僕たちがやりました

『僕たちがやりました』8話のあらすじ(ネタバレ)と感想!トビオと蓮子が付き合う!

僕たちがやりました
LINEで送る
Pocket

 今夜のドラマは?
明日の約束
監獄のお姫さま

ドラマ『僕たちがやりました』の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。病院に担ぎ込まれたトビオは奇跡的に骨折で助かりました。病院で仲良くなった市橋に、蓮子と付き合うように応援しますが、蓮子の顔を見たとたん、自分の気持ちを抑えきれずに、蓮子と結ばれてしまいます。


スポンサードリンク


ドラマ『僕たちがやりました』8話のあらすじ

ドラマ「僕たちがやりました」は、有料ですがFODで見ることができます。コード・ブルーも見れます。⇒ FOD

ここから先はネタバレが含まれます。これまでのストーリーはコチラ⇒ストーリーまでジャンプ!

 

ついに蓮子(永野芽郁)とつき合うことになったトビオ(窪田正孝)は、デートをして幸せをかみしめていました。飯室刑事(三浦翔平)の「一生苦しめ」という言葉を思い出しても以前のような苦しみには襲われなくなりました。気がかりなのは蓮子に思いを寄せる市橋(新田真剣佑)に、応援すると言ってしまったことでした。蓮子から市橋に断りにくいと言われて、「俺が言うよ」と言いました。

その頃、市橋は、医者から元通りにはならないと言われてしまいました。

トビオが市橋に会いに行くと、唯一の身内だった祖母が亡くなったと知って、何もいえませんでした。

トビオが学校に行くと、マル(葉山奨之)が包帯ぐるぐる巻きで投稿してきましたが、なにも理由を言いませんでした。パイセンは父親の居場所がわかったことを菜摘先生(水川あさみ)にはなしました。

伊佐美(間宮祥太朗)は事件の被害者たちへの弔いを終え、意気揚々と今宵(川栄李奈)のアパートへ行ってズボンを下ろしますが、そこに今宵の父親(竹内力)が半年ぶりに帰ってきました。あわててズボンをあげますが、今宵は、伊佐美の子供を妊娠したと二人に話しました。怒った父親はリキトルネードを伊佐美に2連発しました。生むなら親子の縁を切るといって、父親は出てきました。すると、今宵は、

「ってことだから、翔くんとはわかれる。二度と私の前に現れないでください。」

と伊佐美に言いました。伊佐美が今宵の手を握ろうとすると、「触んないで。出てって」と言われてしまいました。

 

翌日、トビオはふたたび市橋に行きました。すると、「ちょっと付き合ってくれ」と市橋にいわれました。二人はボーリング場やダーツ、バッティングセンターに行って遊びました。そのあと、市橋から医者からまともに歩けることはないといわれたと聞きました。

 パイセン(今野浩喜)は飯室刑事から教えられた情報をもとに、ようやく輪島(古田新太)の居所を突き止めました。そこに向かうとパイセンの異母弟・原野玲夢(山田裕貴)が輪島の指示を受けて、無防備な男を暴力で痛めつけていました。勇気を振り絞って輪島の前に飛び出しました。

「小坂秀郎です。どうして事件をもみけしてくれたんすか。俺のことどう思ってますか、っていうか俺のこと愛してますか?おとうさん」

「だれ、これ?」

西塚弁護士(板尾創路)が耳打ちしてパイセンのことを教えると、

「へー、爆発、そんな事件あった?全然覚えてない。それ、もみ消してくれたの、お前。すげーな、お前。優秀。ってことは、咲江の息子か」

そして、輪島は咲江の写真を見せて、13番目の愛人だと言いました。二人は出会ってすぐに燃え上がって子供ができたと言います。生まれてきた子供を見て、輪島は、「不細工だ」と思って、その不細工のおかげで疎遠になってしまい、咲江はすぐに体を壊してなくなったと輪島は教えてくれました。そして、咲江の息子だということで弁護士に言って金を送り続けてると話しました。

パイセンは、それを聞いて怒り始めます。

「不細工だからって、すぐポイかい。俺は外れガチャかい」

「金やって、事件もみ消してやって、何の文句ある?」

「文句だらけや。あんたのせいで、こんな人間になってもうた。金はもうええねん。金でしかコミュニケーションとられへん。なんのためにいきてるかわからんへん。親が教えへんやったら、誰が子供に愛おしえてくれるんすか。どっかであんたが愛してくれるおもうてた。愛なんか知らない俺に生きてる勝ちなんか・・・」

