コード・ブルー3

「コード・ブルー3」の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想!

コード・ブルー3
LINEで送る
Pocket

 今夜のドラマは?
明日の約束
監獄のお姫さま

ドラマ「コード・ブルー3」の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。エボラ出血熱を疑われた緋山は、疑いが晴れて隔離から開放されました。そのことで、藍沢や緋山、白石はチームとして再びまとまることができました。


スポンサードリンク


ドラマ「コード・ブルー3」9話のあらすじ

「コード・ブルー3」は、有料ですがFODで見ることができます。⇒ FOD

ここから先はネタバレが含まれます。これまでのストーリーはコチラ⇒ストーリーまでジャンプ!

 

三井環奈(りょう)が息子の優輔(歸山竜成)の看病をしてると、

「ごめんね、お母さん。ぼく、もうつかれたよ」

と言いました。驚いた環奈はすぐに橘に報告すると、「大丈夫だよ」と慰めながら、もう猶予はないと話しました。そこに、急患が3人来ました。

ひとりは両角孝平(成田瑛基)、33歳の車椅子ラグビー選手で、ハーフタイムのウォーミングアップ中、車椅子ごと階段から落ちたということでした。さらに熱傷の患者、高所転落の患者の3人が運び込まれましたが、藍沢(山下智久)はじめ救命の皆が力を合わせ迅速な対応を行い、3人とも命を落とすことなくICUへ移動することができました。フェローたちも、初めの頃とは違って、それぞれが自分の仕事をこなしてスムーズに対処していました。

それを見ていた橘は、

「白石のおかげだよ。お前がみんなを引っ張ってくれたから。いいチームになってきた」

「いえ、みんなのおかげです」

「うん、おまえらしいな」

そういうと歩いていきました。

緋山美帆子(戸田恵梨香)は、だいじな話があると緒方に呼び出されました。ベンチに座ると、前の職場の周産期医療センターから電話がかかってきて、医局長として迎えるので来てくれないかといわれました。緒方は、自分の話はまたのときでいいやと言いました。

医局では名取颯馬(有岡大貴)の父、将馬(山田明郷)が待っていました。実家の病院に戻って来いということでした。本音は、この間の針刺しのような事件を起こされたらたまらないと言うことでした。

藤川一男(浅利陽介)が階段からICUを見てると、はるか(比嘉愛未)から、「いつまでヘリに乗るの?」と体を心配されました。

灰谷俊平(成田凌)は、ドクターヘリの中でまたしても失敗をしてしまい、「この先もフライトドクターを続けるかどうか一人で考えたい」と、落ち込んでいました。

藍沢がICUにいると、西条先生(杉本哲太)からトロント大へ推薦しておいたと言われました。藍沢はそれを聞いても感情を表しませんでした。

橘が環奈と廊下で心臓移植のために海外に行く話をしてると、ドナーが現れたと聞きました。それを優輔に伝えると、「心臓はいらない、移植は受けない。理由はいいたくない」と言いました。二人で説得しましたが、「ごめん、僕は移植を受けない」とくりかえすだけでした。橘は内科医の井上宣顕(滝藤賢一)に言うと、あと50分あるからと励まされました。

車椅子ラグビーの両角のところに仲間がお見舞いがきました。それを聞いていた白石は両角に話しかけると、

「もうエースって呼ばれるのも、年ですから。でもね、そのおかげで、やっとチームに貢献できるようになったんですよ。昔は、俺にボールまわせ、俺が何とかしてやるからって。いまは、パスを出す面白さも覚えた。仲間のよさを引き出す楽しさも知った。今は、チームでプレーするのが楽しい・これからなんですよ、おれは。だから、先生、早く直してください」

