セシルのもくろみ

ドラマ『セシルのもくろみ』のキャストや1話のあらすじ!真木よう子が読者モデルに!

セシルのもくろみ
LINEで送る
Pocket

 今夜のドラマは?

ユニバーサル広告社
この声をきみに
コウノドリ2
重要参考人探偵

7月13日(木)夜10時から始まる新ドラマ「セシルのもくろみ」のキャストや1話のあらすじ、視聴率、スタッフなどをまとめました。唯川恵さん原作の小説のドラマ化です。真木よう子さん演じる普通の主婦が、読者モデルから一流のモデルへ成功の階段を駆け上っていく物語です。


スポンサードリンク


各話のあらすじと視聴率

(出典:ビデオリサーチ調べ関東)

「セシルのもくろみ」は、有料ですがFODで見ることができます。「コード・ブルー」も見れます。⇒ FOD

ドラマ「セシルのもくろみ」のキャスト

宮地奈央 真木よう子

金型仕上げのエンジニアの夫と中学1年の息子と、埼玉北春日部に暮らしている主婦です。ファッションには興味がなく、日々の小さな幸せをかみしめながら生きてます。体育会系出身で、威勢が良く、ある意味ガサツな女性だったのが、ファッション誌「ヴァニティ」にスカウトされたことがきっかけで、美に対する興味がわいてきます。

真木よう子さんは、1982年生まれの34歳の女優、歌手です。1998年、中学卒業後、仲代達也さん主宰の「無名塾」に1000人の中の5名に選ばれてはいられました。2000年に舞台に立たれましたが、仲代竜也さんとの意思疎通がうまくいかなくて退団されました。それ以降も多くのドラマや映画に出られています。2014年の日本アカデミー賞では、最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞をとれらています。最近では、「問題のあるレストラン」「精霊の守り人Ⅱ」映画「ミックス。」などに出られています。

沖田江里 伊藤歩

ファッションブランドのPRとして働いていましたが、職を失てしまい、フリーのファッションライターに転向します。ヴァニティの契約ライターとして働くことになり、たまたま同じ境遇の奈央と出会って、二人三脚で頑張っていきます。

伊藤あゆみさんは、1980年生まれの37歳の女優です。6歳のころからモデルの仕事を始められて、1993年、映画「水の旅人」でデビューされました。1996年、「スワロウテイル」で日本アカデミー賞新人賞、助演女優賞をとられています。最近では、「営業部長吉良奈津子」「相棒」映画「昼顔」「関ヶ原」などに出られています。

安原トモ 徳井義実

奈央のよき理解者であるジェンダーレスのカリスマヘアメイクです。普通の主婦だった奈央のことを気にかけてくれて、応援してくれます。

得意義実さんは、1975年生まれの42歳のお笑い芸人、俳優です。お笑いコンビ「チュートリアル」のボケ、ネタつくり担当です。大学在学中に、幼稚園からの同級生の福田充徳とチュートリアルを結成されました。俳優としても、1997年の「一色京太郎事件ノート」以降、いろいろ出られています。最近では、「書かれたら好きな人」「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」などに出られています。

山上航平 金子ノブアキ

「ヴァニティ」の専属カメラマンです。奈央や江里のことを支えていてくれます。

金子ノブアキさんは、1981年生まれの36歳の俳優、ドラマーです。子役として活動されていて、ドラマーとしても活躍されています。ドラマは。1994年「天国に一番近いママ」に出られてから、多くのドラマや映画に出られていて、最近では、「学校のカイダン」「クライシス」などに出られています。

浜口由華子 吉瀬美智子

雑誌「ヴァニティ」の専属カバーモデルで、女性の全てを兼ね備えたパーフェクトな女性です。カリスマモデル「ハマユカ」として、「ヴァニティ」をささえています。結婚ていて子供もいます。

吉瀬美智子さんは、1975年生まれの42歳の女優です。高校卒業後、喫茶店でアルバイトをしている時にスカウトされて、地元の福岡県でモデルをされていました。その後、20歳で上京されてモデルやCMに出て、2003年から「噂の!東京マガジン」に出られて有名になられました。多くのドラマや映画に出られていて、最近では、「大人女子」「ブランケットキャッツ」などに出られています。

安永舞子 長谷川京子

雑誌「ヴァニティ」の「ハマユカ」に次ぐ、元ナンバー2のモデルでした。モデル引退後は、情報番組のコメンテーターしていて、毒舌が受けて大人気になっています。

長谷川京子さんは、1978年生まれの38歳の女優、モデル、タレントです。1996年、高3のときに、ファッション雑誌「CanCam」のオーディションに合格されて、モデルの活動を始められました。「はせきょー現象」という言葉も生まれるほど、人気がありました。2001年「スタアの恋」でドラマデビューされています。最近では、「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」「ふれなばおちん」「本日は、お日柄もよく」などに出られています。

