大恋愛

大恋愛の9話のあらすじ(ネタバレ)幸せな家族の時間…感動の最終章へ

大恋愛

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の9話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ「大恋愛」の9話のあらすじ

ドラマ「大恋愛」の9話を12/14の21:59まで無料で見れます。⇒TVer

努力の甲斐もあり、ついに尚(戸田恵梨香)が妊娠しました。予定日は8月2日で今は6週間目でした。

真司(ムロツヨシ)に早く伝えたいと嬉しさいっぱいで自宅に帰宅しましたが、水野(木南晴夏)が来ていて、ドアの外から声を掛けることができませんでした。水野と話をしてる姿を見て、尚は病気の自分と水野を比べ、真司の仕事を支えられないことに落ち込みました。

その日の夜、夕食を食べながら尚は「小説のことは水野さんしかできないけど、私にしかできないことがある」と笑顔で言って妊娠を報告しました。尚から報告を受けた薫(草刈民代)は、いつものバーで侑市(松岡昌宏)に会って、妊娠したことをはなしました。盛り上がった二人は、侑一の家に行きました。家についた瞬間、侑一は薫をベッドに誘いましたが、本気なのかどうかわかりませんでした。

翌朝、尚は妊娠したことを忘れていました。真司に言われて、家中に妊娠したことを紙に書いて貼りまくりました。

そのころ、侑一母親の千賀子(夏樹陽子)が侑一の家に黙っていきました。すると、ベッドの上に薫と侑一がいました。驚いた千賀子は居間でふたりをおこると、侑一も薫も「本気です」と口をそろえて言いました。それを聞いた千賀子はますます怒りますが、「好きになってしまった。年は関係ない」と侑一がいいました。薫がもう一度考え直すというと、侑一は結婚してくれと言いだしました。そして、薫とのきっかけを作ってくれたのは、父親の誠一郎(橋爪淳)だと千賀子に話しました。

その日の夜、誠一郎がいえにかえってくると、ずっと千賀子は泣き続けていたようでした。誠一郎はなかなか面白い人生だというと、千賀子はなぜ結びつけたの?と怒りだしました。

そのころ、侑一と薫は結婚写真を撮っていました。その場には笑顔の真司と尚もいました。真司は、「やっぱり人生は奇跡に満ちてる」とおもっていました。

 

2015年1月。真司の小説が新聞の連載が始まりました。

2015年8月。ついに陣痛がきました。

8月12日。尚は男の子を無事出産しました。尚の病気はそれほど進んでおらず、妊娠したころとそれほど変わっていませんでした。病室に侑一がやってくると、孫になるのかと苦笑いしました。名前は恵一にしました。

2016年2月。真司が仕事してる間は、水野が離乳食など、圭一の世話をしてくれていました。恵一が寝た後、水野は続編の「もう一度第一章から」がとても好評なので続きを頑張って書いてくれというと、子供が生まれたときを最後にしたいと真司が言いました。真司は子育てをしたいというと、それでは小説が中途半端になる、子供が生まれてからが本番だと叱咤激励しました。そのやりとりをドアの裏側で尚が聞いていました。

水野が帰ろうとすると、尚が、自分の病気が進まないと小説にならないんじゃないかと水野にいいました。そして、「生きてるだけで負担をかけてるんです」と尚がいうと、水野は「生きてるだけで創作の創作の源です。大切なやる気の源です」と尚を元気づけて返っていきました。

尚は、恵一を撫でながら、「おかあさん、ダメだね。ごめんね」と涙をこぼしました。

 

ある日の夜、尚と薫が歩いてると記者がひとりやってきてインタビューされました。すると、尚は、「わたしは創作の源です。かかれるのは私の宿命です」とこたえました。家に帰ると、薫が今あったことを真司にはなしました。薫が買いも煮に出ていくと、真司は記事が出ないように出版社にお願いしてみると尚に言いました。尚は、私が考えたことじゃなくて水野が話してくれたことだと告白しました。そして、なんでも忘れてしまうわたしが、水野の言葉だけはしっかり心に刻まれていたとはなしました。