「じゃあしぬか?おい、玲夢。おまえやったことあるか?こいつ、やれ」

玲夢は、「こんな不細工?まあしかたないか。おれは2番目の愛人の子供だ。おにいちゃん」と言いながら歩いていきました。パイセンは、すぐに土下座して、

「助けてください。悪うございました。これからもお金だけもらって世界の片隅で生きさせてください。愛とかほざいてすみませんでした。産んでいただいてありがとうございます」

玲夢はパイセンの顔に足を乗せますが、輪島は、もう返してやれと笑っていいました。そして、「次、ツラ見せたらゆるさねえぞ」と言ってあるきだしました。そこに、菜摘先生が包丁を持って輪島の胸に飛び込みました。

しかし。輪島の胸には札束があって、傷を負いませんでした。そして、弁護士から事情を聞いた後、タクシー代だといって100万円をばら撒きました。弁護士が近づいてきて、

「草食動物はライオンに食われる運命。それが真理です」

輪島はそのまま行ってしまいました。

 

遊んで帰ってきた市橋は、ベッドに座ってスマホを見ました。するとトビオから動画メールが来ていました。見てみるとその中のトビオは、直接いえなかったからと言って、思ってることをはなしていました。

「これは同情とかじゃなくて、おれさ、お前と友達になれて本当に良かったと思ってる。あの事件がなかったらなかよしになれなかったし。あの犯人はは絶対後悔している。だから、お前は絶対に幸せになれ!フレーフレー市橋ー・・・」

と市橋を勇気づけていました。すると、市橋は

「いるんだろ。言いたいことがあるんなら、顔見て言えよ。ほかに言いたいことあんじゃねえのか」

すると、ドアの裏に隠れていたトビオが出てきて、

「俺さ、蓮子と付き合ってる」

それを聞いた市橋は、トビオを殴ろうとしましたが、途中で止めて、

「コングラッチネイション」

「ん?」

「ばかか、おめでとうって言う意味だよ」

「え、それ、コングラッチュレーションじゃねえの、矢波高ちゃんと勉強しろよ、マジでビビっちゃった。じゃあ、行くわ。次、リハビリ一緒だから」

「気が向いたらな」

市橋は笑顔でトビオを送り出しました。

病室を出たトビオは、蓮子に電話をして市橋に付き合ってることを話したと報告しました。トビオが会いたいというと、蓮子は親いないからおいでよ、と誘いました。

 

マルは、夜の道を、<やられたらやり返す。それがこの世の勝者のやり方!>と思いながらあるいていました。やられた相手を見つけると、棒で殴りかかりましたが、相手もやり返してきますが、決着はつきませんでした。力尽きて倒れてると、二人は笑いあいますが、最後に握手しようとするとひっぱたかれて、「お前友達いねえだろ、その時点で負けだよ」と笑われて逃げられました。

マルは、急に悲しくなって泣きながら3人に電話をしましたが、誰も出ませんでした。

伊佐美は、今宵の家の前にいて、帰ってくるのを待っていました。まじめに働いて子供育てるから考え直してくれと言うと、

「だって、翔くん、きれいな人間じゃないじゃん。わたしにかくしてることあるじゃん。矢波高の事件のこと。近くにいたからわかるよ。翔くんに話したのはね、わたしにかかわらないでくださいってことだから。この子が大きくなったときに、犯罪者の子っていわれないように、ひとりで育てますので」

「ちょっとまてよ、本気なんだよ」

「私だって、本気だよ。好きなんだよ、翔くんのこと。だからわかってよ」

今宵は泣きながら家に入っていきました。伊佐美は、家の外で、今宵のことをいつの間にか大好きになったと告白してから、橋の上に行きました。そこで、

「このままじゃ、だめだ。きれいになりてえ」

とつぶやきました。

 

トビオが病院を出ると、市橋から、動画のメッセージが来ていました。市橋は、

「トビオ、おれも、面と向かって言えなかったことを言うぞ。おれも、友達になれてよかったと思ってる。最初はこんな体になってうらんでた。でも、全部自分がやってきたしっぺ返しってことだ。でも、こんなおれになったから、仲良くなれた。お前は俺の会った中で最高の友達だ。だから、お前にだけちゃんと言っとくぞ。トビオ。俺、もう、おわりにするわ。こんな体になったときからずっと考えていたんだ。このさきまともにいきられねえ。誰もうらんじゃいないけど、希望がゼロになっただけだ。俺の幸せは俺がくだす。だから、お前も幸せになれよ、フレーフレー、トビオ。フフッ。蓮子のこと幸せにしろよ」

その瞬間、トビオの後ろでものすごい音がしました。振り返ると、頭から血まみれの市橋が倒れていました。

「以上、市橋でした」

(⇒9話のあらすじ

ドラマ『僕たちがやりました』8話の感想

悲しいですね。いままでは、どこかしら自分のせいじゃないと思っていて、なんとかなかったことにして逃げ出したいと思っていた3人でしたが、やっと自分たちの罪の重さに気づき始めたのではないでしょうか。