坂下葵 佐藤江梨子

奈央と同時期に入った、超絶美脚で人妻の新人読者モデルです。

佐藤江梨子さんは、1981年生まれの35歳の女優、モデル、タレントです。1999年、「大磯ロングビーチキャンペーンガール」に選出されて、芸能界にはいられました。多くのドラマに出られていて、最近では、「嵐の涙」「本当にあった女の人生ドラマ」「猫忍」などに出られています。

小田萌子 藤澤恵麻

奈央と同時期に入った、セレブ美人ママの新人読者モデルです。

藤澤恵麻さんは、1982年生まれの34歳のモデル。女優です。2001年m「non-no」のモデルオーデョションでグランプリを獲得されて、芸能界にはいられました。2003年、朝ドラ「天花」のヒロインに選ばれて女優デビューされました。最近では、「きんぴか」「コールドケース」などに出られています。

南城彰 リリー・フランキー

雑誌「ヴァニティ」の編集長です。穏やかな物腰で、温厚な性格です。「ハマユカ」とともにヴァニティをそだててきました。

リリー・フランキーさんは、1963年生まれの53歳のマルチタレントです。エッセイ、小説、デザイン、作詞作曲、演出など数多くの才能を持たれています。2005年の「東京タワーからオカンとボクと、時々、オトン」は200万部を超えるベストセラーになり、「本屋大賞」にも選ばれました。最近のドラマでは、「銀と金」「赤めだか」「100万円の女たち」などに出られています。

石田信也 眞島秀和

雑誌「ヴァニティ」の副編集長です。

眞島秀和さんは、1976年生まれの40歳の俳優です。山形県出身。1999年の映画「青~chong~」でデビューされました。最近では、「視覚探偵日暮旅人」(雪路の兄役)「お母さん、娘やめていいですか?」「クライシス」映画「愚行録」などに出られています。

黒沢洵子 板谷由夏

雑誌「ヴァニティ」の編集デスクです。奈央をモデルとしてスカウトして、ファッション業界に引き込みました。一見、クールですが、女性を縛る呪縛から解放してもっと自由に生きられるように応援したいという気持ちで仕事をしています。次期編集長を狙っています。

板谷由夏さんは、1975年生まれの41歳の女優、キャスターです。福岡県出身。福岡女学院大学短期大学部卒業後、「PeeWee」の専属モデルとして活躍されました。1999年に「avec mon mari」で映画デビューされて、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞されました。夫は、スタイリストの吉田ひろひこ氏で、二人の男の子のお母さんです。最近のドラマは、「スニッファー」「ヤッさん」「母になる」などに出られています。

小池雅美 小野ゆり子

雑誌「ヴァニティ」の若手編集部員です。

小野ゆり子さんは、1989年生まれの27歳の女優です。中1のときに、「ファンタ」のCMに出られました。そのご、2008年の19歳のときからモデルとして活動を再開されて、舞台、映画、ドラマなどに出られています。2012年に、俳優の大森南朋さんと結婚されました。2013年「最高の離婚」で、M諒の恋人役としてドラマ初出演されました。特技はバトントワリング、趣味は読書、ダンスです。最近のドラマでは、「家売るオンナ」「相棒」「感情8号線」などに出られています。

平井早紀 石橋けい

嫌味なセレブママで、ファッションライターをしています。

石橋けいさんは、1978年生まれの39歳の女優です。映画のオーディションですかうとされて、1992年「NIGHT HEAD」でデビューされました。最近では、「警視庁捜査一課長」「ゆとりですがなにか」映画「At the terrace」などに出られています。

登坂千絵 伊藤修子

チョイ迷惑系の姉御のベテランスタイリストです。

伊藤修子さんは、1977年生まれの40歳の女優です。1999年、オーディションで劇団「拙者ムニエル」に加入されました。超個性派女優で、独特な芸風と超ネガティブなキャラが「いいとも」や「ダイナマイト関西」「IPPONグランプリ」で話題になりました。最近では、「グッドパートナー」「Chef」「でも、結婚したい!」などに出られています。

宮地伸行 宇野祥平

奈央の夫で、金型仕上げのエンジニアをしています。奈央を応援する気持ちはありますが・・

宇野祥平さんは、1978年馬rネオ39歳の俳優です。映画を中心に活動されています。最近では、映画「64」「二重生活」「セトウツミ」などに出られています。

宮地宏樹 佐藤瑠生亮

奈央の息子で、中学一年生です。

佐藤瑠生亮(るいき)くんは、2004年生まれの子役です。最近では、「がっぱ先生!」「石川五右衛門」映画「帝一の國」などに出られています。

森泰生 加藤雅人

奈央の明るい同級生で、惣菜屋店主です。

加藤雅人さんは、1979年生まれの俳優で、「ハッピーフライト」「頭文字D」「戦国鍋TV」などに出られています。

 


スポンサーリンク

ドラマ「セシルのもくろみ」の相関図

ドラマ「セシルのもくろみ」の相関図です。

「セシルのもくろみ」相関図

ドラマ「セシルのもくろみ」1話のあらすじ

「セシルのもくろみ」は、有料ですがFODで見ることができます。「コード・ブルー」も見れます。⇒ FOD

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒スタッフまでジャンプ!

