セシルのもくろみ

『セシルのもくろみ』8話のあらすじ(ネタバレ)と感想!レイナも卒業?

セシルのもくろみ
LINEで送る
Pocket

 今夜のドラマは?
明日の約束
監獄のお姫さま

ドラマ「セシルのもくろみ」8話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。ウェブ企画で1位になった奈央は、トークショーに出ます。普段の下品な会話を動画でアップされた奈央は話し方教室に通って、トークショーのための準備をしますが、舞子の鋭い質問に「モデルなんか」と言ってしまいました。


スポンサードリンク


8話以外のあらすじ

ドラマ「セシルのもくろみ」のキャスト

  • 宮地奈央 真木よう子、埼玉北春日部在住のガサツな主婦
  • 沖田江里 伊藤歩、崖っぷちのファッションライター
  • 安原トモ 徳井義実、カリスマヘアメイク
  • 山上航平 金子ノブアキ、カメラマン
  • 浜口由華子 吉瀬美智子、雑誌「ヴァニティ」の専属カバーモデル
  • 安永舞子 長谷川京子、雑誌「ヴァニティ」の元ナンバー2モデル、情報番組のコメンテーター
  • 坂下葵 佐藤江梨子、超絶美脚人妻の新人読者モデル
  • 小田萌子 藤澤恵麻、セレブ美人ママの新人読者モデル
  • 南城彰 リリー・フランキー、雑誌「ヴァニティ」の編集長
  • 石田信也 眞島秀和、雑誌「ヴァニティ」の副編集長
  • 黒沢洵子 板谷由夏、雑誌「ヴァニティ」の編集デスク
  • 小池雅美 小野ゆり子、雑誌「ヴァニティ」の若手編集部員
  • 平井早紀 石橋けい、嫌味なセレブママ、ファッションライター
  • 登坂千絵 伊藤修子、チョイ迷惑系の姉御のベテランスタイリスト
  • 宮地伸行 宇野祥平、奈央の夫、金型仕上げのエンジニア
  • 宮地宏樹 佐藤瑠生亮、奈央の息子
  • 森泰生 加藤雅人、奈央の明るい同級生、惣菜屋店主

ドラマ「セシルのもくろみ」のストーリー

金型仕上げのエンジニアの夫と中学1年の息子と、埼玉北春日部に暮らしている体育会系のガサツな主婦、宮地奈央(真木よう子)は、ある日、ファッション雑誌「ヴァニティ」の編集デスク黒沢洵子(板谷由夏)の目に留まります。理由は、編集長の南城彰(リリー・フランキー)の好きなタイプだからというものでした。黒沢の指示を受けて、契約フリーライターの沖田江里(伊藤歩)が、読者モデルとしてスカウトしに行きました。奈央は、それまでファッションには全く興味がなく、雑誌もほとんど読んだことがなかったので、やる気はなかったのですが、お金になると聞いて読者モデルを引き受けました。

同時期にスカウトされた、坂下葵(佐藤江梨子)と小田萌子(藤澤恵麻)は、どちらもファッションセンスは抜群で、奈央とは違ってヴァニティにも掲載されます。奈央は、江里から叱咤激励されて撮影をしますが、唯一、負けたくないという気持ちだけで読者モデルを続けていました。あるとき、編集長の提案で、企画のコンペが行われます。江里の発案で、「だめ主婦改造計画」という企画を、カメラマンの山上航平(金子ノブアキ)、ヘアメイクの安原トモ(徳井義実)らとチームを組んで取り組むと、見事に1ページにもらえました。

やる気が出てきた奈央は、江里たちと新しい世界を見に読者モデルとして頑張ろうと思います。しかし、江里が勝手にインスタを後悔してしまった事に奈央は怒りだしてしまいました。奈央は編集室を出て行きますが、負けるのが悔しいと思い返して帰ってきて、続けることを宣言しました。

黒沢が、読者モデルの一人を専属モデルにしたいと言ってライターたちをたきつけると、奈央はエステや酵素風呂に通い始めます。それをインスタで見た黒沢は、奈央は奈央らしくしろと逆に怒られてしまいます。悩んだ奈央は、ハマユカのそばにいてすべてを盗もうとしますが、ある日の昼間、ハマユカの夫が玄関で酔いつぶれている所と、夫の母親とハマユカの間に溝があるところを見てしまいます。

