大恋愛

大恋愛の7話のあらすじ(ネタバレ)。 真の目的は…夫婦の絆

大恋愛

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の7話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ「大恋愛」の7話のあらすじ

真司(ムロツヨシ)が急ぎで病室に駆けつけると、意識が朦朧とした尚(戸田恵梨香)と公平(小池徹平)がキスをしているのを見てしまいました。目の前で起こった出来事に困惑する真司でしたが、尚は真司のことがわからないようでした。やってきた侑一(松岡昌宏)を外に連れ出して何が起きたのかを聴きました。

侑一は、尚が演壇に立ってマイクのハウリングが起きた途端に倒れたので反射性失神だと思うといいました。侑一は、明日には回復するだろうと言いましたが、真司は侑一にくってかかりました。そこに、尚の母親の薫(草刈民代)がやってきて、気持ちはわかるけども侑一を責めないでくれとお願いしました。真司は、今朝の尚に戻してくれと言って部屋に入っていきました。

部屋に入った真司は、公平がキスをしていたことを思い出して、いらだっていました。その頃、公平は病院の外で、「明日の朝もまた来るね」と笑顔で言って帰っていきました。

翌朝、尚が目を覚ますと、なぜ病室にいるのかわかりませんでしたが、真司のことはわかりました。真司はほっとして笑顔になりました。尚は侑一に紹介されて学生の前に立ったところまでは覚えていました。

真司は売店で歯ブラシを買ってきて、尚と一緒に歯磨きをしましたが、いずれ全てを忘れてしまうことを考えると涙がでてきてしまいました。

しばらくして、編集者から電話がきて映画化の話があると言われましたが、映画化はムリだけど続編を書こうと思ってると伝えました。そう話してると、目の前を公平が通り過ぎました。ついていくと、尚の病室に入っていきました。

真司はもう近づくなと言いますが、この病気のことはなったひとしかわからないと笑いました。真司は、二度と近づくな、近づいたら命を奪うというと、もう失うものはない、真司の命を奪ってでも尚を手に入れたい、すべて忘れてしまうからと言って笑顔で帰っていきました。

真司と尚がふたりで侑一の所に行って話を聞きましたが、公平のことは何も言いませんでした。尚は、新薬の治験に参加して、良くなったら子供を産みたいと尚は話しました。

そのあと、ふたりは手をつないで帰っていきました。しばらくして侑一が食堂にいくと、公平がいました。同僚から朝早くからいたと聞くと、隣に座って話を聞きました。公平は、真司が逃げ出した後に自分の番が回ってくるかもしれないし、侑一には任しておけないと笑顔で話して席を立ちました。侑一は、真司と尚には近づくなと言いますが、効く耳は持ちませんでした。

その日の夜、真司は「脳みそとアップルパイ」の続編を書くことを話すと喜びましたが、侑一の前で子供が欲しいと言ったことはすでに忘れていました。映画化の話もすると、喜んでくれました。

 

ある日、尚が父親の命日で実家に泊まることになったので、元の勤め先の木村(富澤たけし)達と飲みました。時々愛してることにつらくなると言いますが、書けばいいんだよとふたりに言われました。尚も実家で薫と楽しく夕食を食べていました。

その頃、侑一は尚の頭のアミロイドペットの画像を見て険しい顔をしていました。

尚の受診の日、真司も一緒に来て公平の姿をさがしましたがいませんでした。真司が検査に同行すると、尚は鉛筆もわからなくなっていて以前よりも進んでるのが真司にもわかりました。

検査をしてふたりで侑一の診察室に入りましたが、悪くなってると自分でも気が付いて尚はくらい顔をしていました。侑一は、検査結果と先日のアミロイドペットの画像から、軽度認知症ではなくてアルツハイマーに進行してるので、新薬の治験はムリだと話しました。

真司は、「新しい薬で治してくれるって言ったじゃないですか?」というと、ぼくの一存ではできない、前に尚は新薬を断ったと言いました。真司が尚に聞くと、「何のこと?」と暗い顔で聞きかえしました。真司がこれからどうなるのかと聞くと、若年性アルツハイマーは進行が早いので思い出を作れなくなるかもしれないと言いました。尚も、どのくらい時間が残ってるかと聞きましたが、人によって違うので希望は捨てないでやっていきましょうと言いました。

