コンフィデンスマンJP

コンフィデンスマンJPの3話のあらすじ(ネタバレ)。次のターゲットは美術商の石黒賢

見逃した「コンフィデンスマンJP」をもう一度無料で見るなら⇒FODプレミアム公式サイトへ!

コンフィデンスマンJP

(引用:公式サイト

ドラマ「コンフィデンスマンJP」の3話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

3話「美術商編」のあらすじ

ドラマ「コンフィデンスマンJP」の3話を、4/30の19:29まで無料で見れます。3話を見る前に!⇒TVer

ボクちゃん(東出昌大)がカフェでお茶をしながら壁にかかってる可愛い絵を見てると、カフェでアルバイトをしていた画家志望の美大生・須藤ユキ(馬場ふみか)~声をかけられました。ユキが描いた絵だということで個展に招待されて仲良くなりました。

しばらくして個展に行くと、会場には「事情により中止になりました」という張り紙がありました。

ボクちゃんは、ユキの家に行って話を聞きました。ユキが高名な美術評論家・城ケ崎善三(石黒賢)にもてあそばれ、自殺未遂にまで追い詰められたことをしったボクちゃんは、ダー子には言わないでくれとリチャードに相談しますが、リチャードは相手が大物だからと、ダー子にも話してしまいました。

城ケ崎善三は、50歳独身で、貧しい家庭で育ったので偽者の画家を嫌ってるということです。女癖がわるいことは広まってますが、じつは、真贋を偽って安く名画を買い叩いて裏の社会に大金で流してるという黒井うわさがありました。

ダー子は、城ケ崎善三がオークショニアとして開いてるオークションに参加して大量に仕入れました。

オークションが終わった後、ダー子のところに城ケ崎善三があいさつにやってきました。今回は中国人の日本担当バイヤーの王に変装していました。城ケ崎善三は夕食にダー子をさそいました。食べながら、芸術の話をして仲良くなりました。

ホテルのスイートに帰ってくると、ダー子は絵を描き始めました。ところが、名画には似ても似つかないものでした。仕方なく、二人を連れてダー子は、伴友則(でんでん)のところに行きました。表の顔は回が修復師で、裏の顔は日本のメーヘレン(20世紀最高のオランダの贋作者)でした。今までも何回か贋作を作ってもらって売りつけたこともありました。

さっそく、ボクちゃんやリチャードが手伝って描き始めました。

 

1ヵ月後、1枚のピカソが出来上がりました。早速ボクちゃんは田舎の古美術商になって、城ケ崎善三の所に持って行きました。城ケ崎善三が見てるところに、ダー子の王がやってきて高く買うというと、これは警察に提出するといいました。そして、伴友則は逮捕されました。城ケ崎善三の名声はさらにあがりました。

ホテルに戻って、お取り寄せの卵を食べてるとダー子はあることを思いつきました。

 

3ヵ月後。古美術商にばけたボクちゃんが再び城ケ崎善三のところに大量のさくひんをもちこみました。その中に山本巌という人が書いた1923年の絵が一点あって、城ケ崎善三は目をつけますが、素人の絵だとおもってボクちゃんに持って帰らせました。

ボクちゃんを帰したすぐ後に、あることに気がついて追いかけていって買い取りました。

そして、オークションにかけました。

すると、再び王にばけたダー子が会場にいて1000万円で落札しました。そして、終わった後に、大きな声で、もっとあれば買うといって出て行きました。ダー子が帰ると、周りで聞いていたお客が城ケ崎善三に山本巌という人物を問い詰めていました。それはニュースにもなりました。

城ケ崎善三がアトリエにいると、一人の男性が山本巌の絵があるといってもってきました。おどろいた城ケ崎善三はどこから手に入れたのかと聞いて、教えられた家に行って、山本巌のことを聞きました。話してくれたのは、おじいさんに化けたリチャードでした。

実は、3ヶ月前にダー子の指示で山本巌の名前で本物の絵を昔の絵の具で描いたんです。ダー子は、絵の真贋ではなくて、情報を作ろうと考えたんです。ゴッホも、はじめに評価した評論家のおかげで名画になってしまったんです。評論家がなりたいものは、ゴッホをはじめに見出した人間、いちばんなりたくないものはゴッホを評価できない人間だとダー子は説明しました。つまり、まだ見ぬ天才、新たなるゴッホを作り出そうということことでした。

