拉致されてぼこぼこにされてしまいます。

そのことに頭にきたパイセンは、爆薬を仕入れて、矢波校にしかけて憂さを晴らそうとします。が、たまたま仕掛けたところに、何かがあって、4人が楽しんで爆発させているときに大爆発になってしまい、火達磨になった生徒たちも校舎から出てきました。何も言えずにただ立ちすくむ4人でした。

ニュースでパイセンの似顔絵が報道されました。パイセンは300万円ずつ渡して口止めします。さらに、海外のプーケットにトビオとマルをさそいましたが、トビオが空港に向かうと、パイセンが逮捕されていました。しかし、パイセンはトビオたちのことは一切口に出しませんでした。

空港から逃げ出したトビオはマルと落ち合って、やりたいことをやり始めますが、マン喫で寝ている隙にトビオの金を奪ってマルは逃げてしまいました。仕方なく繁華街を歩いていると、伊佐美の彼女の今宵と出会って、今宵の家に行きます。夜、寝てると勇実が帰ってきました。伊佐美は、罪の意識に耐え切れなくなって首をつったようですが、ロープがうまく結ばれてなくて一命を取り留めて帰ってきました。

トビオたちが仕掛けた爆弾の場所が違うことに気がついて、矢波高の熊野先生が真犯人じゃないかと言い始めますが、伊佐美が家の前で矢波高野市橋たちに見つかってしまいます。トビオは逃げ出しますが、つかまってしまいました。伊佐美と今宵は、拳銃を取り出して逃げることに成功しました。

トビオは、何とか逃げ出して、ホームレスのヤングと言う男性に救われます。蓮子は、市橋に呼び出されてトビオの行方を聞かれます。市橋の哀れな姿に同情した蓮子は、いっしょにトビオを探そうといいだしました。矢波高野熊野先生の盗撮ビデオから、パイセンが爆弾をプロパンガスの近くに置いたことがわかりました。ところが、交番に、爆破事件の犯人だと言うパイセンに似た男が出頭しました。

トビオは今宵と出会って、今宵の部屋に上がりこみ一夜を共にして視見舞います。母親からの電話を聞いて、逃げることをやめたトビオはボーリング場に行って、警察に逮捕されようとしますが、パイセンがやってきました。真犯人が逮捕されたために、釈放されたんです。

伊佐美はマルと会いますが、マルは伊佐美の300万円を取ろうとして、逆に外人の女性に撮られてしまいます。言い争ってると、爆破事件の真犯人が逮捕されたといいうニュースが流れてきてびっくりしまいた。

菜摘先生は、西塚弁護士から謝礼の金をもらっていました。

爆破事件の真犯人が自首したことでパイセンが釈放されました。パイセンは3人の前に現れて、再び遊び始めますが、本当は犯人は自分たちだと告白します。黙ってれば誰にもわからないと話していると、飯室刑事があわられて、亡くなった10人の写真を見せて、これから「一生苦しめ」といっていって帰っていきました。

トビオは、夕方まで部室にいた後、夕日を見て突発的に屋上から飛び降りてしまいました。

ドラマ『僕たちがやりました』の原作

原作は、「僕たちがやりました」という同名の漫画で、原作の金城宗幸さんは、1987年生まれの30歳で、京都精華大学マンガ部マンガプロデュース学科を卒業された漫画原作者です。「神様の言うとおり」などを書かれています。

漫画を書かれている荒木光さんは、「ヤンキー塾に行く」などを書かれている漫画家です。

「僕たちがやりました」は、今話題の、麻生久美子さんがCMをやってる「Renta!」か、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。「honto」は、紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

⇒ Renta

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

ドラマ『僕たちがやりました』のキャスト

  • 増渕トビオ 窪田正孝、凡下(ぼけ)高校の2年生
  • パイセン(小坂秀郎) 今野浩喜、トビオの仲間
  • 伊佐美翔 間宮祥太朗、トビオの仲間
  • マル(丸山友貴) 葉山奨之、トビオの仲間
  • 蒼川蓮子 永野芽郁、トビオの幼馴染
  • 三浦由佳 岡崎紗絵、蓮子の親友
  • 増渕優子 榊原郁恵、トビオの母親
  • 新里今宵 川栄李奈、伊佐美の彼女
  • 立花菜摘 水川あさみ、トビオの担任
  • 市橋哲人 新田真剣佑、矢波高一の不良
  • 飯室成男 三浦翔平、刑事
  • 輪島宗十郎 古田新太、裏社会のボス
  • 西塚智広 板尾創路、輪島の弁護士

7話以外のあらすじ

以上、ドラマ「僕たちがやりました」の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも、あなたに見てもらいたい面白いドラマがFODプレミアムにあります。今なら、31日間無料で見ることができます。  

おすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

本日のおすすめ情報

  1. コストコの店舗の一覧と予定は?時給の高さと出店計画の土地条件が凄い
  2. リッチマンプアウーマンの動画(1話~最終話)を今すぐ無料視聴する方法。
  3. HuluやFODを無料で映画やドラマを見る方法。安室奈美恵さんの動画やチケットも! 映画
  4. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  5. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2018プレーオフ
  2. ヘッドハンター
  3. コンフィデンスマンJP
  4. 散歩する侵略者
  1. マクアケ
  2. おんな城主直虎
  3. 脳にスマホが埋められた!
  4. 探偵物語
  5. 人生の転機は40代
  6. 本屋大賞
  7. リピート~運命を変える10か月~
  8. カインとアベル
  9. 国会議事堂

多くの人に読まれている情報

  1. ロンドン
  2. 小さな巨人
  3. IQ246~華麗なる事件簿~
  4. 西郷どん
  5. 刑事ゆがみ
  6. ハロー張りネズミ
  7. マチ工場のオンナ
  8. わにとかげぎす
  9. 子猫
ビットフライヤー
PAGE TOP