尚は、自分がダメになったら恵一を水野に託したい、それが遺言だとはなしました。それを聞いた真司が大声で怒ると、私は意思を伝えられるときに行っただけだと涙をこぼしました。真司は抱きしめながらごめんと言って、尚じゃなきゃダメなんだと繰り返し言いました。

その日の夜、尚と圭一が寝た後、真司はそっとベッドを出て小説を書きに行きました。真司は尚のことを書きながら笑顔になっていました。そして、翌朝、最後に「完」と打ちました。

 

2018年10月、真司の「もう一度 第一章から」は100万部突破しました。真司は尚と二人で暮らすために家を買いました。尚が自分の家だとわかるようにということでした。

引越しは木村(富澤たけし)や柚香(黒川智花)、水野たちが来て手伝ってくれました。

ある日、尚と恵一はふたりで近所の公園に遊びに行きました。尚が目を話してる好きに恵一はどこかに行ってしまいました。尚は恵一のことを忘れて家に帰ってきてしまいました。真司はあわてて公園に探しに行きました。真司は侑一や薫、木村たちに連絡して探してもらいましたが、夜になっても恵一はみつかりませんでした。

夜になると、警察官が家に来て対応してくれましたが、見つかりませんでした。尚は恵一がいなくなったことはわかりましたが、自分のせいだとは分かりませんでした。尚は自分も探しに行くと言いだしました。真司は思わず「いい加減にしろ」と怒鳴ってしまい、尚は涙ぐみました。

翌朝、木村の部下の小川(杉野遥亮)が、やっと公園で座ってる恵一を見つけてくれました。真司は集まってくれた人全員に謝りました。

真司と恵一は疲れてベッドで寝てると、尚は寝てる真司にキスをした後に、「しんじさま、ありがとうございました」という書置きと結婚指輪、携帯電話を残して家を出ていってしまいました。

(⇒最終話のあらすじ

ドラマ「大恋愛」のキャスト

  • 北澤尚 戸田恵梨香、産婦人科医
  • 間宮真司 ムロツヨシ、元小説家
  • 井原侑一 松岡昌宏、精神科医、尚の婚約者
  • 北澤薫 草刈民代、尚の母親
  • 沢田柚香 黒川智花、尚のクリニックの看護師
  • 石田ミル 小篠恵奈、尚のクリニックの看護師
  • 木村明男 富澤たけし、真司の引越し屋バイト仲間
  • 小川翔太 杉野遥亮、真司の引越し屋バイト仲間
  • 井原誠一郎 橋爪淳、侑一の父親
  • 井原千賀子 夏樹陽子、侑一の母親

各話のあらすじ

以上、ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の9話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 旅
  2. 人生の時間
  3. 未来を変える




疲れたときにおススメ

  1. TOKYOエアポート
  2. 顔
  3. いつ恋
  4. グッドモーニングコール
  5. セレブと貧乏太郎-1
  6. シグナル
  7. 西郷どん
  8. 隣の家族は青く見える
  9. 残念な夫
  10. 地味にスゴイ!

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 雪の女王
  2. シングルワイフ
  3. メロホリック
  4. 夜警日誌
  5. 魔女の法廷
  6. 温かい一言
  7. クリミナルマインド;KOREA
  8. 主君の太陽
  9. ソロモンの偽証
  10. キャリアを引く女
スポンサーリンク

最新情報

  1. 獣になれない私たち
  2. NBA2017-2018
  3. 中学聖日記
  4. 中学聖日記
  5. 僕らは奇跡でできている
僕たちがやりました
  1. 正義のセ
  2. 介護
  3. さくらの親子丼
  4. 世にも奇妙な物語
  5. バリでの出来事
  6. 悦ちゃん
  7. ラブリラン
  8. いつまでも白い羽根
  9. ドロ刑

多くの人に読まれている情報

  1. もみ消して冬
  2. 椅子
  3. 逃げるは恥だが役に立つ
  4. 愛してたって、秘密はある
  5. 過保護のカホコ
  6. 蛍
  7. きみが心に棲みついた
  8. リバース
  9. おんな城主直虎
  10. メアリと魔女の花
エステ・タイム
PAGE TOP