ドクターX 2017

「ドクターX 2017」の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想。ゲストはシャーロット・ケイト・フォックス

ドクターX
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
アシガール最終回
先に生まれただけの僕最終回
オーファンブラック

「ドクターX 2017」の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。「東帝大学病院」の病院長・蛭間重勝(西田敏行)のもとへ、医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)の妻・小百合(戸田菜穂)から、やんごとなき依頼が舞い込みました。従妹である萌々香(小飯塚貴世江)の見合い相手を医局の中から見繕ってほしい、というのです。


スポンサードリンク


「ドクターX 2017」7話のあらすじ

「ドクターX 2017」は有料ですが、U-NEXTで見ることができます。人気ドラマが一番多いですし、今までのシリーズも見れます。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレがふくまれます。今までのあらすじはこちら⇒ストーリー

 

「東帝大学病院」の病院長・蛭間重勝(西田敏行)が海老名副部長(遠藤憲一)と鳥井高副部長(段田安則)に「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)の娘ががんになったと話していました。娘といっても犬でした。蛭間は大門未知子(米倉涼子)に手術を命じて、見事に成功させました。

そのあと、内神田の妻の小百合(戸田菜穂)は院長室に来て、従妹の萌々香(小飯塚貴世江)の見合い相手を医局の中から見繕ってほしい、とお願いしました。

未知子が病院に来ると、いきなり外人の女性から会いたかったとハグされました。

その頃、蛭間に指名された原守(鈴木浩介)は、内神田の従兄弟とお見合いをしてました。そろそろ二人で散歩でもと言われてるところに、未知子と外人女性がやってきて、未知子が「キンちゃんにお客さん」というと、外人の女性は「マーさん、見つけた」と言って抱きつきました。みんなが戸惑ってると、

「わたし、マーさんの恋人」

と言って再び抱きつきました。彼女は、原と同時期にロシアの病院に勤務していて、当時は恋人関係にあったアメリカ人外科医ナナーシャ・ナジンスキー(シャーロット・ケイト・フォックス)でした。

病院に戻ると、院長室に呼ばれた原は、ロシアにいたときにつきあっていたのですが、向こうから別れを切り出されたと説明しました。蛭間は別れて、見合いをもう一度やり直せと言いました。

未知子がある病室で、手術を勧めてると、患者は怖いし痛そうだからいやだといいました。そこに、ナナーシャがきていたくないし未知子はとてもオペがうまいから大丈夫だとやさしく言って、患者に手術を決意させました。

病室を出るとナナーシャは、

「あなたはまちがってる。失敗しないといってましたね。患者の気持ちもわからないでそんなこと言ってはいけません。ほんとの医師は患者の心に寄り添わないといけない」

と未知子にいいました。未知子はそれに答えずに「なんで、外科医辞めたの?」と聞いていました。

医局では、原がすぐにナナーシャとすぐわかれろといわれていました。そこに、未知子がナナーシャをつれてきました。

その日の夜、原はナナーシャを屋台に連れて行って話を聞きました。ドクターを辞めたのは原のためだと言います。

「別れたの間違っていました。今度こそ、マーさんといっしょにいます」

と言って、おでんを食べました。原がしかたなく結婚を考えてる人がいるというと、

「わかりました。でも、3ヶ月は日本にいます。いっぱいデートしましょう」

「ナナ、やめてくれ。勝手なことを言わないでくれ。僕の心をゆらさないでくれ」

「やっぱりマーさんらしいですね。わたしマーさんが好きです」

 

そのあと、原は名医紹介所に行ってマージャンをしました。城ノ内博美(内田由紀)は海老名にくっついて出張に行ってました。原がもしも東帝大を首になったら、ここに入れてくれというと、名医じゃないから駄目だといわれてしまいます。なぜ、アメリカの名医が原に会いに来たのか、みんな不思議がっていました。

翌日、ナナーシャの経歴を見てた西山直之(永山絢斗)は、ナナーシャの最期の心臓のオペで医療ミスが起きたことを見つけました。しかも病院が訴えられていて、クビになったみたいだとうわさをしてると、ちょうどナナーシャがやってきて、皆の顔を見るとすぐに出て行きました。

原が追いかけて話を聞くと、「わたしの責任です。申し訳ないです」と言ってると、そこに未知子がやってきて検査をしたいと言い出しました。

ナナーシャの頭の検査をすると、脳腫瘍が見つかりました。最期の手術で医療ミスが起きたのもそれが原因で手が震えていたためだと言いました。医者を辞めて患者になって、原を思い出したようで、昔患者の心に寄り添ってた原を思い出して、自分にも接してもらいたいと言います。未知子が切らしてくれというと、このオペは無理だといって断られました。最期のときを原といっしょに過ごしたいといって部屋を出て行きました。

院長たちに相談すると、未知子はオペをすると言い張りますが、休暇をとって寄り添ってあげればいいといわれて了解します。部屋を出た原は

「あんたそれでも医者?患者に寄り添ったって治らないの」

と未知子に言われて、返す言葉がありませんでした。

その日の夜、紹介所では、ナナーシャがアメリカの医療界トップのアメリカンメディカルクラブ副会長の娘だと晶から未知子は教わりました。ナナーシャのオペができてたら、向こうからも謝礼がもらえたと晶は悔しがりました。