 

読者モデルとしてスカウトされた奈央(真木よう子)は、ヴァニティのスタジオでほかの新人モデルたちと一緒に、写真をとられていました。しかし、持ってきた私物は、まったく使い物にならず、怒られながらスタイリストの用意したバッグを使って、何とか撮影を終わりました。ほかの二人と比べて、モデルとしての意識がまったく無い奈央で、担当のライターの江里(伊藤歩)に怒られっぱなしでした。江里は、契約ライターなので、編集部の言うとおりにしないと仕事がもらえないので、必死に奈央をモデルっぽくしました。

奈央は、編集デスクの黒沢洵子(板谷由夏)がロケのときに見つけてきたんです。黒沢に言われて江里が北春日部から連れてきて、オーディションを受けさせたんです。オーディションでもとんでもない受け答えで、審査員の失笑を買ってしまいました。ヴァニティも呼んだことがありませんでした。

奈央がヴァニティを出ようとすると、編集長の南城(リリー・フランキー)から呼ばれてレストランに行きました。なぜ撮影に来たのか聞くと、前回の撮影のときに帰ろうとしたら「これだから主婦は!」と言われて、カチンと来て続けてると言いました。

数日後、ヴァニティが発売になりましたが、奈央は載ってなくて夫や子供からもがっかりされてしまいました。奈央が江里に文句を言いましたが、これが現実だといわれます。江里が、なぜ奈央をスカウトしてこいと言ったかと黒沢に聞くと、

『編集長のタイプだから」

と一言で終わりました。

ある日、奈央が屋外の仕事現場にお弁当を届けると、江里の仕事場でした。奈央がもうモデルをやめると言うと、

「それでいいの?自分は今すんでる狭い世界で十分って事?」

「いそがしいんだよ。こっちは」

「いま、しあわせ?」

 

バニティの編集会議が行われていました。編集長がコンペしようと言い出します。8人のライターから出た規格の中で、二つを選んで1ページを任せると言うものでした。江里はさっそく、バニティの今までのバックナンバーと体重計を持って奈央のところにやってきました。バックナンバーで勉強することと、体重計で体調管理をするように言われました。

始に、カメラマンの航平に頼んで、50m走、懸垂、エステなどをしているところの写真を撮ってもらいました。そして、筋トレなどのメニューを渡されて、毎日やることを命じられました。江里は見た目が大事だと話して、奈央のインスタを開設しましたが、それだけは断りました。

バニティの発売日、夫と一緒に買いに行ってみると、「だめ主婦改造計画」という奈央の企画が1ページ載っていました。二人で大喜びして、家に帰ってくると、江里が来ていました。江里もバニティを持ってきてくれたんです。一緒に喜んでくれた江里が帰ったあとも、ひとりでずっと見続けてニヤニヤしていましたが、ほかのページがおしゃれなものばかりだということに気がつきました。

翌日、奈央は、江里とヘアメイクをしてくれたトモ(徳井義実)と航平を呼んで御礼の焼肉をご馳走しました。奈央のニックネームはミヤジになりました。

 

数日後、ヴァニティのパーティーが開かれました。奈央も江里に呼ばれて、メイク、ドレス、靴をばっちり決めて参加しました。そのパーティには、元ヴァニティのナンバー2モデルの安永舞子(長谷川京子)、カバーモデルの浜口由華子(吉瀬美智子)も来ていました。由華子は、なせか奈央に近づいて、話しかけました。奈央はびっくりして体育会系で挨拶をしてしまいます。

「はじめまして!」

「はじめてじゃないの。前に学校ですれ違ったと思うんだけど」

「学校?」

「息子が同じ学校で、部活も同じみたい。そのワンピース、すごく似合ってる。ヴァニティにようこそ」

握手をすると、多くの人から写真が撮られました。由華子は颯爽とすてーじのうえにもどっていきました。その姿を見て放心状態の奈央は、隣の控え室でいすに座ってしまいます。いなくなったことに気がついた江里は控え室に行って奈央に話しかけると、