となりで、藍沢が聞いていました。

橘と環奈は、ふたたび優輔のところに言って話をすると、優輔の夢は橘のような医者になって、多くの人を救うことだと言います。「だったら、なぜ?」ときくと、

「お父さんが好きだから。僕が病気になってお父さんが変わった。お父さんが新聞を見たりして、同年代の子供たちの事故を調べるようになって、ほかの子供の事故をまつようになった。ぼくがいなくなれば、元の大好きなお父さんに戻る。僕は移植を受けない」

 

緋山は、医局に戻ってきたみんなに、周産期医療センターの医局長に戻ってくれと言われたと話しました。白石から、おめでとうと言われました。藤川が藍沢にトロント大のことを言うと、「俺は行かない、救命に戻る」といいました。

白石は藤川とICUで治療をしていて、灰谷がヘリの中で無線が使えなかったことを聞きます。前回の件がトラウマになってしまい、ヘッドセットをつけたまま震えだしてしまったということでした。白石が灰谷のところに行こうとすると、藤川から、自分もはるかからドクターヘリを降りてもらいたいと言われてるといいました。

白石が灰谷と面談をすると、「ヘリ担当からはずしてください」と言われました。

藍沢と新海が車椅子ラグビー選手の両角の頭のレントゲンを見て、14年前の事故で骨折していて出血が疑われると話してると、その両角の意識がなくなりました。藍沢が心配していたことがあたってしまいました。急遽、藍沢と新海、白石で手術が始まりましたが、その甲斐もなく亡くなってしまいました。

手術室から出てくると、新海が白石を慰めましたが、まだ悔やんでると藍沢が

「必要以上に責任を感じることはない。医者ができることは限られてる」

「は?そのコトバ、理解するべきはお前だろ。患者のことで必要以上に責任を感じてるのは誰だ」

と新海は藍沢に行って歩いていきました。

 

橘は、井上に言われてふたたび優輔の所に行こうとすると、エレベーターに緋山が乗ってきました。笑顔で「ドナーが見つかってよかったですね」というと、苦渋に満ちた橘の顔がありました。エレベーターの中で詳細を聞くと、

「そんなの真に受けてどうするんですか?いますぐ、移植承諾の連絡をするべきです。逃したら、いつになるかわからないんですよ」

「わかってるよ。そんなことは、俺たちが一番良くわかってる。でもな、実際に移植を受けるのは優輔なんだ。移植後もつらい治療がずっと続く。人の命をもらったと言う責任も思い。それに、あいつがずっと後悔して生きてくと思うと、あまりにもつらい」

「なに言ってるんですか、親が子供を信じなくてどうするんですか?私が訴えられたとき何と言ってくれたか覚えてますか。『逃げるな、オペをしろ』って。あのとき、橘先生は、私以上に私を信じてくれました。優輔くんは、いずれ理解します。橘先生の気持ちを」

橘は歩きながら、井上に連絡して移植承諾の連絡をしてもらいました。

優輔はヘリに乗せられて橘や環奈といっしょに病院に運ばれました。ヘリの中で、橘は、優輔のことがだいすきだから、優輔に嫌われてもいいと言います。そして、橘が手術を受けさせたのだから、優輔がそのことを気にやむ必要はないといって、

「お父さんが優輔に生きててもらいたいから移植するんだ」

と言いました。優輔は涙を流しました。

 

医局では、井上が緋山に会いに来て、感謝を言っていきました。一緒にいた名取は、良かったですねと言いますが、それは周産期医療センターに行くことでした。そして、名取は、自分のミスのために父親に呼び戻されたので救命をやめると緋山にはなしました。さらに、周産期医療センター長は、自分の父親の後輩だとばらしました。緋山に対する謝罪のための医局長だと、暗に話しました。

緋山が外のベンチに座って悩んでいると、緒方がやってきました。緋山は、緒方の転院先を自分の周産期医療センターの近くを勧めると、いけないといわれました。緒方は、障害がある自分と一緒にいたら、緋山の夢を奪ってしまうし、そうなったら自分が耐えられないといって、

