チアダン

チアダンのキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)。目指せ全米制覇! ダメ高校生ができっこない夢に挑む奇跡の物語

チアダン

(引用:番組HP

7月13日(金)の夜10時から始まる新ドラマ「チアダン」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。このドラマの原作となるのは、2017年3月に公開された広瀬すず主演の映画『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』。ドラマは、この映画の9年後を描いていて、映画主演の広瀬すずさんも、9年経った姿で「JETS」のコーチとしてドラマにも特別出演しています。

スポンサーリンク

キャスト

  • 藤谷わかば 土屋太鳳
  • 桐生汐里 石井杏奈
  • 桜沢麻子 佐久間由衣
  • 柴田茉希 山本舞香
  • 榎木妙子 大友花恋
  • 椿山春馬 清水尋也
  • 友永ひかり 広瀬すず
  • 藤谷あおい 新木優子
  • 藤谷勝也 高橋和也
  • 藤谷房子 紺野まひる
  • 桜沢伸介 木下ほうか
  • 蒲生駒子 阿川佐和子
  • 漆戸太郎 オダギリジョー
  • 漆戸今日子 松本若菜

1話のあらすじ

2009年、福井中央高校のチアダンス部「JETS」が全米大会で初優勝したテレビを見ながら、藤谷わかば(土屋太鳳)は、あの人みたいになりたい、JETSに入って一緒に踊りたいとおねがいしていました。

ところが、その夢を実現したのは、隣で見ていた姉のあおい(新木優子)でした。

わかばは、福井中央高校の受験に失敗。勉強も運動も中途半端な隣町の福井西高校に入学し、弱小チアリーダー部で運動部を応援するだけの高校生活を過ごしていました。

高校2年の夏の甲子園予選でも応援しますが、福井中央高校に負けてしまい、小さいころの夢ははるかかなたへきえていきました。

ある日、わかばがいる福井西高校にあたらしい地理、歴史の教師の漆戸太郎(オダギリジョー)が赴任してきました。同時に、東京から転校してきた桐生汐里(石井杏奈)がチアリーダー部にやってきました。汐里は、「福井といったらチアダンスでしょ」と言って、チアダンスをやろうと言いだしました。

「JETSに勝ってアメリカに行く!目指せ全米制覇!」

と笑顔で叫びました。

その日から、授業が終わると、「チアダンスやろう」と汐里がわかばの前にやってきました。

わかばが家に帰ると、姉のあおいが東京に行くと親に話をしていました。東京の私立高校でチアダンスを教えるということでした。両親は反対しますが、「もう決めた」と言って部屋に行ってしまいました。

あおいはJETSのセンターをつとめて、全米3連覇していました。

わかばが部屋に戻ると、あおいがやってきました。わかばが、やりたいことは全部かなえられていいよねというと、若葉の夢はなに?と逆に聞かれました。わかばはあおいの妹だって言われていたくやしさはあおいにはわからないと怒りました。

あおいはカンタンに手に入れたものなんて何もない、なにもトライしなくて諦めたら自分でなくなってしまうと言って部屋を出ていきました。

 

翌日、わかばが教室にいると、望から中庭に来てくれとラインがきました。

わかばがいくと、チアリーダー部の面々が座っていて、正面に汐里がいました。とりあえずチアダンスをやってみようと言うことで、汐里はチアダンスの説明をしました。

チアダンスには、

  • ポンポンを使って踊るポン
  • ストリートスタイルを取り入れたヒップホップ
  • バレエを基礎としたしなやかなジャズ
  • ラインダンス

の4つの形があると教えてくれました。

そして、基礎の動きから教え始めますが、細かいことを少し厳しく指導すると、みんなやってられないと言って帰ってしまいました。残されたわかばに、ふたりでやろうと汐里がいいました。すると、委員長がやるんなら学校の許可をとりなさいと言われました。

汐里とわかばは校長室に行って、チアダンス部をつくるので部室と練習場所を許可してくれと言いました。

汐里はわかばをつれて校長室を出ると、部員を募集しようといきごんでいました。ところが、わかばは、どんなに頑張ってもダメなものはダメだといいました。汐里はそんなわかばを負け犬だと言って、ひとりでやると言い切りました。

そのころ、校長が漆戸のところにいって、チアダンス部の顧問をしてくれないかとお願いしていました。

わかばが家に帰ると、JETSのメンバーがやってきていました。東京に行くあおいに今までの感謝と別れの挨拶をしに来たんです。そこに、JETSの顧問の友永ひかり先生(広瀬すず)がやってきました。ひかりは、東京に行ってもがんばれ、あんたならできると元気づけました。わかばにも応援してあげてくれと言いました。

そのあと、犬のタロウをさがしにいくと、HCで缶コーヒーを飲んでる漆戸にあいました。挨拶すると、「チアダンス部を作る子?」といわれました。わかばは姉のあおいのことを話しだして、

「できっこないをやるって、意味ある?」

と聞くと、「無理に頑張ってくるしむだけかも?」といわれました。わかばも納得してたのし目場いいと思うと言うと、漆戸は、

「でも、本当にやりたいことをやれてるときが楽しいときかも」

とぼそりといいました。それを聞いたわかばは、ちいさいときにあおいとチアダンスを踊ってた楽しいときを思い出して、

「わかった。当ってくじけろやね」

「く、くだけろ」

「まちがえた、くだけろやね」

といって走っていきました。

翌朝、登校の途中に汐里の姿を見かけると話しかけました。

「やろう、やれるかどうかじゃない、やりたいかどうかや。チアダンス、やろっさ」

わかばと汐里はチアダンス部募集のチラシをつくってあちこちにはりました。すると、委員長がやってきて、部活には8人必要だといいました。わかばは各クラスをまわって経験者や有望な人をスカウトしに回りました。

