dele

dele(ディーリー)の3話のあらすじ(ネタバレ)。

dele

(引用:番組HP

ドラマ「dele(ディーリー)」の3話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。


スポンサーリンク


3話のあらすじ

ドラマ「dele」の3話を、8/17の22:00まで無料で見れます。⇒テレ朝動画

「dele. LIFE」の事務所に、さびれた街で写真館を営む老人・浦田文雄(高橋源一郎)が現れました。社長の坂上圭司(山田孝之)が外出中だったため、真柴祐太郎(菅田将暉)は無断で浦田を事務所内に案内してしまいます。さらに浦田から、亡くなった後のパソコンデータ削除と併せ、削除する前にデータをコピーし、バラの花と一緒に同じ街に住む江角幸子(余貴美子)へ届けてほしい、という依頼でした。祐太郎は引きうけてしまいました。

翌日、その依頼を見つけた圭司は勝手に受けるなと怒りましたが、一度だけだと言って許してくれました。

そのころ、浦田は写真館をたたもうと整理を始めていました。そして、「契約手続きが完了しました」というメールを見た後、いままで飾ってあった写真を眺めてから店を閉めました。そのあと、江角幸子が営むカモメ理容室にいってその写真を返しました。

 

数日後、浦田と連絡が取れないとモグラが鳴きました。急いで祐太郎が確認をしますが、電話が通じなかったので家に急ぎました。近所で聴きこむと、おとといの朝、海へ飛び込んだということでした。親がなくなってから何十年も一人で、浮いた話もなかったと聞きました。すぐに圭司に連絡すると、初めからそのつもりだったんだろうと言われました。祐太郎は、バラを渡す相手の女性を調べに行きました。

祐太郎はカモメ理容室に行って、髪の毛を切ってもらいながらそれとなく話をききましたが、関係はなさそうでした。

帰りに、もう一度写真館に行って裏口から無理やり入って中身を見てみました。窓からはカモメ理容室が見れるとおもってると、何者かがやってきてパソコンを持っていきました。急いで商店街の組長の店に行って、防犯カメラから人物と車の画像をとりました。

すぐに圭司に連絡してると、浦田のパソコンを誰かが起動してるのがわかりました。すぐにコピーしてオリジナルを削除しました。

祐太郎が事務所に帰ると、パソコンを持っていった男が公安が天下る調査委会社の男だとわかりました。仕事は公安の下請けで、調査対象を監視してると言うことでした。すでに、パソコンにはアクセスできずHDが破壊されてるようでした。

圭司が浦田のデータを開いてみると、江角幸子の音声データと日ごろの動きがすべて記載されていました。浦田は江角幸子を監視していたんです。圭司は、浦田が罪悪感を感じて最後にデータを返すことにしたんだろうとつぶやきました。

その日の夜、圭司がそのデータを見てると、「思いで万感」というサイトのURLが記載されてるのを見つけました。

 

翌日、バラの花束を買って二人でデータを江角幸子にわたしに行きました。ところが、「今日かぎりで閉店します」という張り紙があって、江角幸子はいませんでした。

事務所に帰って、坂上舞(麻生久美子)に浦田の口座を調べてもらいました。その口座には調査会社から毎月3万円が振り込まれていました。ただ、先月を最後に入金がなく、監視対象から外れたようでした。

圭司と祐太郎はふたたび浦田の写真館に行きました。圭司はひとり写真館の中で、江角幸子の音声をずっと聞いていました。戻ってきた祐太郎に、

「浦田はさびしくなかったのかもしれない。毎日気に掛ける存在が会ったことは救いになってたのかもな。だとしたら、公安に切られたのはショックだったろう。自分の存在理由がなくなったと感じたてもおかしくない」

と話しました。

 

翌朝、江角幸子の理容学校のときの同僚の住所がわかったといって、祐太郎に渡しました。祐太郎が出ていった後、調査会社の男が「五藤の情報はないな」と最後にはなしていたのがわかりました。

祐太郎が江角幸子の同僚に会いに行くと、そのときに、五藤という男と付き合っていて、よく刑事が来ていたと教えてくれました。事務所に帰ると、その男は、今も指名手配されてる過激派だった五藤勉という男だとわかりました。五藤が立ち回る可能性があるので公安の監視対象になっていたと圭司が言いました。

そして、浦田のファイルの最後に「思いで万感」というサイトのURLがあったと言って祐太郎に見せると、このサイトを江角幸子をよく見ていたと祐太郎がいいました。バラを検索すると、「100万本のバラ」というユーザーが10年前から1年に一回ずつ、駅の写真を投稿していました。

江角幸子の行動と照らし合わせると、その日に必ず花屋が来ていて、1週間後に外出していました。圭司は「100万本のバラ」が後藤で、駅は待ち合わせの場所で、1年に1回あっていたんだと推測しました。

最後の写真は麹町西公園で、投稿された1週間後は明日でした。その場所は、五藤がかつて事件を起こした場所でした。その場所を指定するわけがないと圭司が言いました。

実は最後の写真は江角幸子が登校したもので、投稿したときに、「わたしももう終わりにします」とつぶやきました。

 

翌日。江角幸子が麹町西公園で待ってました。少し離れた所から圭司と祐太郎が見ていました。祐太郎が5本のバラの花束とデータをわたしに行こうとすると、遠くのほうでやってきた五藤が逮捕されました。江角幸子が通報した様でした。

祐太郎は江角幸子に近づいて行って、浦田に頼まれたものだと言いながらバラの花束とデータを渡しました。江角幸子は、浦田の時間求めてしまったとため息をつきました。すると、遠くから警察官たちが近づいてきました。それを見た祐太郎が浦田は感謝をしていたはずだと早口で言ってると、江角幸子は人差し指で祐太郎の口をとめて、警察官に向かって歩いていきました。

事務所に帰った祐太郎は、5本のバラの花珠の意味を知りました。

「あなたに出会えて本当に良かった」

(⇒4話のあらすじ

キャスト

以上、ドラマ「dele(ディーリー)」の3話のあらすじ(ネタバレ)でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. 人生の転機は40代
  2. 人生の転機は40代
  3. プロ野球
  4. 待機児童問題

疲れたときにおススメ

  1. エンジェルハート
  2. 僕たちがやりました
  3. 名前をなくした女神
  4. 隣の家族は青く見える
  5. ブザービート
  6. ゆとりですがなにか
  7. 贖罪
  8. 古畑任三郎

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 1%の奇跡
  2. モンスター
  3. あなたは贈りもの
  4. Wー君と僕の世界ー
  5. 雲が描いた月明り
  6. 空港に行く道
  7. 相続者たち
  8. 輝くか、狂うか
  9. 推理の女王
  10. グッドワイフ
スポンサーリンク

最新情報

  1. 健康で文化的な最低限度の生活
  2. 西郷どん
  3. 絶対零度
  4. 太陽の末裔
ボク、運命の人です
  1. 花
  2. コンフィデンスマンJP
  3. セシルのもくろみ
  4. ハゲタカ
  5. 東京タラレバ娘
  6. あなたのことはそれほど
  7. もみ消して冬
  8. クロスフィットトレーニング
  9. この世界の片隅に

多くの人に読まれている情報

  1. 下剋上受験
  2. ヘッドハンター
  3. ボディビルダー
  4. サクラ
  5. オムライス
  6. 視覚探偵日暮旅人
  7. ニューヨーク恋物語
  8. 三億円事件
  9. ブラックリベンジ
ビットフライヤー
PAGE TOP