ハマユカは、アル中の夫から暴行を受けて、左目の周りにあざを作ってしまいます。奈央はおこりますが、ハマユカはヴァニティも家庭もつぶす気持ちはないと言って仕事に復帰しました。

二人の専属モデルがけんかをして首になってしまいました。その穴埋めとして、黒沢と石田が裏で協定して、外部からのモデルを一人と読者モデルから一人、専属モデルになることが決定しました。葵が石田副編集長を使って専属モデルになりますが、萌子が黒沢に葵と石田の不倫をチクッて二人ともクビになってしまいました。江里の企画が通って、奈央と夫のデートと言う企画二ページをもらうことができますが、黒沢から11月号でクビだといわれてしまいました。

最後の奈央の企画が通って、一日寺修行が始まりました。自分を見つめなおすことができた奈央は、モデルを続けたかった自分に気がつきました。奈央は卒業しましたが、江里はヴァニティに残れることになりました。

5ヵ月後、ハマユカが離婚しました。同時に、黒沢と南城編集長から、奈央をもういちど連れて濃いと江里に命令が下りました。

江里が大好きなブランド、フェローニの企画が通りました。はじめの撮影が散々だった奈央はハマユカにモデルの基礎を教えてもらいました。フェローニの担当にも好印象を持ってもらい、撮影もうまくいきました。しかし、おきっぱなしにしてしまったスマホを、レイナに操作されて、インスタにフェローニの悪口を書かれてしまいました。すぐに削除しましたが、拡散されてしまい、江里はクビの危機になります。奈央は江里を探して、立ち向かうべきだと話して記事を仕上げさせました。黒沢とハマユカはその記事をフェローニに持ち込み、無事に江里の記事が雑誌に載ることになりました。

ハマユカは、ヴァニティを卒業すると奈央にいいました。

黒沢はモデルとライターを読んでウェブ企画を立ち上げて投票を行うと発表しました。奈央は平井と組んで1位をとることができました。ところが、普段の奈央の様子が動画でアップされて、息子の学校で広がってしまいました。一時期モデルをやめようとしますが、江里に言われてモデルを続けるために話し方教室に通いました。ウェブ企画の1位のお祝いにトークショーが開かれますが、舞子の鋭い質問に、奈央は思わず「モデルなんか」と言ってしまいました。

 


スポンサーリンク

ドラマ「セシルのもくろみ」8話のあらすじ

「セシルのもくろみ」は、有料ですがFODで見ることができます。「コード・ブルー」も見れます。⇒ FOD

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

奈央(真木よう子)は、舞子(長谷川京子)のお披露目を兼ねたトークショーで、モデルを辞めようと思った理由を問われ、

「モデルなんかより大事なものがあると思ったからです」

と発言してしまい、集まったファンたちをざわつかせました。舞子は、

「宮地さんにとって、モデルより大事なものって?」

「家族です。最近、モデルをはじめたことで息子を傷つけてしまったからです。でも・・・」

と、舞子の助けでなんとかその場を乗り切ることができました。でも、そのすぐ後に、レイナ(芦名星)が妊娠したので、ヴァニティを卒業すると発表しました。ヴァニティ編集部の黒沢もだれも知りませんでした。黒沢は、妊娠は言い訳でやめる口実だと気づきました。

奈央は舞子にトークショーのことを謝りますが、「あなた、モデル失格」と言われてしまいました。

奈央は、江里(伊藤歩)と反省会をしました。そのときに、編集長の南城(リリー・フランキー)が異動になり、由華子(吉瀬美智子)がカバーモデルを務める予定だった新雑誌創刊の話も白紙になったことを聞きました。

翌日、ヴァニティの編集会議では、新編集長の平林(石田佳央)がこれまでの共感路線を捨ててよりハイクラスな方向へと転換する編集方針を打ち出しました。黒沢洵子(板谷由夏)は、反対しますが、舞子がカバーを勤めた先月号は過去最大の売り上げだったと話します。そして、

「宮地さんとかっていうひと、連れて来たの黒沢さんですよね。彼女に共感する人、ヴァニティ買います?それこそ、ターゲット違いません?」

そして、南城とは違って黒沢の言うことは聞かないときっぱり言って出て行きました。

ある日、奈央は、古書店の店先にいたおしゃれな老婦人を見かけ、心をひかれました。トモ(徳井義実)によれば、その女性はハナちゃん(大方斐紗子)と呼ばれている、ちょっとした有名人なのだということでした。そこに、江里が来て、方針が変わったので今日の撮影がなくなったといいにきます。奈央は、