「もう、あうのはよそう」

と言われました。

病院では、亡くなったラグビー選手の両角のチームメイトたちに藍沢と白石が説明していました。ほとんどの人が悲しんで泣いてる中で、ひとりだけ、違うことを言い出しました。

「どうせあいつはずいぶんまえにしんでた。チームワークとか、献身的なプレーとかみにつけたときに。エースって言うのは、わがままで自分勝手じゃなきゃ駄目なんだ。とんがりつづけるのはきつい。だからたいていの人間は丸くなる。それを、成長とか、大人になったとか、耳障りにいいコトバでごまかす。自らの挫折。他人の痛み。そんなものをしって、それでもとがっていられるのはそう多くはいない。あいつはそういうやつだ。エースとしての選手生命は、俺たちが絶ったんだ。あいつはやさしすぎた」

それを聞いていた白石は藍沢に、ヘリの発着場所で、トロントに行けといいますが、奏は自分の夢を終えなくなったから、ひとりだけ夢を追いかけることはできないと言います。そして、藤川も緋山もいなくなるから、自分のことを気にしろと言っていきかけます。白石は、

「同情で残られてもいや。いま、藍沢先生のキャリアをうばったら何もいえなくなる。近くにいても遠くなる。そんな関係はいや。藍沢先生はそんなだった?9年前は違った。誰よりもいい医者になる。そのためには摩擦もいとわない。そこに私たちはあこがれた。何かのせいにして、楽な道を選んでほしくない、藍沢先生がいなくても私たちはちゃんとやれる。ちがう。あなたがいない分、強くなろうとする。きっと、奏さんだってそう。あなたはトロントに行くべきだと思う」

藍沢は何も言わないで歩いていきました。

救命で打ち合わせをしてると、開通前の地下鉄で崩落事故が発生して負傷者多数とヘリ要請がありました。灰谷を除く全員が現場に向かいました。開通前の地下鉄を歩くという地下鉄ウォークが行われていて、300人が参加していて子供も多数いました。

藍沢が藤川、緋山、名取が崩落現場に行って治療を開始しました。白石が上に残って指示をしてると、再び崩落が起きて藍沢たちが埋まってしました。

(⇒最終回のあらすじ

ドラマ「コード・ブルー3」9話の感想

どうなってしまうのでしょうか?最終回に活躍しない主役っていうのは初めてではないでしょうか。それとも、あの土の中から起き出して治療をするとか、チームが主役なんだという方向にしてるのか、ちょっと脚本家さんの意向が分からなくなってきました。それにしても、今回は、身内の事故が多かったような気がしました。

それに、最後まで来てなんですが、なんとなく、今までのコード・ブルーとはちょっとずつ性格がちがってる様な気がしました。シーズン1では、白石が事故現場の奥に安全確認がないままはしっていってしまい、黒田先生の腕がなくなってしまいましたし、はるかは、間違ってもああいったセリフは患者の前では言わないような気がします。藍沢も、人の夢を奪ったので自分も夢をあきらめるようなキャラではなかったような気がします。それを白石が話したのは、とてもよかったと思いましたが。

それに、いちばんおかしいのは、前回でエボラ出血熱の感染のリスクをおしてまで病室に入っていった緒方が、「もうあうのはよそう」って言った事です。たしかに、緋山の仕事や人生に負担を与えることには変わりはないのですが、それを押してまで一緒になるっていうのが愛情だと思います。自分のために一緒になるのではなくて、緋山のために何かできることをしたかったの一緒になりたいのではないかと感じました。そして、そのセリフをそのまま緋山は受け入れてしまいました。なんか、人の心をあおるだけあおっていおいて、落とすっていうのは、ちょっと好きにはなれませんでした。

とは言え、今回の中にもいいセリフがありました。緋山が橘に言ったセリフです。

「親が子供を信じなくてどうするんですか?」

これは、ドラマを見ていた人がみんな思った事ではないでしょうか。橘にしろ、藍沢にしろ、白石にしろ、相手の言ったことをそのまま鵜呑みにしてしまって、相手を信じてるのではなくて、言葉に振り回されてしまっています。緋山自身も相手を信じることができずに緒方と別れてしまいました。

