ドロ刑

ドロ刑の9話のあらすじ(ネタバレ)。ついに最終章突入!!煙鴉が13係に宣戦布告!

ドロ刑(引用:番組公式サイト

ドラマ「ドロ刑~警視庁捜査三課」の9話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ「ドロ刑」の9話のあらすじ

「おれが煙鴉だ。本番はこれからだぞ。おれをつかまえてみろ、斑目。ドロ刑遊びはもう終わりなんだよ」

煙鴉(遠藤憲一)は斑目(中島健人)にそういって歩いていきました。そして、偽造した斑目のIDカードで13係の部屋に忍び込みました。

翌朝、13係の面々が部屋に入ると、床の上には1万円札が200枚ばら撒かれていました。斑目は煙鴉の残していったタバコの残香にきづきました。ばら撒かれていた1万円札はすべて偽造でした。前回の議員の大久保からうばったものでした。

皇子山は、斑目を取調室に呼んで、すべて斑目のせいだ、遊びでやってるんじゃない、煙鴉は5年前にギルバート記念病院で医師である皇子山の妹の命をうばったんだと怒りました。そのことは13係のメンバーに報告されて、鯨岡はそのときの事件をもう一度調べなおせと命じました。そして、煙鴉に利用されていた斑目のことをどうするかは、メンバーに任すといいました。

斑目が部屋に入ると、メンバーはお歳暮で許してあげると言って、逃した犯人は自分で捕まえろと言われました。

皇子山は、捜査一課の元同僚にもう一度事件を洗いなおしてくれとお願いしました。

斑目が橋の上で途方にくれてると、煙鴉がやってきました。なぜこんなことをしていたのかと聞くと、虹をおいかけていてすべてが握りつぶされたといいました。そして、「もう遊びじゃないんだよ、命がけなんだ」といってあるきだしました。斑目がなおもしつこく追いかけようとすると、持っていた拳銃で斑目の腕をうちました。かすり傷でした。七波隆という名前が書かれた紙のコースターを置いていきました。

斑目は署に帰って鯨岡に報告すると、拳銃携行許可がでて、煙鴉を見つけしだいすぐに逮捕するように全員に指示しました。そして、七波隆は、モーリス工業の名誉顧問だと言うことがわかりました。煙鴉の標的は七波じゃないかと推測しました。

鯨岡は、真鍋警視総監に報告すると、どんな手を使っても良いから煙鴉をすぐに確保しろと言いました。

鯨岡が部屋に帰ってくると、まだ斑岡がいました。鯨岡は覚悟がないと現場に灰化せられないと告げました。

翌日から13係のメンバーは、七波のまわりを張り込み始めました。会社にも家にも入り込む隙間がないとおもってると、細面が、かつての経済誌のインタビューで手帳を大事にしてることに気づいて、その手帳を狙ってるんじゃないかとみんなに連絡しました。

翌日、シンポジウムが開かれて七波が講演する予定でした。13係のメンバーは会場にはりこみました。

斑目も、会場にやってくると、いきなり「けむさんのにおいがする」と言い出して、皇子山が止めるのも聞かずに煙鴉を探し始めました。

そうしてるうちに、煙鴉が大勢のスーツ姿軍団にまぎれて潜入してきました。13係のメンバーがきがついて人が集まってるところに行くと、七波の周りはすべてすりでした。その中の一人が七波の手帳をすって誰かに手渡した後、大騒ぎしてるすきに、その手帳は煙鴉のところに届きました。中を確認した煙鴉は手帳を七波に返しました。七波が中を見てみると、あるページに「虹」とかかれていました。煙鴉はかいじょうをあとにしました。

しばらくしてそのことに気づいた13係のメンバーは七波に手帳をのことをききましたが、たいしたことは書いてないと言われるだけでした。

その日の夜、捜査会議が行われると、皇子山は斑目を捜査からはずしてくれと言いました。鯨岡も認めて、いままで煙鴉に言われたことをすべて思い出したら警察をやめてもいいと斑目に告げました。

斑目がいつものバーに行くと、煙鴉体と言われて紙のコースターを渡されました。そこには、阿川義一という名前が書かれていました。署に帰って報告すると、阿川は元裁判官で、今は法律事務所、全国弁護士研究所の団体顧問をしてることがわかりました。