翌日、ふたりで練習を始めようとすると、早速4人集まってきました。わかばは「優しく指導するんやよ」とあおいに釘刺して、練習を始めました。

そのころ、漆戸は顧問の話を断りに校長に話に行きました。

その日の夜、わかばが家に帰ってくると、あおいが家の事務所のなかで不安そうにいままでのJETSの新聞記事なんかをみていました。

 

翌日、わかばは福井中央高校に行って、友永ひかり先生にあの歌を教えてくれとお願いしました。

高校に帰ってきて、チアダンス部の練習を屋上でやってるときに、わかばは一緒に踊ってほしい曲があるとお願いしました。

ある日、公園で練習してると、ふたたび汐里がきついことをいってみんな帰ってしまいました。わかばはみんなを追いかけていきました。

わかばは、汐里のところにもどってきて、みんな辞めると言ってると言いました。汐里はやっぱり大会はムリかな~とため息まじりにいうと、わかばは、「1曲踊ってよ、約束でしょ」とお願いしました。

あおいが東京に行く日。

スーツケースをひきずって駅前までやってきたあおいに、若葉が声をかけました。そこにはわかばと汐里がいました。そして、二人でチアダンスを始めました。離れた所で、辞めると言ってる4人や、漆戸先生、委員長、ヒップホップの子やひかり先生も見ていました。

踊ってる曲はJETSがとても大切にしてる曲でした。

すると、見ていた4人もポンポンをとりだして踊りにくわわりました。

チアダンスがおわると、あおいは「ありがとう」とあたまをさげました。

わかばはちかづいていって、

「わたしもやってみることにした。できっこないを、やってみるでの」

「なきたかったり、くやしかったりしたの先に夢がある。やりたいことやった方が結局は楽しいやろ」

「ほやね」

「行ってきます」

みんなでポンポンを振って応援しました。

わかばはみんなのところにいって抱きつきました。4人はもう一回やってみるかと笑顔で言いました。

そこに警察官がやってきて、どこの学校の生徒だと職質を始めました。すると、見ていた漆戸先生が出てきて、すぐに撤収させると謝りました。警察官にあんたは誰だと聞かれると、

「彼女たちの顧問です」

といいました。それを聞いたわかばたちは、「顧問やってくれるって!」と大喜びしました。

(⇒2話のあらすじ

スタッフ

ドラマ「チアダン」のスタッフは、

  • 脚本 後藤法子、徳尾浩司
  • 演出 福田亮介
  • 原作 映画「チアダン」

脚本を書かれてる後藤法子さんは、1967年生まれの脚本家です。主な作品は、

  • チーム・バチスタシリーズ
  • 都市伝説の女
  • 銭の戦争
  • 嘘の戦争
  • 愛を乞うひと

などです。

徳尾浩司さんは、1979年生まれの脚本家、演出家で、主な作品は、

  • スリル!
  • おっさんずラブ
  • きみが心に棲みついた
  • あいの結婚相談所

などです。

演出の福田亮介さんの主な作品は、

  • きみが心に棲みついた
  • 監獄のお姫さま
  • あなたのことはそれほど
  • 下剋上受験

などです。

原作の映画「チアダン」は、動画配信サイトU-NEXTでみることができます。今なら、Amazon出入会すれば、31日間無料キャンペーンをしていますし、U-NEXTは入会と同時に600ポイントもらえますので、映画「チアダン」を無料で見ることができます。

≫U-NEXT公式サイトへ!

U-NEXT

各話のあらすじ

以上、ドラマ「チアダン」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 椅子
  2. プロ野球
  3. ケツメイシ

疲れたときにおススメ

  1. プロポーズ大作戦
  2. パフェちっく
  3. 非婚家族
  4. イタズラなKiss
  5. 僕たちがやりました
  6. 家族の旅路
  7. CRISIS公安機動捜査隊特捜班
  8. SPEC
  9. コンフィデンスマンJP

40代におススメの韓流ドラマ

  1. オクニョ
  2. ボイス~112の奇跡~
  3. 漆黒の四重奏<カルテット>
  4. 愛の迷宮~トンネル~
  5. 逆賊ホンギルドン
  6. グッドワイフ
  7. 輝くか、狂うか
  8. シンデレラと4人の騎士
  9. デュエル~愛しき者たち~
  10. ソロモンの偽証
スポンサーリンク

最新情報

  1. 義母と娘のブルース
  2. 義母と娘のブルース
  3. 健康で文化的な最低限度の生活
  4. 健康で文化的な最低限度の生活
  5. プロ野球
  1. ドラマ「海月姫」
  2. ハゲタカ
  3. ハロー張りネズミ
  4. 愛してたって、秘密はある
  5. 家政婦のミタゾノ
  6. 旅行
  7. 恋がヘタでも生きてます
  8. ブスと野獣

多くの人に読まれている情報

  1. 陸王
  2. 過保護のカホコ
  3. チアダン
  4. 1%の奇跡
  5. 警視庁いきもの係
  6. フィギュアスケート
  7. フランケンシュタインの恋
  8. 民衆の敵
  9. ウルヴァリンサムライ
エステ・タイム
PAGE TOP