そこにナナーシャがやってきました。

「ドクターデーモンにさよなら言いに来ました。明日からマーさんと旅行に出るので」

「あなたまちがってるよ、外科医のなのに自分の命あきらめるの?」

「外科医だからコレがベストだといってるんです。あなたに会えてよかった」

そして、マーさんをよろしくお願いしますといって帰っていきました。

 

翌日の朝、原とナナーシャは金沢行くために空港にいました。ナナーシャは、やりたいことがたくさんあって、さくらも見てみたいと言いますが、それは無理だと笑っていました。それを見た原は、「患者に寄り添ったって治らないの」という言葉を思い出していました。

そのころ、病院では、カンファレンスの前に、原がしばらく休暇をとると蛭間が発表しました。その後、手術のカンファレンスが進んでいくと、いきなり、ドアが開いて原が入ってきました。そして、ナナーシャのCTの画像を貼り付けて、蛭間に

「お願いします。ナナのオペをやらしてください」

と土下座をしてお願いしました。そして、「休暇はもう必要ありません」と言って、蛭間の前に辞表を出しました。

「彼女は桜を見たいといっていました。春まで生きていたいと。生きたいと言ってる患者にただ寄り添ってるだけなんて、そんなの医者じゃありません。日本最高峰の病院なら患者を救いましょう。猪俣先生、鳥井先生、それができないなら、僕はもうこんなところに入られません。だから、辞表と引き換えに彼女のオペをさせてください。彼女がなんと言おうと僕は彼女を救いたい。ぼくはもう寄り添わない。オペをして治します」

未知子も「わたしもやります」と言います。蛭間は、「いいでしょう」と許しますが、内神田婦人と東帝大病院の面子をつぶしたんだから、オペをするんだったら去りなさいといいます。そして、未知子にも手術をしたら契約を解除すると言い渡しました。

 

手術が始まりました。未知子の助手として、森本光(田中圭)と西山もクビになっても言いという覚悟で協力しました。手術は、このあとも手術をできるように手に麻痺が残らないように覚醒したままの状態で行われました。鳥井と猪俣もうえから見ていました。

途中、危なくなって命を優先してくれと原と猪俣がお願いしますが、

「外科医としての命も守る。わたし失敗しないので」

と覚醒下の手術を続けて、成功しました。

 

数日後、晶が院長室にやってきました。請求書を出すと、びた一文払うつもりがないし、未知子たちはすべてクビだと蛭間が言いました。晶は、内神田会長からの感謝と書かれた贈り物を出しました。内神田会長はアメリカンメディカルクラブとつながりを持ちたがっていたのですが、今回の手術で、副会長の娘の手術を成功させたことで、強力なコネクションが作れたとたいそう喜んでいたと晶は説明しました。大きな貸しを作ったということに気がつきました。そこに内神田会長から電話があって大喜びしていました。蛭間は喜んで請求書どおりの金額を払うと答えました。

病院に玄関に内神田婦人がやってきて、原を処分してくれるんだろうと念押しをすると、蛭間夫人は、

「いたしません。わたしの主人が率いる東帝大が決めたことです。奥様はあくまで部外者ですから」

と言って大笑いしながら歩いていきました。

 

しばらくすると、ナナーシャがアメリカに帰ることになりました。空港まで見送りに行った原がフリーランスになってアメリカに行って寄り添うこともできるというと

「ノー、やめてください。本物の医者はオペを失敗しない医者。寄り添うのは意味ない」

「いや、でも、あいしてるって・・」

「ばいばい、キンちゃん」

そういって歩いていってしまいました。

(⇒8話のあらすじ

「ドクターX 2017」7話の感想

面白かったですね。ゲストはシャーロット・ケイト・フォックスさんでした。マーさんは「マッサン」からきたものでしょうか?ちょっと笑ってしまいました。今回も無事に手術が成功して、二人の心を変えることができました。一人は、ナナーシャです。もう助からないと超弱気になってるひとの心に夢と希望を与えてくれました。もう一人は、原守です。寄り添うことは大事ですが、まず大前提として医者の仕事は病気を治すということを改めて心にインストールされたんだと思います。

未知子は、手取り足取り教えるタイプじゃなくて、自分のやり方を貫き通して、技術は盗むものだと言う昔ながら職人的な教えるタイプの人だと思いました。いろんなタイプがいると思いますが、教えてもらう方としては、まずはマネする事から始めますので、どうやってそのまねをするのかが問題なんだと思います。

それにしても、女心と秋の空のようなさっぱりとした女性でした。病気で弱気になっていたためだと思いますが、空港での最後の一言にはびっくりしてしまいました。女性は男性よりも切り替えが早いのかもしれません。

