セシルのもくろみ

『セシルのもくろみ』最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!奈央がカバーモデル?

セシルのもくろみ
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
明日の約束
監獄のお姫さま

ドラマ「セシルのもくろみ」最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。ヴァニティの新編集長と舞子の方針変更で、何条に引き続き、黒沢もヴァニティをやめてしまいました。黒沢は新雑誌の編集長になり、ハマユカも編集部員として加わりました。奈央がカバーモデルとして呼ばれましたが・・・


スポンサードリンク


9話以外のあらすじ

ドラマ「セシルのもくろみ」のキャスト

  • 宮地奈央 真木よう子、埼玉北春日部在住のガサツな主婦
  • 沖田江里 伊藤歩、崖っぷちのファッションライター
  • 安原トモ 徳井義実、カリスマヘアメイク
  • 山上航平 金子ノブアキ、カメラマン
  • 浜口由華子 吉瀬美智子、雑誌「ヴァニティ」の専属カバーモデル
  • 安永舞子 長谷川京子、雑誌「ヴァニティ」の元ナンバー2モデル、情報番組のコメンテーター
  • 坂下葵 佐藤江梨子、超絶美脚人妻の新人読者モデル
  • 小田萌子 藤澤恵麻、セレブ美人ママの新人読者モデル
  • 南城彰 リリー・フランキー、雑誌「ヴァニティ」の編集長
  • 石田信也 眞島秀和、雑誌「ヴァニティ」の副編集長
  • 黒沢洵子 板谷由夏、雑誌「ヴァニティ」の編集デスク
  • 小池雅美 小野ゆり子、雑誌「ヴァニティ」の若手編集部員
  • 平井早紀 石橋けい、嫌味なセレブママ、ファッションライター
  • 登坂千絵 伊藤修子、チョイ迷惑系の姉御のベテランスタイリスト
  • 宮地伸行 宇野祥平、奈央の夫、金型仕上げのエンジニア
  • 宮地宏樹 佐藤瑠生亮、奈央の息子
  • 森泰生 加藤雅人、奈央の明るい同級生、惣菜屋店主

ドラマ「セシルのもくろみ」のストーリー

金型仕上げのエンジニアの夫と中学1年の息子と、埼玉北春日部に暮らしている体育会系のガサツな主婦、宮地奈央(真木よう子)は、ある日、ファッション雑誌「ヴァニティ」の編集デスク黒沢洵子(板谷由夏)の目に留まります。理由は、編集長の南城彰(リリー・フランキー)の好きなタイプだからというものでした。黒沢の指示を受けて、契約フリーライターの沖田江里(伊藤歩)が、読者モデルとしてスカウトしに行きました。奈央は、それまでファッションには全く興味がなく、雑誌もほとんど読んだことがなかったので、やる気はなかったのですが、お金になると聞いて読者モデルを引き受けました。

同時期にスカウトされた、坂下葵(佐藤江梨子)と小田萌子(藤澤恵麻)は、どちらもファッションセンスは抜群で、奈央とは違ってヴァニティにも掲載されます。奈央は、江里から叱咤激励されて撮影をしますが、唯一、負けたくないという気持ちだけで読者モデルを続けていました。あるとき、編集長の提案で、企画のコンペが行われます。江里の発案で、「だめ主婦改造計画」という企画を、カメラマンの山上航平(金子ノブアキ)、ヘアメイクの安原トモ(徳井義実)らとチームを組んで取り組むと、見事に1ページにもらえました。

やる気が出てきた奈央は、江里たちと新しい世界を見に読者モデルとして頑張ろうと思います。しかし、江里が勝手にインスタを後悔してしまった事に奈央は怒りだしてしまいました。奈央は編集室を出て行きますが、負けるのが悔しいと思い返して帰ってきて、続けることを宣言しました。

黒沢が、読者モデルの一人を専属モデルにしたいと言ってライターたちをたきつけると、奈央はエステや酵素風呂に通い始めます。それをインスタで見た黒沢は、奈央は奈央らしくしろと逆に怒られてしまいます。悩んだ奈央は、ハマユカのそばにいてすべてを盗もうとしますが、ある日の昼間、ハマユカの夫が玄関で酔いつぶれている所と、夫の母親とハマユカの間に溝があるところを見てしまいます。

ハマユカは、アル中の夫から暴行を受けて、左目の周りにあざを作ってしまいます。奈央はおこりますが、ハマユカはヴァニティも家庭もつぶす気持ちはないと言って仕事に復帰しました。

二人の専属モデルがけんかをして首になってしまいました。その穴埋めとして、黒沢と石田が裏で協定して、外部からのモデルを一人と読者モデルから一人、専属モデルになることが決定しました。葵が石田副編集長を使って専属モデルになりますが、萌子が黒沢に葵と石田の不倫をチクッて二人ともクビになってしまいました。江里の企画が通って、奈央と夫のデートと言う企画二ページをもらうことができますが、黒沢から11月号でクビだといわれてしまいました。