その裏には、やはり軽い気持ちでやったということがあると思います。ただ驚かすため、チョットビビらすためだけにやったことが思わぬ大惨事になってしまったんです。ふつうなら、強い憎しみとか強い怒りで相手の命を奪ったりするので、自分がやったということに真正面から向き合うことができるのですが、軽い気持ちでやったので、パイセン、トビオ、伊佐美は自分の心からも逃げ回っていたと思います。

ただ、マルだけはぼこぼこにやられたので、強い怒りが心の中にありました。そのために、人がなくなっても「あいつらが悪いんじゃん」と言ってて最低のクズのように見えましたが、事件のことは真正面からとらえていたと思います。同じ最低のクズでも、人のせいにしてるかどうかの違いですが、結着がついた後の立ち直りは早いように思います。

市橋も飛び降りてしまった事はとても悲しいのですが、本人の中では、もう引き返せないところまで来てしまったんだと思います。

「ゴミのような奴らをゴミのように扱っていた。そしてゴミのように扱われるようになった」

と話していましたが、今まで自分がやってきたことに後悔したんだと思います。そして、蓮子もトビオにとられてしまったので希望がゼロになってしまったのではないでしょうか。後悔と言うのはカンタンですが、自分で自分の人生を否定したんだと思います。

そこに、このドラマを夜の9時にあえて流した意味があると思います。日本のあちこちで、マルに起きたようなことと同じようなことが起きてると思います。そういうことをしてると、一生かけて償わないといけないということを、実写で見せてくれてるんだと思います。やってるときは楽しいと思いますが、何か起きたらこれだけ苦しいんだよと言うことです。

人生はリセットできません。ひとにやってることは必ず自分に返ってきますし、取り返しがつかないことをしてしまったらもうおしまいです。市橋やトビオ、パイセン達のような気持ちになったら、絶対に引き返せません。たとえ刑務所に入っても無理です。子供だけでなく、大人も、このドラマを見ながらもう一度、そのあたりを考えてみられてはどうでしょうか。

もっと軽いことでも同じです。ケンカしたり、不倫したりして相手を傷つけてしまった事はお互いにずっと残ります。それが良いか悪いかは、それぞれの人の価値観ですが、できれば一生に残るキズを負うようなことはない方が良いとわたしは思いました。

 


スポンサーリンク

ドラマ『僕たちがやりました』のストーリー

凡下(ぼけ)高校2年生の増渕トビオ(窪田正孝)は、大それた夢は持たず“そこそこで生きられればいい”と考えていたイマドキの高校生でした。友人のマル(葉山奨之)、伊佐美(間宮祥太朗)、OBのパイセン(今野浩喜)とゆるい高校生活を送っていました。

ある日、凡下校の生徒が勝つ上げされてるところに、トビオとまるが通りがかり、マルが思わず小声で悪口を言ってしまいます。すぐ後ろにいた矢波校の不良のトップ、市橋(新田真剣佑)らのグループに聞かれてしまいます。その場はパイセンのおかげで丸く収まりましたが、アミューズメント施設で遊んでいたときに、マルは拉致されてぼこぼこにされてしまいます。

そのことに頭にきたパイセンは、爆薬を仕入れて、矢波校にしかけて憂さを晴らそうとします。が、たまたま仕掛けたところに、何かがあって、4人が楽しんで爆発させているときに大爆発になってしまい、火達磨になった生徒たちも校舎から出てきました。何も言えずにただ立ちすくむ4人でした。

ニュースでパイセンの似顔絵が報道されました。パイセンは300万円ずつ渡して口止めします。さらに、海外のプーケットにトビオとマルをさそいましたが、トビオが空港に向かうと、パイセンが逮捕されていました。しかし、パイセンはトビオたちのことは一切口に出しませんでした。

空港から逃げ出したトビオはマルと落ち合って、やりたいことをやり始めますが、マン喫で寝ている隙にトビオの金を奪ってマルは逃げてしまいました。仕方なく繁華街を歩いていると、伊佐美の彼女の今宵と出会って、今宵の家に行きます。夜、寝てると勇実が帰ってきました。伊佐美は、罪の意識に耐え切れなくなって首をつったようですが、ロープがうまく結ばれてなくて一命を取り留めて帰ってきました。

トビオたちが仕掛けた爆弾の場所が違うことに気がついて、矢波高の熊野先生が真犯人じゃないかと言い始めますが、伊佐美が家の前で矢波高野市橋たちに見つかってしまいます。トビオは逃げ出しますが、つかまってしまいました。伊佐美と今宵は、拳銃を取り出して逃げることに成功しました。