皇子山はギルバート記念病院に行って、当時の上司の教授に妹が何か奪われたはずだと聞きましたが、何もわからないと言われました。捜査一課の再捜査でも何もでてきませんでした。

その日の夜、13係のメンバーは全国弁護士研究所にそうさにはいりました。すると、煙鴉はブレーカーを落としました。13係のメンバーが阿川の部屋などを捜査してるすきに、煙鴉は建物に忍び込んで金庫を開け始めました。

美希はばらばらに捜査していても無理だから、耳を使って煙鴉の居所を調べるといいだします。そして壁に耳を当てて、煙鴉が金庫を開けてる音をききはじめました。煙鴉は金庫を開けて中にあった業務日誌を読みました。そして、よみおわったあと、斑目たちの目に付くように窓から出ました。斑目が追いかけますが、煙鴉はにやりと笑って逃げていきました。

署では、鯨岡が帰ろうとすると、細面が虹の意味がわかったと言い始めます。鯨岡がそのまま帰ろうと車に乗り込むと、煙鴉が後ろの座席に乗っていました。鯨岡と煙鴉は昔からの知り合いで、鯨岡は煙鴉を逮捕するためだけに警察官をやってると言いました。そして、これ以上進むと命が危険になると警告しましたが、煙鴉は斑目から警察のデーターをたくさんもらってるから大丈夫だと言って車を降りていきました。

皇子山は、捜査一課の元同僚から、屋根から落ちた妹の横に管理人がいたことと、妹のつめの間に煙鴉の皮膚片があったことがわかったと報告されました。

(⇒最終話のあらすじ

ドラマ「ドロ刑」を見逃してしまったら、動画配信サイトHuluで見ることが出来ます。14日間無料キャンペーンをしていますので、一度試してみてはどうでしょうか。こちらの公式サイトで詳しいことが書かれています。⇒Hulu公式サイト!

ドラマ「ドロ刑」のキャスト

  • 斑目勉 中島健人、やる気がない新米ダメ刑事
  • 煙鴉 遠藤憲一、幻の大泥棒
  • 鯨岡千里 稲森いずみ、捜査三課13係係長
  • 小平美希 石橋杏奈、元音楽隊
  • 皇子山隆俊 中村倫也、元捜査一課刑事
  • 宝塚遥子 江口のりこ、変装の達人
  • 細面隆一 野間口隆、手口捜査のスペシャリスト
  • 勝手田利治 丸山智己、元指名手配犯専門
  • 左門陽作 板尾創路、元スリ専門刑事
  • 宵町時雄 生島翔、バーのマスター
  • 霞沙織 田中道子、科捜研研究員

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ドロ刑~警視庁捜査三課」の9話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 旅
  2. 結婚
  3. 大学の奨学金




疲れたときにおススメ

  1. 大奥
  2. 結婚しない-1
  3. 未来少年コナン
  4. あまちゃN
  5. GOLD
  6. プリズンブレイク
  7. ビター・ブラッド
  8. この世の果て
  9. 僕のヤバイ妻

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 恋のスケッチ~応答せよ1988~
  2. アンダンテ~恋する速度~
  3. トッケビ
  4. オクニョ
  5. 上流社会
  6. むやみに切なく
  7. 未来の選択
  8. 漆黒の四重奏<カルテット>
  9. 被告人
スポンサーリンク

最新情報

  1. わたし、定時で帰ります。
  2. パーフェクトワールド
  3. oil
  4. ラジエーションハウス
  5. NBA2018プレーオフ
ハゲタカ
  1. 優しい男
  2. おから
  3. ラーメン
  4. 明日の約束-1
  5. 貴族探偵
  6. ラブ×ドッグ
  7. 火花
  8. 母になる
  9. 僕らは奇跡でできている

多くの人に読まれている情報

  1. エルネスト
  2. 恋する泥棒
  3. ハゲタカ
  4. ドラマ「海月姫」
  5. ハートに火をつけて!
  6. 僕とスターの99日
  7. 僕らは奇跡でできている
  8. 今日から俺は!
  9. ギャンブル
エステ・タイム
PAGE TOP