同期のサクラ

同期のサクラの6話のあらすじ(ネタバレ)と感想。左遷続きのサクラがついに忖度「やっぱり辛いのかも?」

同期のサクラ

 

ドラマ『同期のサクラ』の6話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。高畑充希さんが北にある小さな離島から上京して大手ゼネコンに入社した女子社員、サクラを演じます。サクラの夢は、故郷の島と本土を橋で結ぶことです。夢に向かって真っすぐに突き進むサクラに、同僚たちも忘れていた夢をおいかけることを思い出していきます。

スポンサーリンク

ドラマ『同期のサクラ』の6話のあらすじ

ドラマ『同期のサクラ』の9話を、12/18の21:59まで無料で見ることができます。⇒TVer

2019年、10月。サクラ(高畑充希)の病室に訪れたすみれ(相武紗季)は、中学生になった娘・つくしの写真を眠ってるサクラに見せました。そして、サクラのおかげで今でも一緒にいられると感謝の気持ちを伝えていました。

2014年10月。サクラは花村建設の子会社に飛ばされ夢から遠ざかったことを故郷の祖父の柊作(津嘉山正種)に打ち明けられないまま、社会人6年目を迎えていました。祖父は、サクラが元気をなくしてると敏感にきづいてファックスで伝えてきました。相変わらず信念を曲げずに日々を過ごしているように見えるサクラですが、やはりその心には少しずつ迷いが生じているようでした。

一方、サクラのことを気にかけつつも、8歳の娘の子育てと仕事の両立に追われる人事課のすみれは、黒川(椎名桔平)から有名評論家・椿美栄子を招いての講演会“女性活躍推進セミナー”のリーダーを丸投げされました。働く女性を応援する本を数多く執筆している椿ですが、実は、先生と呼ばないといけないとか、理不尽で細かい要望が多く面倒な人物でした。しかし社長(西岡德馬)と仲がいいため粗相は許されないと黒川からプレッシャーをかけられました。

数日後。椿のマネージャー・米田との打ち合わせを控え、広報の百合(橋本愛)のほか、サクラも子会社の代表としてセミナーのプロジェクトチームに参加することになりました。

わざわざ女性だけが集まって研修をすることに疑問を感じるサクラですが、百合は立場が違う女性同士がまず理解し合う必要があると主張します。それは、すみれが離婚してシングルマザーになったことなど、サクラがいない間に知らないことが増えてたからでした。

会議が始まると、時間前でしたがすぐに米田からすでに会社に来てると連絡が来ました。すみれはくれぐれも余分なことは言うなとサクラにくぎを刺しました。

米田がやってきたのは、椿の理不尽な要求を受け入れてくれるか確かめに来ただけのためでした。サクラは、『公演後の質問は受け付けない』という理不尽な要求に黙っていられず、意見を言い出して米田を怒らせてしまいました。その時、社長が現れました。すると、米田はサクラが要求にケチをつけてると社長に言いつけました。社長は責任をもって要求にこたえると米田に伝え、すみれにも命じました。

打ち合わせ後、エレベーターでサクラと二人きりになった百合は、いつもと違う元気のないサクラを見てこの機会にプライベートを充実させないかと合コンに誘いました。そこに土木部に異動して生き生きと働く葵(新田真剣佑)が乗って来ました。

1年前の一件から密かにサクラに想いを寄せる葵は合コン話に焦りつつ、それとなく恋愛事情を探りますが、サクラは今は誰とも付き合う気は無いと頑なな態度で、暗にサクラを好きな人がいると告白しても取り付く島もありませんでした。

サクラが子会社に帰ると、すみれから電話でプロジェクトチームから外されたことを告げられました。その日の夜、いつもの喫茶店に行くと、菊夫(竜星涼)と蓮太郎(岡山天音)がいました。サクラの顔を見た蓮太郎は、百合から葵がサクラのことを好きらしいと聞いたからと言って菊夫にサクラをデートに誘えとけしかけました。菊夫は頑張りますが、やはり「サクラが心配だ」と言うのが精一杯でした。

講演会が近づくにつれ、すみれは米田からの講演とは直接関係ないような細かい要望に追われ頭を抱える。さらに、娘のつくしが同級生を殴ったと急遽学校からも呼び出されました。ダンゴムシと遊んでるところをからかわれて殴ったようでした。迎えに行くと、サクラと同じように言いたいこと、やりたいことをしただけだと娘に言われてしまいました。

それを聞いたすみれは「人はいつまでも自分の好きなように生きられない」とつくしにはなしました。そのとき米田から電話が来て、会場の下見に行くことになり、仕方なくつくしを連れていきました。