こどもの言いなりになる親はおおくなってるのですが、命はいらないといってる子供の言葉を信じる親がいるのでしょうか?まずは、相手のことを信じることがたいせつだと改めて感じました。

 


スポンサーリンク

ドラマ「コード・ブルー3」のストーリー

翔陽大学附属北部病院救命救急センターのフライトドクターだった藍沢耕作(山下智久)は同病院の脳外科に、緋山美帆子(戸田恵梨香)は青南周産期医療センターで産婦人科医とし手働いていました。残った白石恵(新垣結衣)はスタッフリーダーとして、藤川一男(浅利陽介)はフライとドクターとしてフェローたちの指導、救命で毎日忙しい日をすごしていました。

救命部長の橘啓輔(椎名桔平)と三井環奈(りょう)の息子は、拡張性心筋症で、移植手術をしないと助からない状態が長く続き、時間の問題となってきました。そこで、三井先生は、残された時間を一緒にすごそうと休職することに決心しました。そこで、理由はいわずに、緋山に頭を下げて救命に戻ってもらうように頼みました。

藍沢も、救命が忙しくなって白石からコンサルを頼まれたときには、必ず救命に手伝いに行っていました。あるとき、大事故が起きて、フライトドクター、フェローたち全員が現場に行きましたが、白石もどうして良いのかわからなくなってしまい、藍沢に電話をしました。すべてを聞く前に、白石の声から事情を読み取り、現場に急行します。そして、白石に、「指揮官になれ」とカツを入れて、白石の目を覚まさせました。その後、白石は現場の指揮官をうまく演じることができて、自体を収束に導くことができました。

今のままでいいのか悩んでいた藍沢は、「どこにいてもいい」といわれた白石の言葉から、救命に戻る決意をしました。

救命に戻ってきた藍沢は、フェローの横峯あかり(新木優子)に対してきびしい指導を行います。逆に白石は、気の弱い灰谷俊平(成田凌)に対して手取り足取り優しく教えてることで、二人の間に指導方法で対立するようになってしまいました。ですが、藍沢の「よくやった」と横峯に掛けた言葉で、かつて黒田先生たちに同じように言われてうれしくなったことを白石は思い出して、フェロー達の成功も失敗も一緒に背負っていくことを再び決意しました。

白石と灰谷、はるかは、シアン化合物を飲んで自ら命を絶とうとした秋本をヘリに乗せたため、中毒を起こしてしまいます。はるかは意識不明の重態になりました。秋本はいったんよくなりますが、再び廊下から飛び降りて緊急手術を受けます。体の生きる力が勝って再び手術は成功します。はるかも、意識が無事に戻って後遺症もありませんでした。藤川はあらためてはるかにプロポーズしました。

橘の息子の優介は、一時期意識不明になってICUに運び込まれます。意識を取り戻しますが、隣にいた同じ病気の友達が亡くなってしまいました。移植の順番待ちであせっていましたが、橘と三井は恵がを見せる努力をするようにしました。

緋山は、周産期医療の現場に戻れないと若って、救命の仕事に疑問を持ち始めましたが、料理人の患者、緒方に勇気付けられます。そんな緒方に好意を抱いた緋山は、おにぎりを買って病室に行きましたが、緒方の奥さんがいました。

天才ピアノ少女の奏は、「やっぱり怖い」と手術を拒否していましたが、藍沢の「大丈夫」と言う言葉と笑顔で、手術することを決意しました。が、その翌朝、痙攣を起こして意識不明になりました。緊急手術を、藍沢と新海が行い、無事成功することができましたが、後日、右手の震えが出てきてしまいました。