最後の奈央の企画が通って、一日寺修行が始まりました。自分を見つめなおすことができた奈央は、モデルを続けたかった自分に気がつきました。奈央は卒業しましたが、江里はヴァニティに残れることになりました。

5ヵ月後、ハマユカが離婚しました。同時に、黒沢と南城編集長から、奈央をもういちど連れて濃いと江里に命令が下りました。

江里が大好きなブランド、フェローニの企画が通りました。はじめの撮影が散々だった奈央はハマユカにモデルの基礎を教えてもらいました。フェローニの担当にも好印象を持ってもらい、撮影もうまくいきました。しかし、おきっぱなしにしてしまったスマホを、レイナに操作されて、インスタにフェローニの悪口を書かれてしまいました。すぐに削除しましたが、拡散されてしまい、江里はクビの危機になります。奈央は江里を探して、立ち向かうべきだと話して記事を仕上げさせました。黒沢とハマユカはその記事をフェローニに持ち込み、無事に江里の記事が雑誌に載ることになりました。

ハマユカは、ヴァニティを卒業すると奈央にいいました。

黒沢はモデルとライターを読んでウェブ企画を立ち上げて投票を行うと発表しました。奈央は平井と組んで1位をとることができました。ところが、普段の奈央の様子が動画でアップされて、息子の学校で広がってしまいました。一時期モデルをやめようとしますが、江里に言われてモデルを続けるために話し方教室に通いました。ウェブ企画の1位のお祝いにトークショーが開かれますが、舞子の鋭い質問に、奈央は思わず「モデルなんか」と言ってしまいました。その場は、舞子のおかげで何とかなりました。

ヴァニティの新編集長と舞子の方針変更で、南城に引き続き、黒沢もヴァニティをやめてしまいました。

 


スポンサーリンク

ドラマ「セシルのもくろみ」最終話のあらすじ

「セシルのもくろみ」は、有料ですがFODで見ることができます。「コード・ブルー」も見れます。⇒ FOD

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

奈央(真木よう子)は、由華子(吉瀬美智子)から、新しく立ち上げる雑誌『ジョワイユ』のカバーモデルになってほしい、と誘われました。ある大手IT系企業が『ジョワイユ』という女性誌を創刊するのだということです。ハマユカに連れられて、『ジョワイユ』の創刊準備室を見に行きました。ハマユカは、奈央の先輩に聞くという企画をべた褒めしていました。ハマユカはモデルをやめて編集員になるといいました。

創刊準備室に入った奈央は、黒沢洵子(板谷由夏)がいてびっくりしました。黒沢が『ジョワイユ』の編集長でした。黒沢は、後輩に追い抜かれたことで、あたらしい会社で自分のやりたいことをやりたいと話していました。奈央が望めば、江里も引き抜くといわれました。

ヴァニティでは、『ジョワイユ』の新編集長が黒沢になったことが話題になっていて、南城(リリー・フランキー)もハマユカも加わるかもしれないとうわさしていました。そこに、江里(伊藤歩)にどこからか電話がかかってきました。

奈央は、江里に会ってハマユカに誘われたと相談します。江里も、他から誘われてると告白します。「お互い考えて、くいのない答えを出そう」と言って分かれました。

江里は、カメラマンの山上(金子ノブアキ)にフェローニにPRとしてこないかと誘われたと相談しました。ただ、ライターとしての仕事も続けたいと山上に言うと、山上は、自分が写真家になりたかったと言う夢を話し出しました。そして、奈央とまだやりたいことが残ってるんじゃないかというと、奈央もヴァニティをやめるかもと話しました。

奈央は、メイクのトモ(徳井義実)に相談していました。トモは、ヴァニティとか家族のことは関係なく、自分のことだけ考えればいいとアドバイスしてくれました。

どうするか迷ってる奈央は、小池雅美(小野ゆり子)に撮影を他のモデルに代わってくれとお願いしました。

ヴァニティの9月号は売り上げが一気に落ちました。舞子と平林編集長は相談を繰り返しました。

江里のところに、小池から翌日、ヴァニティにきてもらいたいといわれました。全員集合ということで奈央にも連絡をしてくれといわれました。江里は、翌日の会議の前にフェローニに行きました。その頃、奈央は、『ジョワイユ』をたずねました。

『ジョワイユ』に行った後、奈央がヴァニティに行くと、会議の前に舞子から呼ばれました。舞子は、昔の気持ちを忘れて、ハマユカを超えるだけしか考えられなかったといいます。すると、奈央は、「間違っていたといえばいいんじゃないですか?じゃ、行かなきゃいけないんで」と言って、会議に行きました。

会議に行くと、集まった人たちの中で、ヴァニティが休刊になるかもといううわさが出ていました。そして、「もうやめようかな」「上が悪いから」と文句ばかり言ってました。それを聞いた奈央は、「それ、うわさですよね」と言って、ネットで言われてることに右往左往するなといいます。すると、ヴァニティを辞める人が何を言うの?と逆に言われてしまいます。

奈央は、みんなの前で、『ジョワイユ』の話は断ったといいます。そして、『ジョワイユ』はヴァニティとは違うからヴァニティはヴァニティらしくやっていけばいいとこんこんと話しました。