ただ、米田と椿の前でペコペコする母の姿を見たつくしは、すみれにがっかりしてしまいました。すると、サクラがあらわれました。サクラは椿の無理な要求を論破してしまいました。つくしが唖然としてみてると、米田がすみれを食事に誘いました。サクラがつくしをあずかることになりました。

サクラはつくしを自分の家に連れて行って夕食を一緒に食べました。つくしは、「自分の思い通りに生きるのってつらい?」とサクラにきくと、子会社にいるので結果的につらいかもしれないと答えました。そして、ゲームをしたいと言い出して、サクラは蓮太郎を呼び出しました。すると、菊夫と葵もやってきて一緒に遊びました。

そこにすみれがやってきました。つくしはもうちょっと遊びたい、すみれのいうとおりにしないといけないのか?職場でぺこぺこしてるすみれは超かっこ悪いと文句をいいだしました。それを聞いたすみれは、おもわずつくしをひっぱたいてしまいました。つくしは「大っ嫌い」といって外に飛び出していきました。

翌日、サクラが仕事を終えようとすると、蓮太郎から電話がきました。すみれがいつもの喫茶店にきていてちょっとやばいということでした。

サクラが行くと、つくしがパパのほうがいいと言って出て行ったと言いながら、すみれはガンガン飲んでました。そして、家でも会社でも自分を取り繕っているだけだ、もう心が折れちゃったと愚痴を言い始めて泣き出しました。そこに米田から電話が来ました。講演のテーマを変えたいから来てくれということでした。

家に帰ったサクラは、祖父の柊作にすみれのことを書いてファックスしました。

柊作から帰ってきた言葉は、「生きていればつらいことだらけだ。でも、人生で一番つらいのは自分にウソをつくことだ」でした。

講演の日が来ました。講演の準備をしてるとサクラが来ました。サクラはつくしをつれてきていました。そして何も言わないから、一緒に聞かせてくれとお願いしました。

すみれが訳を聞くと、すみれは自分のことよりも会社のみんなのために自分をまげて頑張ってるとつくしに話したといいました。そして、いい母親じゃなくてそばにいるのが大切で、講演が終わったらつくしと話してくれとお願いしました。

講演が始まりますが、椿の話はすぐに終わってしまいました。そして自分の本の宣伝を始めてしまいました。それを聞いていたサクラが何か言おうとすると、いきなりすみれが立ち上がって「本の宣伝をするためにやってきただけですか?」と大声で聞き始めました。そして、社長にもくってかかりました。社長がクビにするぞと脅しますが、すみれはこれからはサクラやつくしを見習って自分にウソをつかないで生きていこうと決心ができたと言って会場をでていきました。

つくしは慌てて追いかけて行って「かっこよかったよ」といって抱きつきました。クビになるかもというすみれに、それでもいい、この間ごめんねとつくしがあやまりました。すみれはつくしのおもうように生きればいいと抱きしめて話しました。

翌朝、サクラが家の展示会の準備をしてると、すみれがやってきました。そして、いまのままでいなさい、ずっと応援してる、どんなことでも相談してくれといってくれました。サクラはおもわず「ありがとう、お母さん」と言ってしまいました。そのあと、ふたりで写真を撮りました。

家に帰ったサクラは、柊作に1年前に子会社に出向になったことをファックスしました。

翌朝、サクラの出勤途中、黒川から連絡が来ました。本社に行くと、すみれが社史編纂室に異動になったことと、美咲島の橋の着工が決まったと言われました。

その日の夜、柊作にファックスすると、「橋は架からない。お前の夢は叶わない」と返信が来ました。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ「同期のサクラ」をもう一度1話から見るには、動画配信サイトHuluがおすすめです。Huluは月額933円(税抜)で、5万本のドラマや映画などを見放題できる動画配信サイトです。個別課金などはありませんし、入会してから14日間無料のお試しをしています。

こちらをクリックして、公式ページの無料トライアルでドラマ同期のサクラ』をご覧ください。

≫Hulu公式サイト!