診察が終わった後、真司はトイレに行って泣きながら薫に言われたことを話しました。

病院の廊下を歩いてると、「こうなることはわかってたような気がする」と尚はぽつりと言いました。真司は手をつないで病院を出ました。

ふたりは公園によって、ベンチに座って黒酢はちみつを飲みました。尚は沢山注文したことを憶えていました。

薫は一人でホテルのバーに行って飲んでいました。その姿を侑一の父親が見つけて、かなりつらそうなので何とかしろと侑一に電話をしました。

侑一がホテルにつくと、薫はバーのカウンターに突っ伏して寝ていました。侑一が起こして一緒に飲み始めると、薫は泣き出してしまいました。そして侑一に向かって愚痴を言い続けました。侑一は何も言わずに聞いてあげました。そして、タクシーに薫をのせたあとに、また飲みましょう、たよりにして下さいと元気づけました。

侑一が家に帰ると、尚が倒れたときの動画が送られてきました。それを見てみると、公平がわざとマイクのハウリングを起こしてるのが写っていました。

そのころ、真司と尚は手をつないで道を歩いていました。真司は今までのことを思い出して泣きながら歩いていました。前に住んでいたアパートに行った後、いつもの居酒屋に行きました。尚は、前にやったように「ごめんね、へんなびょうきになっちゃって」とアフレコしながら涙をためていました。

そのあと手をつないで歩いてると、尚は、真司と自分の子供が欲しくなったと言いだしました。自分が生きて、真司と出会って、真司と愛しあった記録が欲しい、子供をこの世に残したい、少しでも3人の平和な生活を残せれば生まれきたかいがあると涙を流しながら言いました。

二人は抱き合って「ありがとう」とお互いに言いました。

(⇒8話のあらすじ

ドラマ「大恋愛」のキャスト

  • 北澤尚 戸田恵梨香、産婦人科医
  • 間宮真司 ムロツヨシ、元小説家
  • 井原侑一 松岡昌宏、精神科医、尚の婚約者
  • 北澤薫 草刈民代、尚の母親
  • 沢田柚香 黒川智花、尚のクリニックの看護師
  • 石田ミル 小篠恵奈、尚のクリニックの看護師
  • 木村明男 富澤たけし、真司の引越し屋バイト仲間
  • 小川翔太 杉野遥亮、真司の引越し屋バイト仲間
  • 井原誠一郎 橋爪淳、侑一の父親
  • 井原千賀子 夏樹陽子、侑一の母親

各話のあらすじ

以上、ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の7話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生の時間
  2. 旅




疲れたときにおススメ

  1. パパ活
  2. 結婚しない-1
  3. 北の国から
  4. お義父さんと呼ばせて
  5. 刑事ゆがみ
  6. ハートに火をつけて!
  7. オーファンブラック
  8. 名前をなくした女神
  9. ライアーゲーム
  10. ブザービート

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 僕は彼女に絶対服従
  2. 恋する泥棒
  3. 魔女の法廷
  4. 冬鳥
  5. スパイ
  6. 花より男子
  7. シンイ~信義~
  8. あなたはひどいです
  9. ロボットじゃない
スポンサーリンク

最新情報

  1. 獣になれない私たち
  2. NBA2017-2018
  3. 中学聖日記
  4. 中学聖日記
  5. 僕らは奇跡でできている
高嶺の花
  1. ツバキ文具店
  2. hulu
  3. ラブリラン
  4. 結婚式
  5. コンフィデンスマンJP
  6. 獣になれない私たち
  7. 大貧乏

多くの人に読まれている情報

  1. さくらの親子丼#2
  2. サバイバルウェディング
  3. ドルメンX
  4. 本
  5. アンナチュラル
  6. いつまでも白い羽根
  7. 砂の塔
  8. こて
  9. ゴールデンカムイ
エステ・タイム
PAGE TOP