そして、平林と舞子が前にたって、頭を下げて今までのヴァニティに戻すと話しました。読者モデルも復活しました。

江里はフェロー二に行くことを決心していました。会議が終わって江里の姿を探すと、撮影スタジオに立っていて、泣いていました。それぞれの道でがんばろうといって、二人は握手をして抱き合いました。

 

その日の夜、奈央と江里と山上、トモは居酒屋で会う約束をしました。まだ全員そろわずに、江里と山上が二人きりでいると、江里が半年、研修でイタリアに行くと話しました。それを聞いた山上は、この間の話の続きだといって、付き合打ってことでいいんだよねといいました。そして、イタリアに遊びに行くからチャペルを用意しておいてといいました。すると、横からトモと奈央がいきなり出てきました。そして、乾杯をしました。

南城は、夢だったカレー屋を開きました。

しばらくして、奈央は、海外のファッションショーデビューしました。

(おわり)

ドラマ「セシルのもくろみ」最終話の感想

チョット最後がどたばたになってしまいました。結局奈央がヴァニティに残ったのは「体育会系」だからと言ってましたが、チョット意味が分かりませんでしたね。おそらく、『ジョワイユ』の方が活躍できますし、いろいろなことを教えてもらったり試したりすることで成長することができたと思います。

もしかしたら、体育会系と言うのは、一宿一飯の恩義と言うことなのでしょうか。

気持ちはわからなくもないのですが、やはりもったいないと思いました。現実にもありますが、成長していくためには、必ず卒業しなくてはいけないと思います。ヤドカリの殻みたいに、住んでる世界に新鮮味も感じず、馴れ合いになってしまったら、その上の世界に飛び込んでいくべきだと思います。その時は、もちろん、行かないでくれと下のものに引っぱられますが勇気をもってそれを断ち切る決意が必要です。

パレートの法則と言うものがあって、「80:20の法則」とも言われています。全体の2割の人が総売り上げの8割をつくってるというようなことです。つまり、ヴァニティではハマユカとか舞子が全体の8割の売り上げをつくってるわけです。最近では奈央もそこに加わりました。理由はハマユカが抜けたからです。パレートの法則は絶対で、できる人が抜けたら、できない人の中からできる人が育ってくるんです。逆に、できる人が居続けたら、できない人は何時まで経ってもそのままなんです。なので、できる人は上を目指してどんどん上がって行かないと、下の人の迷惑になります。

そういう意味で、奈緒は新天地に行って自分を磨くことが必要でした。さらに、そこから海外とかにいったり、新雑誌に移籍したりしていくことで、自分の器を大きくしていくことができました。

なので、現状の仕事などが、100%の力を出さずともトップの成績を得るようになったら、新しいことを始めるべきです。50%の力でもトップの成績を得ることが出来てることに慣れてしまったら、成長は望めませんし、いずれ後輩に追い抜かれるはずです。その時にあせってももう遅いです。仕事にかぎらず趣味や普段の生活も、常に100%で行っていくことで、ドンドン新しい世界が見えてきますので、心がけてもらうと良いと思います。

ドラマ「セシルのもくろみ」は、唯川恵さんがかかれた小説が原作になっています。唯川恵(ゆいかわけい)さんは、1955年生まれの62歳の小説家です。短大を卒業されて、10年間OL生活を送られた痕、1984年に、「海色の午後」で集英社コバルト・ノベル大賞を受賞されて作家デビューされました。2001年、46歳のときに「肩ごしの恋人」で直木賞を撮られています。女性の心の奥に潜む心理を巧みに描き続けており、怖さを感じながらも、思わず共感し心揺さぶられるものばかりだと女性に大人気の作家です。ドラマ化も多くの作品がされています。代表作は、

どれも、とても面白いので読まれてみることをお勧めします。

小説「セシルのもくろみ」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

以上、ドラマ「セシルのもくろみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

コウノドリ2
奥様は、取り扱い禁止

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ「今からあなたを脅迫します」のキャストや1話のあらすじと感想!ディーン・フジオカと武井咲のW主演! 今からあなたを脅迫します
  2. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  3. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  4. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  5. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  6. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  7. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  8. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストと1話のあらすじ!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  9. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじと視聴率。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
  10. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
スポンサーリンク

最新情報

  1. 民衆の敵
  2. NBA2017-2018
  3. 先に生まれただけの僕
  4. ヒグマ
  5. 民衆の敵
幸せ
  1. プログラミング
  2. 世にも奇妙な物語
  3. 四川料理
  4. 水族館
  5. ブラックリベンジ
  6. 酢しょうが
  7. 火花
  8. 愛してたって、秘密はある
  9. おんな城主直虎

多くの人に読まれている情報

  1. Jリーグワールドチャレンジ2017
  2. 三億円事件
  3. 今からあなたを脅迫します
  4. NBAオールスター2017inニューオリンズ
  5. 美術館
  6. キリンチャレンジカップ
  7. ハロー張りネズミ
  8. 愛してたって、秘密はある
PAGE TOP