「ドクターX 2017」のストーリー

大門未知子が山奥でフリークライミングをしてると、心臓病で倒れた運転手に出会って手術をしました。手術をした場所は、かつて未知子にあこがれてアメリカにわたったあと仕えないと判断されて山奥に飛ばされた森本光の病院でした。その手術を見ていた東帝大学病院の新院長、志村まどかによって、ふたたび東帝大学病院と契約留守ことになりました。森本もついでに戻されました。

まどかは今までの悪しき習慣を断ち切り、クリーンな大学病院を目指してるひとでした。しかし、有名ジャーナリストと不倫をしてることがスクープされて追い出されてしまいました。新谷院長になったのは、前院長の蛭間でした。

蛭間は、知床分院の院長をしていて、もう権力闘争はイヤだといっていましたが、日本医師倶楽部の内神田の指示で、再び院長に返り咲きました。そして再び悪しき習慣にぎゃくもどりしてしまいました。

蛭間は内神田の指示で、未知子を雇って、どうにかして未知子をつぶすことを画策し始めました。

ゆとり世代の若手外科医といわれてる中でも、一番すぐれてる伊東の母親がかなりむずかしいがんで入院しました。始めは息子とは関係ない病院で手術を希望していましたが、病院内を隠し撮りしていたことがばれて息子が手術をすることになりました。伊東は失敗してしまいますが未知子が助けてくれました。未知子のコトバに感化された伊東は、自分が本当にやりたかったことをするために、医者をすっぱりやめてしまいました。

ある日、幼稚園で身体測定をしてると、園長が倒れてしまいました。急いで病院に搬送すると、副部長の猪股の間者でした。肺に腫瘍があって以前から薬で治療していて小さくなったら手術することになっていましたが、小さくならずにそのままでいたんです。園長はセカンドオピニオンを訴えますが、どこの病院でも断られて未知子を頼ってきます。蛭間の命令で猪股が手術をすることになりますが、未知子は、肺の腫瘍が小さくならなかった原因を突き止めてその腫瘍を根治することができました。自らの見落としに猪股は茫然自失してプライドが木端微塵に打ち砕かれました。未知子の洗礼を受けた猪股は他のたかしたちとおなじように蛭間の言いなりになってしまいました。

森本が婚活パーティにいくと、内神田四織と知り合いました。四織は、日本医師倶楽部会長の内神田の別れた妻の娘だとウソをついていましたが、ある日、末期のがんで倒れてしまいます。森本が手術することになりましたが、途中で森本の指示で未知子はいったんお腹を閉じました。1週間後、未知子だけで手術をして、無事にすべてのがんをとりきることができました。手術成功のあと、四織は森本に結婚詐欺だと打ち明けました。

猪股の手術についていた麻酔科医の博美は、猪股に責任を押し付けられて病院を出入り禁止になってしまいました。そんなとき、行きつけの中華料理屋さんの老夫婦が同時に手術することになりました。博美は自分勝手だと未知子とケンカをしますが、患者のための自分勝手だと気が付いて、二人で同時に手術を成功させました。

 


スポンサーリンク

「ドクターX 2017」のキャスト

  • 大門未知子 米倉涼子、天才フリーランス外科医
  • 城ノ内博美 内田由紀、フリーランス麻酔科医
  • 神原晶 岸辺一徳、大門や城ノ内が所属する名医紹介所所長
  • 猪股孝 陣内孝則、外科副部長
  • 海老名敬 遠藤憲一、外科副部長
  • 鳥井高 段田安則、外科副部長
  • 原守 鈴木浩介、外科医
  • 森本光 田中圭、外科医
  • 西山直之 永山絢斗、ゆとり世代の若手外科医
  • 有馬亘 中林大樹、ゆとり世代の若手外科医
  • 黒川慎司 上杉柊平、ゆとり世代の若手外科医
  • 蛭間重勝 西田敏行、東帝大学病院知床分院の院長
  • 内神田景信 草刈正雄、日本医師倶楽部会長

7話以外のあらすじ

以上、「ドクターX 2017」の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ふたご座流星群は2017年12月14日!見頃の時間や方角と上手に見る方法は? 流星群
  2. CDTVクリスマス音楽祭2017の観覧方法と出演者のタイムスケジュール。アンケートでリクエスト! CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017
  3. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  4. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
  5. 「刑事ゆがみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!弓神が犯人? 刑事ゆがみ
  6. 「ドクターX 2017」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想。 ドクターX
  7. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
スポンサーリンク

最新情報

  1. オーファンブラック
  2. マチ工場のオンナ
  3. マチ工場のオンナ
  4. NBA2017-2018
  5. 眠れぬ真珠
  1. IQ246~華麗なる事件簿~
  2. 幻想振動症候群
  3. KUROデニム
  4. スクラップアンドビルド
  5. わにとかげぎす
  6. プロ野球
  7. 台風22号
  8. おんな城主直虎
  9. 脳にスマホが埋められた!

多くの人に読まれている情報

  1. サクラ
  2. 本屋大賞
  3. 明日の約束
  4. 家売るオンナ
  5. バレンタイン
  6. サバ缶
  7. コック警部
  8. 明日の約束
  9. ブラックリベンジ
  10. ブラックリベンジ
PAGE TOP