「それでいいの?」

と怒って、奈央のための企画も一緒に同時進行でやっていこうと提案しました。

奈央は、異動になった南城の仕事先に言って、屋上で話をしました。

「雑誌は生ものだから、作る人が変わるとまるっきり変わる。あたりまえのことだよ」

と言われました。そして、どういう思いでヴァニティを作ったかを聞きました。

 

翌日、街角で見かけたハナちゃんと奈央の対談を行いながら写真撮影をしました。それを江里は記事にして黒沢に持っていくと、平林新編集長に却下されるだけだと突っ返されました。江里は、黒沢のためにがんばると言うと、修正箇所を指示されてやり直しました。黒沢はそれを受け取ると、副社長に直接持っていってみてもらいました。

次の日、平林新編集長が部屋に来ると、

「黒沢さん、案外汚い手を使うんですね」

と一言言われました。

奈央が家にいると、南城から呼び出されました。奈央がその中華料理屋に行くと、江里とハマユカと舞子、黒沢がやってきました。すると、ハマユカのところに、仕事ができていかれないと南城から連絡がありました。はじめから、この5人で食事をさせるのが目的のようでした。その頃、南城はカメラマンの山上(金子ノブアキ)とトモの3人でのんでいました。

舞子から、南城が役員会議で上に逆らったと聞きました。そして、この間の奈央の「モデルなんか」という失言を話し始めます。奈央が「「自分らしさを大事にしたいと思ってます」というと、

「自分らしさ?モデルにだって個性は必要よ。でもそれは、求められた役割を全うして、そのうえでにじみ出るものでしょ?この人みたいに、実力もないのに、自分、自分言われると、うるさくてしょうがないのよ。なんで、こんなひと、専属にしたのか」

何も言わなかった黒沢が、「編集部には編集部の考えがあるの」というと、

「それが心配なの」

と舞子は切り替えしました。

「わたしは、ヴァニティを立て直すために呼ばれたんでしょ。編集部と考えが違うと困るのよ」

「だからと言って、編集会議を通った企画にも駄目だ資するのはどうかと思いますけど」

「私は提案してるだけよ。もし、黒沢さんが編集長なら従うわよ。でも、11年やってて副編集長どまりじゃあね」

江里も、実力だけで評価されるわけないと助けますが、

「そんなの当然でしょ。私には泣き言にしか聞こえない」

と言われてしまいます。黒沢は、売り上げの責任は私にあると言いますが、舞子も、当然自分にもあると言います。そして、ハマユカはプライベートを切り売りしてるからわかるよねと言うと、奈央が、

「プライベートを割り切れるほど、人って強くないですよ」

と口を出します。舞子は、

「つらいことなんて、誰にでもある。私は子供ができなかったから離婚されたと言われてる。一度も話したことなかったけど。言う必要もないって思ってた。同情されたり、かわいそうって言われたり、私はね、モデルは憧れの対象だって思ってたから、そうおもわれるのは耐えられなかった。だからわたしは、絶対に自分からプライベートを言わない。同情かって共感を得るって許せないから」

黒沢は、「わかります」と言って、自分もそうだったと言います。子供を生むと職場に戻ってこれないと思って、仕事に打ち込んできたけど、周りからは言われ続けたと言います。ハマユカも舞子も共感しあいました。それから、5人でいつも言われてることを言い合いました。結論は「幸せは自分で決めるもの」でした。

 

翌日、舞子が編集部にいて企画のチェックをしてると、奈央とハナちゃんの企画が目に留まって、江里に突っ返しました。江里は、

「憧れ路線の企画もやってみましたけど、こっちのほうがよくないですか?」

「やってみました?あんた、素人?企画としていいかどうか問題じゃないの。今、ヴァニティでやるべきことは何なのか、それをきめるのはあなたじゃない。時間もお金も手間も2倍かけたってことよね。それに、こっちの企画に提供してくれた靴もバッグも使わないことになる、ブランドからしたら話が違うってことよね。それが続いたら信頼が失われて、貸してもらえなくなるのよ。ちゃんと与えられた仕事を全うして」