「あんた、ばかなの?わたしで天下とれるわけないじゃん。ほかのモデルさがしなよ」

「まさか、自分とハマユカ比べたの?ばっかじゃないの。誰もあんたがハマユカになれると思ってないよ」

「じゃ、どうすればいいのよ」

「どうすっかなー。わたしにもわかんないけどさ。探してみる価値はあるかも。わたしさ、あんたに言われて鳥肌が立ったんだよ」

江里は、奈央がお弁当を届けたときに「しあわせ?」と聞いたときの答えを言いました。奈央は、

「あんたは、人にほめられたくて生きてんの?わたしはさ、家族がいて、選択して料理して掃除して、別にありがとうと言われなくても、そういう大事な人が笑って、しあわせで、そばにいる、それがしあわせだよ。自分の幸せは自分で決めるんだよ」

と言ったんです。そんな風に言ったのは、奈央がはじめてだったから、二人で組めば今まで見えなかった景色が見えるようになるのかな~と思ったと話します。

 

数日後、奈央がバニティに行くと、同じ新人読者も出るから、奈央のインスタが面白いと言われます。インスタを見た奈央は血相を変えて編集部に乗り込みました。「インスタは断ると言ったはず」と江里に詰め寄ると、

「これは仕事なの。そのためなら、やれることはなんでもやる」

と言われました。そして、対面に座っていた黒沢デスクから、来月号も奈央の企画を続けることが決まったけど、本人にやる気がなきようなので中止にすると言われてしまいます。奈央は、黒沢の言葉は一切無視して、

「信じたあたしが、ばかだった」

と一言はきすてて、編集室をあとにしました。道路を歩きながら、今までのことを思い出して、奈央は泣いてしまいました。

帰る途中で、航平に教わった体操をしてUターンをしてヴァニティの編集室に戻りました。玄関でトモに会うと、

「これが、この世界のやりかたですか?まじ、くっだらねえとおもいますが、負けたまま逃げるのは絶対いやなんで。ともさん、私が認められれば、ほんとに思い通りにやれますか?私の正義つらぬけますか?」

「いま、すっごいいい顔してる。ミヤジの正義、見せてよ」

(⇒ 2話のあらすじ

ドラマ「セシルのもくろみ」のスタッフ

ドラマ「セシルのもくろみ」のスタッフは、

  • 脚本 ひかわかよ
  • 演出 澤田鎌作
  • 主題歌 夜の本気ダンス『TAKE MY HAND』
  • 原作 唯川恵『セシルのもくろみ』

脚本のひかわかよさんは、「嫌われる勇気」「新・ミナミの帝王」「GTO」「医龍4」などを書かれた脚本家です。

演出の澤田鎌作さんは、1968年生まれの49歳のフジテレビのドラマ監督です。1991年にフジテレビに入社されて、1995年「いつかまた逢える」でドラマ監督デビュー、2007年「西遊記」で映画監督デビューされました。最近では、「幸せになろうよ」「ミス・パイロット」などを演出されています。

主題歌を歌う夜の本気ダンスは、2016年にデビューされた京都出身の4人組ロックバンドです。

原作を書かれてる唯川恵(ゆいかわけい)さんは、1955年生まれの62歳の小説家です。短大を卒業されて、10年間OL生活を送られた痕、1984年に、「海色の午後」で集英社コバルト・ノベル大賞を受賞されて作家デビューされました。2001年、46歳のときに「肩ごしの恋人」で直木賞を撮られています。女性の心の奥に潜む心理を巧みに描き続けており、怖さを感じながらも、思わず共感し心揺さぶられるものばかりだと女性に大人気の作家です。ドラマ化も多くの作品がされています。代表作は、

どれも、とても面白いので読まれてみることをお勧めします。

小説「セシルのもくろみ」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

以上、ドラマ「セシルのもくろみ」のキャストや1話のあらすじ、スタッフに関する情報でした。

他にも面白いドラマがあります。

コウノドリ2
奥様は、取り扱い禁止

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
  2. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  3. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  4. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  5. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  6. ドラマ「今からあなたを脅迫します」のキャストや1話のあらすじと感想!ディーン・フジオカと武井咲のW主演! 今からあなたを脅迫します
  7. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  8. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  9. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  10. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじ。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
スポンサーリンク

最新情報

  1. ブラックリベンジ
  2. ブラックリベンジ
  3. 刑事ゆがみ
  4. 刑事ゆがみ
  5. ドクターX
ケツメイシ
  1. カルテット
  2. 人は見た目が100%
  3. ボク、運命の人です
  4. ドクターX
  5. おんな城主直虎
  6. 地味にスゴイ!
  7. 細菌

多くの人に読まれている情報

  1. 三億円事件
  2. おんな城主直虎
  3. おんな城主直虎
  4. 弁護士
  5. 地味にスゴイ!
  6. すし
  7. ブランケットキャッツ
  8. 小さな巨人
  9. ヒグマ
PAGE TOP