ドラマ『同期のサクラ』6話の感想

今回もとっても面白かったです。すみれのようなひとはたくさんいるんじゃないでしょうか。とても仕事はできるんですが、自分のやりたいこと、言いたいこと、不満に思ってることをすべて心の中に押しとどめてるような人です。わたしもかつておなじでした。仕事ができるとまではいきませんでしたが、上司からの無理難題、同僚たちからの難癖に耐えながら何も言わずに仕事をしていました。

私の場合は、結局すみれのように爆発せずにそのまま何も言わずに退職しました。退職の前は、やはり、すみれと同じようにこの状態がただしいと思っていました。というか、無理やり思っていたような気がします。

すみれも、もしもサクラがいなければそのまま同じような仕事を続けて行ったのではないでしょうか。そして、最期にはうつ状態になったり、仕事にも手を抜き始めていっていやなタイプの上司になっていったような気がします。

その根本にあるのが、祖父柊作の言葉だと思いました。「人生で一番つらいのは自分にウソをつくことだ」です。自分にウソをつくことで、本来の自分と偽りの自分がどんどんかけ離れていって、心が悲鳴をあげます。その状態を何とかしないといけないと無意識に感じて、人に当たったり、自己肯定感をなくしてうつ状態になってしまう感じです。

人間はだれでも、ウソをつかずに生きていきたいと思ってるはずです。ただ、そうなるにはかなり努力が必要です。やりたくない仕事、付き合いたくない人、やらなければいけないこと、いろいろあります。それを、すみれのように覚悟を決めて断ち切るのは簡単ですが、なかなか踏ん切りもつきません。

そんなときに必要なのは、コミュニケーション力です。

一見すると、上司の黒川はコミュニケーション力が高そうですが、ただごまかしてるだけです。本来のコミュニケーション力は、相手の思ってることを敏感に感じて、それを利用しながら自分の思い通りに動かしていく力なんじゃないかとわたしはおもってます。

今回の米田や椿も、単純に考えれば本を売りたい、名声を高めたいだけだと思います。それを利用することが必要だと思います。サクラのようにストレートに言ったり、すみれのようにぺこぺこするのではなくて、利用して相手を気持ちよくしながらこちらの意見をとおさせる、そんな感じにするのが、一番正解のような気がしました。

そのためのポイントの一つが共感だと私はおもいます。すみれやサクラのように拒絶するのではなくて、まずは共感する、それが大切だと思います。まず、米田や椿が言ってることに共感して、そのうえでさらに良い提案をしていけばいいんじゃないかと思います。

ただ、言うのは簡単ですが、やるのは難しいです。日ごろから練習していかないとすぐには多分ムリです。共感の第一歩は、相槌です。人の話を遮らずに、相槌だけをしていくことを一度試してみてください。相手の雰囲気が今までとは変わってくるかもしれません。今回はそんなことを感じました。

ドラマ『同期のサクラ』のキャスト

  • 北野サクラ 高畑充希、花村建設社員
  • 月村百合 橋本愛、サクラの同期
  • 木島葵 新田真剣佑、サクラの同期
  • 清水菊夫 竜星涼、サクラの同期
  • 土井蓮太郎 岡山天音、サクラの同期
  • 黒川森雄 椎名桔平、人事部長
  • 火野すみれ 相武紗希、人事部
  • 北野柊作 津嘉山正種、サクラの祖父
  • 脇田草真 草川拓弥、サクラの隣人
  • 中村小梅 大野いと、脇田の妻

各話のあらすじ

以上、ドラマ『同期のサクラ』の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生の扉
  2. 未来を変える




疲れたときにおススメ

  1. きみはペット
  2. FOD無料登録方法
  3. 結婚しない-1
  4. まんぷく
  5. おっさんずラブ
  6. 未解決の女
  7. ひよっこ
  8. ラブリラン
  9. BOSS
  10. 人は見た目が100パーセント

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 花郎
  2. 主君の太陽
  3. コーヒープリンス1号店
  4. シンデレラと4人の騎士
  5. 逆賊ホンギルドン
  6. 最高です!スンシンちゃん
  7. 愛人がいます
  8. ヴァンパイア探偵
  9. トッケビ
  10. 雲が描いた月明り
スポンサーリンク

最新情報

  1. 4分間のマリーゴールド
  2. 同期のサクラ
  3. まだ結婚できない男
  4. G線上のあなたと私
  5. the-bucket-list
ラジエーションハウス
  1. 嫌われる勇気
  2. anone
  3. 地味にスゴイ!
  4. カルテット
  5. すし
  6. 海月姫
  7. 西郷どん
  8. 屋根裏の恋人
  9. 彼氏をローンで買いました

多くの人に読まれている情報

  1. 山の日
  2. ハケン占い師アタル
  3. 宣言
  4. 三億円事件
  5. 屋根裏の恋人
  6. 起業
  7. ハロー張りネズミ
  8. オーバードライブ
  9. 私はチャン・ボリ!
auひかりバナー
PAGE TOP