江里と奈央は屋上で「私たちのやり方はプロじゃなかった」と反省してましたが、「私たちはぶれないでいこう」と元気を出しました。

舞子は平林に文句を言って、「こんなんじゃ、黒沢さんでいいんだけど」というと、黒沢が辞表を出したと聞きました。

奈央がバイトをしてると、ハマユカがたずねてきました。ハマユカは新しい雑誌を立ち上げることになったと言いました。そして、その新雑誌でカバーモデルになってくれと言われました。

(⇒最終話のあらすじ

ドラマ「セシルのもくろみ」8話の感想

面白くなってきました。それにしても、舞子の言ってることはどれも当たり前のことで、ほかの人が仕事として取り組んでいる意識や、見られているという医師気賀少ないように感じました。お仕事のドラマとしてみた場合、舞子が狙ってる方向はあってるかあってないかはわかりませんが、非常に歯がゆいのではないでしょうか。江里と奈央は、同人誌とか卒業文集を作ってるような感じで、自分たちに何を求められているのかわかってないと思います。

江里に求められてるのは、決められたテーマで内容が濃くて、読者になるほどと思ってもらえる記事を作り上げていくことでうす。奈央が求められてるのは、表面的な美しさと内面のオーラが出てきてるような写真を撮ってもらうことです。二人ともそれが判ってなくて、中華料理を食べに中華料理屋さんに行ったら、店主が「これ得意だから」と言って、スパゲッティを出してきたようなものです。そのあたりが、今までの違和感の理由のような気がします。

こういうことは、仕事でも恋愛でもよくありがちです。小さな親切大きなお世話に近い感じですが、その根本にあるのは、相手ではなくて自分だと思います。相手のことを想ってやってるように見えますが、実は自分の心を満足させようとしてるだけだと感じます。相手の心を満足させようと思ったら、奈央や江里は、舞子や平林が満足できるような憧れ路線の記事をしっかり作っていくしかないです。その上で、意見を言ったり、違う雑誌に移って行けばいいような気がします。

そのためには、相手が何を考えてるのかをしっかり考えていくことがたいせつになります。とくにたいせつなのは、あなたにとってたいせつな相手です。もしもわからないばあいは、効くこともたいせつになってきます。お互いすれ違ったままだと、いずれけんかしたり別れたりすることになります。

ドラマの場合は、別れたりしても見てればいいだけですけど、リアルなら大問題です。相手の心の中を考えて、どういうことが求められてるのかを空いた時間でも良いので、考えてみることをおすすめします。

ドラマ「セシルのもくろみ」は、唯川恵さんがかかれた小説が原作になっています。唯川恵(ゆいかわけい)さんは、1955年生まれの62歳の小説家です。短大を卒業されて、10年間OL生活を送られた痕、1984年に、「海色の午後」で集英社コバルト・ノベル大賞を受賞されて作家デビューされました。2001年、46歳のときに「肩ごしの恋人」で直木賞を撮られています。女性の心の奥に潜む心理を巧みに描き続けており、怖さを感じながらも、思わず共感し心揺さぶられるものばかりだと女性に大人気の作家です。ドラマ化も多くの作品がされています。代表作は、

どれも、とても面白いので読まれてみることをお勧めします。

小説「セシルのもくろみ」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

以上、ドラマ「セシルのもくろみ」の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

コウノドリ2
奥様は、取り扱い禁止

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
  2. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  3. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  4. 『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじと感想!綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦? 奥様は、取り扱い注意
  5. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじと感想。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  6. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじと感想。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
  7. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  8. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  9. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  10. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストとあらすじと感想!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
スポンサーリンク

最新情報

  1. ユニバーサル広告社
  2. プロ野球
  3. 明日の約束
  4. 今からあなたを脅迫します
  5. 今からあなたを脅迫します
織物
  1. 母になる
  2. 突然ですが、明日結婚します
  3. お茶漬け
  4. ロンドン
  5. 花
  6. 釣りバカ日誌2
  7. カインとアベル
  8. おんな城主直虎

多くの人に読まれている情報

  1. 屋根裏の恋人
  2. ドクターX
  3. 本屋大賞
  4. 幸せ
  5. 弁護士
  6. みをつくし料理帖
  7. 屋根裏の恋人
  8. お迎えデス。
  9. ドクターX
  10. 母になる
PAGE TOP