ダー子は五十嵐にも話をしていて、山本巌が暮らしていた茨城の風景などを写真にとってPCでゴッホふうに画像処理をしてきたものを持ってきました。ボクちゃんとリチャードに50枚以上の絵を描かせました。

城ケ崎善三は、山本巌の絵を見せました。すると、城ケ崎善三は興奮して1000万円で全部買い取るとリチャードにいいました。すると、そこにボクちゃんを連れたダー子の王さんがやってきて、城ケ崎善三よりも10倍出すといって、3億円だすとリチャードに言いました。

すると、あせった城ケ崎善三は、山本巌をゴッホに出来るのは自分だけだと言って、3億5000万円出すといいました。

城ケ崎善三は山本巌の絵を全部持っていきました。

 

山本巌のオークションが開かれました。

城ケ崎善三は山本巌の写真や生い立ちなどを話した後、1枚目の絵がはいってきました。すると、会場内がざわめき始めました。

なんと、会場の一番後ろには、山本巌そっくりの男性が座っていたんです。みんなが振り向いて彼の顔を見てると、城ケ崎善三が「君は?」と声をかけました。

実は、ダー子がホテルのスイートで食べた卵の生産者でした。卵のパックに写真つきで生産者の顔が入った紙をダー子がみて、このことを思いついたんです。ダー子は、本物の山本巌に、オークションの招待状を送って、「絶対来てね!」と描いておいたんです。

本物の山本巌はたちあがって、

「おれ、山本巌です。卵作ってます。絵なんて、おれ、カリメロしかかけません」

その瞬間、城ケ崎善三はすべてを理解しました。

 

ダー子とリチャード、ボクちゃんたちがホテルのスイートでフルーツを食べてると、横に置いてあった新聞には、「城ケ崎善三氏が存在不明の素人の絵をオークションにかける。出品した絵の偽造が判明」とかかれていました。これで、名声も地に落ちるだろうとリチャードはつぶやきました。

ダー子が伴さんに報告したと聞いて、ボクちゃんは、美大生のユキに花束を持って報告しに行きました。

すると、パトロンの社長がやってきて、ユキは全身を使って甘えていました。

(⇒4話のあらすじ

ドラマ「コンフィデンスマンJP」を見逃してしまったら、こちらのFODプレミアムで見ることができます。こちらをクリックして「コンフィデンスマンJP」をご覧になってみてください。

≫FODプレミアム公式サイトへ!

長澤まさみさん出演のドラマや映画で、いろんな動画配信サイトで無料で見れるものをまとめています。

キャスト

  • ダー子 長澤まさみ、正体不明の美しきコンフィデンスウーマン
  • リチャード 小日向文世、百戦錬磨のベテランコンフィデンスマン
  • ボクちゃん 東出昌大、まじめで小心者の若きコンフィデンスマン
  • 赤星栄介 江口洋介、1話ゲスト、公益財団「あかぼし」会長、日本のゴッドファーザー

3話以外のあらすじ

 

以上、4月9日から始まる新月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の3話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生の扉
  2. 大学の奨学金
  3. 未来を変える
  4. お見合い
  5. 未来を変える




疲れたときにおススメ

  1. 無痛
  2. 神様、もう少しだけ
  3. 霊能力者 小田霧響子の嘘
  4. エンジェルハート
  5. 恋仲
  6. ハートに火をつけて!
  7. 世界で一番君が好き!
  8. メイちゃんの執事
  9. ブスと野獣
  10. いつもふたりで

40代におススメの韓流ドラマ

  1. ヴァンパイア探偵
  2. 推理の女王
  3. 番人!
  4. シンイ~信義~
  5. 星から来たあなた
  6. ジャグラス
  7. トッケビ
  8. デュエル~愛しき者たち~
  9. 漆黒の四重奏<カルテット>
  10. むやみに切なく
スポンサーリンク

最新情報

  1. 大恋愛
  2. oil
  3. NBA2017-2018
  4. 黄昏流星群
  5. 獣になれない私たち
ハベクの新婦
  1. あなたのことはそれほど
  2. お母さん、娘やめていいですか?
  3. 恋は雨上がりのように
  4. ブレンダー
  5. スーツ
  6. 火花
  7. 弁護士
  8. ユニバーサル広告社
  9. スーツ

多くの人に読まれている情報

  1. おんな城主直虎
  2. トップガン
  3. スーパームーン
  4. お迎えデス。
  5. 坦々麺
  6. 西郷どん
auひかりバナー
PAGE TOP