はるかが救命で手術の補佐をしているときに、倒れてしまい流産してしまいます。藤川と緋山、白石たちが懸命に元気付けて笑顔に戻ることができました。フェローの名取はミスを犯しますが、少しずつ医者としての自覚が芽生え始めました。

はるかはヘリナースに復帰しました。冷凍庫での事故に灰谷と横峯も向かいますが、冷凍庫に閉じ込められてしまいます。緊急を要する被害者を発見して、その場で切開しなくてはなりませんでしたが、藍沢と白石のおかげでなんとか処置を終えることができました。臓器移植が行われましたが、橘の息子の順番ではないようでした。

ドクターヘリに白石と灰谷が乗って出動すると、灰谷が機長に早くして降りてもらいたいと言います。白石がそれを言うのは禁止だと言うと、ヘリは落ちてしまいました。さらに、救急車の中で治療するも、結婚式を控えた男性がなくなってしまいます。すべての責任を自分だと思った灰谷は落ち込んでしまい、睡眠薬を白石の名前で多量に出してもらいました。すると、駅のホームから転落した灰谷が救急車で運び込まれました。

無事灰谷が現場に復帰することができました。緋山が名取と一緒に空港に行って処置をしようとすると、名取が患者にさした針を緋山にさしてしまいました。エボラ出血熱をうたがわれた緋山隔離されますが、疑い晴れて開放されました。その間に、フェローたちが徐々にチームとして育っていました。

ドラマ「コード・ブルー3」のキャスト

  • 藍沢耕作 山下智久、フライトドクター
  • 白石恵 新垣結衣、スタッフリーダー
  • 緋山美帆子 戸田恵梨香、フライトドクター
  • 冴島はるか 比嘉愛未、フライトナース
  • 藤川一男 浅利陽介、フライトドクター
  • 名取颯馬 有岡大貴、フェロー
  • 灰谷俊平 成田凌、フェロー
  • 横峯あかり 新木優子、フェロー
  • 雪村双葉 馬場ふみか、新人ナース
  • 新海広紀 安藤政信、脳外科医
  • 橘啓輔 椎名桔平、救命部長
  • 三井環奈 りょう

9話以外のあらすじ

以上、ドラマ「コード・ブルー3」9話のあらすじと感想(ネタバレ)でした。

他にも面白いドラマがあります。

コウノドリ2
奥様は、取り扱い禁止

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

    • うまと
    • 2017年 9月 13日

    崩落事故といえば、黒田先生と系は同じですよね。藍沢先生が灰谷先生に、『おれの腕を切れ』みたいなのを見て見たい。けど、緋山先生も灰谷先生も(意識レベル3桁)から、ケロっと帰ってきたので、みんなハッピーエンドで。藍沢先生は、トロント大ですね!

    • 米山 慎吾
      • 米山 慎吾
      • 2017年 9月 13日

      コメントありがとうございます。
      おそらくそんな感じになるのではないでしょうか。
      それまでのプロセスを楽しみたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  2. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  3. ドラマ「今からあなたを脅迫します」のキャストや1話のあらすじと感想!ディーン・フジオカと武井咲のW主演! 今からあなたを脅迫します
  4. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  5. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストとあらすじと感想!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  6. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  7. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  8. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  9. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  10. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじと感想。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. ユニバーサル広告社
  3. プロ野球
  4. 明日の約束
  5. 今からあなたを脅迫します
スーパームーン
  1. 確定申告
  2. oil
  3. 結婚
  4. 世にも奇妙な物語
  5. 警視庁いきもの係
  6. ボク、運命の人です
  7. スーパーサラリーマン左江内氏

多くの人に読まれている情報

  1. スーパーサラリーマン左江内氏
  2. スニッファー嗅覚捜査官
  3. 視覚探偵日暮旅人
  4. castle
  5. 美術館
  6. コード・ブルー3
  7. 家政婦のミタゾノ
  8. 恵方巻き
  9. デザイン
PAGE TOP