トビオは、何とか逃げ出して、ホームレスのヤングと言う男性に救われます。蓮子は、市橋に呼び出されてトビオの行方を聞かれます。市橋の哀れな姿に同情した蓮子は、いっしょにトビオを探そうといいだしました。矢波高野熊野先生の盗撮ビデオから、パイセンが爆弾をプロパンガスの近くに置いたことがわかりました。ところが、交番に、爆破事件の犯人だと言うパイセンに似た男が出頭しました。

トビオは今宵と出会って、今宵の部屋に上がりこみ一夜を共にして視見舞います。母親からの電話を聞いて、逃げることをやめたトビオはボーリング場に行って、警察に逮捕されようとしますが、パイセンがやってきました。真犯人が逮捕されたために、釈放されたんです。

伊佐美はマルと会いますが、マルは伊佐美の300万円を取ろうとして、逆に外人の女性に撮られてしまいます。言い争ってると、爆破事件の真犯人が逮捕されたといいうニュースが流れてきてびっくりしまいた。

菜摘先生は、西塚弁護士から謝礼の金をもらっていました。

爆破事件の真犯人が自首したことでパイセンが釈放されました。パイセンは3人の前に現れて、再び遊び始めますが、本当は犯人は自分たちだと告白します。黙ってれば誰にもわからないと話していると、飯室刑事があわられて、亡くなった10人の写真を見せて、これから「一生苦しめ」といっていって帰っていきました。

トビオは、夕方まで部室にいた後、夕日を見て突発的に屋上から飛び降りてしまいました。

トビオは病院に担ぎ込まれましたが、奇跡的に骨折だけで助かりました。偶然同じ病院になった市橋と仲良くなって、トビオは蓮子と付き合うことを勧めます。女医のミナミとデートして帰ってきたトビオは、家の前で待っていた蓮子と久しぶりに話をして、自分の気持ちに改めて気がつきます。蓮子の家に誘われたトビオはやっと蓮子と結ばれて、涙ながらに付き合おうと告白しました。

ドラマ『僕たちがやりました』の原作

原作は、「僕たちがやりました」という同名の漫画で、原作の金城宗幸さんは、1987年生まれの30歳で、京都精華大学マンガ部マンガプロデュース学科を卒業された漫画原作者です。「神様の言うとおり」などを書かれています。

漫画を書かれている荒木光さんは、「ヤンキー塾に行く」などを書かれている漫画家です。

「僕たちがやりました」は、今話題の、麻生久美子さんがCMをやってる「Renta!」か、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。「honto」は、紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

⇒ Renta

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

ドラマ『僕たちがやりました』のキャスト

  • 増渕トビオ 窪田正孝、凡下(ぼけ)高校の2年生
  • パイセン(小坂秀郎) 今野浩喜、トビオの仲間
  • 伊佐美翔 間宮祥太朗、トビオの仲間
  • マル(丸山友貴) 葉山奨之、トビオの仲間
  • 蒼川蓮子 永野芽郁、トビオの幼馴染
  • 三浦由佳 岡崎紗絵、蓮子の親友
  • 増渕優子 榊原郁恵、トビオの母親
  • 新里今宵 川栄李奈、伊佐美の彼女
  • 立花菜摘 水川あさみ、トビオの担任
  • 市橋哲人 新田真剣佑、矢波高一の不良
  • 飯室成男 三浦翔平、刑事
  • 輪島宗十郎 古田新太、裏社会のボス
  • 西塚智広 板尾創路、輪島の弁護士

8話以外のあらすじ

以上、ドラマ「僕たちがやりました」の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

先に生まれただけの僕
ぼくは麻理のなか

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  2. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじと感想。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  3. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  4. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  5. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  6. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじと感想。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
  7. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  8. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
  9. 『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじと感想!綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦? 奥様は、取り扱い注意
  10. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. ユニバーサル広告社
  3. プロ野球
  4. 明日の約束
  5. 今からあなたを脅迫します
すし
  1. 逃げるは恥だが役に立つ
  2. 花
  3. 弁護士
  4. スニッファー嗅覚捜査官
  5. 出産
  6. お母さん、娘やめていいですか?
  7. 結婚式
  8. トムヤムクン
  9. 蛍

多くの人に読まれている情報

  1. 東京タラレバ娘
  2. リバース
  3. わにとかげぎす
  4. 炭火焼
  5. こえ恋
  6. 視覚探偵日暮旅人
  7. 絵本
  8. スーパーサラリーマン左江内氏
PAGE TOP